マンション売却チラシを見て電話したくなったときの注意点

マンションのポストに毎日のように入っているマンション売却のチラシ。
自分には必要ないと思えば、ただのゴミでしかありません。

でも、急な転勤が決まった、家族が増えて家が手狭になった、といった時、自宅のマンションの売却をあなたがちょうど考えていた、という場合はどうでしょう?

「自宅を売却する時って、どうすればいいんだろう?」
「不動産会社ってすごく色々あるけど、どこに頼むのが一番いいのかな」
「引っ越し先が見つかっても、マンションが売却出来なかったらどうなるの?」
「マンションなんて売ったことがない」
という場合は、本当に分からないことだらけです。

例えば、そんな時にふっとこんなチラシがあなたの目に入ります。
「○○マンション限定で、急いで物件をお探しのお客様がいます!予算は○○千万円代をご希望です」

この不動産会社は、このマンションを高値で急いで買いたいと言っている客を掴んでいるみたいだから、ここに依頼すればすぐにでも売れそうだ。
担当者の名前も書いてあるし、何だか信用できそうです。

あなたは、すぐにでもこのチラシの電話番号に電話したくなるかもしれません。

しかし、この場合に注意していただきたい点が2つあります。

1つ目は、チラシの不動産会社にはすぐに連絡しない事です。

このようなチラシのデータは、大抵の場合は過去の話を掲載していて、現在そのような買い手を掴んでいるという訳ではないという事が多いようです。
というのは、この手のチラシを配る本当の目的は、「マンションを売却したい人」を探すことだからです。

あなたが、チラシを見て問い合わせれば、「マンションを売りたい」と思っている顧客の情報を不動産会社は手に入れる事が出来ます。
チラシを見て,相場よりも高く売れることを期待してその不動産会社とマンションの売却契約をしたものの、売れ残ってしまい、泣く泣く当初の予想よりかなり低い価格で売却せざるを得なかった…などということもあります。売却を考えている人は注意が必要です。

2つ目は、どうしても電話する場合は、他の複数の不動産業者に問い合わせてみる事をおすすめします。

チラシの不動産業者に直接電話するのではなく、まずは他の業者に問い合わせてみるのがいいでしょう。本当にチラシの価格で売却が可能なのかなど、詳しく問い合わせてみましょう。
その際に、不動産業者同士がつながっている場合があります。ですので、ご自分のマンションの査定を依頼したりする時には、出来る限り複数の業者に問い合わせをするのが賢明でしょう。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る