中古マンション売却査定のポイント(186) 不動産会社の選び方

中古マンションの査定や売却はどこに頼めばいい?


中古マンションを売却したいなと考えている方にとって、売却のための査定や売却自体を依頼する不動産会社をどこにすればいいのかというのは、一つの悩みの種ですよね。 知り合いや身内に不動産会社の社員がいる場合であれば、そこに査定や売却を頼むこともできると思いますが、多くの人は自分で査定や売却を担当してもらう不動産会社を選ばなければなりません。 とはいえ、不動産会社は山ほどあります。大手の不動産会社から地域に密着した中小の不動産会社までたくさん存在しているので、いざ中古マンションの査定・売却を依頼しようと思っても、一体どこに頼めばいいのやら…と途方に暮れてしまう人もいるでしょう。 実際に不動産会社を選ぶ際には、とりあえず売却したい中古マンションの建っているエリアにある不動産会社について、インターネットで口コミや評判を調べたり、査定を依頼したりして決めるという方が多いと思います。 そんな中でふと、「大手の不動産会社と中小の不動産会社だったらどっちに依頼するほうがいいんだろう?」と疑問に感じることがあるかもしれません。 そこで今回は、中古マンションの査定や売却を依頼する不動産会社を選ぶ際、大手にすべきか中小にすべきかと悩む方に向けて、大手不動産会社と中小の不動産会社それぞれの特徴をご紹介していきます。 それぞれの良い点と欠点を理解した上で、あなたにとってふさわしいと思う規模の不動産会社を選んでいただければと思います。自身の大事な中古マンションを売却する際に、「大手か中小か…」と悩んだ際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

大手不動産会社に中古マンションの査定・売却を依頼するメリット


まずは大手の不動産会社に中古マンションの査定・売却を依頼する際の良い点についてご紹介していきます。 大手の特徴といったら、やはり中古マンションを購入したいという希望者がたくさん集まってくるという点でしょう。そのため中古マンションの売却を依頼する側としては、「早く売れる可能性が高い」というのが一番のおすすめポイントと言えます。 購入希望者が多い理由は、大手は中小に比べて広告宣伝費をたくさんかけることができるため、集客しやすいからです。みなさんも「不動産会社」と聞いてパッと思いつくのは、テレビCMでよく見聞きする不動産会社や街中に大きな広告を出している不動産会社の名前ではないでしょうか。 それだけ多くの人に認知されているということは、「中古マンションを購入したいけどどこの不動産会社に行けばいいかよくわからないから、とりあえずあの名前をよく聞く不動産会社に行ってみよう」となる人が多いということです。 これは中古マンションの購入希望者だけではなく、売却希望者にも言えること。「中古マンションの売却や査定を依頼したいけど、どこの不動産会社がいいかわからないから、よくCMをしているあそこへ行ってみようか」となります。 やはり大手には名前を知っているというだけで安心感があるのです。 地方から上京して初めての一人暮らしをする際、部屋を探すのにとりあえず名前を知っている大手不動産会社の支店に入る…という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか? 私にもその経験があります。 そのため大手の不動産会社には中古マンションの売却物件も購入希望者の情報も数多く集まっています。その情報量の多さゆえ、中古マンションも早く売ることができる可能性が高いのです。

大手不動産会社に中古マンションの査定・売却を依頼するデメリット


大手不動産会社に中古マンションの売却を依頼する上では、欠点や弱点についても知っておいたほうがいいでしょう。 大手の欠点としては、両手仲介にこだわる営業スタッフが多いという点が挙げられます。両手仲介とは、自社で持っている買い手と売り手の情報をマッチングさせて売買を図ろうとすることを指します。 大手の不動産会社では営業に対するノルマが厳しいことが多く、たくさん持っている購入希望者情報とのマッチングをさせようとする傾向が強いのです。 それの何がデメリットなのかというと、中古マンションをなるべく安く購入したいと思っている購入希望者の要望を叶えて早く売買が成功するように、中古マンションの売却主に値下げを要請してくる可能性が高いということ。 中古マンションが早く売れる代わりに値下げを要求される可能性も高いというのが欠点となるのです。

