マンション売却時に不動産会社に支払う仲介手数料について 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンションを売りたい売主が直接買主と取引できれば、仲介手数料を支払うことがないのでかなりの節約ができます。
しかし、一般的には情報量が少ない個人では、単独で買主を探すことは容易ではありません。不動産業者に依頼し、仲介手数料を支払うことになります。仲介手数料とは何か、詳しくみていきましょう。

不動産業者に支払う仲介手数料とは?


不動産業者に仲介を依頼することで、自社の顧客にて情報紹介を行ったり、売買のためのチラシを作成したりと営業活動をしてくれます。営業活動の結果、不動産売買が成立した場合、「成功報酬」として仲介手数料を支払う必要があります。売買が立しなかったり、契約の取り消しがおこった場合には、不動産業者に仲介手数料を支払う必要はありません。

仲介手数料とはどのくらいかかるか?


仲介手数料は業者側が自由に決められるものではなく、国土交通省告示により金額の上限が決まっています。

仲介手数料の上限額
売買価格 仲介手数料の限度額
200万円以下の部分・・・・・取引額の5%以内
200万円超400万円以下の部分・・・・・取引額の4%以内
400万円超の部分・・・・・取引額の3%以内

売買価格が400万円以上の場合には、以下の計算式にて仲介手数料の上限を計算できます。
仲介手数料限度額=(売買価格×3%+6万円)+消費税

例えば、マンションの売却費が3000万円とします。
仲介手数料は、以下計算式となります。
3,000万円× 3.24% + 6万4800円 (消費税8%)=103万6,800円

仲介手数料の安さだけで選ばない


マンション売却を検討している売主の場合、少しでも仲介手数料が安いことが望まれます。
ただし、安さだけで仲介業者を選ぶことはとても危険です。売却のための営業活動が積極的にされないなどサービスの質の低下にもつながる場合があります。
多数ある不動産業者のなかで、金額面だけでなく、不動産(マンション)売却のためにどのような営業活動を行ってくれるのか、顧客との交渉をしっかりと行ってくれるかなど確認しておきましょう。

仲介手数料はいつ支払うか?


不動産業者によって異なりますが、一般的には以下の2パターンです。
1物件引き渡しの際の一括払い
2契約時に半分、引き渡しの際に半分支払い
不動産業者によって異なりますので、事前に仲介手数料の支払い方法について確認しておきましょう。

まとめ


マンション売却の成功のカギは、不動産業者選びにあるといっても過言ではありません。「仲介手数料」の安さだけで選ばないことが大切です。大切な資産の売却を任せるのですから、しっかりとした営業活動、サービスを提供してくれる不動産業者を見つけましょう。
タイトルとURLをコピーしました