マンションを査定し、即金(現金客)や即買で売却を成功させるには?

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

様々な理由で金銭的に厳しくなってしまった状況の時、即金性のある資産を換金しようと考える方も多いでしょう。即金性のある資産とはなんでしょうか。まず思い浮かぶのは、ゴールドやプラチナといった貴金属です。買取り業者によって査定金額は高い安い色々と異なりますが、質屋や貴金属店で即金化することができます。では、マンションなど不動産の場合はどうでしょうか。
今回はマンションを査定し、即金や即売で売却を成功させるにはどうしたらいいのかをみていきたいと思います。

マンションの売却での即金、即売とはどういうこと?


マンションを売却する場合の即金即売とはどういうことでしょうか。マンションを売却する場合、通常は仲介による売却が多いでしょう。マンションの売却を決めたらまず不動産業者に査定を依頼し、その金額を元にしてマンションの売り出し価格を決めます。不動産業者は売主の依頼を受けてマンションを買ってくれる買主を探します。
この仲介によるマンション売却の場合には、査定と仲介の依頼から売買契約の成立までは平均で約3ヶ月かかるといわれています。
一方、即金、即売でのマンションの売却は、買取り業者にマンションを売却する方法です。仲介の場合、不動産業者が出す査定金額は、その価格でマンションが売却出来るという金額ではありません。不動産会社が出してくる査定金額というのは、「その値段なら3ヶ月くらいの間にマンションを売却出来るでしょう」というアドバイスを提示しているに過ぎないからです。しかし、買取りの場合は、業者が査定で出した金額が買取り価格になるのです。業者がすぐに買取りをしてくれるので、即金、即売といわれています。

仲介によるマンションの売買は、不動産業者にとって、在庫を持たない商売といえます。利益はマンションの売買を仲介した事による報酬である仲介手数料です。一方、買取り業者は、マンションを買取り、付加価値を付けて売却します。つまり、買取り業者にとってマンションを買い取るという行為は商品の仕入れです。業者に売却する場合には仲介手数料はもちろん支払うことはありません。業者の儲けは、仕入れと売却価格の差になります。安い価格で仕入れて高く売れれば儲けが大きくなります。ですから、業者はマンションを出来るだけ安い価格で仕入れて、出来るだけ高く売却することで利益を多くしようとするでしょう。
もし、即金即売で業者にマンションを売却しようと考えている場合、仲介による通常の売却価格よりは安い値段でマンションを売却する可能性が高い事を頭に置いておいた方がいいでしょう。

通常より売却価格が安い?即金、即売での売却で出来るだけ高く売却する方法


即金、即売の場合には、通常の仲介による売却価格よりも安い価格での売却になるというのは理解できた。それでも、出来るだけ高くマンションを売りたい、安い値段では手放したくないという方も多いと思います。では、次に安い売却価格になるといっても、出来るだけ高く売却する方法について見ていきたいと思います。

まず、即金、即売でマンションを売却する場合には、売買の仲介業者ではなく買取りの業者を見つけなければいけません。買取りは通常の売却よりも安い価格になってしまうのですが、そうはいっても出来るだけ高い査定金額を出してくれる業者を見つけることが重要でしょう。

即金即売でマンションを売却する流れは、まず買取りを行っている業者にマンションの査定を申し込み、査定額を出してもらうところから始まります。ここで、1社にしか査定を申し込まなかった場合は高いか安いかといった査定金額の比較のしようがありません。しかし、複数の買取り業者に査定を申し込んだ場合は、どこの業者が出した査定額が一番高いのか、どこが安いのかを比較できます。ここの査定額は、マンションを媒介によって売却する場合の査定とは違い、まさに「この値段で買取ります」という価格です。買取り業者は、インターネット上の一括査定サイトなどで見つけることが可能です。即売、即金で売却する場合も査定の申し込みは無料ですので、マンションを安い価格で売却してしまわないために出来るだけ多くの買取り業者に査定を申し込んだ方がいいでしょう。

では、即金即売のメリットデメリットを最後にみていきたいと思います。

マンションの即売、即金、メリットデメリットについて


まず即金、即売で業者にマンションを売却するメリットについてみていきましょう。

即金、即売、という言葉からもわかるように、すぐにお金を手に入れることが出来る点がメリットでしょう。通常の媒介によりマンションを売却する場合には、査定、媒介の依頼から売買契約成立まで平均3ヶ月かかります。売買契約時には手付金が入りますが、その後の物件の引渡しと決済の時にようやく全額が手元に入ることになります。売買契約締結から決済までは約1ヶ月から1ヶ月半掛かるといわれています。ですから、マンションの売却を決めてから売却したお金を手にするまでにはかなりの時間がかかってしまうことがおわかりになると思います。
業者にマンションを買い取ってもらう場合は、その査定金額にさえ折り合いが付けば、すぐに売却が可能で、お金もすぐに手元に入ることになります。

また、通常の媒介による売却の場合には、個人に対して売却するため買い手がつかない場合も考えられます。せっかく買い手が現れたと思ったら、住宅ローンの審査に通らなくて破談になってしまったというケースもあります。買取り業者は、銀行からの融資が組めるような業者が行っているため、そのようなケースはまずないでしょう。

次のメリットは内覧がないので、気を遣わなくてすむという点です。通常の売却活動では、購入希望者の内覧などがあります。掃除をしてきれいにしておかなければいけませんし、出来るだけ内覧者に気に入ってもらえるようにあれこれ気を遣わないといけません。まだ居住しているマンションを売却する場合などは特に、なかなか売却出来ずに内覧の期間が長期化し正直ぐったりしてしまう事もあるかもしれません。業者の買取り場合は査定金額を出すために業者が見に来るだけになりますので、内覧の場合よりは気が楽でしょう。

また、近所に知られずにマンションを売却出来るという点もメリットでしょう。媒介でマンションを売却する場合には、近所にチラシやインターネット上に広告を出したりしますので、否が応でも近所に売却の事実を知られてしまいます。その点、業者による買取りの場合は、そのような広告は出しませんので、近所に知られずに売却が可能になります。

では、業者に買い取ってもらう場合のデメリットは何でしょうか。一番にあげられるデメリットは価格が安いということでしょう。業者に買い取ってもらう場合は、何度も言うようですが通常の売却時よりも売却価格は安い価格になってしまいます。マンションを売で売却したい場合には様々な事情があると思います。即金でお金が手に入るということで資金計画は立てやすいといえますが、通常の売買よりも安い価格でマンションを売却することはデメリットと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました