マンション売却チラシとの正しい付き合い方

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンションを売却したい!そんな時、チラシとの正しい付き合い方とは


マンションのポストには毎日のようにマンション売却のチラシが投函されています。
自分には必要ないと思っている場合、それはただの迷惑なゴミでしかありません。
でも、家族が増えて家が手狭になってきた、子供の小学校入学前にもう少し広いマンションに買い換えたい、などといった場合、ご自分のマンションの売却をちょうど考えていた、という場合はどうでしょうか?
思わずチラシを手に取り、その内容をじっくりご覧になった事があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「自宅のマンションを売却する時、何をどうすればいいんだろう?」
「いいタイミングで引っ越し先が見つかった時に、もしマンションが売却出来なかったら?」
「不動産会社ってすごく色々あるけど、やはり大手が一番いいのかな。それとも、地元に密着している不動産会社の方がいいのかな」
「分からないことだらけで、もしひどい業者に騙されちゃったらどうしよう?」
マンションなんて売ったことがない、という場合は、何もかもが不安ですし、分からないことだらけです。

例えば、そんな時にあなたの目にこんなチラシの文句が飛び込んできます。
「○○マンション限定で売却物件募集中です。急いで新居をお探しのお客様がいます!予算は○○千万円代をご希望です」
見ると大手の不動産会社の名前。自分のマンションを高値で、しかも急いで買いたいと言っている客がいるみたいだし、ここに依頼さえすればすぐにでも売却出来そうだ。名の知れた大手なら、騙したりしないだろうし、ひどい事にはならないはず。
チラシには、笑顔の営業マンのイラストと好感が持てる親しみやすいコメントも。何だか、すごく信頼出来そうな気がしてきます。
あなたは、すぐにでもこのチラシの電話番号に電話したくなるかもしれません。
でも、このマンション売却のチラシ、注意が必要な点がいくつかあります。
今回は、マンション売却のチラシとの正しい付き合い方について、みていきたいと思います。

地域限定、マンション限定の売却物件募集チラシ、鵜呑みにするのは危険?


もちろんチラシに書かれている事が全て嘘だと決めつけるわけではありません。しかし、チラシが作成された時点で本当に買いたいと希望している顧客がいたとしても、チラシが作成され印刷されてあなたのポストに投函されるまでにどれくらいの日にちが経つでしょう。

チラシを見たあなたが問い合わせの電話を掛けた時に、
「残念ながらチラシに書かれていたお客様は、ほんの数日前に、他の物件で決まってしまいまして。」
そう担当者に言われたとしても、その話が本当かどうか、確かめる方法はありません。
あなたががっかりして電話を切ろうとすると、
「でも、お客様のマンションは、とても人気の物件でございますので、買主様はすぐに見つかると思いますよ。無料で査定が可能ですし、すぐに金額をお知らせできます。一度査定をされてはいかがでしょうか?」
言葉巧みに査定を勧めてくる可能性もあります。

なぜこのようなチラシを、不動産会社はコストをかけてまで配布するのでしょうか。
不動産会社は、マンションを売却したいという売り主に対して、購入希望者を探したり、条件の交渉をしたり、契約の手続きを行ったりと、法律や税金など専門的な知識を持たない当事者に代わって、不動産取引全体をサポートします。その報酬として、売買契約が成立した際に仲介手数料を売り主から受取ることになります。
当然人気のあるエリア、人気のあるマンションはすぐに買い手がつくでしょうし、そんな物件をいち早く他社より先に押えてしまいたいという意図があるのでしょう。
不動産会社は、人気のあるエリアの売却物件の情報を得るために、このような売却物件募集のチラシをばらまいていると言えます。
言い換えれば、このような限定チラシの撒かれているマンションは、買い手のつきやすい人気の物件である可能性はあります。
かといって、このようなチラシを鵜呑みにして、不動産会社に連絡をしてしまうのは危険ですので注意が必要です。

マンション売却を考えたらまず査定?その前にチラシで相場を知ろう


「物の価格は需要と供給で決まる」という需要と供給の理論があります。
中学の授業で初めて聞いたときには、よく分からないながらも「そんな風にして世の中の物の値段は決まっているのか!」と衝撃を受けた事を覚えています。
この理論は、マンションの販売価格にも当てはまりますが、立地、築年数、間取り、など、個々の物件によって条件が異なるので、なかなか相場の価格が分かりにくい、という面があります。

人気のあるエリア、条件などでそのマンションの値段はかなり違ってきます。買いたい人が多くいれば値段が高くても売れる、という事になるでしょう。
何かの要因で急に人気が出て、価格が上がることもありますし、マンションの立地や間取りによっては、人気エリアでもそれほど上がらない、という事もあり得ます。マンション売却をお考えの場合は、まずご自分の物件に関して相場がどれくらいなのかを知るということが重要だと思われます。

いざ新居のマンションを購入しようとしたタイミングで、購入を検討していた時期よりも急激に相場が上がっていたため、予算オーバーで苦労した、という話を知り合いから聞いたことがあります。何とその原因は、東京スカイツリー。子供が小学校に入学するタイミングで実家に近いエリアに新居を、と考えていたそうですが、建設後は建設以前と比べるとマンションの価格が、感覚的に1000万くらい上がってしまった印象だ、と話してくれました。

では、変動しているマンションの相場を知るのは、どうするのがいいのでしょう。
おすすめは、チラシの情報をこまめにチェックしてみることです。
ポストに投函されるチラシの中に、自分のマンションの売却情報が載っているものが入っている事があると思います。新築で購入した時と比べて、どれくらい価格が上がっているのか、または下がっているのか、何となくでも良いので頭に入れていておいて損はないでしょう。
また、同じエリア内で、築年数や間取りなど、お持ちのマンションの条件と似たような物件の販売価格を見ておくのも、参考になります。
続けてチラシをチェックしていると、以前売りに出された物件が、何週間か後に再びチラシに登場する場合もあります。その場合は、設定の価格が高すぎる、などが原因なのかもしれません。

マンション売却の査定は複数の会社に。その際の注意点は?


マンションの相場がだいたい頭に入ったら、査定をしてもらいましょう。その場合は、色々な不動産会社に査定をしてもらうのがおすすめです。
いくつかの会社や、営業の人と話をして、その会社がどういう売却方針なのか、営業の担当者は信頼出来そうなのか、などをご自分の目で判断する必要があるからです。
査定を申し込むと、特典がもらえる、といった業者もあるようです。特典をもらったからといって、その会社だけでしか査定できないわけではないので、納得のいく業者選びのためにも、複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。

ここで、不動産会社の査定申し込みのチラシに関して注意する点は、個人情報の取り扱いに信頼のおける業者かどうかをしっかり確認することです。
不動産会社の査定申し込みのチラシには、あなたの個人情報である名前や住所などの連絡先を記入する欄があります。各社で記載の内容は異なりますが、「プライバシーポリシーについての記載」がきちんとある会社を利用するようにしてください。

以上、マンション売却を考えた際のチラシとの正しい付き合い方について、お伝えしました。
タイトルとURLをコピーしました