中小の不動産会社に中古マンションの査定・売却を依頼するメリット


一方、中小の不動産会社における中古マンション売却時のおすすめポイントは、仕事が丁寧であるところが多いという点です。 もちろん中小の不動産会社と一括りにすることはできませんが、親身になってくれるところが多いというのは売却が初めての方にも嬉しい点でしょう。 では仕事が丁寧な不動産会社かどうかを見極めるには、どんな点を見たら良いのでしょうか? 見極めるポイントとしては、まず立地が駅の近くであること。そしてお客様の目につきやすい1階で営業していること、従業員の人数が5名程度であることが挙げられます。店内に清潔感があることも特徴と言えます。 そういった不動産会社の場合、社長にやる気があるケースが多いです。やる気のある社長がいる中小の不動産会社では、会社の信頼を築くために仕事を丁寧にしてくれる傾向が強いと言えます。

中小の不動産会社に中古マンションの査定・売却を依頼するデメリット


中小の不動産会社に売却を依頼する際の欠点・弱点としては、情報量が少ないことが挙げられます。 中小の場合、広告料が大きな負担になってしまうため、大手のように広告を大々的に打つことができません。そのため購入希望者・売却希望者それぞれの情報量がどうしても大手に比べて劣ってしまうのです。 広告がなかなか出せないとなると、それだけ認知度も低くなってしまうため、新規の顧客を増やしにくくなります。 しかし広告が出せないからこそ、会社の信頼を築くために丁寧な仕事をするというメリットにもつながっていると言えるでしょう。 自分に向いているのは大手か中小かどちらかを見極めるには 大手不動産会社と中小の不動産会社についてそれぞれの良い点と欠点・弱点を見てきましたが、どちらがいいかは人それぞれです。 一概にどちらがいいということは言えませんから、自分自身で選ぶのが望ましいでしょう。 ただあえて言うのなら、大手の不動産会社での売却をおすすめしたい人は、新興住宅地に中古マンションを持っている人です。それはなぜなのでしょうか? 新興住宅地にある中古マンションを購入したいと考えるのは、一般的に30代~40代の会社員が多いです。 その層は昔からある地域密着型の中小の不動産会社との関りが薄いので、どうしても情報を求めようとすると知名度の高い大手不動産会社に頼りがちになります。 そのため、新興住宅地にある中古マンションを売却したいのであれば、購入希望者が多く集まる大手を選ぶと早く売却できる可能性が高いと言えるでしょう。 一方、駅前に大手の不動産会社の支店がないような郊外エリアに中古マンションを持っている人は、中小の不動産会社に売却を依頼するのがおすすめです。 その土地で昔から地域に密着して営業している不動産会社のほうが、たくさんの情報を持っている可能性が高いからです。 ただしこれらの見極めポイントはあくまでも目安。必ずしも重視したほうがいいというわけではありません。 不動産会社は大手も中小も関係なく、すべての不動産会社が『REINS』という不動産物件の情報ネットワークでつながっているのです。そのため大手でも中小でもお互いに持っている情報を見ることができます。 また売却しにくい物件に関しては、自社だけでは対応できないため他社と連携して売却をすることもあります。 だからこそ結論としては、「大手がいい」「中小がいい」と固執する必要はほとんどないと言えます。 「そんなこと言われたら余計に迷っちゃうよ」という方もいるかもしれませんね。すみません…。でも、それが正直なところ結論なんです。 中古マンションの売却をしたいと思ったら、大手・中小を問わず、複数の不動産会社に査定を依頼してみましょう。 もちろん査定だけでなく、実際の売却についても複数の不動産会社に依頼するのがおすすめです。1社だけに依頼するよりも早く売却できるようになる可能性が高いでしょう。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る