マンション売却にかかる手数料~売主側の手数料も無料になるのか?

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンション売却手数料も無料になるのか?

中古マンションを購入のように持家マンション売却する時も、仲介手数料は無料にすることは出来るのでしょうか?
どのくらい手数料はかかるのでしょうか? 売却時も確認してみましょう。

仲介手数料は購入とほぼ同じ


持家マンションを売却する時も、3%+6万円+消費税という料率で仲介手数料は購入時とおなじです。
つまりマンション物件を買い替えには、マンション購入で3%、持家マンション売却で3%、計6%という手数料がかかるのです。
持家マンションを買い替えるときは両方に手数料がかかるので、予想以上に諸費用かかりそうですね。
さらに中古マンション購入・持家マンション売却の手数料は現金で支払いますので ともかく仲介手数料は安くしたいものですよね。

売却には売れないこともある


買い替えの時 持家マンションが売却して住宅ローンの返済をして良い購入物件を見つけてまた住宅ローンを組み、諸費用は契約時(売却と購入分)に半分 受け渡し時に(売却と購入分)半分現金で支払います。
また、買い替えの時は良い物件が見つかっても 持家マンションが売却できなければ 住宅ローンを両方支払わなければなりません。
このように物件売却にはタイムリミットがあり、いつ売れるかで大きな負債をかかえることになります。
また、このような事態を真似かむように 売り急ぐいで安く売却する恐れもありますよね。

売却手数料が無料に!


そこで 売却手数料を無料にするサービスが不動産業界生き残り作戦として登場したのではないのでしょうか。

売却手数料無料を希望するなら不動産業者の情報交換サイト「レインズ」にマンションを登録せずに、自社の買主にだけ物件を紹介するシステムです。買主だけから手数料を貰うシステムです。
ただし、中古マンション購入を希望している方はかなりの数いるのですが、あなたのマンションをご購入されるのはたった1人の方です。不動産会社のこのシステムを活用することです。

売却の仲介手数料が半額に!


通常は不動産業者の情報交換サイト「レインズ」にマンションを登録して多くの方からの検索で物件を探す方法です。
一般的ですが、集客を確保できるので早く契約でき仲介手数料無料ではないものの、中には仲介手数料半額など割引してくれるサービスの不動産仲介業者もあります。

タイトルとURLをコピーしました