中古マンション売却査定のポイント(10) マンションにかかる消費税

誰でも、マイホームを少しでもお得に購入したいですよね。そこで気になるのが消費税の増額の問題です。消費税が上がるなら、多くの人が不動産の購入や売却を、増税前に検討するでしょう。駆け込み需要を狙うなら、早めに自宅の査定など、売却の準備を進めたいですよね。

消費税は2017年4月には10%に増税される予定でしたが、2019年10月まで先送りになりました。間近に迫ってた増税によって、私たちの暮らしにどのような影響があるのでしょうか。マイホームの購入や売却も増税前に急いだ方がお得になるのでしょうか?

消費税とは


消費税とは、本来、事業者が納める税金です。その金額を消費者が、商品購入する際に、上乗せして負担しているイメージです。つまり、事業者から買った場合は消費税がかかりますが、個人間では消費税がかかりません。

つまり、事業者から購入すると消費税がかかりますが、個人間の取引になる中古マンションの代金には消費税がかかりません。ですから、新築よりも中古の方が、増税の影響は少ないことになります。
ただし、個人間の売買でも、不動産業者に仲介してもらった場合、仲介手数料には消費税がかかります。

2,500万円のマンションを購入した場合にかかる消費税を考えてみましょう。

[2,500万円の新築マンションの場合]
消費税:200万円(税率8%)
消費税:250万円(税率10%)
差 額: 50万円
[2,500万円の中古マンションの場合]
消費税はかかりませんので、この差は関係ありません。

不動産を購入すると、仲介手数料や登記手続き費用などがかかります。その諸経費を合わせた金額は、平均で約100万円。
その場合にかかる消費税は、
増税前:8万円(税率8%)
増税後:10万円(税率10%)
差 額: 2万円
これは、新築でも中古でも同じです。

住宅ローンは、返済期間、金利、税金に優遇措置が適用されるかどうか、条件によって変動しますので、一概には言えませんが、2,500万円を35年ローンで返済した場合、8%の消費税よりも10%の消費税の方が約130万円支払う額が多くなります。

まとめると、
[新築マンションの場合]
増税前と後の差額・・・ 約200万円

[中古マンションの場合]
増税前と後の差額・・・ 約132万円
となります。

増税前の方がお得?


2~3年以内に、新築マンションをローンをくんで購入する予定のある人は、増税前に買った方がお得になる可能性が高そうです。ですが、増税後にローン金利引き下げ措置があるかもしれませんので、最新の情報をしっかりチェックしたいですね。

今すぐ引っ越す必要はないけれど、いずれ良い物件がれば購入したいと考えている方は、増税前にあせって購入する必要はあまりなさそう。特に、今、住んでいる自宅のローンがほとんど終わっていて、中古マンションへの住み替えを考えている人は、増税後の影響はあまりないと言えます。

増税は、マイホーム購入・売却のタイミングを決める重要な判断材料ですが、やはり納得のいくタイミングで購入することが大切です。増税をいい機会だと考えて、将来のライフプランを検討し、自宅の査定など、売却の準備を進める良いきっかけにしてみましょう。

中古マンションの売却を検討中なら、不動産業者や査定の専門家にきちんと相談して、適正な査定価格を診断してもらうのがオススメです。 駆け込み需要がふえる増税前の時期なら、査定で高値がついたり、良い条件で売却できるチャンスも広がるかもしれません。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る