マンション売却を簡単に匿名で査定してもらって売却できますか?

現在住んでいる中古マンションが、いくらくらいで売却出来るのかだいたいの金額を知りたい。でも、まだ売却するか決めたわけではないし不動産会社の営業からしつこく営業されるのは困る、と思っている方もいらっしゃるでしょう。
査定は実名でないと依頼出来ないの?もっと簡単に、匿名でできたりしないの?

今回は中古マンションの売却査定が簡単に匿名でできたらいいのだけど、と思っている方に、マンションを匿名での査定で簡単に売却することが出来るのか?を解説していきます。

中古マンションの売却査定を依頼する前に・中古マンションの売却方法は2つ


中古車の査定をして売却したことはある。けれど、マンションの売却は初めてで実はよくわからない、といった方もいらっしゃるでしょう。
投資家の方を除けば、何度もマンションの売却を経験しているといった方はそう多くはないでしょう。

中古マンションを売却する際に匿名で簡単に査定が出来るのか?について見ていく前に、マンションの売却についてあまり詳しいことは分からないといった方もいらっしゃると思いますので、簡単に中古マンション売却の流れについてみていきましょう。

所有している中古マンションを売却する際、売却方法は大きく分けて2つです。
1つは、仲介による売却。
もう1つは、買取りによる売却です。
仲介により中古マンションを売却する流れの方が一般的です。仲介とは、中古マンションを売りたい人と買いたい人の間に入って話をまとめて売買の契約を成立させるようにすることです。売主は、中古マンションの売買の仲介をしてくれた報酬として不動産会社に仲介手数料を支払います。

仲介と買取り、いったい何がどう違うの?そもそも用語が分かりにくい、という方のために、まず仲介で中古マンションを売却する流れを見ていきましょう。
マンションの売却査定を不動産会社へ依頼します。査定は無料ですので、一括査定サイトなどを利用して複数の会社に申し込みましょう。査定を複数社から取ることで、売却できるだいたいの相場を知ることが出来ます。査定を依頼した中で信頼出来そうな不動産会社を選び媒介契約を結びます。媒介というのは仲介と同じ意味の法律の用語になります。つまり、自分のマンションを確実に売却してくれそうな不動産会社と、マンション売却の仲介を依頼する契約を結ぶのです。仲介を依頼された不動産会社は、売り出しの広告を出したり、近所に売却のチラシを配ったりといったマンションの売却活動を行います。マンションを買いたいと希望してきた買主と売却の価格や引渡しの時期などの交渉をした後、買主と売主で納得すれば「売買契約」を結びます。売主は買主からマンションの売却代金を受取り、物件の引渡を行います。マンションの売却査定を依頼して媒介契約を結び、無事にマンションの売買契約が締結されるまで、その期間は平均で3ヶ月ほどかかるといわれています。

では、中古マンションを売却する方法の2つ目、買取りの方はどのような流れになるのでしょうか。
こちらは、仲介による中古マンションの売却の流れに比べると簡単です。
不動産会社の中には仲介しかしていない会社もありますので、まず買取りに対応出来る不動産会社をみつけることから始めます。出来れば複数の不動産会社に中古マンションの買取り査定をしてもらい、その金額に納得すれば即売却が出来ます。不動産会社にマンションを査定の価格で買い取ってもらうのです。
買取りにも、すぐに買い取ってもらう「即時買取り」と、ある程度の期間売却活動を行った後売却出来なかった場合に買い取ってもらう「買取り保証」があります。

中古マンションの売却方法・仲介?それとも買取り?それぞれのメリットデメリットを解説


すぐに簡単に売却出来るなら、買取りで売却した方がいいのでは?と考えてしまいますが、買取りにもデメリットがあります。
次に、仲介による中古マンション売却と、買取りによる中古マンション売却、それぞれのメリットデメリットを見ていきたいと思います。

まず、買取りのメリットについてみてみましょう。

・資金の計画の目処が立ちやすい
買取り価格に納得すれば、すぐに現金化出来ますので、確実に現金化できる日程と金額があらかじめ分かります。ですので、売却後の資金計画が立てやすくなります。

・マンション売却にかかる期間が仲介の場合に比べて短い
仲介によるマンションの売却は平均で3ヶ月ほどかかるといわれています。買取りは、不動産会社が買い取ってくれますので、値段にさえ納得出来れば即現金化が可能です。

  ・マンションの売却を他人に知られる可能性が低い
仲介によるマンション売却では、近所にチラシを撒いたり、広告を出したりします。売却する事情や理由は様々あるでしょう。近所には売却することをあまり知られたくないという場合に、買取りは広告を出したりしませんので、近所の目を気にする事無く簡単に売却するが可能になります。

・瑕疵担保責任を負わなくて済む
瑕疵担保責任とは、耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。マンションなどを売った側が買った側に対して、売却したときに気がつかなかった部分の不具合が見つかったら責任を負わなければならないとする法律です。
仲介によって中古マンションを売却した場合は、瑕疵担保責任は1ヶ月から3ヶ月の期限を定める売買契約を結ぶ事が一般的です。
買取りの場合、個人が不動産会社に売却します。その場合には売主の瑕疵担保責任は免除になります。

・仲介では不動産会社に仲介手数料を支払うが、買取りは支払う必要がない
仲介によるマンション売却の場合は、無事マンションの売却が決まり売買契約が締結されると、仲介の報酬として仲介手数料が不動産会社に支払われます。この仲介手数料は、マンションの売却価格のだいたい3%程度を上限として支払うことになります。3%程度というとピンとこないかもしれませんが、例えば3,000万円でマンションが売却出来たとすると3%は90万円ほど。結構な金額です。買取りではこの仲介手数料を支払う必要がないのです。

買取りのデメリットとは何でしょうか?
仲介による中古マンションの売却の場合と比べると、買取りには以上のような多くのメリットがあることが分かります。しかし、大きなデメリットがあります。仲介によって中古マンションを売却した場合よりも、買取りで売却した場合には、一般的に売却価格が安くなってしまうのです。不動産会社は買い取った中古マンションに付加価値をつけて転売します。利益を乗せる分だけ仕入れ値は安くしないと採算が合わなくなります。一般的に、買取りでのマンションの売却価格は仲介で売却した場合の60%~80%程度の価格になるといわれています。

では、次に仲介によるメリットデメリットを見ていきたいと思います。仲介によるメリットデメリットは、ちょうど買取りのメリットデメリットと反対になっています。
一番のメリットは、買取りの場合よりも高値で売却が可能であることでしょう。
一方のデメリットは、
・マンションを売却するまでの期間が買取りよりも長い。
・いつ売却出来るか、いくらで売却出来るかは、実際に売買契約が成立するまで分からないので、資金計画の目処が立ちにくい。
・マンションの売却を近所に知られてしまう可能性が高い
・瑕疵担保責任を負う可能性がある
・仲介手数料を支払う必要がある
などが挙げられます。

時間がない、急いで売却したい、価格よりも時間を優先するという場合には、買取りによる売却を選択した方が確実に早く現金化出来ます。
すぐにマンションを売却したい、すぐに現金化したい、という方は仲介による売却よりも買取りによる売却がいいでしょう。
じっくり時間がかかっても出来るだけ高く売却したい、という方は仲介による売却を選択するのがいいでしょう。

中古マンションを売却したい・査定は匿名で出来る?


さて、中古マンションを売却したいと考えたら、仲介にしても買取りにしてもまず始めにすることは査定でした。
まだマンションを売却するかどうかはっきり決めていない、という方は、査定を依頼したら不動産会社からしつこく営業電話がかかってきて煩わしい、と考えるかもしれません。あるいは、まだ具体的に売却を決めていないのに、不動産会社に査定を依頼するのは何だか気が引けると感じる方もいらっしゃるでしょう。実名で査定を依頼することにためらいを感じる方もいらっしゃるかもしれません。個人情報をネット上に入力することに躊躇される方も匿名で簡単に査定金額が分かれば便利なのに、と思われるでしょう。

査定は簡単に匿名で依頼することができるのでしょうか?

実は、匿名で査定を依頼することは可能です。AIを利用して査定金額を出すサイトや、メールアドレスを登録して会員登録すれば簡単に匿名で査定を依頼出来るサイトはいくつかあります。

ここで、査定についても簡単に解説しておきましょう。マンションを売却する際の査定にも大きく2つの方法があります。まず、マンションの所在地と築年数、階数、間取りなどの情報から、似たような過去の取引データを考慮して簡単に金額を査定する「机上査定」。現地を実際に訪問して周辺の環境や、実際のマンションの状態などを確認してから査定金額を出す「訪問査定」です。より実際の売却金額に近いのは「訪問査定」で出した金額になります。

匿名の査定では、実際に売却する物件を訪問することは出来ません。ですから匿名の場合は、「机上査定」での査定金額になります。匿名の査定でも、だいたいの査定金額を確認することが出来ます。

しかし、実際にマンションを売却するためには、簡単に匿名でというわけにはいきません。仲介にしても買取りにしても訪問査定を依頼して実際のマンションの状況を詳細に確認して査定をしてもらう必要があるからです。ですから、売却することが決まっているならば、匿名ではなく実名で利用する一括査定サイトで査定を申し込んだ方が二度手間になりません。
また、もししつこい営業電話が煩わしいと思って躊躇されている方は、机上査定を申込む時に「メールでの連絡を希望」と記入しておけば電話がかかってくる心配はないでしょう。記入したコメントは依頼する不動産会社に一斉に送信されるので便利です。

実際にマンションを売却することが決まっているならば、匿名での査定ではなく一括査定サイトなどを利用するのが売却への近道でしょう。

中古マンションを出来るだけ高く売却したい・複数の会社に査定を申し込む理由


自分の所有しているマンションを売却したいと考えている人に共通している思いとはなんでしょうか。マンションを売却するなら「出来るだけ高値で売却したい」、という思いは誰しも少なからずお持ちだと思います。
では、中古マンションの売却を考えた時、出来るだけ高く売却するために重要なことは何なのでしょうか。
仲介、買取り、どちらにも共通するのは、自分の所有しているマンションに合った不動産会社を見つけることだといえるでしょう。

仲介による売却の場合、顧客の満足のいく形でマンションの売却を成立させたい熱意を持った不動産会社を見つけることが出来るかは非常に重要です。仲介による売却査定の場合、わざと相場よりも高い査定価格を提示して契約を取ろうとする戦略の会社も中にはあります。他と比べてあまりに高すぎる査定価格を提示してくる会社や、査定の根拠が曖昧な会社は選択肢から除いた方が無難でしょう。一社からの査定だけでは分かりにくいマンションの売却価格の相場は、複数社から査定をとることで、だいたいの金額を掴むことが出来るでしょう。
また、買取りで売却する場合も、仲介と比べると安くなってしまうとはいえ、なるべく高く売却する方法はあります。買取りをしてくれる不動産会社をまず見つけ出し、複数社へ査定を申し込むのです。買取りの場合は、査定金額で買取ってもらえるのですから、ここは一番高い査定価格を提示してくれた不動産会社にマンションを売却すればいいでしょう。

では、そんな不動産会社をどうやってみつければいいのか?そこで是非利用していただきたいのが一括査定サイトです。一括査定サイトでは、一度の入力で複数の会社に同時に申し込めます。不動産会社を複数社の中から選択することで、自分のマンションに合った不動産会社に巡り会える可能性が高くなるといえます。

中古マンションを売却したい・おすすめの一括査定サイトは


マンションを売却する際には、査定をしてもらうことで売却出来る価格の相場を知ることが大切だとお話ししました。しかし、実際にどの一括査定サイトを利用すればいいのかわからないといった方のために、筆者おすすめのサイトをご紹介したいと思います。

「イエイ」
「お断り代行サービス」、「イエローカード制度」、「査定後のフォロー」など、マンション売却については幅広くフォローされているのが魅力です。24時間専門のスタッフが対応してくれるというのも心強いところ。

「イエウール」
登録業者の多さが一番の魅力でしょう。大手から地域密着型の不動産会社まで幅広い会社と提携しています。他の不動産一括サイトでは見つけられないような会社から査定が受けられます。自分の不動産に適した不動産会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

「スマイスター」
マンション売却以外にも幅広く手がけていますので、不動産に関することならば柔軟に相談が可能です。例えば買取りや、任意売却など他の選択肢にも幅広く対応が出来ます。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る