マンション売却にかかる手数料~買主側の手数料が無料になる3つのケース

買主側の手数料が無料になるの?

仲介手数料とは、マンションの売買の取引で、不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のことです。
仲介手数料は、成功報酬なので マンション購入・売却が成立した契約時と引渡しのときに半金ずつで支払います。
宅地建物取引業法で、仲介手数料には上限額が決められています。
「購入・売却代金の3%+6万円+消費税」定められています。(売買金額により報酬料率が異なります)もしも、売買契約が成立しなかった場合は、仲介手数料はかかりません。

マンションを売買契約したときには 買主や売主の間に入って仲介してくれた不動産会社(仲介会社)には双方から成功報酬として仲介手数料が「売却・購入代金の3%+6万円+消費税」(代金が400万円を超える場合)支払われます。

ここで 買主側の仲介手数料が無料になる3つのケースを紹介しましょう。

リノベーション中古マンション


リノベーション中古マンションとは個人所有の中古マンションを不動産分譲会社が買い取り、業者物件として 中古マンションとして売却することがあります。すでに リノベーション済みなので すぐに 利用できます。
この物件の場合、売主が不動産分譲会社なので、不動産会社(仲介会社)は売主ある不動産分譲会社から仲介手数料をもらえるので、買主側の仲介手数料は無料にします。

自社物件


自社物件マンションとは、1.「リノベーション中古マンション」に引き続き、自社で不動産会社や不動産分譲会社が保有しているマンションで、仲介会社が入らない為、仲介手数料無料で販売となります。
こちらも、リノベーション済みなので すぐに利用できますが、仲介業者がはいらないので、自社物件をもつ不動産分譲会社の場合、自社物件を売らなければ売上になりません。自社物件を売りたいが為に 強引な営業になるケースも見られます。
不動産会社(仲介会社)であれば、仲介物件の中からお客様の気に入った物件を探し、成功報酬として仲介手数料が売上になります。
売買契約書条件などのしっかりと確認や交渉をするためにも、不動産会社(仲介会社)を間に入れた方が良い場合もあるでしょう。

違う名目で手数料請求


3つ目のケースは、「事務手数料」など仲介手数料とは違うの名目で手数料を取るケースです。
仲介手数料は無料ですが、実際に費用がかかっていますので、仲介手数料無料とはないケースです。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る