中古マンション売却査定のポイント (200) 売却査定するための勉強法

~取り扱いの難しい「ことわざ」を使いこなし、 中古マンションをスムーズに売却査定するための勉強法~

今週のイントロ


さてさて、今週も始まりましたが、ちょっと今回は最初に「ことわざ」の扱いの難しさにも触れていきましょう。コレが上手く行かないと中古マンションをスムーズに売却査定しづらい、やりづらい、マジつらい、うるさい!という流れになってしまいがちです。 人によっては、「こんなの左足でこなせるレベルですね。」と言い出す輩もいますが、それは実は理由があるんですね。ここだけの話ですが、そういう人は昔から中古マンションに住んでいて、売却査定も経験済みだったりするんですね。そんな人にとっては、中古マンションの話を聞かされただけでも、楽勝ムードを漂わせるというか、横柄になる、というか・・・。 ああ。だからかぁ、と単純に思うかもしれませんが、コレがなかなか理解しにくいというから困りモノです。あなたの他にも中古マンションだからといってタカをくくっていたり、小ばかにしていると実際の売却査定のときに、「さて、ことわざを言ってみてください。」と言われて、緊張しすぎてくだらないことしか言えなかったりするものですからね。とりあえず、どういった事象が難しいのか?を観て行きましょう。それからいつもの中古マンションの売却査定で使われる「ことわざ」を紹介する、この流れで今回は行ってみようと思っていますね。 ま。長い話になるかもしれませんが、大船に乗った小舟の気分でいてください。きっと良いことが起きるでしょう。明日は晴れるかもしれません。よーし!洗濯しよっかなー!洗濯3回転くらいですかね。洗剤はやっぱりアリエールが最近のお好みです。なんせ「洗濯化学」ですからね。間違って「忖度」と言ってしまったら大変です。「忖度」を化学する、つまり、「忖度化学」だと「媚びへつらいの達人」の意味になってしまいますからね。いくら中古マンションでもそれは許されないでしょう。生田斗真くんに「アリエールでしょ!」とドヤ顔で言われても、忖度を化学するのだけはいけません。売却査定があるから許してもらえると思ったら大間違いです。どこか出る所に出て、答弁を要求されてしまうかもしれませんね。去年からその手の話しが多かったですからね。仮にその状況に追い込まれてしまったら、そばの話しで逃げ切りましょう。天ぷらやとろろなどの、のせモノはナシです。そばの味だけで勝負しましょう。ん?どこまで話ましたかね?本流に戻って話して参りましょう。 過去に売却査定を一度でも行ったことがある方はお分かりだと思うのですが、中古マンションの売却査定物件は、売却査定が難しい部類の中古マンションの一つなんですね。 これから中古マンションを売却査定しようとしている人の中には、 ・中古マンションはどんなふうにして売却査定したら良いのか知りたいなぁ。 ・売却査定の内容を中古マンションオーナーにしっかりと、伝えなければいけないのか知りたい ・中古マンションの良い売却査定方法はないか知りたい 等々のことを思って悩んでいる方も多いと思います。 しかも、中古マンションの売却査定の際は、「ことわざ」の使い方を問われてしまいますので、ある程度「ことわざ」の知識を中古マンションの売却査定業者にでも教えてもらうか?電話でもして確認しておく必要が前もってあったりするんですね。このあたりのテクニックに関しては、一度でも売却査定の経験をしたことがあるかないか?でずいぶんと変わってくると思いますね。なんせ経験値が大事になりますから。 そこで今週の徳が自動的に積み上がって行くお話では、「中古マンションの売却査定ことわざ」を前半にコツとパターンの話しをして、後半はいつもの「ことわざ」に関して勉強する、という二部構成で行ってみよっかなーと思っています。どーでしょうね?いつも時間的な感覚が途中から鈍くなってしまいますからね。果たして時間が足りるのか?足りないのか?やれんのか?高田か?という感じになってしまうとは思いますが、まぁあまり気負わずに進めてみることにしましょうね。 今週は結構密度が高いので、今週のこのお話を聞くことでをで、あなたは、ひとまず中古マンションとは何なのか?についてまず理解し、そこで登場する「ことわざ」の使い方、知識に関して、そんでもって、売却査定方法についても知識を高めることが期待できるんではないでしょうかね?入りは、いい感じですね。この調子で進めていきたいと思います。

前半の1:中古マンションの定義(中古マンションとは?)


中古マンションとは、過去に売却査定の対象となった中古マンションや、地震、雷、火事、オヤジ、塚地、鼻血、げじげじ、マジ?・・・ちょっと脱線しましたが、そのあたりが関わってたりして、心理的な面において、見た目から言っても「あの中古マンションだいぶ住んでた時間が長くて、ネンキが入っているだけでなく、住み心地の良さを欠いてそーだなぁーと思わせる物件のことらしいですね。
意味説明が長くなりましたが、なんせ中古マンションですからね。一言で済ませるワケにはいきませんね。そこに住んでた時間がだいぶ長くありますし。そーいえば、前に今年の流行色の話しをしたことがあるかもしれませんが、いわゆる、外観はきれいなテラコッタカラーに染まっている、という言い方もできますし、一方で、ベークドカラーな印象も受けるという感じですね。
ところどころにいい具合に使いこなしたものと、途中でぶっ壊れちゃったんで、そこを修復した少しだけ新しい部分が入り交じり、上手い具合に甘辛ミックスがされているというか、ウエストインな感じというか、上に羽織ってみる感じというか、このあたりのテクニックが生きているのが中古マンションの良いところですね。なので、売却査定もそれなりに難しいテクニックと専門性が問われるんですね。
中古マンションという呼び方は、元々はアパレル業界で最初に使われた用語で、たしか、バブル期あたりにDCブランドの絶頂期に使われ始めたのが最初だったと思います。「東京ラブストーリー」に代表される、中古マンション内でも誰もが見ていた月曜9時枠のドラマシリーズが流行ったことから、一般的に誰にでも日常会話で使われる言葉になったという歴史があるんですねー。おー歴史を紐解き始めていますね。「かーんち♪」ですよね?今の時代に「かーんち」と言ってくれるのは、鈴木保奈美さんじゃなくて、大病院の先生かもしれませんが。
そーいえば、このクールから始まった米倉さんの法廷ドラマ「リーガルV」ですが、まさか?「V」で来るとは思ってもみませんでしたね。「ドクターX」「ドクターY」と来てましたら、その流れのままだと、「Z」だと思ってたので、間違いなく「リーガルZ」になると思ってたんですけど、なんで「V」にしたんでしょうかね?やっぱり、「Z」にすると、水木一郎あたりに、「ぜーっと」って言われちゃうからですかね?それとも「マジンガーZ」と比べられるのが嫌だったんでしょうか?だとすれば、「視聴率にパイルダーオン!」とかって福澤アナあたりに言われないようにしたかったのかもしれません。でも「V」もどうでしょうかね?「アリナミンV」がありますからね。栄養ドリンクの仲間入りをしてしまったことは間違いありません。言われてみたら、「ワタシ失敗しないので!」と「ファイトー!いっぱーっ!」ってちょっと似たところがあるような気がしますね。ちょっと並べて言ってみましょうかね。
「リポビタンD」「アリナミンV」「リーガルV」「ドクターX」「ドクターY」「マジンガーZ」・・・。 やっぱりお仲間感が漂いますね。狙いですかね?秋~冬に入るクールですから、風邪の季節ってこともあるのかもしれませんね。首にセーターを巻いている偉そうなプロデューサーあたりが、「ドラマの栄養ドリンクを目指しました!」なんてセリフを言ってそうな気がします。 嫌味な感じですね。上から目線というか、知った風というか。下から嫌われるタイプですね。間違いありません。ADさんたちはみんな、圧制に苦しんでいることでしょう。今日日「年貢はどーした?」とか言われたりして。ま。どーでもいいですかね?なんであっても、観るのは中古マンションからですから、売却査定の勉強も兼ねて知っておいて損はないでしょう。さて、どこまでお話ししたでしょうか。
ああ。中古マンションとは?でしたね。そうそう。中古マンションは年季がだいぶ入っているものも多く、売却日や査定日に「仏滅」を選ばないようにしないといけないなどの様々な制限も多いことから、中古マンションのように売却査定の際に、取扱いが難しいと言われている物件は、特に念入りに勉強しておかなきゃいけない傾向があるんですね。傾向と対策ですよ。大学受験のときに誰でも一度は買ったり、目にしたことがあるでしょう。赤本なんて呼ばれてました。でも、たしか駿台予備校が青本なるものを出していたように思いますが、何が違ったんでしょうね?単純に色の好みなら、今年は赤が流行色ですから、迷わず赤を選択するのが良いでしょう。緑か紫があれば、それもいいんですけれど、まず探してもみつからないでしょうね。山崎まさよしさんも歌っていましたからね。
「いつでもー♪さーがしているよー♪どっかにーきーみーのすがたを♪向いのホーム♪路地裏の窓♪こんなところにいるはずもないのに♪」
あー山崎さんでも見つけられなかったんですね。いっつも探してるにも関わらず、この結果ですからね。無理しないのがいいですね。赤を選択しておけば、問題ないでしょう。えーっと、それで赤の中古マンションはと言えばですね。一般的に言うと、売却査定の際に金額が安くなってしまう傾向があるんですね。そりゃ、中古ですからね。新築に比べたら安いのは言うまでありませんけれど、ちょっと悔しいですね。なんとかならないんでしょうか?頑張って交渉すれば、少しは売却査定金額を高めに設定してくれるかもしれません。では、過去にあった中古マンションの売却査定事例をみてみれば、どの程度、「ことわざ」が使われていて、それが売却査定に影響しているのか?分かるんじゃないでしょうか。そこで次に中古マンション売却査定における「ことわざ」の使い方責任と売却査定の告知義務についてお話してっちゃいましょう。

売却査定時は「ことわざ責任」と「ことわざ告知義務」の2つの注意点あり


結論からお話しますとですね。売却査定時は自分の知っている過去の中古マンション「ことわざ」を売却査定主にきちんと伝えないといけないんですね。 何年前まで住んでいた中古マンションなのか?まで言わなければならないかは特に決まりがありませんが、知っている限りは、売却査定主に「ことわざ」をきちんと伝える義務があるんですね。 これを売却査定主の「ことわざ」告知義務と言ったりします。
お!難しい言葉が出てきました。大丈夫ですか?ついてきていますかね?このあたりで脱落してしまう人が多いんですけれど、どーでしょう?なんとか頑張ってついてこれたら、ここから更にハードルが徐々に上がっていきますが、歯を食いしばってついてこれるように頑張りましょう。今はまだ、この専門用語を覚えていくところが大変で、のちのち、何にメリットがあって?どういったところで効果があるのか?分からないかもしれませんが、今はそこは知らなくても良いんですね。昔通っていたジムの店長に「この動き、どこに効くんですか?」と尋ねたところ、「いろんなところに効きます!」とドヤ顔の返事が返ってきました。軽くイラっとしましたが、そこは自分の中に収めることにしましたね。おっとなー!社会人ですからね。そんなことでいちいちカッカしても始まりません。さて、続いて行きましょう。
またですね。売却査定主は、中古マンションの売却査定で「ことわざ」使い方責任を負うんですね。 「ことわざ」は「住めば都」などの中古マンションが本来持っているべき品質や性能を理解して住んでみると、なかなか快適だったなー、というのをこういった「ことわざ」に込めて売却査定主にしっかり伝えるワケなんですね。それともう一つ、中古マンションなどの中古状態は、心理的「ことわざ」と呼ばれるんですね。
売却査定後、売却査定主が「ことわざ」を使われたことを発見した場合には、売却査定主は別の売却査定主に対して、新しい「ことわざ」の意味のおねだりか、または売却査定「ことわざ」を新しいのと好感することを求めることができちゃうんですね。実にややこしい。 但し、売却査定主の了解を得ることが出来れば、この「ことわざ」使い方責任については、全部または一部を交換(シャッフル)することが可能だったりします。このルールがあるので、難しいと言われている原因だったりするんですね。一般的に売却査定主の「ことわざ」使い方責任を負う期間は3ヵ月とするルールが多いと言われていますね。 売却査定後、4ヵ月以降に「ことわざ」を使ったことが発見されても、「ことわざ」責任は負わなくても良いルールになってるんですね。
ところが、「ことわざ」については、中古マンションの売却査定主が知っていたにも関わらず、別の売却査定主にお話ししなかったものに関しては、「ことわざ」使い方責任を免れることはできないルールなんですねぇ。
例えば、過去に「ことわざ」を使ったことがあったことを売却査定主が知っていながら、別の売却査定主へお話しないで売却査定した場合を考えてみましょっかね。
売却査定主が4ヵ月目にその事実を知った場合には、「ことわざ」使い方責任をルール上、追及することができて、「ことわざ」の使い方の請求または売却査定の権利がもう一回増えることになります。さ。このあたりで何を言っているのか?だいぶ難しくなってきた感じですね。顔文字なら、真ん中に「ハム」を縦に並べた顔になってきていますね。 ん?よく分からない?ま。言われてる方は気付かないものです。言ってる方しか、こういったものはなかなか分かりませんからね。
売却査定主としては、心理的に「ことわざ」を隠していたことによって、逆に小さくせめられる可能性が出てくるんですね。「アンタ!教えてくれなかったですな。」と。中古マンションの場合は、売却査定主に必ずお話しておかなければならないということを、しっかりと理解しておきましょう。でないと、あとあとババを引かされることにもなりかねません。
ババ抜きでババを引いたときのあの悔しさと言ったら、他にたとえようもないですからね。一杯食わされた、というのがこの感覚ですね。やり返しましょう。分かりやすいところに置いて、ドヤ顔でブラフを張って相手にババを引かせるのです。勇気を持って臨めば、相手にババを引かせて、ガッカリさせることが可能です。
以上、「ことわざ」使い方責任と売却査定主の告知義務について詳しくお話してきちゃいました。では中古マンションはどのように売却査定を進めるのが良いのでしょうか。そろそろ前半のお時間が過ぎたようにも思いますので、このあたりからは、中古マンションの売却査定に使われる「ことわざ」の使い方について、先週に引き続いて後半の部として、お話ししていきましょうかね。ま。時間が余れば、また前半のお話に戻るんですけれどね。ちょっと先が読めないので、ひとまず、先週に引き続いた形でやってみましょうかね。それが良いでしょう。

こっからが後半!いつもの中古マンション売却査定「ことわざ」


後半:も)桃栗三年柿八年
どんな意味?>
どんなことでも成果や結果が出るまでには、長い年月がかかっちゃうよ、という意味らしいです。嫌ですねぇ。短気な上司とかには向いてませんね。「結果!結果!」と騒ぎ出しますからね。最近は、ライザップさんのせいで、結果にコミットしなくてはならないような状況ですから、とりあえず、CMのあのポーズでもしてごまかしておきましょう。
《よく分かる解説》
何事も辛抱強く長く続けないと、実を結ぶ事はないですよ、という意味らしいんですが、とりあえず、桃も栗も大好きなので、使ってくれるのは良かったですね。しかも栗は昨晩食べたばかりですからね。あれは、食べ始めると止まらないですね。黙ってモクモクと食べることになります。
そー言えば、カニも同じような現象が起きますね。食べることに夢中で、もう誰とも会話がありませんね。そこまで周囲を制してしまうカニと栗のパワーはスゴイですね。もう誰も勢いを止めることは出来ません。あ。でも、桃は逆にスグ食べ終わっちゃいますね。あの皮を剝くまで手がベロベロになってしまうのが、ちょっと嫌なんですが、そのあとのあの食感♪たまりませんね。んーやっぱり食欲の秋だからですかね?「食って食って食いまくれー!」と役所広司さんが言ってくれそうな感じもありますが、どこまで話したでしょうか?
あー三年と八年でしたね。両方掛けると24年ですかぁ。もう長いですねぇ。そこまで勤め上げたら、もう立派な古参と言えるでしょう。一目置かれてるんじゃないでしょうか。上司もあなたに対しては、よほどのことが無い限り無茶ぶりはしてこないでしょう。なんとなく気を使って、「あのーこの件なんですけれどぉ~」的なところから話が始まってませんか?中古マンションの売却査定でも、こういうコロンボみたいな感じで始めてくる担当者もいると思いますが、この手合いが意外とスゴ腕だったりするので、甘くみないようにしましょう。売却査定は慎重に進めないと、やはり中古マンションですからなかなか思ったような形になりませんから、気をつけて進めていきましょう。

後半:や)藪をつついて蛇を出す


どんな意味?>
余計なことをしてしまって、それによって、思っていたこととは逆に悪いことを引き起こしてしまうという意味らしいですね。
《よく分かる解説》
藪は、低い木や雑草がたくさん生えていて、なんとなく気味の悪い場所なので、蛇や虫を始めとして、何か化け物がいるかもしれない可能性もあるのに、棒のようなものでつついてしまい、蛇を出してしまう、ということなんだそうですが、バカですね。やる前から分かるでしょう。なんか出てくるぞ!と。映画「エイリアン」でもそうでしたが、覗く前からなんか出てくるのが分かりますよね。無防備過ぎます。
まず、つついてみる前に持っている武器の確認から始めましょう。丸腰で棒だけで突撃したら、思ったよりもデカいキャラが登場したときは、もう打つ手ナシです。そうなる前に至近戦用の武器と盾のような防具、また、相手がすばしっこい場合や飛んできたときの対空迎撃用の飛び道具の準備も怠らないようにしましょう。備えあれば憂いなしです。あ、あとヘンなものを吐き出したり、刺して来たりするかもしれないので、防具は厚手のもので挑んでおけば大丈夫ですね。
でも、なんで藪をつつく状況になってしまったのでしょうか?あまりそもそも論を唱えるのは好きではないのですが、コレはちょっと気になりますね。通り過ぎても良かったんじゃないでしょうか?ここでも蓮舫議員に言われてしまいそうですね。あー分かりました!アレです。あえて、やらなきゃならない状況に追い込まれてしまったんですね。
それにしても、歳を取ると、なんで「あーそのアレだ!」と言ってしまうんでしょうか?代名詞の多用化と年齢の増加には相関性があるかもしれません。相関分析か回帰分析あたりをやってみると、面白い結果が出るかもしれません。中古マンションの売却査定でも、あーそのアレだ!と言っても、売却査定の担当者には通じないので、しっかりと中古マンションであることを伝えていきましょう。
ん?時間?えっ?もう?いつもよりぜんぜん前に進めませんでしたね。どーしてなんでしょう?筆が乗ってしまったのか?口が回ってしまったのか?サッパリですね。とりあえず、今週は、前半と後半に分けてお話してきました。中古マンションの売却査定「ことわざ」に関しては、まだまだ勉強の余地があるかと思いますが、脱落しないようしっかりとついてきて下さい。では、またこの時間にお会いしましょう。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る