マンション売却の査定後に現れる「買います」競合にどう対応するか

マンション売却での「買います」競合とはどういう状況をいうのでしょうか。
今回は、マンション売却での「買います」競合、つまりマンションの購入申し込みが複数あり、競合する場合についてその対応などを見ていきたいと思います。

マンション売却で購入者が競合した場合はどうなるの?


マンションの購入で競合するとはどんな場合が考えられるのでしょうか。

まず新築の分譲マンションの場合をみてみましょう。新築の分譲マンションは、販売開始後一定の期間を設けてマンションの購入申し込みを受付けます。そしてもし同じ部屋に購入希望者が複数あった場合には抽選が行われるのが一般的です。予定されていた抽選日までに他の申し込みが入らなければ、その後は先着順で販売されていくことになります。
では、中古のマンション売却の際に競合する場合はどうなのでしょうか。

中古マンションの売却では、マンションの販売活動は売却のチラシや新聞の折り込み広告、インターネットなどで行われます。購入を検討する希望者は、マンションの状態や実際の部屋の状況、周囲の状況などを自分の目で見て判断するために内覧を申し込みます。実際に見てそのマンションが気に入れば、マンションの購入の申し込みをすることになります。申し込みには書類が必要です。マンションの購入希望価格や引渡しの希望時期、資金計画などを買い付け証明書に記入し、不動産会社を通じて売主へ渡します。この段階で、購入したいという希望者が複数いたという場合は競合になります。
中古マンションの売却の際に、同日に買い付け証明書が届いた場合、購入申し込みが重なってしまったということになるでしょう。その場合はどうするのでしょうか。一般的には、買い付け証明書が届いた順に決まることが多いでしょう。つまり申し込み順で優先的に購入できる順位が決まるということです。しかし、ここには特に明確な決まりがあるわけではありません。購入希望者が複数いて、競合してしまった場合にはマンションの売却を依頼されている不動産会社が状況をみて判断することになるでしょう。

マンションの売却で競合する場合はどんな時?


中古マンションで「買いたい」という購入希望者が複数いて競合するなんて考えられない、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、タイミングや状況によっては、申し込みが重なってしまう場合も考えられます。では、実際に購入で競合してしまう場合とはどんな場合が考えられるのか見ていきたいと思います。

まず、売却されるマンションに人気がある場合です。人気のあるマンションではすぐに購入希望者が付き、複数の申し込みが重なることもあるでしょう。住みたい町ランキング上位の町に建つマンションや通勤に便利な駅から徒歩すぐの物件などは、売りに出された場合に競合することは十分考えられます。

次に、ちょっと高めに売却価格を設定していたが反応が芳しくなかったために売却価格を下げた場合です。値下げの直後に希望者が重なり競合する場合です。
例えば、マンションの売却活動を開始したが、内覧者の数は何組みかあったというのに肝心の購入希望者がなかなか現れなかったため、売り出し価格が4,000万円代前半だったところを見直して、3,000万円代後半に値下げをした。するとすぐに申し込み希望者があったということもあります。
例えばマンションを購入しようとする場合に、インターネットなどのサイトで物件検索をしている場合、3,000万円代を検討して検索している人には4,000万円代前半の物件は引っかかってきません。3,000万円台に下げた途端により多くの人の目に止まることもあるでしょう。また、マンションの売り出し価格が相場よりもかなり高すぎたりする場合には、人気物件であっても買い手はなかなかつかないでしょう。

次に、割安感のある価格設定でマンションを売りに出してしまった場合です。中古のマンションを購入したいと考えている場合には、他の似たような条件のマンションを様々比較しているはずです。このくらいのグレードのマンションなら相場はだいたいこのくらい、とある程度掴んでいるでしょう。そこに他の相場よりもずいぶんお得感のある売り出し価格のマンションが出てきた場合、マンションの部屋や状態に全く問題なければ我先に購入を申し込みたいと思うでしょう。

最初にあげた人気のある物件の競合の場合は、売り主にとってありがたい競合といえるかもしれません。買いたいといってくれる人が複数いるわけですから、ある程度強気で売却に臨めます。自分の所有しているマンションを売却しようと思ってはいるが、果たして人気がある物件なのかどうかなんて分からないと思われるかもしれません。人気のある物件というのは不動産会社が売却したいと思う売りやすい物件でもあります。一つの目安としては、あなたのマンションの住所宛てに売却物件募集のチラシやダイレクトメールが頻繁に不動産会社から届いているようならそのマンションは不動産会社が売却したいと思う人気の物件である可能性が高いといえるでしょう。
マンションを売却する際に避けたいのは、2つ目と3つ目にあげた例のような競合です。相場より高く売却の価格を設定してしまった場合と、相場よりも安く設定してしまった場合です。特に、相場よりも安く価格を設定してしまった場合には、購入希望者が複数いて競合していたとしても最初の設定価格以上で売却することはまず出来ないでしょう。
ではこれら2つを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか。

マンション売却のためにはまず査定が必要


マンションを売却する際に「買いたい」という購入希望者の競合は、売却する側にとっては有り難いことかもしれません。しかし、マンションの売り出し価格がもし相場と異なっていたら、本当はもっと高く売却出来たのに安く売ってしまった、高く値段を付けすぎたためになかなか売却出来なかったということになりかねません。
それらを避けるためには、まずマンションを売却出来そうな相場を知ることが大切でしょう。

売却を考えたらまず不動産会社にマンションの価格査定を申し込みます。価格査定とは、マンションなどの不動産を売却する時に、「これくらいの価格なら売却出来るでしょう」といった見込みの額を算出することをいいます。
査定には、机上査定と訪問査定があります。机上査定は、マンションの住所や間取り、専有面積、築年数などの情報で査定する方法です。さらに過去の似たような物件の取引事例を参考にしながら査定金額を算出します。インターネットなどの一括査定は机上査定による査定になります。一方の訪問査定は、実際に不動産会社の担当者がマンションを訪問し、マンションの状態や部屋の中の状態、周囲の状況などを確認した上でより詳しい情報を加味して査定をする方法です。机上査定も訪問査定もどちらの場合も基本的に費用はかかりません。ですから、相場を知る意味でも、またこれから安心して売却を任せられる不動産会社を見極めるためにも、査定は複数の不動産会社に申し込むべきでしょう。ここで、時間がなかったり、依頼が面倒だったりして、1社にしか査定を申し込んでいなかったという場合には査定金額の比較検討をすることが出来ません。マンション売却にはある程度の時間の余裕を持って臨むことも大切でしょう。
複数の会社に査定を申し込んでみたものの、その査定結果を見比べてみるとその査定金額には上から下までずいぶん差があって悩んでしまうこともあるでしょう。高い査定金額を見るとつい嬉しくなってしまいますが、中には契約を取りたいが故に高い査定金額を提示する会社もあります。あまり他と開きがあるようなら、相場からは外れている可能性もありますのでよく見極めることが大切です。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る