【結論】スマイスター〔リビンマッチ〕を選択して売却することがベスト選択

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「手狭になったので、マンションを売却して戸建てに住み替えたい」
「転勤で自宅のマンションを売却する事になった」
マンションなど不動産を売却するためには、まず資産価値を知るためにも査定をする必要があります。
そんな時、便利な一括査定サイトを利用する方が増えてきました。
しかし、ネット上には調べてみると色々な一括査定サイトがあります。
「どれが自分に合ったサイトなのかわからない」
「どの査定サイトを利用すれば高く売却出来るのか知りたい」
そのように感じている方も多いでしょう。

数あるサイトの中で、「どのサイトを利用するのが一番いいのかを知りたい」といった方に、今回は筆者おすすめの一括査定サイト「スマイスター〔リビンマッチ〕」をご紹介したいと思います。(2018年11月からサイトの名称が「スマイスター」から「リビンマッチ」に変更されました。)

不動産の売却を決めたらスタートは「スマイスター〔リビンマッチ〕」から


「マンションを売却するといっても、初めてでよく分からない」
初めての方にも分かりやすく、使いやすいのが「スマイスター〔リビンマッチ〕」です。
コンテンツも充実しており、売却に関する一通りの知識をあらかじめ知ることが出来ます。

「売却するつもりだが、貸したらいくらになるのか賃料も知りたい」
「スマイスター〔リビンマッチ〕」では、売却だけでなく賃料相場も査定出来るなど、色々な選択肢も検討する事が出来ます。

「月々の住宅ローンの返済が苦しくなってきたのでマンションを売ろうと考えている」
マンションや戸建てなど不動産を売却するにも、色々なケースがあると思います。そんな多くのニーズにも幅広く対応出来るのが「スマイスター〔リビンマッチ〕」です。

運営スタートは2006年。数ある一括査定サイトの中でも運営実績が10年以上ですから、古株の査定サイトです。加盟している店数は公式サイトによると約1400社。これは一括査定サイトの中でも最大クラスとなっています。査定依頼数が年間10万件を超え、多くの方に利用されている人気のサイトとなっています。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」で売却査定を実際に利用した方を対象として実施したアンケート結果が公表されています。査定依頼してから90日後に実施し345人から回答を得た結果は次のようなものでした。
査定サイト利用者のうち、約3分の1が仲介業者と媒介契約を結んで実際に売却活動をしています。さらに査定から3ヶ月以内には利用者の1割が売却を完了しています。この売却が完了した人の割合は、媒介契約を結んだ人のおよそ3分の1にあたります。実際に売却しようとした人の3割以上が、査定依頼から3ヶ月以内に売却出来ているという事になります。さらに公式サイトによると「また利用したい」という人は82%と高い割合となっています。

このように、不動産を売却したい多くの人に利用され、満足度が高い査定サイトが「スマイスター〔リビンマッチ〕」です。「初めての不動産売却を是非とも成功させたい」と思っている方には特におすすめです。筆者が自信を持ってお薦めできるその理由についてこれから詳しく解説していきたいと思います。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」がおすすめの理由・信頼感


「スマイスター〔リビンマッチ〕」をおすすめする理由の1つ目は、信頼感です。

「サイトの運営はきちんとした会社が行っているのか?」
「個人情報をやり取りするので、信頼できるのか気になる」
査定サイトを利用する前に、信頼できるサイトなのかどうかが重要だと考える方も多いかもしれません。査定の依頼には、個人情報や物件の住所などを入力する必要があります。ですから、信頼性に関してはやはり気になるところだと思います。
まず、「スマイスター〔リビンマッチ〕」の運営会社について見てみましょう。

【運営会社の信頼性】
サイトを運営しているのは、リビン・テクノロジーズ株式会社。2018年6月に株式会社シースタイルから社名が変更されています。2004年にインターネット広告代理店としてスタートしました。
現在は、「スマイスター〔リビンマッチ〕」による不動産の総合サイトの運営が事業の中心となっています。サービスを開始したのは2006年。10年以上の歴史は他の査定サイトに比べても古く、いち早く不動産取引のインターネットビジネスに着目して業績を伸ばしてきた業界のパイオニア的存在となっています。「Webテクノロジー」と「不動産」を融合したサービスで順調に成長を続けています。

【プライバシーマーク認定企業である】
不動産の売却査定を依頼するには、個人情報を入力する必要があります。
リビン・テクノロジーズ株式会社は、プライバシーマークの付与認定を受けています。プライバシーマークというのは、個人情報の保護に適切な体制を確立している事業者として財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)から認定を受けるものです。
プライバシーマーク認定企業になるには、個人情報保護法よりも厳しい基準を満たしている必要があります。ですから、認定を受けているという事は個人情報に関して非常に意識の高い企業であると言えます。安心して情報をやり取りする事が出来るでしょう。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」を運営している会社自体は不動産の売買を仲介する不動産業者というわけではありません。
不動産を売却するために仲介業者を探しているユーザーと、売却物件を募集している不動産業者を中立な立場で結びつける窓口です。ユーザーの重要な情報を不動産業者へ取り次ぐ役割を担う事になりますので、情報の取り扱いがきちんと管理されているかは重要なポイントです。
「スマイスター〔リビンマッチ〕」の運営会社は、プライバシーマーク認定企業となっています。より高い意識を持って情報管理を行っている会社が運営しているサイトです。安心して査定依頼が出来ると言えるでしょう。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」がおすすめの理由・手軽さ


「スマイスター〔リビンマッチ〕」をおすすめする理由の2つ目は手軽さです。

【査定依頼の入力が簡単】
公式サイトには最短45秒で査定依頼が出来るとあります。実際に文字を打ち込む必要があるのは「名前」「住所の番地」「物件名」「部屋番号」「電話番号」です。後の情報はプルダウンリストからの選択になりますので、慣れてしまえばかなり手早く入力が出来るでしょう。全く初めての入力の場合には「45秒」でというのは正直なかなか難しいと思いますが、とにかく入力は簡単で、初めて利用する場合でも分かりやすく作られたサイトになっています。

昼間は仕事で忙しくなかなか時間が取れない方には特に便利さを実感していただけると思います。ご自身の都合のよい時間に自宅のパソコンやスマートフォンから手軽に24時間いつでも査定依頼が出来るのです。

【売却を決めていなくても利用が出来る】
査定サイトを利用しようと思っているが、
「まだ、売却するとは決めていないのだけど査定依頼してもいいのだろうか」
「試しにいくらくらいで売れるか知りたい。だからしつこい営業にあったら嫌だ」
と、利用をためらっている方。
「査定を依頼したら契約をしないと悪いのでは」
と、複数社に査定を依頼していいのか迷う方、いらっしゃると思います。
査定サイトと契約している不動産査定業者は、他社と比較されていること、ネットからの査定依頼では査定額だけを知りたいといったライトモチベーションで利用するユーザーも多い、といった事をあらかじめ分かっています。査定依頼をしたからといって、仲介依頼をしなければいけない訳でもありません。もし、電話連絡やいきなりの訪問などの営業は望んでいないという場合には、コメント欄に記入しておくとよいでしょう。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」がおすすめの理由・より高く売れる


マンションなど不動産の売却を成功させるためには、どうすればいいのでしょうか。不動産が「いくらで売却出来るか」は最も気になるところだと思います。住宅ローンの残債がある場合や、売却して新居に住み替えを考える場合、「この値段では売りたい」と価格がもちろんあるでしょうし、「出来ればそれ以上に高く売りたい」と思うでしょう。
出来るだけ高値で不動産を売却するためには、「共に売却活動をするのがどんな不動産業者なのか」というのが重要になってきます。
「仲介はやはり大手に頼むのが安心で確実なのでは」そう考える方もいらっしゃると思います。やはり情報力や資金力の違いがあり、大手に依頼しておけば大丈夫だとお思いになるかもしれません。しかし、実際により高く売却出来るかどうかは担当者の営業力が大きく影響します。中小の地域密着型であれば、経験豊富な熱意ある社長自ら売却の相談に細かく対応してくれる場合もあるでしょう。不動産が高く売却出来るかどうかは大手、中小関係が無いのです。
何ヶ月も売却出来なかったマンションが、不動産業者を変更したら思い通りの価格で売れたという話も実際にあるのです。売却する不動産について、市場の状況をよく分かっている経験が豊富な不動産業者や担当者と一緒に販売活動が出来れば、より高値で売却を成功させる確率が高くなるでしょう。
「スマイスター〔リビンマッチ〕」では、大手から地域密着型の中小の不動産業者まで多くの業者と提携しているので、複数社にバランス良く査定を依頼する事が出来ます。
また、提携業者は都市部だけでなく、地方でも対応が可能となっています。「スマイスター〔リビンマッチ〕」では、東京以外にも大阪と福岡にオフィスを設けていて、それぞれの地域で直接面談を行った上で契約しています。実際に会った上で提携している不動産業者なので、その分安心して査定依頼が出来ます。また売却を希望しても対応する不動産がない地域であった場合には、対応できる会社を「スマイスター〔リビンマッチ〕」のスタッフが探す取り組みも行っています。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」で不動産業者を選ぶ際のポイント


「信頼が出来ること」
「手軽に利用が出来ること」
「高く売却出来る事」
これら3つが「スマイスター〔リビンマッチ〕」をおすすめする理由です。
最後に、「スマイスター〔リビンマッチ〕」で査定依頼をした際に、仲介を依頼する不動産業者をどのように選べばいいのか、そのポイントについてお伝えしておきたいと思います。

【査定額の高さだけで選ばない】
「査定額が高かったから」
という理由だけで、不動産業者を選ぶのはお薦め出来ません。「査定額が一番高い業者だから仲介を依頼する」という選択は、残念ながら良い結果にはつながらない事があるのです。
例えば、査定で提示された金額が高い金額であっても、実際にその金額で売却出来るかどうかは分かりません。というのは、査定金額というのは、業者がその価格なら売れるだろうと考える価格だからです。売却しようとしているマンションに高い査定額が付いたら売る側は嬉しいと感じるでしょう。しかし、まわりの同じようなマンションの売却相場がその査定額よりも安い価格だったらどうなるでしょう。買う側はより良い物件をより安い価格で買いたいと考えます。周りの相場よりも売り出し価格が高く設定されていたら、おそらく購入検討者は他の物件に流れてしまうでしょう。

【査定額の根拠を確認すること】
もちろん売却に自信がある不動産業者の場合は、高値でも売れる、という価格を付けてくる場合もあるでしょう。しかしどうしても仲介の契約を取りたいと考える業者の中には高めの査定額を付けてくる場合もあるかもしれません。
不動産業者が算出する査定額には、それぞれ業者毎に異なる根拠があるのです。この根拠を説明する仕様が「価格査定書」です。業者は、主に査定する物件の周辺の過去の取引事例を参考にして価格を割り出します。参考にする物件情報があまりに古かったり、全く違う条件の物件を参考にしていたりする場合もありますので、しっかりと確認して不明点があれば説明を求めましょう。
査定価格を比較するよりも、その査定額を出した根拠を確認する事が大切です。

【売却活動についても確認する】
売却を成功に導くために、どのような活動を行ってくれるのか。これは業者によって異なります。この売却活動の内容を比較する事も重要です。
広告はどのように出すつもりなのか、売却できそうな期間はどれくらいなのか、といった点をしっかり確認した上で、不動産業者を選びましょう。

【営業担当者との相性も大切】
やり取りする上では、担当者からの連絡がスピーディーか、連絡の仕方が常識的か、こちらの意向や都合に合わせて柔軟に対応してくれるのかどうかなどもチェックしたいポイントです。
特に、担当者との相性が良いか悪いかは、今後の売却活動にはかなり影響してくるでしょう。何か不明な点や、確認点があればしっかりと確認して、その対応力を見極めた方がよいでしょう。分かりやすく丁寧に説明してくれたり、何でも話しやすい雰囲気を持っていたり、安心して売却を任せられそうだと感じられる業者を選択しましょう。売却を進めていくと、税金の事であったり、契約の事であったり、色々専門的な事も出てきます。そういった分からない事や不安点をすぐに相談出来るような信頼関係を築ければ、売却もスムーズに進むでしょう。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」をお薦めする理由と、業者を選ぶポイントを解説してきました。サイトの利用には料金は一切掛かりません。業者選びのポイントを踏まえた上で、「スマイスター〔リビンマッチ〕」の一括査定を是非利用してみて下さい。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」はこちらからどうぞ
>>スマイスター不動産/

タイトルとURLをコピーしました