中古マンション売却査定のポイント (180) 中古マンションin大阪

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

大阪府のマンションをスムーズに中古売却する方法

大阪府は食い倒れの街として人気の観光スポットです。たこ焼きやお好み焼き等、粉ものグルメの美味しさは皆さんもよくご存知かと思います。国内の人気だけにとどまらず、海外からも旅行客が押し寄せるほど大阪は人気の観光地です。観光地として人気が高いイメージの大阪府ですが、それでは「住む街」としてのイメージはいかがでしょうか?
実は、大阪府は東京都、名古屋市と比較した場合、この三大都市圏の中では最も早く人口減少を迎える都市になると予想されているのです。大阪府は東京都に次ぐ大都市のイメージがあり、常に人が行き交う活気のある街のイメージでしたので、これは意外な結果に感じます。東の東京、西の大阪として日本で人気を二分するイメージの大都市ではありますが、大阪府は将来的には、もしかしたら「住むよりも観光する場所として人気のスポット」という発展をしていく可能性もあるということです。このような変化する時代を迎えつつある大阪府において、現在大阪府にマンションを所有していて中古売却をお考えの方は今後どういった動きで売却するとスムーズに売却出来るのでしょうか。この記事では大阪府にマンションを所有されている方が、スムーズに中古売却する方法についての基本的な知識についてをお伝えいたします。大阪は将来人口減少が予想されてはいますが、現在、大規模なタワーマンションを建設するなどの動きもあり、住む街としても注目されるスポットになる可能性も秘めています。マンションの売却は一生に一度の方も多い、大変大きな金額が動くやり取りです。出来るだけ高く、スムーズに売却できるのが理想です。
この記事を読むことで、大阪府にマンションを所有されている方が実際に中古売却する際に、役に立つ基本的な知識が身に着きます。大阪のマンション売却を決めた方も、まだ迷っている方も是非、最後までお読みください。

大阪府では新築のタワーマンションが増えている


大阪府の都心というと、サラリーマンが通うオフィス街が多いというイメージでした。しかし現在の大阪府は様変わりしつつあるそうです。東京でも戸数が多い巨大なタワーマンションの建設ラッシュがありましたが、大阪府でも都心部へのタワーマンション建設の波が押し寄せているのです。将来的に人口減少するかもしれないとは言われているにも関わらず、意外にも新築の供給が増えているのです。例えば、大阪府のタワーマンションといえば、大阪駅に隣接するグランフロント大阪オーナーズタワーが有名です。駅から近いので交通の便もよい上に、周辺は買い物スポットがたくさんあり、生活するのに不自由しません。都心すぎるがゆえに、暮らすにはセキュリティの面が不安だと思われる方もいるかもしれませんが、部屋はオートロックですし、有人のエントランスもあります。このような、セキュリティがしっかりしたタワーマンションが、大阪の中心部に次々と建設されている状況です。大阪の都心部はオフィスビルが多いイメージで、これまで大阪の都心に住むというイメージを持てていなかった人も多いと思いますが、タワーマンション建築ラッシュの流れから実際に大阪の都心に住む人が増えているのを目の当たりにして、住居の候補地の一つとして大阪を前向きに検討する方が増えてくれるかもしれません。また、タワーマンションの住人をターゲットにした生活に便利な施設の出店も増えてくるかもしれませんしそれに伴って周辺のマンションの価値があがる可能性も大いにあります。大阪府は将来的に人口減少が予想されていますが、「大阪=住むのにも良い街」になる可能性も秘めているとも言えます。ですので、大阪府に現在マンションを所有している方も、人口減少というマイナスポイントにばかり着目せずに、こういった新しい動きがあることもおさえた上で、前向きな気持ちで売却へ向けて準備をすすめていきましょう。

大阪府ではオフィスとしての物件は人気がなくなりつつある


先に、タワーマンションの建設などにより、「大阪の中心部に住む」という新しい動きが出てきたとお伝えしました。大阪の都心と言えばオフィス街のイメージでしたが、現在は逆に、大阪の都心のテナントにオフィス企業を誘致するのは難しいことが多いそうです。大阪市中心部への新規でオフィスを構える企業が減少しているのはもちろん、元々大阪市都心部にオフィスを構えていた企業の撤退も相次いでいます。元々はオフィスがあった敷地の跡地にマンションが建てられるという流れも増えてきたことから、大阪の都心部における物件の在り方が昔と今では急速に変化していることがうかがえます。
大阪駅周辺は、ショッピングやグルメが楽しめるグランフロントの他にHEPFIVEや阪急うめだ等のデパート等、大型商業施設が所せましと密集しています。人気スポットへのアクセスが良く、その上セキュリティも万全なタワーマンションが住居として需要があるのはうなずけます。以上のことから、現在所有しているマンションを、オフィス用に改装して貸し出そうとお考えの方もいるかもしれませんが、現在は大阪都心部は、住居として売り出すという傾向がありますので、それを踏まえた上てオフィスに貸し出すテナントにするか否かを慎重に決めるといいでしょう。

大阪府のマンションを中古売却する場合、価格が安くなる可能性が大きい


ここまで、大阪市の都心部ではタワーマンションの建築が積極的にすすめられ、たくさんのマンションが住居として提供される状況にあるということをご説明いたしました。大阪府は食の街、買い物の街としても人気のある観光地ですので、それに加えて「住むにもいい街」という印象がつけば、大阪府の物件の価値もどんどん伸びていく可能性を感じます。しかしこれはあくまで可能性の話にすぎません。現在の大阪府の中古マンション市場は右肩下がりの傾向にあります。タワーマンションの建築ラッシュにより、新築マンションの供給が増えたということは、ライバルとなる物件が増えたということでもあります。
現在タワーマンションの新築の物件の供給が増えたことで、タワーマンションの物件に注目が集まっていますので、ここであえて大阪で中古のマンションを選択してもらうためには「新築のタワーマンションよりも格安」など、物件の価格の安さで勝負しなくてはいけないことが価格が安くなる理由の一つです。ですので、現在大阪にマンションを所有されている方は、自分が考えるより安い値段での売却になる可能性が大きいということも事前に把握しておきましょう。新築のタワーマンションにない魅力を兼ね備えた物件であれば中古マンションでもスムーズに売却できる可能性がありますが、やはり最新の設備を兼ね備えたタワーマンションの新築物件は、購買者には魅力的に映ってしまいます。ですので、中古マンションにも注目してもらおうと思うと、やはり物件の価格が安くないと、消費者を引き付けられない状況となっているのです。

大阪で売却しやすい中古マンションとは?


それでは、大阪では新築のタワーマンション以外は買ってもらえないのか?というとそういうわけではありません。中古のマンションでも、購買者の目にとまりやすい物件はあります。新築供給が続く大阪市内の中で、比較的人気があるマンションの特徴の一つに “共用部分が充実していること”が挙げられます。
マンションには、「専有部分」と「共用部分」があります。専有部分は、自分の部屋、居住スペースのことです。これに対して、共用部分とは、エントランスや共用の廊下、屋上など、専有部分以外の建物部分のことをさします。エレベーターなども共用部分に含まれます。例えば、廊下やマンションの玄関がゴージャスでかつきちんと清掃が行き届いていると、居住者も気持ちよく暮らすことが出来ますし、エントランスに常にコンシェルジュがいてくれれば、都会の1人暮らしでも安心感があります。この他にもゴミ置き場が24時間利用可能だったり、生活面に配慮されたマンションもファミリーには人気です。このような生活に密接する部分の他に、フィットネスジムやスパ、図書館などがマンション内のフロアにあると、それだけで理想の暮らしに近づくことが出来ます。ですので、高層マンションでないと高値で売却出来ないのかなと悲観することはありません。暮らしも多様化している現在、ミニマリストなど、自分の部屋は極力シンプルにして、共用部分の充実を求める人も増えてきています。自分が所有するマンションの部屋だけではなく、共用部分においてもプラスとなる要素がないかを探してみましょう。例えば、1階にコンビニが入っているだけでも、他の似たようなマンションよりも、いい査定価格をつけてもらえる可能性があります。これからもよろしく購入するマンションを終の棲家と考える方も多いです。傘を差さずにマンション内で用事を色々と済ますことが出来るということは、老後のことを考える上でも大きなメリットとなります。マンション内にはないとしても、徒歩数分の場所にスーパーや商店街、郵便局、銀行など生活に密着した施設があるマンションは人気が高い傾向にありますのでチェックしてみましょう。

大阪のマンションを中古売却するときは売却期間を多めに見積もろう


マンションを中古売却する場合、一般的には約3か月かかると言われています。大阪に所有するマンションを売却する場合は、じっくりと焦らずに販売した方が自分が理想とする値段で売却する可能性が高まりますので、売却期間は少し多めに見積もっておくと良いでしょう。情報が十分行きわたらないうちに焦って短期間で売ろうとすると、必要以上に価格を下げての売却になってしまう恐れがあります。3か月という期間にとらわれて売り急ぎをしないよう、腰を据えて売却をしていきましょう。期間をあらかじめ長めに見積もって、物件の露出度を多くすることで、より多くの人に情報を届けて、1人でも多くの購入希望者に実際に物件を見に来てもらいましょう。焦らずじっくり売ることが、結果的にスムーズな売却に繋がります。

マンションを中古売却する前にしておくべきこととは?


ここまでお伝えしたように、大阪では新築の供給が高まっていることから、中古マンションの相場は下がっていると言えます。ですので、大阪にあるマンションを売却する時は、自分が意図する金額での売却が可能かどうかを売却前にしっかりと見極める必要があります。そのためにも事前にマンションの売却予想価格を査定してもらうことをおススメします。売る売らないに関わらず、自分の所有するマンションの価値を知るためにも査定価格を知っておくことは有効です。マンションを売却したあと、新たに住居を買う予定のある方においては、現在所有しているマンションを売却したお金を新居の費用としてお考えの方も多いかと思います。しかし、新築時の値段から自分でなんとなく売却できそうな価格を予想して新居の予算を計画してしまうと、実際に査定してもらった時に予想を超える安い査定価格を提示されて途方にくれることにもなりかねません。
現在、大阪の中古マンション市場は安値がつきやすい傾向にありますので、場合によっては新居購入の資金計画を大幅に見直さなければならなくなるというケースも考えられます。
ですので、マンションを中古売却する前には、必ず物件の査定価格についてはきちんと把握しておきましょう。

中古マンション一括査定サイトの利用が便利


現在大阪のマンションは価格が下がる傾向にあります。実際に売却したら大したお金にならなかった、ということを防ぐためにも、マンションを中古売却する前に、査定に出して、現在所有するマンションの査定額を知っておくと、自分が価格に納得した上でスムーズにマンションを売却することが出来ますし、もし査定に出してみて、納得いかない金額であった場合も、売却せずに知人に貸したり、そのまま自分で住み続けたりと、売却以外の別の選択肢を考えることができます。
査定価格を調べる時に筆者がおススメするのは「中古マンション一括査定サイト」というサイトを利用して査定額を調べる方法です。現在は、インターネットを利用することで複数社に一括で売却予想額を査定してもらうことが出来ます。もちろん無料です。複数社に査定をしてもらうことで、一社に査定を任せた時よりも自分の所有するマンションの価値を判断する材料が増えますし、さらに自分のニーズにあった不動産会社に出会うチャンスが増えることも一括査定サイトを利用する大きなメリットです。是非登録して、利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました