中古マンション売却査定のポイント(29) 中古マンション売却方法

中古マンションを売却する場合、大きく分けて2通りの方法があります。
1つは不動産仲介業者に売却をしてもらう。もう1つは買い取り業者に買い取ってもらう。という方法です。査定をしてもらった際、この2つの方法のうちどちらの方が高い査定額が出ると思いますか。
一般的には買い取り業者の方が低い査定額で出るはずです。しかし中には反対に買い取り業者の方が高い査定額で出る場合もあります。その際は少し注意しておく方がよいでしょう。買い取り業者が高い査定額を出してくる際には、2つの理由が考えられます。

1つは、買い取り業者は買い取りが仕事なので、買い取りの契約が取りたいわけです。依頼した業者が良い業者であることが望ましいですが、そうでない場合、初めだけ高い査定額を提示してくることがあります。買い取り話を詰めてきたときに、中古マンションであるがために色々欠点を突き付けてマイナス点を付け、結果的に当初の査定価格より低くなって買い取られる、ということもあります。
もう1つは、買い取り業者が高い価格を出してくれた、というわけではなく、不動産仲介業者の査定額が低すぎる場合もある、ということです。

やはり査定額は、不動産仲介業者と買い取り業者は1社ずつでも比較できるかもしれませんが、不動産仲介業者同士、買い取り業者同士の比較をするためには、それぞれ複数社依頼しないと比較できません。対応は大変かとは思いますが、不満を持ちながら、疑問を持ちながら売却の話を進めるのには、後々後悔することになりかねません。一括査定サイトを利用しながら、是非他と比較してみることをおすすめします。

また、損しないためにも、少し自分でも調査することが大事です。1度、売却対象の中古マンションの周辺のマンションがどのくらいの価格で売却されているかを調べてみましょう。SUUMOなどからでも検索ができます。物件によってはログインしないと見られない物件だったり、特定の不動産仲介業者しか取り扱っていなかったりもしますが、相場がわかりますし、一括査定してもらった際にも、安すぎるのではないか等、気付けることもあります。

査定を受けた際、3000万円というふうにきりのいい査定額を出してくる場合も、少し考えてみた方が良いと思います。中古マンションの売却物件を見てもらうとわかると思いますが、3280万円等、何十万のところまで入っている物件がほとんどです。そして、3300万円より少し低い3280万円に設定されることが多いのです。色々な物件を眺めてみることで、価格の設定の仕方もわかるようになってきます。

中古マンションの売却は、どれだけ良い不動産仲介業者、買い取り業者と出会えるかがポイントとなります。その見極めができるようになっていると、安心して売却作業が進められます。そして、何社かと査定してみて、契約したいと思う業者が何社かあれば、一般媒介契約を結びます。仲介売却には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。専任はその名の通り、その業者でしか取り扱えないようになってしまいますので、他に良い不動産業者が現れても契約できません。

ですが専任のメリットとしては、売却に力を入れてくれる、レインズ(不動産流通標準情報システム)への登録が必須ですので、早く広く他者に中古物件の存在を知ってもらうことができます。一般か専任かは、一括査定をしてみて任せたい業者がどのくらいあるかで決めると良いのではないでしょうか。
中古マンションの売却は高い売り物です。できる限りトラブルもなく、良い買主の方に購入してもらいたいですよね。業者ともトラブル、買主ともトラブル、となると疲弊してしまいます。是非一括査定サービスを利用して考えてみてください。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る