中古マンション売却査定のポイント(108) 中古マンションのおはなし1

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンション売却査定に向けて、中性脂肪の貯蔵で健康指導のブラックリストに乗る前に行うべきグレーゾーン売却査定宣言

長いビジネスシーンの会社人生の中では、飲み会の連続で、中性脂肪を貯蔵せざるを得ない場合も多々、起こり得ます。避けたいものですが、なかなか避けられません。中古マンションの売却査定を行う会社の上司には逆らえませんから。

中古マンション売却査定に備えて、中性脂肪を貯蔵してしまった人、もしくは、メタボリックシンドローム予備軍の人の中には、中性脂肪を貯蔵してしまうとどうなるのだろうか?
このまま行くとメタボになりそうなので何か良い手はないだろうか?
中性脂肪を貯蔵すると職場内にどういう影響が出てくるのだろうか?
等々のことを思って心配してしまう方も多いと思います。よく分かります。一度このパターンに陥ってしまうと、肥満の世界からなかなか出られません。なんとなく、その世界にいることが心地よいような気分になってしまうことも多々あります。食事も生活もこんなんで、「ま。いっか。」的な・・・。

そこで今回の得するお話では、中古マンション売却査定に向けて、中性脂肪の「貯蔵」にフォーカスして、つらつらとお話してっちゃおうと思っています。「え?またその話かって?」と思う人もいるかもしれませんが、よくよく話を聞くと分かると思います。中古マンション売却査定の話に少しだけ寄っているからですね。

このお話を読むことで、あなたも中古マンションの売却査定に向けた中性脂肪の貯蔵による影響やメタボ健診前にするべきことについて理解することができるんじゃないかな?と思っています。
どーでしょう?

結論から言うと、まだ中性脂肪を貯蔵していない方は
1.会社にメタボ健診のリスケジュールの交渉
2.食事生活の立て直し
3.運動の習慣化
の3つの対策を実施してみてください。中古マンション売却査定の際に効果あること間違いナシです。詳細は「中性脂肪の貯蔵前に実施すべき対策」で詳しくご紹介していこうかな?と思ってますが、どーなることでしょう。今からの中古マンション売却査定の話の展開にドキドキが止まりませんね。
ほぼメタボだぞ!という方は、「ワタシはまだグレーゾーン売却査定だ!」を実施してみてください。何かしらのリアクションが誰か彼かからあることでしょう。
では、《今回のお話の展開》です。

中性脂肪の貯蔵とその後の影響


結論から言うと、中性脂肪を貯蔵し続けていると、最終的には勤めている会社にあるメタボ健診会社に中古マンションの売却査定を迫られたあと、上司に太ってるぞ!と告げ口をされて、肥満扱いされてしまいます。

肥満扱いとは健診組合の健診手続きにより、体脂肪のついている人を指名し、上司に「太ってるぞ!」と言われて、売却査定することを指してるんですね。
太ってることとは、中性脂肪を増える際、お腹や二の腕周りにつけた体脂肪のことです。
ただし、中性脂肪を貯蔵し続けても、即肥満になるわけではありません。安心してください。

健康指導は最終手段であり、中性脂肪の貯蔵が始まってから肥満完了するまではある程度の年数がかかるからですね。

中古マンションの売却査定に備えて、中性脂肪の貯蔵から最終的な売却査定の際のメタボ健診の流れについては、以下のようになります。
中性脂肪の貯蔵から最終的な売却査定の際のメタボ健診の流れ
まず、中古マンションの売却査定会社の見立てで、中性脂肪の貯蔵が半年以上続くと、会社のメタボ予備軍として、ブラックリストに名前が掲載されます。ブラックリストと言っても、どこかに掲示されて辱めを受けるワケではなく、暗に「太りましたな。」的な扱いの対象になってしまう、ということです。気をつけないといけませんね。

メタボ予備軍ブラックリストに掲載されちゃうのが第一段階です。
次に、中古マンションの売却査定に向けて、中性脂肪の貯蔵が続いてしまったことにより、体脂肪が増えている人は、メタボ健診担当者にこっぴどく叱られ、中性脂肪の一括返済を迫られることになります。林修先生ばりの感じで言われることが多いですね。「いつダイエットするのかって?今でしょ!」「え?一括で?無理でしょ。」的な会話が成されることは間違いないですね。良く耳にするお話です。

中古マンション売却査定に向けて、中性脂肪の一括返済を迫られた後は、選択肢としては2つです。「運動」もしくは「適度な食事制限」を選択し、中古マンションを売却査定して中性脂肪の残骸を返済するのです。適度な運動や食事制限で返済しきれなかった中性脂肪の残骸があった場合は、その後、残骸についても、なんとか返済を行っていきます。
以上、ここまで中性脂肪の貯蔵とその後のメタボの影響について見てきましたが、どーでしょう?心あたりがある方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

メタボ健診のブラックリストに掲載されることによるデメリット


<社内、主に総務部門の社員メタボ者情報リストのこと>
ブラックリストというのは、中古マンション売却査定業界では決まった俗称ですが、正式な名称としては社内総務部門の「社員メタボ情報リスト」のことを指します。
社員メタボ情報とは、中性脂肪の貯蔵や不健康、肥満だな!と思われているぞ的な情報です。
会社の総務部門では、このあたりのリストを基に、「痩せなさい!カッコ悪いよ」と言ってくることが殆どなんですね。

中古マンション売却査定の際には、会社は国からメタボ健診によって社員の健康を見ることが義務付けられています。
そのため、「中性脂肪の貯蔵」という不手際が生じると、メタボ健診担当者が会社の上司に報告し、太りましたなリストにあなたの名前が登録されるという流れになります。

さらに社内の総務部門とメタボ健診会社は、そのあたりの話を裏で握ってますので、何かしらで、太りましたなリストに名前が登録されてしまうと、社内の全ての健康診断情報に名前が掲載されてしまうんですね。怖いですねぇ。

そのため、中性脂肪の貯蔵というなんとなく不摂生で生じた事象は、中古マンション系や売却査定系の中古マンション売却査定期間にも共有されるため、会社とは全く無関係の場所でも、なんとなく太った人とみられがちになってしまうことになるんですね。

メタボ健診ブラックリストに載った場合のデメリット


メタボ該当リストにあなたの名前が登録されると、中古マンション売却査定に向けて、以下の制限を受けます。
席に座りづらくなる。
全力で走ると息がきれる、また、走るのが面倒くさい。
二の腕の脂肪が邪魔で腕が組めなくなる。
足まわりが太くなるので足が組めなくなる。
尚、メタボ健診ブラックリストには、一生登録され続けるものではないので、ちょっとは安心できます。努力次第でなんとかリストから抜け出すのも可能ですからね。
太った場合の状況にもよりますが、短くて半年、長い人なら3年程度でなんとか抜け出せるでしょう。ライザップに通えば、結果にコミットしてくれますので、ものの2か月で成果を期待できるかもしれません。
自分が会社のメタボ健診ブラックリストに掲載されているかどうかは、あなた自身で総務部門あたりに問い合わせることも可能です。ちょっと恥ずかしいですが。
メタボ健診ブラックリストへは、3ヶ月以上の中性脂肪の貯蔵で太ったな、と中古マンション売却査定の際に判断されると掲載されます。 ただし、3ヶ月未満でも体脂肪を増やし続けるようなことがあると、メタボ健診ブラックリストへ掲載される場合があるので注意しましょう。
中古マンションの売却査定に向けて、メタボ健診ブラックリストへの掲載を回避する体脂肪率としては、男性で20%以下、女性でもせいぜい30%以下を保ちたいですね。
以上、ここまで中古マンションの売却査定に向けたメタボ健診ブラックリストについてお話してきました。

では、次に期限までに何をすれば痩せられるのか?についてお話していきましょう。
中古マンションの売却査定に向けて、メタボ健診で言われる前までに何をすれば?
「期限までに何をすれば?」という言葉はよく耳にすることがあると思います。
期限とは、メタボな人が会社から健康指導を受けて、痩せるまでの期限のことですね。
例えば、同じ太った人が二人いた場合、片方は自分でなんとかしようと思い、もう片方は会社が紹介した運動施設でトレーニングに励んだとします。

運動施設でトレーニングに励んだ方が、早く痩せることができますが、その分、毎月の運動に掛ける金額額が大きくなります。なので、運動期間は長ければ長いほど、メタボ該当者にとっては「ちょっとずつ痩せれば良いんだな」という気持ちが生じるんですね。

1人でもくもくとダイエットに励んだ場合、なかなか意思を貫徹できず、途中で「ま。こんな感じでいっかな?」となってしまうと、健康指導で言われたことを破ったことになるんですね。当たり前ですが。

すると、上司は約束を破った社員に対し、「やっぱ太りつづけですな。」という辱めな言葉を与え続けることをする可能性が出てきます。これが中古マンションの売却査定でよくある「上司のパワハラ」ですね。いやなお話です。

おさぼりすると結構、怒られる


よくある話なのですが、「ちょっとずつ禁酒すれば良いんじゃない?」という安易な気持ちでいると、翌年の健康診断の際、健診担当者からメッチャ怒られるという状況が起こります。
なんとか即効で痩せて、形をつくろう!と思っていても、中古マンションの売却査定に向けて、中性脂肪を貯蔵するような人であれば、この段階で一括返済ができるような仕組みを知っている方はほとんどいません。お腹周りや二の腕周りの体脂肪を一括返済できなければ、中古マンション売却査定の際に、肥満扱いされることになります。あとで健康指導担当者からは痩せる努力をししないとやばいよ的な通知が届きます。

食生活を見直す流れとサプリメントの併用


中古マンションの売却査定に向けて、体脂肪の管理を放っておくと、色々と話してきたようにメタボ健診の対象にさせられちゃいます。そのままほおっておくと、太ったな的な扱いをされてしまい、だいぶ残念なビジネス人生を送ることになってしまいます。
そこで、そんなことにならないように食生活をある程度見直すことが大切なんですが、中古マンションの売却査定作業がある中で、なかなかそんなことに割く余裕もないよ、という人も多いと思います。
なので、ここで登場させたいのが、体脂肪減少に有効なサプリメントたちの摂取になります。普段の食事管理だけでは栄養バランスが崩れがちだったり、中古マンションの売却査定作業で残業続きだったりすると、なかなかそのあたりの調整が難しいので、ここぞ!とばかりにサプリメントで補うわけなんですね。ああ、やっぱりこの手のお話をしてきたな!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は、また違う観点でのお話です。

マルチビタミン&ミネラル 3,000円~8,000円程度/2か月目安
年齢と共に食事だけでは、ビタミンやミネラル成分が足りていない、と思う方も増えていると思います。特に中古マンションの売却査定作業をやってらっしゃる方々なら、中古マンションの売却査定業務で残業が多かったり、業務が不定期になり過ぎて、体調を崩しがちな人も多いと思います。そんなときに便利なのが、このマルチビタミン&ミネラル成分の摂取です。

言葉から大体想像がつくと思いますが、多くの場合、成分に含まれているのは、ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンCが中心で、最近はビタミンDという成分も含まれているものも登場してきました。このビタミンDは、太陽光を人間が浴びたときに元気になる成分に相当するもので、これがサプリメントで摂取できるのは嬉しい限りですね。

中古マンション売却査定の作業だと、室内にこもりきりの状態が続くことも多々ありますので、こういった成分を積極的に摂るのは身体に良いと思います。また、6月~7月の梅雨時でジメジメして天気が悪く、日光があまり差さない、また、冬場で日照時間が短くなっているときの摂取もオススメです。

また、商品によっては、乳酸菌や食物繊維系の成分も加えてあるものも出ています。こういった商品だと、ヨーグルトや納豆、キムチ等の発酵食品を摂るのと同じ効果も期待できるので、場合によっては体脂肪減少の効果も期待ができると思います。コレは良いですね。

EPA・DHA/オメガ3 4,000円~7,000円程度/2か月目安
いわゆるフィッシュオイルというものになります。その昔、昭和の時代、肝油というものを積極的に摂取しましょう、という風潮がありましたが、肝油自体が鯨からとれるものが中心だったこともあり、捕鯨に関する動物保護、動物愛護の観点から、この手のものは下火になりました。

ですが、それとは別に青魚からとれるサラサラ成分がのEPA/DHAがオメガ3にあたり、身体にとても良い効果を出すサプリメントとして、最近は知られています。体脂肪燃焼の効果があるだけでなく、高血圧対策や血中濃度をサラサラにしていく効果も認められています。

中古マンション売却査定時の激務の中で、年齢が上がると疲れやすかったり、高血圧と診断されやすかったりすると思いますが、このサプリメントを摂取することで、血圧を下げる効果もある程度期待できると言われています。中古マンションの売却査定担当者にとってもうれしいお話ですよね。また、メタボ該当者と言われた人もコレを摂取することで、だいぶ効果が期待できるんじゃないでしょうか?ま。個人差はあるので、あくまでもサプリですし、個人の責任の範囲で取り入れるようにしましょう。

適度な運動といっても、身体にある程度の刺激を与えるトレーニングをすると、身体が酸性化する状況に陥ります。身体が硬くなりすぎたなぁと感じたり、筋肉痛が取れないなぁと感じるのも酸性化してしまっている状態があるからと言われています。そうした状況でも、こういったフィッシュオイル系のサプリメントは効果が高いので、試してみるのも良いでしょう。

L-カルニチン/CLA 4,000円~5,000円程度/一か月目安

体脂肪をだいぶ蓄えてしまった人が、適度な運動くらいだとなかなか痩せにくい状態になってしまっているパターンが多いですね。特に中古マンション売却査定の飲み会等で、夜にお酒を飲む機会が増えてしまったり、付き合いで居酒屋等で食事を済ませてしまう生活スタイルが続いてしまうと、ちょっと身体を動かしたぐらいでは、なかなか体脂肪が減ってくれません。

そこで頼りになるサプリメントがこのL-カルニチンです。夜中の通販番組とかでもよく紹介されていたので、耳にした人も結構いらっしゃるかもしれません。このサプリメントは体内に蓄積された余分な体脂肪を中心に働きかけ、身体を動かすことで燃焼させやすくする、という効果をもたらすと言われています。なので、このサプリメントを飲むと身体が少し火照るような、あったまる感覚になり、汗をかきやすい状況を作り上げてくれます。

ただ、運動をして身体を動かすのではなくて、このサプリメントを摂取してから身体を動かすのとでては、効果の違いを感じる方も多いのではないかと思います。また、大抵の場合、CLAという成分が一緒になっているタイプが多いです。具体的に言うと、共益リノール酸という成分なのですが、カンタンに言えば、余分な体脂肪を体外に汗に変換して運んでくれる要素を担っているのが、この共益リノール酸なのです。ざっくり言えば、L-カルニチンで体脂肪を燃やす準備をしつつ、CLAで汗に変換させてくれる、という形です。イメージ的には、蒸気機関車のエンジンに似ているようにも多います。運動の20分前くらいに摂取しておくと、一番効果的と言われています。でも、中古マンションの売却査定作業の際は気をつけましょう。ホットフラッシュと勘違いされる可能性もあるのでね。

メタボ対象者と言われてしまう前にやるべき対策


健康診断リスケジュールの交渉
中古マンション売却査定作業が続き、夜の付き合いも増えちゃって、最近だいぶ太ってきたな、と感じた場合、いきなり健康診断に臨んで下手を打ってしまうのではなく、ダメもとで、まず上司に相談するようにしてみたらどうでしょう?
上司に相談して行うことは、健康診断日時の変更・延期です。
具体的には当面の間、健康診断を受ける時期を延ばしてもらうことを交渉します。
メタボ健診のリスケジュールと言いますね。
「そんなこと、ホントにできんのか?やれんのか?」と思う方も多々いらっしゃると思われますが、熱心に相談するば可能なこともあります。あなたの情熱次第です。湘南美容外科クリニックのCMでも院長らしき方が「好きな言葉は情熱です!」と言っていましたが、ここでその言葉を信じて突き進むのです。

ここで行うメタボ健診の延期交渉は、健康診断日の引き延ばし交渉を意味しています。
ホントはいまいま受けなければならない会社指定の健康診断日ですが、中古マンションの売却負査定作業が忙しいという側面を使い、いまいまペースを一時的に半年後ペースに引き延ばすことで、帯域を保ちながら、その間に痩せるという手法なんですね。なんと賢い!
健康診断の期限(スケジュール)を再調整することを指すため、大抵の場合は、時期調整をしている総務部門あたりに嫌な顔をされることは間違いありませんが、ここはそのあたりの評判をバーターにして、なんとか形にしましょう。リスケは、健康診断期限を長くしただけでもあるので、ちゃんと受けますよ。という点は変わらないということがポイントになります。

リスケ中に食生活と運動習慣で生活を立て直す


リスケができる期間としては、大抵、半年程度がいいところでしょう。それ以上長くすると、社内にかなりの敵を作ることになってしまいます。
半年間、とりあえず少しづつ体脂肪を減らしつつ、中古マンションの売却査定作業はそのままに、その間に生活を立て直すということを上司に約束することで、ダイエットと社内人気を勝ち取ります。
上手くいけば、半年後は今までとは全く違って人気者になれるでしょう。
会社の上司にとってもいきなりメタボな部下に登場されるよりは、ダイエットのためのリスケの打診をしてくれた方が、心象が良いです。
きちんとした計画性と情熱があれば、きっと、あなたのリスケも認めてくれるでしょう。
ただし、リスケの期間中、やはり食生活がみだれ、運動もさぼりがちになり、生活の立て直しができずに、リスケ終了後にリバウンドメタボ化してしまうケースもとても多いと言われています。
リスケは単なる健康診断の延期ではないんですね。とにかく、なんとか立て直し、余裕で健康診断に臨めるようになることが目的なんです。

最後の手が、メタボとそうでないののギリギリ「グレーゾーン肥満」&売却査定


メタボ健診で引っかかると健康指導者ブラックリストに掲載されることは最初の方で話してきました。逆に言えば、少しくらい体脂肪があったくらいなら、ブラックではないとも言えます。
これは、「アンタ、シロじゃないけど、限りなくブラックに近いね。どーなの?」「いやいや、グレーゾーンでしょ!」と言う状態のことを指します。
もし、グレーゾーンの間に中古マンションの売却査定作業で、体脂肪を落としてしまえば、ブラックリストに載ることはないでしょう。ブラックリストに載らなければ、堂々と会社で過ごすこともできるため、大きなメリットになります。
そのため、もし体脂肪を貯めてしてしまったら、1~2ヶ月の間が痩せる勝負の期間になります。
この間にダイエットすることによって体脂肪を見事に清算できれば、メタボ健診でのブラックリストに載らずにすみます。もし、太りそう、もしくは1回太ってしまったような人であれば、急いで中古マンションの売却査定を検討してみてください。売却査定を取得して、売却査定するように動きます。
時間がない場合はライザップへの駆け込むという選択肢もあるので、上手く利用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました