中古マンション売却査定のポイント(12)既存住宅売買瑕疵保険

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「既存住宅売買瑕疵保険」を知っていますか?
誰でも綺麗で安心できるマイホームに住みたいですよね。
マイホーム売却・購入は、売る側にも買う側にも一生に一度の大イベントです。
しかし、古い戸建や中古マンションを売却・購入した後に、何か重要な欠陥が見つかったらどうなるのでしょうか?そんな不安を保証するのが「既存住宅売買瑕疵保険」です。特に、築年数の古い中古マンションの売却・購入に不安を感じている方にはオススメの保険商品と言えます。

「既存住宅売買瑕疵保険」とは?


難しい言葉で、読むのも困難!な「既存住宅売買瑕疵保険」。そもそも、瑕疵(かし)って何でしょうか?通常想定される「品質」や「性能」を有していないことを瑕疵(かし)と言います。住宅の場合は、水道管からの水もれや、屋根からの雨漏り、柱などがシロアリの被害にあっているなどが該当します。

既存の住宅、つまり、古い戸建や中古マンションの瑕疵(かし)について、検査と保証をするのが「既存住宅売買瑕疵保険」です。

この保険に加入するには、専門家の調査を受けて、問題がない住宅であるという証明が必要になります。つまりは、この保険に加入していることが、瑕疵(かし)の問題がない住宅だという証明になります。

万が一、物件の引渡し後に瑕疵(かし)が発見されたとしても、保険会社によって費用が支払われるので、売主側の負担も減らせます。

加入方法は?


この保険商品は、売主・買主・仲介業者であれば、誰でも申し込みができます。最近では販売促進のとして、仲介する不動産業者が加入しているケースもあるようです。

加入希望の際に、一番気になるのがは保険料の負担額。保険上限額が1000万円コースの保険商品であれば、5万円~10万円程度が平均的な保険料です。この金額に物件の診断費用も含まれていると考えれば、決して高い値段ではないと思います。

お得に加入する裏技


仲介業者に交渉して保険費用を出してもらうという裏技もあります。成約の際に、業者が受け取れる仲介手数料を考えれば、交渉の余地があるはずです。物件を査定相談した際に、「他の業者で、専任媒介契約で売却依頼してもらえれば、保険費用を当社が負担しますと言われたんですが、、、」とういうふうに交渉してみるのも手かもしれません。

売主・買主・仲介業者、全てにメリットがあるこの保険制度は、現在では築年数が古くなっている一戸建てがメインになっていますが、中古マンションの築年数もどんどん古くなっている昨今、今後は戸建て住宅・マンションどちらにも広がっていくと予想されます。

この保険制度への加入で、税制の優遇措置が受けられたり、金融機関によっては優遇措置がある場合もあるようです。合わせてチェックしたいですね。

中古マンションの的確な査定相談


平成24年度にスタートしたこの保険制度。まだまだ認知度も高くありません。新しい制度については、なかなか素人では難しいところもあります。一度、プロに相談してみるのもいいでしょう。

中古マンションの売却を検討中なら、不動産業者や査定の専門家にきちんと相談して、最新の情報をゲットするのがオススメ。
ネットサーフィンだけでは得られない情報を、プロから教えてもらえるかもしれません。無料で査定依頼が出来きる業者もたくさんありますので、まずは一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。
中古マンションに関する制度について勉強して、賢く売却や購入の準備を進めたいですね。

タイトルとURLをコピーしました