中古マンション売却査定のポイント(30) 首都圏のマンション価格

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

首都圏のマンションの価格を見てみると、都心に近づくほど高額になり、高級住宅街と呼ばれるような、港区や渋谷区では中古でも新築のような価格になっているところも多くあります。では少し離れた足立区、東京の中でも治安の悪さがワースト1位と言われていますね。そんな足立区での中古マンションの売買事情はどうなっているのでしょうか。

治安が悪いと聞くと住みたくない、と思う方、特にファミリー層の方は多いと思います。足立区の中古マンションの相場は2018年9月現在では、築年数1~3年以内、専有面積70㎡の場合3909万円(HOME’Sより抜粋)となっています。それに比べ、港区の中古マンションの相場は同じ条件で12354万円となっていて、約3倍も違います。こう見ると、足立区で中古マンションを売却したくても、売れ残るのではないか、と不安になったりもします。

しかし最近では対策を講じてきたこともあり、事件の発生も少なくなってきており、大学キャンパスの開発予定地になるなど、治安の悪さから少しずつ抜け出してきている雰囲気があります。また、足立区の北千住駅には5路線も通っており、交通の便にも優れている場所もあります。このような様々なことから、足立区の中古マンションの相場が徐々に上がってきていますので、売却時期としてはとても良い時期なのではないでしょうか。

また、2020年のオリンピック開催地として東京が選ばれたこともあり、2013年末から売却物件が多くなってきています。そのため売却査定も上がってきています。この売買件数の上昇がいつまで続くのかは予想ができないため、売却タイミングを間違えないようにしたいものです。足立区の中古マンション価格が低めなので、少し価格が上がっても、治安や交通の便が良いところで購入したい、という方も多くなるでしょう。

足立区での売買が増えてきているとはいえ、中古マンションは売却できなければ意味がありません。そのためには信頼のおける不動産業者や買い取り業者に任せたいですよね。いくつかの不動産業者を紹介します。

エムイーPLUS城東は地元で多くの中古マンションを扱う会社です。まだローン返済中のマンションでも売却に出さないといけなくなる場合があると思いますが、住宅ローンのプロも在中しているので、相談しながら売却の話も進められるメリットがあります。
Y’sHOME(ワイズホーム)はネット広告に出さない物件が多い特徴があります。売却したい場合でも諸事情により、なるべく公にしないで売りたいということもあるのではないでしょうか。そういうときには地域密着型のワイズホームは力を発揮します。

センチュリー21グリーンホーム北千住東口店は、交通の便も良い北千住にあります。センチュリー21は知名度も高いので、安心して任せられるのではないでしょうか。中古マンションを売却するためだけでなく、賃貸として運用しようと考えている方にも相談しやすい会社と言えます。

東宝ハウス城東は創業40周年となる東宝グループの一つです。大手のため情報も豊富で売却にも熱心なのが魅力です。お金のことで頼りになるファイナンシャルプランナーもいますので、ローンや住み替え時でも不安なことを取り除きながら話を進めることができます。

いくつかの不動産業者を紹介してきましたが、まずは一括査定サイトにて何社かに査定額を出してもらうことが重要です。業者を決めるときに口コミを見ることも多いと思いますが、同じ会社でも良い口コミと悪い口コミがあります。その中で何を信じるのかは、やはり査定をしてもらい、業者と接して、この業者に物件を任せたいと思えるかどうかなのではないでしょうか。少しでも査定額が高く信頼できる不動産業者と出会うために、是非一括査定サイトを利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました