中古マンション売却査定のポイント(46)売却には熱意がある仲介業者

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンション売却となると、まずは査定の一括サイトなどで物件の査定見積を数社からとるところから始まることと思います。今は、家に居ながら査定見積がとれるうえに、見積をもとに依頼する不動産業者を選ぶこともできます。査定に納得して、どの不動産業者に依頼するか決まったら、中古マンション売却のため、不動産業者と契約します。この契約は、のちに依頼者が受けることになるサービス内容を決める大切な契約です。後悔しないように、一般媒介契約または専任媒介契にするかを選びたいものです。けれども、サービスの中身を知らないと、一般媒介契約と専任媒介契約の選択を迷うこともあると思います。
相続した中古マンション売却の例で見てみたいと思います。例えば、相続した中古マンションが、自分が住んでいる場所から離れていたので、物件近くに住む親戚に近所の不動産業者を探してもらったとします。親戚は、数社の仲介業者に頼んだ方が早く売れると考えて、一般媒介契約を結び、数社の不動産会社に仲介を依頼しました。それなのに、友人は一般媒介契約よりも専任媒介契約の方が早く売れるといいます。

この場合、親戚と親戚が探してくれた不動産業者を考慮して、いったんは一般媒介契約にしたものを専任媒介契約に変えることはできるのでしょうか。それとも、依頼中の何社かの仲介業者はすべて断り、新たに仲介業者を探して専任媒介で依頼したほうがいいのでしょうか。 そもそも、一般媒介契約と専任媒介契約の違いはどんなところにあるのでしょう。
一般媒介契約のメリットは、依頼者が1社だけでなく複数の仲介業者に売却を依頼することができることです。けれども、仲介業者から依頼主への報告義務はありませんので、状況を報告してこない仲介業者もあるというデメリットもあります。
専任媒介契約の場合ですと、売却を依頼できるのは特定の仲介業者に限られてしまいますが、仲介業者には、依頼者に対して2週間に1度の報告義務があります。

そのほかにも売却を依頼する中古マンションが、人気エリアや駅近など人気物件である場合や、売却することを近所に知られたくない場合は、一般媒介契約が向いているといえます。あるいは、中古マンションの立地など、条件が理由で売れるか心配な場合やアフターケアを受けたい場合は、専任媒介契約が向いているといえるでしょう。
そして、前述の一般媒介契約から専任媒介契約へ変更は可能かという疑問についての答えは、変更は可能なのです。
専任媒介契約や専属専任媒介契約は、契約期間が3か月以内と決められていますが、一般媒介契約には契約期間の定めはありません。つまりは、一般媒介契約をする際に契約期間を特に定めなければ、依頼主からの申し出で契約を変更することは可能です。
当然のことですが、一般媒介契約から専任媒介契約に変更しますと、他の仲介業者に売却を依頼することはできなくなります。特定の仲介業者のみが売却活動することになります。
それでも、専任媒介契約には、担当者のモチベーションを上げる効果があるので、売却活動に熱が入るというメリットがあります。依頼主への報告義務も生じますので、どのような状況になっているのかがわかる点も、依頼主としては安心ですね。

ここで注意したいことがあります。
それは、専任媒介契約を結ぶ相手です。売却活動をおろそかにする良くない仲介業者もいるからです。それに、買い手と売り手の両方からの手数料を見込んだ両手仲介を狙って情報を抱え込まれるたりすることもあるます。
ですから、どの不動産業者と仲介の専任媒介契約を結ぶかは、一括査定サイトなどで事前に査定をとるのと同じくらい中古マンション売却の成否を分ける重要なポイントになります。
今まで一般媒介契約をお願いしていた仲介業者の中から選ぶとしたら、たとえ一般媒介契約ではあっても活動報告をきちんと行ってくれていた誠意と売る熱意がある仲介業者を選ぶようにするとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました