中古マンション売却査定サイト10 体験談「有能な営業マンとの出会い」

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターの松田です。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>http://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

 

 不動産購入の成功は情報収集力にあり!


ライター松田:「まず、購入された土地の概要を教えてください。」 体験者Aさん:2012年8月に土地を購入しました。エリアは、島根県松江市北堀町で、今回の購入は成功でした。成約価格には私自身、満足していますし、価格交渉もありましたので、不動産査定会社のサービスにも大変満足しています。

体験者Aさん:やはり、住むべき環境って大切だと思うんです。大人になると、ふとしたときに幼少の頃に遊んだ公園や家の近くの大きな木、鳥の鳴き声などを思い出したりしませんか?私の子供には、思い出す風景がビルの壁だったり、汚れた空気ではなく、澄み渡る空を思い出してほしいな、という思いから、立地に重点を置いて土地を探していました。ただ、購入資金がそんなに準備できなかったので、希望通りの土地が購入できるか多少不安はありました。でも、根気よく探せば希望通りの不動産に出会えるんです。価格、土地、全てにおいて満足していますよ。

ライター松田:そうですね。幼少の頃の記憶は、大人になっても頭の片すみに残っているものですよね。希望していた立地の土地を購入することができて満足されていらっしゃいますが、成約価格に満足されている点について、もう少しお聞かせいただけますか?価格交渉もあった、と聞いておりますが。

体験者Aさん:不動産を購入する際、仲介手数料や登記費用などもろもろのお金が出ていくんですよね。お恥ずかしながら、そこらへんの知識があまりなかったので、知ったときは驚きました。だけど、その土地がどうしても欲しくて、諸経費も入れてこの価格になるよう依頼しました。

ライター松田:提示価格いくらに対して、いくらの交渉をされたのですか? 体験者Aさん:もともと、土地の値段は900万円で提示されていたんですが、諸経費分を引いて、850万円にまけてもらえないか交渉を依頼しました。不動産査定会社サイドは難しいかもしれない、っていう反応だったのですが、最終的に了承してもらいました。本当に嬉しかったですよ。

  ライター松田:確かに、不動産購入時に発生するもろもろの諸経費を知らない人もいますよね。減額をお願いしても、最初から聞く耳持たずの営業マンもいるなかで、Aさんの場合は、買い手の気持ちをきちんとくみとってくれる優秀な営業マンだったわけですね。買い手の思いをいかにして売り主に伝え、交渉を進めていけるか、営業力も必要ですよね。成功の秘訣は、いかにして有能な営業マンに出会えるか、ですね。

体験者Aさん:おっしゃるとおりです。売り主さんの事情もありますし、最初の段階では、価格交渉は難しいだろう、と言われていたんです。でも、営業さんが私の気持ちに理解を示してくれて、所有者と交渉してくれました。あの営業マンのおかげですよ。

 ライター松田:これから、家を建築されれば、さらにお金が出ていきますので、50万円減額できたことは、気持ちの面でもだいぶ楽になりましたね。

  体験者Aさん:そうです。建築費もこれからかかってきますし、不動産購入税なんかもありますからね。最初、不動産査定会社に減額を相談しましたところ、反応があまりよくなかったんです。もともとの900万円という価格も売り主側でずいぶん譲歩した価格だったそうです。具体的に、営業さんがどのような交渉をされたのかはわからないのですが、熱心に思いを伝えてくださったのは確かです。

  ライター松田:それはすごい。確かに、あの立地で900万円というのも坪単価から考えたらお得ですね。

  体験者Aさん:また、新しい物件が出ていないかインターネットを使い、かなりチェックしました。良さそうな土地があれば、近隣の環境なんかも入念に調べましたよ。今回は、人生で初めての不動産購入だったので、不動産についての知識があまりなかったんです。探しながら、相場観、みたいなものが身についていったように思います。そんな中、「これだ!」というものを見つけました。松田さんもおっしゃったように、他の土地と比べ、私が購入した土地は立地と坪数の割に価格が少し安かったんですよね。これは逃しちゃいけない、と思い、その日のうちに不動産会社に連絡し詳細を確認するために会社へ足を運びました。見つけてから価格交渉依頼までの流れは迅速に行いました。善は急げ、じゃないけど、自分が「いいな」と思う不動産は他の人も同様に「いいな」と思っているわけだから、急がないとね。この流れが非常にスムーズだったこと、そして担当の営業さんが熱心だったこと、これらのおかげで購入できたと思いますよ。

ライター松田:今やインターネットからあらゆる情報を集めることができる時代ですからね。いつまでも売れ残る不動産もあれば、あっという間に売れてしまうものもありますから、そういった争奪戦から勝ち、満足いく不動産を手に入れるためには、自らの行動力や判断力、そして有能な営業マンとの出会い、これらが大切なんですね。

  依頼者Aさん:確かに争奪戦という部分もありますが、あせってはダメだと思います。日ごろから関心をもって、良い物件がないか、こまめにチェックすること、そして、「これだ!」という物件に出会うまでじっくりと待つことです。希望通りの物件が出たらすばやく行動することです。私の場合は、その日のうちに会社へ足を運びましたが、難しい場合は、メールや電話など、なんらかの方法でアクションをおこしておくと良いかと思います。交渉中は商談中扱いになりますので、ここにきて、価格面などじっくり詰めていけばいいわけです。

ライター松田:交渉している間は商談中になるわけですね。それはいいですね。

依頼者Aさん:そうなんです。私もえらそうに語っていますが、これらはすべて営業さんから教えてもらったテクニックです。本当、今回は、営業さんと二人三脚で購入までたどり着けました。知人にこの話をすると、うらやましがられますよ。有能な営業のいる不動産会社に誰もが出会えるわけではないですからね。  

ライター松田:今回のケースは、Aさんの熱意と営業マンの優れた能力、この2つが上手く結びついた例ですね。対談終了間際にAさんはこんなことをおっしゃっていました。「もしかしたら、数十年後には、購入した土地を売却査定し、マンションに住むことになるかもしれない。だけど、今回の件で、不動産知識もすこし増えたし、何しろ、不動産会社や担当になる営業マンがいかに重要なのか、ということがよくわかったよ。」 たしかに、不動産を売却査定する局面になったときも、売却交渉などの点で営業の役割は大きいと感じますね。

  不動産購入では、自らの意見と、不動産会社の意見をすり合わせ、よりよい住替えプランを実現する、ということが大切ですので、不動産会社を上手く使うし自分も行動量を増やすことで住替えが成功することでしょう。そんな内容のアドバイスを今回の体験記では示してくれています。  

賃貸か購入か?後悔しないためにも焦りは禁物


  ライター松田:「まず、購入したマンションの概要を教えてください。」 体験者Aさん:購入時期は、2013年4月に新築マンションを購入しました。エリアは東京都世田谷区で、購入は成功でした。ただ、成約価格については不満が残っています。価格交渉をしなかったのも、不満要因のひとつです。不動産査定会社のサービスには満足しています。

ライター松田:成約価格について、不満が残っているのはなぜですか?

体験者Aさん:購入後、周りのマンションの価格などが気になり出して、けっこうチェックしてみました。そうしたら、自分が購入したマンションと同じくらいの価格だったので、まあこんなものなのかな、と満足でも不満足でもないです。ただ、世田谷区の都心でも、大通りから少し中に入ると高級住宅街のような閑静な場所があるじゃないですか。そこら辺の不動産価格がすごく高いのは知っています。でも私が購入したのは246沿いなので、もう少し安くてもよかったんじゃないかな、と少し不満が残っています。

   ライター松田:確かに、世田谷区の閑静な住宅街は、駅から少し離れていても不動産価格は高い水準にありますね。246沿いですと、上に首都高も走っていますし、少し賑やかですよね。こういう点をとりあげて、不動産会社に価格の交渉はされなかったのですか?

  体験者Aさん:今、冷静になって考えると、ダメもとでも強く交渉すればよかったな、と後悔しています。ただ、物件を見に行ったら希望する間取りのマンションは残り1つだったので、あせって購入してしまいました。「少し高いですね」みたいなことを言ったんですが、残り1部屋だし、私が購入しなくても他の買い手はすぐに見つかるような雰囲気でした。残り1つ、なんて言われたら誰でもあせっちゃいますよね?まあ、希望通りの間取りだったので良かったといえば良かったんですが。それに、新築ですし、住み心地はいいですよ。

  ライター松田:それは、心理的にわかります。お店でも、店員さんに「最後の1点です。」なんて言われたら、おもわず買っちゃいますよね。ところで、不動産会社のサービスには、満足されていらっしゃるようですね。世田谷区あたりの物件を取り扱っている会社ですと大手の会社ですか?

体験者Aさん:いえ、大手ではなかったです。それが良かったのかもしれません。きめ細かいサービスでした。不動産を購入するのは初めてで全く知識がなかったのですが、私のささいな質問にも丁寧に答えてくださいました。どうしても気になる点があって、夜遅い時間にメールで問い合わせたのですが、すぐにお返事をいただきましたよ。 アフターケアもいいので、安心して暮らしています。まあ、価格の面では少し後悔は残っていますが、特別高かったわけでもないですし、不動産会社の気持ち良いサービスのおかげで、相殺されましたよ。  

ライター松田:それは良かったですね。住んでからも、色々と気になる点はでてくるでしょうから、身近に信頼できる不動産会社があると心強いですね。

  体験者Aさん:ええ、ただ、購入して良かったのか、それとも賃貸暮らしを続けていても良かったのか時々考えることがあります。ここは、都心ですし、友達もみんなうらやむ立地です。だけど、惚れこんで購入したわけでもないので、ずっと住み続けたいか?と聞かれれば、どちらでも良いような気もしています。この先、色々と生活環境も変化してくるでしょうし、賃貸だったらフットワーク軽く、簡単にいろいろな場所に移れただろうな、なんて考えることもありますよ。まあ、ここは渋谷に近く立地はいいですし、マンションの設備もすぐれていますからね。売ろうと思えば、買い手はすぐに見つかると思います。

ライター松田:買い手がすぐに見つかる物件、というのはいいですね。渋谷も再開発が進み、オシャレなお店がさらに増えていますよね。今、住んでいて特に不満がないのであれば、現状は満足している、というところでしょうか?

  体験者Aさん:そうですね。ただ、今後取引をされる方へのアドバイスとしては、非常に大きな買い物なので、よくよく考えて、周囲にも相談して決めてほしいと思います。「これだ!」と思う物件が見つかるまでは決めない方がいいです。ある意味、結婚相手を決めるようなものでしょうか。どこら辺に住みたいのか、価格はいくらくらいで、間取りや設備はどういったものがいいのか、妥協できない点をいくつか候補にあげて、希望通りの物件が見つかるまでじっくりと待ってください。消費税が上がる前に購入しなくては、などという理由であせって購入するのは禁物だと思いますよ。

  ライター松田:妥協できない点をいくつか候補にあげておく、ですね。なるほど。確かに、駅徒歩10分以内は必須条件として考えていたのに、多少安かったからと言って15分の物件を購入してしまったら、後々すごく後悔しそうですね。焦らないで気に入った物件が出るまでじっくり待つ、ですか。簡単そうで、難しいんですよね。

  依頼者Aさん:確かに難しいのですが、住む場所は、「衣・食・住」の中の一つであって、生活をしていく基礎であるわけですからね。絶対失敗しないように、というくらいの意気込みでじっくり探した方が良いと思います。 ライター松田:「賃貸か購入か?!」というのは、不動産雑誌などでも常に取り上げられるテーマですね。これは、基本的にはどちらにもメリットとデメリットがあります。あくまでも判断基準は、自分にとってどちらが良いか?ということにつきるので、家庭環境の変化などで、買う理由が間違いなくある、という状況であれば購入するべきかと思います。Aさんの場合は、幸いにして立地やマンションの設備も良いので売却しても買い手はすぐに見つかるとおっしゃっていました。これは非常に重要なポイントですね。売却査定を依頼しても、満足のいく査定額がつくかもしれません。購入してから、やっぱり賃貸でも良かったかなぁ、と後悔しながら過ごすのは精神衛生上あまり好ましくないので、ぜひ、購入する局面になったときは慎重になってください、という体験記でした。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

 マンションを売却したい方必見!>>>>>マンション売却体験談
・・・マンションの査定から売却までのさまざまな体験談を紹介しています。

  
タイトルとURLをコピーしました