【結論】イエウールを選択して売却することがベストな選択

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

所有しているマンションなどの不動産を売却する事を考えている場合、手軽に利用出来る便利なツールとして、一括査定サイトがあります。 これからマンションを売却しようと思っている、不動産の売却を検討している、という方の中には既に一括査定サイトについてご存じの方も多いでしょう。ただ、一括査定サイトといってもその数は多く、色々なサイトがあります。その数ある査定サイトの中で、「どれを選択するべきか」「どちらが良いのか」という相談をもし筆者が受けたとしたら、迷わずお薦め出来る一括査定サイトがあります。
不動産一括査定サイト「イエウール」。
不動産売却査定のランキングや口コミでは常に名前が挙がるサイトですので、評判を聞いたことがあるという方も多いと思います。既に知っていた方も、全く知らなかったという方も、是非理解を深めていただければと思います。今回は自信を持ってお薦め出来る一括査定サイト「イエウール」について、その理由とともに解説していきます。

マンションなど不動産の売却で一括査定サイト「イエウール」を利用した方がいい人とは


数ある一括査定サイトの中には、「イエウール」の他にもお薦め出来るサイトは勿論あります。複数の査定業者に一括で査定の依頼が出来るという点はどの一括査定サイトも同じですが、サイトの運営を担う運営会社の考え方、そのサイトと提携している不動産業者はサイト毎に異なります。
「イエウール」独自が持っている強みというのは、「提携業者が多く、ユーザーの多様なニーズに対応出来る」ことと、「ネットを利用したユーザーへの接客に慣れている不動産業者が多い」という点です。ですから、次のようなニーズに当てはまる方は是非「イエウール」の利用をおすすめします。

「まだ売却するかどうかはっきり決めていない。とりあえず、どのくらいの価格で自宅マンションが売却出来るのかを知りたいので試しに査定だけでもしてみたい。」
「初めてのマンション売却を成功させたいが、日中は仕事が忙しく不動産会社に連絡を取ったり、調べたりといった時間がほとんど取れない。不動産業者とは、出来ればネットやメールなどを利用して連絡を取りたい」
「他の一括査定サイトを利用してみた事があるが、地方のマンションだからなのか紹介された不動産業者が少なかった。もっと多くの業者から選択したい。」

「イエウール」では、最先端の技術を用いた独自のマッチングアルゴリズムで、所有している不動産の売却に最も適した不動産業者をセレクトして紹介してくれます。利用者は最大6社の不動産業者へ一括で査定依頼をすることが出来ます。
以上のようなニーズを抱える方に「イエウール」の利用が向いているという理由は、次の3つにあります。
1つには、「イエウール」は、信頼がおけるサイトであるという点。
2つには、手軽に利用が可能だという点。
3つには、高値で売却が可能になるという点。

ではそれぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

一括査定サイト「イエウール」をお薦めする理由1・信頼感


一括査定サイトの検索や、不動産売却査定ランキングなどで上位に表示される事が多い「イエウール」ですが、意外にもサービス開始は他の一括査定サイトよりも後発の2014年からのスタートです。10年以上の歴史を持つ一括査定サイトも多い中で、わずか数年のうちに急発展したサイトだといえます。開始からわずか2年後の2016年には売却成立サポート数が年間20万件を突破し、2018年現在の登録不動産会社の数が業界最大級の1,600社以上と、ランキング上位を争うようなサイトとなっています。

「そんな新しいサービスで本当に大丈夫?」
「怪しい会社が運営しているのでは?」

そんな疑問や不安を持たれる方のために、「イエウール」の運営会社について簡単にご説明しておきましょう。

会社名は、株式会社Speee (Speee, Inc.)。2007年11月に設立したWeb マーケティング事業、インターネットメディア事業を手がける会社です。東京都港区六本木に本社があります。

2017年に創立10周年を迎えた際の、取締役大塚氏のブログには「結果的には、外部資本に一切頼らずに、非正規雇用を含む全従業員が現在の400名水準の規模に至る事ができました。」とあります。会社が安定して稼働するために会社の資金繰りには経営者は最も頭を悩ませるものだと思いますが、銀行借入などの外部資金に頼らずにやっていけているのは、財務や収益が安定しているという事でしょう。

次に提携している不動産業者について、信頼がおけるかどうかです。
「イエウール」が提携している不動産業者の数は公式サイトによると2018年11月時点で1,600社を超えています。「イエウール」と提携している業者との契約は、全てお互いに直接会った上で行われています。
「イエウール」では、営業活動や接客に問題がある場合には、利用したユーザーからの声を「イエウール」側から不動産業者へ伝えることも行っています。あまりにユーザーからのクレームの多い不動産業者に関しては、「イエウール」側から契約を解除出来るような仕組みになっているため、安心して利用出来る仕組みが出来ているといえるでしょう。
また、査定を取ってみたものの相性の悪い不動産業者に当たってしまった場合に、直接業者に断りにくい方もいらっしゃるでしょう。その場合、「イエウール」の運営事務局に連絡をすれば、「イエウールが」業者との間に立って断ってくれるといったシステムも整っています。

一括査定サイト「イエウール」をお薦めする理由2・手軽さ


「まだ自宅マンションの売却は決めていないのに、査定を依頼しても大丈夫?」
「査定を依頼した後、しつこい営業にあったらどうしよう。」
一括査定サイトを利用した後、押しの強い不動産業者の営業に悩まされたり、しつこく勧誘を受けたりといった事を心配される方もいらっしゃるかもしれません。
まだ、不動産を売却することをはっきり決めていない、マンションがいくらで売れるのか売却査定額だけ知りたいという場合に、「イエウール」なら手軽に利用することが出来ます。

「イエウール」では、まだ売却するかは決めていない段階で、「査定価格だけ知りたい」「査定を受けてからゆっくり検討したい」といった動機で一括査定サイトを利用するユーザーも多いということをあらかじめ想定しています。不動産業者側からすると、反響があれば即営業して顧客獲得につなげたいという気持ちが強いのかも知れませんが、そこは一括査定サイトを利用する側からすると、行き過ぎた営業となり敬遠されてしまいます。ネット経由の顧客に対して前のめりの営業を行う事は、かえって逆効果になるという点をしっかり不動産業者側に「イエウール」側からレクチャーをしているようです。ですから、まだ売却を決めていない段階での査定依頼も気軽に行う事が出来ます。

実際に「イエウール」の一括査定サイトを利用してみるとお分かりになると思いますが、査定を依頼する際の情報入力に関しても簡単に行う事が出来ます。「カンタン60秒で不動産の無料一括査定が可能」というのは、「イエウール」の公式サイトに書かれてあるサイトの特徴です。
今回全く初めて一括査定サイト利用するという場合には、60秒で査定依頼が完了するというのは難しいのかもしれませんが、とにかく入力は簡単です。
チャットやLINEをしているような感覚で、「イエウール」の担当者の案内に従ってやり取りするように次々と情報を入力していけばいいのです。なるべく文字入力をしなくて済むような設計になっているようで、パソコンのみならず携帯端末でもストレスなくスムーズに入力が行えます。
筆者も実際に「イエウール」を利用してみた事があるのですが、物件の住所や間取りなど入力項目がそれなりに多い割には最後までサクサクと入力する事が出来ました。

「イエウール」では、査定依頼の際に、「机上査定」か「訪問査定」を選択する事が出来ます。これも、ユーザー側が手軽に査定を依頼出来るように、とのサイト側の配慮が見られる部分です。

「机上査定」と「訪問査定」との違いを簡単に説明しておきましょう。「机上査定」は、過去の取引データなどから簡単に売却金額を査定する方法です。一方の「訪問査定」は、不動産業者の担当者が実際に物件を訪問し、より詳しい実際の状況を確認して売却金額を査定します。ですから、「具体的に売却を考えていないので訪問されても困る」という場合や、「試しに査定額だけでも知りたい」といった場合には、「机上査定」にチェックを入れて申し込みましょう。また、備考欄に「査定の連絡はメールで」と一言書いておけば、仕事中など日中は連絡を取られても困るといった場合にも安心して査定依頼が出来るでしょう。
一方、すぐにでも売却をと考えている場合には、「机上査定」をせずに、「訪問査定」を申し込んでも良いでしょう。

一括査定サイト「イエウール」をお薦めする理由3・売却額が高くなる


「所有しているマンションを出来るだけ高値で売却したい」

大切な資産を手放すのですから、出来るだけ高値で売却したいと誰しも思うでしょう。
売却が成功するかしないかは、その売却をサポートする不動産業者によって大きく左右される場合が多いのです。所有しているマンションなど不動産の売却を得意としている不動産業者や販売に熱心な営業担当者と出会えれば、その不動産をより高値で売却出来る確率は高くなります。
では、そのような自分の不動産の売却に適した業者をどのようにして探せばいいのでしょうか。 「イエウール」の提携している不動産業者は業界最大級の1,600社以上です。都心だけではなく地方の業者も幅広く網羅しています。提携している各不動産業者は、担当が可能なエリアと、得意な物件の種別(マンション、戸建て、土地など)をあらかじめ登録していますので、最適なマッチングが可能になります。最大6社の不動産査定業者をサイト側で選んで表示してくれますので、選択肢が広がるのです。選択肢が多いということは、自分の不動産に合った不動産業者が見つかる確率がぐっと高まるでしょう。

公益財団法人不動産流通推進センターが2018年に発表した「不動産業統計集」によると、2014年7月時点で不動産業を営む全事業所の数は35万を超えています。しかし、その中で不動産の売買の仲介業を行っている事業所の数は5万足らず。不動産業全体の15%程度、2割にも満たない数です。街を歩いていると不動産会社を多く見かけるような気がしますが、不動産売買の仲介を専門としている業者の数は思ったよりも少ないのです。ですから、最初の不動産業者選びで間違えてしまうと、不動産の売却はスムーズにいかなくなってしまいます。この限られた数の不動産業者を一軒一軒まわって自分の足で探そうと思ったら大変ですが、インターネット環境さえあれば自宅でもどこでも「イエウール」を窓口として不動産業者探しが簡単に行えるのです。

一括査定サイト「イエウール」が実現させようとしているのは、ユーザーが「ネット上で良い不動産会社に出会える」「良い仲介サービスを選択できる」を当たり前に実現したいという点です。
「良い不動産会社」「良い仲介サービス」とは何でしょうか。
売却を依頼する側からすると、例えば「マンションをより高値で売却出来た」、「思い通りスムーズな売却が出来た」、「マンションを売却する場合の様々な不安点、疑問点が解消出来た」、を実現してくれる会社や営業マンに出会えるという事でしょう。
とはいえ、単純に出された査定額の高いか低いかだけを比較して査定額が一番高い業者を選べばいいのか、というと、それは必ずしもいい結果を生むことにならないという点には注意が必要です。査定額はあくまでも「3ヶ月間くらいで売却出来るだろう」と不動産会社が考える価格です。中古でマンションを売り出す場合など、不動産の価格というのは個別性が高いので売り出し価格の設定は非常に難しいと言えます。市場がどう動いているのか、周辺の環境の変化などで大きく価格が変動します。もしも、その時の相場よりも高く売り出し価格を設定したとすれば、売れ残ってしまうというリスクがあります。査定額の出された根拠は価格査定書などで必ず確認して理解しておくことが重要です。理解しにくい場合は、「なぜその価格が算出されたのか」を不動産業者に納得出来るまで説明してもらう事が大切です。また、営業力のある担当者であれば、一般の顧客にも分かりやすく説明することが出来るはずです。
ここまで、筆者が「イエウール」をお薦めする3つの理由についてお伝えしてきました。 提携する業者の数が多く、ユーザー側の多様なニーズに応える事が出来るので、どの一括査定サイトを利用すればいいのか迷っている方に幅広くお薦め出来るサイトとなっています。
査定サイトの利用には料金は一切かかりません。より高く、スムーズに不動産を売却するために、一括査定サイト「イエウール」を是非活用して下さい。

HOME
イエウール/

タイトルとURLをコピーしました