マンション売却査定後に売主側に寄った営業を防止するコツ

上手に不動産売却の業者を選びましょう。


今は売却を考えている人には、売りやすい社会状況になってきています。
また、選んだ不動産売却を依頼した会社に言われまま売ると安く売ることになり、損することも多いのも事実です。マンション売却で不動産業者は、パートナーではありますが、仲介業社でありますので 売主と買主にとっては中立であるべきです。
でも、実際には多くの不動産売却業者は、売主側寄りの営業をしていることが多いようです。「なぜマンションの売主側になるか」と「どのようにしたら中立になるか」の説明をしましょう。

なぜ不動産担当者はマンションの売主側になるのでしょうか?


なぜ、マンション売却査定後では売主側に寄った営業なのでしょうか。
1つはより良いマンション物件があればこそ取引ができ、多くの不動産業者から我が社を選んで頂いた事でしょう。
もう1つはマンションの売却査定から売却までのパートナーとしての長いお付き合いする中で売却側に寄った営業になるのでは。

マンション購入希望者側の営業をする不動産業者もあります。


実は、マンション購入希望者側の不動産業者も もちろん少なくはありません。
不動産業者は仲介業としてマンション売買で仲介をしなければ手数料がありません。客付け業者と言う あまり良い不動産業者ではない可能性があります。
仲介業者である不動産会社はマンション売主の「早くその物件を売りたい」という思いより、マンション売却査定を付けたものの 相場よりも安価で売りに出せば 早期売却できるのですが、もちろん、相場よりも安価での売却査定は売主には伝えません。
「取り扱うマンションが2、3ヶ月広告に載っていると不良物件とみなされて 購入希望者が嫌がります。」と相場よりも安く売り出したりします。これは、結果的には買主側に有利になりますね。
不動産業界では売買契約(賃貸契約)の際の不動産業者(仲介業者)に 二つの取引形態「片手取引」と「両手取引」があります。

「両手取引」と「囲い込み」


違法行為の「囲い込み」は悪徳不動産業者が行います。要注意です。

一つは「片手取引」というマンション売主から売却を依頼された不動産会社の「元付仲介業者」が別の不動産会社(客付仲介業者)へ依頼してマンション買主を探す取引があります。この場合は双方の不動産会社に仲介手数料が発生します。

もう一つの「両手取引」とは、マンション売主から売却を依頼された不動産会社が、マンション買主を見つけて、売主と買主の仲介を同じ不動産会社が行う取引をいいます。この場合1つ不動産会社がマンション売主とマンション買主の両方から仲介手数料をもらえます。「片手取引」に比べて両方から仲介手数料がもらえることになります。つまり、不動産会社は「両手取引」を営業のノルマとしている会社もあり”おいしい”取引なのです。この「両手取引」は違法ではありません。正当な取引ですが、「両手取引」を取りたいが為に 大きく広告をせずに、マンション買主希望者を限定してマンションん情報を提供するために、相場より安価で売却されてしまう可能性があります。不動産業界の悪しき風習「囲い込み」です。また、悪質不動産業者は最初から、「囲い込み」を狙い マンション査定価格も相場より低く査定している可能性もあります。
大事なマイホームであるマンションを売却査定から 納得のいく不動産取引のため、何でも相談できるパートナーである不動産会社を探すと共に、ご自身が身に付けておくべき”不動産の知恵”として、この「囲い込み」は絶対に覚えておきましょう!

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る