中古マンション売却査定のポイント(68) 不動産の売買契約1

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンションを売却するにあたって、査定して売りに出した後買主が見つかったら必ず売買契約を行うのですが、この売買契約という経験は誰もがあるわけではありません。本記事では売買契約とは一体どういうものなのかということを中心に注意点などを分かりやすくご説明します。

<売買契約当日の流れ>


中古マンションの売買契約当日の流れとしましては、まず売主と買主が挨拶をするところから始まります。その後不動産会社の人から付帯設備の説明を受け売買契約書に記入・捺印を行った後、手付金を受け取って今後のスケジュールの説明を受けるといった流れが一般的だと言えます。

<売主と買主の挨拶>


売主と買主の挨拶ですが、売買契約当日は両者揃って行いますので内覧会等で会っていたとしても改めて顔合せと挨拶を行います。売買契約のほとんどが仲介業者である不動産会社で行われ、買主は購入する物件の重要事項の説明を受けなくてはなりませんので、売主よりも早く到着しています。

<付帯設備の説明>


売却される中古マンションの床暖房や浴室乾燥機といった付帯設備の説明が行われます。気になる場合は、予めどのような付帯設備に関する説明が行われるのかを確認しておきましょう。

<売買契約書への記入・捺印>


売買契約書への記入・捺印を行うにあたってはまず確認が行われます。事前に売買契約書に目を通しておくことによってより一層理解が深まるとともに当日の流れがスムーズにいきますのでおススメします。

<手付金の受け取り>


手付金は現金での受け取りになります。相場としましては売却金額の5%から10%ですが、大金ですのでしっかりと確認して買主に領収書を渡します。トラブルを予防するためにもこの確認作業はじっくりと行うことがポイントです。

<今後のスケジュールの説明>


最後は今後のスケジュールの説明です。こちらは中古マンションを引き渡す日程や決済日の確認になります。大切なことですので、しっかりと押さえておきましょう。

<中古マンションの売買契約における注意点>


中古マンションをはじめ不動産の売却に伴う売買契約を行うという経験は人生においてそう何度もあるものではありません。そのため当日は売主と買主ともに緊張をするものです。緊張をしているがあまり、不明点などをそのままにしておくと後々トラブルを引き起こしかねません。そういった事態を避けるためにも、わからないことに関しては納得するまで質問をするように心がけましょう。また反対に、自身が説明をしなくてはならない場面におきましてはしっかりと説明をすることも大切です。こういったことを意識するとともに紳士な対応を意識することによって当日の流れもスムーズにいきますので、頭に入れておきましょう。

<まとめ>


中古マンションを売却するにあたっては査定に始まり売買契約書の締結まで緊張の連続だと言えます。メールやインターネットによる机上査定をはじめ数社における訪問査定に関しましても神経を使うものです。人それぞれ査定から売却までの期間は異なりますが、いよいよ待ちに待った売買契約書を取り交わすという大事な場面でもありますので、事前にある程度の流れを把握しておきましょう。そうすることによって気持ちに余裕が出てきますので、ぜひこの記事を役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました