中古マンション売却査定のポイント(34)売却査定一括サイトのタイプ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンションを扱う不動産業者と不動産売却査定一括サイトのタイプを知る!


中古マンションを取り扱う不動産業者にもさまざまなタイプがあります。
今回は、タイプ別の例を取り上げ、そこについているレビューを紹介してみます。
必ずしも同様のタイプの業者にあてはまるとは限りませんが、中古マンションならでは、特有の傾向は把握することができると思います。

●A社:複数支店有りの中規模・中古マンション取扱い数多い・幅広い価格設定
<ユーザーレビュー>

・52歳女性
中古マンションに関しても、高額査定してくれると聞いていましたが、期待していたより、査定額が低めでした。ですので、今回は見送りました。営業マンの方は、「売却は他社より自信がある」とのことでした。もし、中古マンションでも高い売却査定額を出してもらえるなら、お任せしたいですね。

・47歳男性
転勤のドタバタで急いで売却したかったので、まず一括査定サイトを利用した。複数の中古マンションに強そうな業者に売却査定を依頼したうち、もっとも速く準備を整えてくれた業者だったので、バッチリだった。

・69歳男性
熱意は感じるが、契約開始から半年経っても中古マンションが売れる気配がない。やる気があるのか?ないのか?
●B社:大手の支店系・幅広い種類の物件取扱い・売却力有り
<ユーザーレビュー>

・53歳男性
離婚による別居のため、現在住んでいる中古マンションを引き払うことになったために場売却査定依頼した。こういう状況に経験があり、法的手続きや残りのローン関連の知識にも強い方が担当になってくれて助かった。やはり大手の強味かと実感した。

・55歳男性
場所によっては、地元密着の不動産業者のほうが、大手より強いと分かった。その証拠にかなり古い中古マンションとはいえ、売却までに長い時間がかかりイラついた。売却査定的に、数十万円程度の違いなら地元業者のほうがよいと思う。

・43歳男性
大手ならではの提案として、売却が不成立時の中古マンション「買取りプラン」は安心だった。何となく大手だからこそ、ほかの業者を探すよりも全部任せたかった。手慣れた処理で私としては全く問題を感じることなく、売却してもらえた。

●C社:地域(エリア)特化型・中小規模・地元密着特有の売却力有り
<ユーザーレビュー>

・40歳男性
この業界の悪い特徴なのか?中古マンションの売却査定後、実際に売却が始まった途端、かなり短い間隔で値引き交渉をしてきた。最初から落としどころが決まっているかのようで、いくらでもよいから早く売りたいならよいが、だいぶ疑問に思うところだと思う。

・42歳女性
「ウチは地域に強いんです!だからスピードにも自信があります!」と、営業マンが相当自信を持ってエリア限定を強調し、実際の中古マンション売却査定の時にもずいぶんプッシュされました。また確かに、売却契約してから2ヵ月後に、成約となったため、言った通りの実力ということかな。

・62歳男性
とにかく営業マンがしつこい。地元特化で、このあたりでは有名なのかもしれないが、もう関わりたくない。

●D社:地元密着・情報ネットワーク強い・非公開物件OK・中古マンション直接買い取り
<ユーザーレビュー>

・61歳女性
確かに中古とはいえ、築3年にもなっていないマンションだった。それなのに、びっくりするぐらいの低い売却査定額だった。あまり取扱い実績のない物件の種類だったのかもしれないが、あんまりだと思いました。

・41歳女性
中古マンションの売却にあたり、あらかじめ、情報収集したほうがよいからと、一括査定サイトで簡易査定のみ依頼してみました。ちなみにということで、他の不動産業者の中古マンション売却査定額を匂わせてみましたら、あっさり引き下がられてしまいました。交渉力など、ちょっと営業力が弱い感じがしました。

・39歳男性
話をちゃんと聞いてくれて、リクエスト内容にも意図を理解してもらえる良い営業マンのいる不動産業者さんだと思いました。また、親から譲り受けた年数のたった中古マンションだったので、売却額は理想的ではなかったが、大体予想通りだったため、ここにしてよかったと思っています。

可能な限り多数の不動産業者に売却査定を依頼するのが、少しでも高い価格で中古マンションを売却するコツです。
また、一括査定サイトは、足を運ばずとも、スマホやパソコンを使い気軽に、無料で複数の業者に査定依頼ができるので、査定額が高い業者が効率的に見つかります。以下にいくつかオススメをご紹介しますので、情報収集、交渉の練習など中古マンションを高く売るためにぜひ、利用してみてください。。

●HOME4U 
国内最大級の不動産情報サイトで、運営は、NTTデータ。
不動産の一括査定サイトとしては、今までの利用者数は約550万人以上と、最大手の一つで、豊富な実績を持っている。
野村の仲介+、三井住友トラスト不動産、東急リバブル、Century21、三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売、阪急不動産、など、大手の不動産業者は、ほぼカバーできているため、今から中古マンションを売却査定したいと考えているなら、かなりおすすめできる一括査定サイト。
さらに、大手だけでなく、地域密着(エリア特定)型の不動産業者も多く参加しているので、全国約900社の不動産業者の中から、6社(最大)を取りまとめて中古マンション売却査定依頼できる。
過去の実績・経験も豊富で、運営元がNTTデータという大企業ということからも信頼性が高く、安心感のある使いやすいサイト。

●マンション.navi
その名前通りで、マンションの仲介に特化しているサイト。
老舗のサービスとして、業界内でも有名。
老舗というだけあり、運営歴が長く、野村の仲介+、住友不動産販売、ピタットハウス、みずほ不動産販売、三井のリハウス、等、大手の不動産業者との提携のみならず、地元に密着した小さな不動産業者にも強いという特徴を持つ。
土地、戸建て、マンション、等も網羅して扱っている大手サイトと比べ、マンション.naviの方がより専門的なサービスになっているので、中古マンション売却を考える際、決して外すことのできないサイト。
さらに、マンション.naviは、単なる「売却」に限らず、不動産業者からの「買取」の査定金額に関すること、限定的に「賃貸」物件として貸し出したい場合などの相談が可能。
知名度は大手に比べれば、多少落ちるが、マンションを貸すか?売るか?で悩んでいる、訳あり物件を売却したい場合は、かなり使えるサイト。

●ソニー不動産
ソニーグループが運営する不動産サービスの一つ。
ソニー不動産は、一括査定とは違い、ソニー不動産自体が売却などの相談に、直接乗ってくれる。
最近、かなり大きな注目が集まっているが、その最大の特徴が、「同一物件では、片側だけしか仲介しない」という点。売主からすると、不利な「両手仲介」が発生しない(両手仲介が発生すると、100万円単位で売主側が損害を被る可能性もある)のは大きなメリット。
対象エリアが、残念ながら、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)のみの利用となっているのが現状だが、このエリアの居住者での中古マンション売却希望者、もしくはこのエリアに中古マンション購入を検討しているという人にはかなりの利便性があると言える。
ソニーグループが運営元ということで安心感もあるため、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)に住んでいるという人は、まず最初の候補として使いたいサービス。

タイトルとURLをコピーしました