室蘭工業大学の学生向け、楽しく一人暮らしをするためのお部屋探し(2)

室蘭工業大学の内部や周辺環境について

前回、室蘭工業大学について簡単に説明しましたが、今回はキャンパスの内部や周辺環境について見ていきましょう。
改めて、室蘭工業大学は、北海道の室蘭市に所在する国立の工業大学です。
広大で自然豊かな北海道の本州側に位置する室蘭は工業が盛んで「鉄の町」とも呼ばれています。
最近では工場の綺麗な夜景が室蘭を訪れる観光客に大人気スポットになってきました。
工場夜景見学ツアーも予約がなかなか取れない程だそうです。
室蘭工業大学の学部は工学部のみの単科大学で4つの学科から成っており、去年の調査、平成29年5月現在、約2800人の学生が在籍しています。

そして広いキャンパスには興味深く珍しい施設が沢山あります。例えば、3次元不規則造波水槽実験棟、衝撃試験機室、ロボットアリーナ、この3つはなかなか他では見られません。
これらの詳細についてはまた別の機会にリポートできればと思いますが、大まかに説明するとマニアックな工業大学や専門の企業でしか使用しないような研究用機械で大掛かりな実験もできる施設です。
その中の一つである、ロボットアリーナは一般にも開放されており、定期的に子供向けサイエンススクールやロボットを組み立てるワークショップなどのイベントが開催されています。詳細はHPでご確認ください。

キャンパス内にはテニスコートなどの運動施設も充実しています。弓道場とアーチェリー場が一緒になっておらず両方あるので、両部が別の場所で練習することができます。
広大な敷地を有する大学ならではですね。
その他、室蘭工業大学の図書館は大学にある図書館の中でも大きい部類の施設で、こちらの学生でない一般の人も会員登録すれば利用可能です。室蘭工業大学の学生には更なる特典があり、書籍、DVDは勿論の事、文具やうちわや傘、ひざに掛けるブランケットも貸してくれます。

更にキャンパス内には広い生協スーパーのパレットやレストランもあり、時間帯によってはとても混みますが、普段の生活には不便を感じないくらいの環境です。
もし、必要があれば大型スーパーもJRの駅を挟んで反対側、バスで20分くらいの所にありますし、小さな商店街も近くにあるので特に問題無さそうです。
隣町には有名な登別温泉もあります。休みの日は勉強疲れを癒しに友人と日帰り温泉や観光に行くのも良いかも知れません。何とも羨ましい環境です。
改めて北海道って良いですね!

室蘭工業大学の最寄り駅は室蘭本線の鷲別駅なのですが、バスは東室蘭駅から出ています。道南バスのバス停「東町ターミナル」(JR東室蘭駅東口から徒歩7分)とバス停「東室蘭西口」から大学までは15~20分くらいです。
経由する鷲別駅からバスに乗る場合、鷲別駅から徒歩3分のところにあるバス停「高砂小学校前」より乗車します。
大学の周りは他にも看護学校やいくつか高等学校があって若い学生が多い街ですが、バスの本数はあまり多くないので、周辺の学校に通っている学生は大学の寮や周りに住んでおり、徒歩で通っている人が多いそうです。
性格にもよりますが、プライバシー重視な人は学校から近すぎると溜まり場にされる懸念があるかも知れないですし、遠いと通学が面倒になってくるので、だいたい徒歩で10分~15分くらい離れた場所が丁度良い具合ではないでしょうか。
そして最近では家電付きのアパートも大学近くで賃貸されているそうです。
ベッドや必要な家電はだいたい付いているので服や生活用品だけ持って行けば良いのは引っ越しの時、楽チンですね。しかも大学生活4年位のためにわざわざ家具や電化製品を買わなくて済むのでとても便利です。
自然の恵み豊かな北海道の研究設備が整った室蘭工業大学で、充実した大学生活が送れると良いですね。

>>>室蘭工業大学の学生さん必見! お部屋探しガイド!

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る