マンション売却のチラシに書いてある条件は本当なのか?

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

毎日のようにたくさんのチラシがマンションのポストに入ってきます。
引っ越しシーズンに入る前頃からでしょうか。マンション売却のチラシが特に多く目に付くような気がします。

先日、ポストに投函されていた一枚の中古マンションの売却チラシを見て、「このチラシに書いてある売却の条件は本当なの?」と思った出来事がありました。

いつもは即刻ゴミ箱に捨ててしまうのですが、その時なぜか、一枚のチラシが目にとまりました。
知っているマンションだった事もあり、条件や間取りなどを思わずじっくり見ていたのですが、そこには次のように書かれていました。

「南向き、3LDK、○○駅徒歩3分」

「○○駅から、徒歩3分??」
驚いて二度見してしまいました。

5年ほど前でしょうか。賃貸からの引っ越しを考え、新築、中古問わず、近場の物件を色々と検討していた時期がありました。
「ここの中古マンションは管理がいいらしい」との評判を聞いていたので、売却のチラシを見てすぐに内覧に行った記憶があります。
その時は○○駅からマンションまで、10分位は歩いたと思います。いや急いで歩けば、7,8分かもしれませんが、3分はあり得ない気がします。

「これって誇大広告じゃないのかしら?」
早速家族に話すと、意外な答えが。

「確か2年ほど前に、○○駅の出口が新設されたはず。その出口からなら、マンションの敷地までは、3分位かもしれない」

なるほど。 「駅から何分」は、改札を出てからマンションに着くまでの時間だと勝手に思い込んでいましたが、出口からの時間なら、確かに間違いではなさそうです。 でも何だかちょっと納得いかない気がしたので、調べてみました。

すると、不動産業界の広告には、表示方法などについて非常に厳しい業界独自の規則があることが分かりました。
その規則は、マンションなどの購入を検討する消費者に、誤解や不利益を与えない事を目的として定められており、築年数、所在地、駅前の距離等々、広告をする際に表示しなければならない事項や、それを表示する際の基準が細かく定められています。

ちなみに、「駅までの距離」に関しては、改札口からではなく、物件にいちばん近い駅の出入り口が基準になるとありました。 今回、「マンション売却のチラシに書いてある条件は、本当か?」という疑問を調べてみましたが、厳しく規制があるという事なので、ひとまず安心してよいのかもしれません。

しかし、全ての条件を鵜呑みにすることはおすすめできません。
下見をしないで、マンションを買う方はまずいないと思いますが、売却のチラシの条件については、様々な情報を集めてよく確認することが必要ではないかと思います。

さらに「あなたのマンションを○○千万で買いたいお客様がいます」といった「売却物件の募集」のチラシをもよく目にする事があるかもしれません。この売り主募集の公告に関しては、具体的な規制がありません。マンションを売却したいお客様の情報を集めたい目的で作られている可能性が高く、チラシの不動産会社に迂闊に連絡をすることには注意が必要です。
タイトルとURLをコピーしました