マンション売却後は買い換えるべきか賃貸にするべきか?

マンション購入派・マンション賃貸派


マンション売却後のお住まいは買い換えをご希望ですか、それとも、賃貸をご希望でしょか?
みなさんは 色々な理由で マンション売却を決意すると思います。この後のお住まいをどのように決めるのでしょうか? もっと、広い間取りにしたいとか。 逆に子供の独立で家族が減ったので コンパクトにしたいとか。通勤面で駅から近くに住みたいとか。もっと、見晴らしのいい所に住みたいとか。金銭面から査定金額をもとに売却して住宅ローンを返済したいとか。色々な理由がありますよね。
今、新築マンションが多く建設されていますが、意外と賃貸物件が多く建てれられています。
現在もちろんマンション購入者も多くいますが 賃貸を希望する人も増えているようです。それには、単身世帯など、住宅に対する価値観が変化してきたと思われます。
しかし、単身者でもマンション購入派もいますし、ご家族でも賃貸派はいます。
ここでは、マンション売却後に買い換え購入派と賃貸派の、どちらが理想的なのか、比較していきましょう。

まず金銭面ではどうでしょうか?


たとえば、マンション査定金額で売却して ローンを返済し、このあとはローンで購入なら賃貸派の方がお得ではないでしょうか?
住み換えをする訳ですから 今より立地や設備が良く、今後の住居年数を考えて築年数などにもよりますが、同じようなのマンションに住むとしたら、購入派と賃貸派だと、ローンで支払った場合、購入派の方が支払い合計は賃貸はより上回るようです。
1つの理由として、ご存知のとおりローンと固定資産税に管理費と修繕積立費がありますよね。
ただし、マンションには管理費と修繕積立費がかかります。管理費を安くても、数年後に大幅に管理費が値上げとか、修繕積立費も、大規模修繕が行われる場合もあります。
しかし、賃貸派は家賃だけです。もちろん、一般的な例であり、物件によっては逆転するケースもあります。

マンション売主様ですからステイタス重視と今後のための査定金額重視も?


今、マンションを所有されている売主様はステイタス重視なら購入派?
金銭面を先ほどご紹介しましたが やはり、賃貸用マンションと分譲マンションでは、分譲用のマンションも方が造りや設備や今後のための査定金額もが良い場合が多いです。また、分譲マンションに賃貸する場合「賃貸に住んでいる」と思われるのがイヤだという人もいますね。 いま 持家(分譲マンション)に住んでいるので賃貸派には得られないようなステイタスを重視する場合は、購入派でしょう。

今まだにない気軽さから賃貸派?


今もマンション売却を考えて、マンション査定など不動産会社への時間や労力がかかり、気軽に転居するは難しい中、気分を変えたいとき、 間取りを変えたいとき 古くなったにで新築へなんて、賃貸ならすぐ転居できますが、購入した場合はそうはいきません。気軽に転居したい人には、賃貸派にすべきでしょう。

ペットと暮らしたいなら購入派?

やはり、賃貸マンションはやはりペットを飼いにくいようです。しかし、「ペット可」の賃貸マンションも増えています。ただし、「ペット不可」分譲マンションのマンションもありますが、、「ペット可」の分譲マンションは、散歩後に足の洗い場スペースや、エレベーターにもペットと乗れるものもあるなど、充実したペットとの暮らしの工夫されています。ペット重視の人は、購入派が多いようです。このような物件も査定金額が良くなるでしょう。

マンション売却後 お金を重視するのか、お住まいの今後のためのマンション査定金額を重視するのか、ライフスタイルを重視するかで変わってきます。マンション購入派か賃貸派かを選ぶことは、ご自身にとって今後の人生で大切な節目になるでしょう。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る