マンション売却査定サイトはスマイスター〔リビンマッチ〕で決まり!

【2018年版】不動産やマンション売却査定サイトは無料で比較できるスマイスター〔リビンマッチ〕で決まり!

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのオオツカです。今日もよろしくおねがいします。 記事は長くなりますが、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

http://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「スマイスター〔リビンマッチ〕」「イエイ」をおすすめしています。

【結論】スマイスター〔リビンマッチ〕を選択して売却することがベストな選択


不動産の売却のマストアイテム「一括査定サイト」はどこを選ぶのが正解か


所有しているマンションや戸建てなど、不動産を売却する場合に出来るだけ高く売却したいと考える人の多くが、一括査定サイトを利用しています。

初めての不動産売却では、分からない事が多いと思います。特に「失敗したくない」、「出来るだけ高値で売却したい」と考える方は、事前に色々と調べたり検討したりしているでしょう。調べていく中で、不動産を売却するための一歩として一括査定サイトが便利そうなので利用してみようと思われた方も多いと思います。
しかし、一括査定サイトも現在数が多く、ネット上には様々なサイトが存在しています。「色々なサイトを見てもどちらが良いサイトなのか判断が付かない」
「いったいどのサイトを利用すれば1番いいのか迷う」
そう感じていらっしゃる方も多いかもしれません。
数ある一括査定サイトの中でも色々な方にお薦め出来る筆者の一押しは「スマイスター〔リビンマッチ〕」です。2018年11月からサイト名が変更され、スマイスターからリビンマッチになっています。
お薦めする理由をまとめると、次の3つになります。
・サイトの信頼性が高い
・手軽に利用が可能
・不動産をより高値で売却出来る

「スマイスター〔リビンマッチ〕」のお薦め出来る理由


まず、サイトの信頼性が高いという点です。スマイスター〔リビンマッチ〕の運営スタートは、2006年。新しいサービスを提供したいとしてリビン・テクノロジーズ株式会社が運用をスタートさせました。不動産売却査定サイトのパイオニア的存在として業績を着実に伸ばし、現在10年以上の運営実績があります。
また、他のサイトではあまり見かけませんが、プライバシーマーク認定企業となっています。一括査定サイトでは、査定依頼の際に、不動産に関する情報や、自分の個人情報を提供する事になります。その窓口となる企業が情報管理を徹底している事になりますので、安心して利用することが出来ます。

次に手軽に利用出来る点です。
情報の入力は非常にスムーズで簡単です。他では最短60秒とするサイトが多い中、公式サイトでは最短45秒で査定依頼が可能となっています。初めて入力を行うといった場合に45秒というのは正直に言うと難しいかもしれません。しかし、それくらい入力はスムーズに進むように設計されています。

最後に、より高値で売却が出来るという点です。マンションなど不動産を売却する際は一般的に不動産業者に仲介を依頼して買ってくれる人を見つけてもらう必要があります。スムーズに売却出来るか、より高値で売却出来るかは結局のところ仲介する不動産業者や営業担当者の販売力に左右されるところが大きいと言えます。ですから、売却する側は、売却したい不動産に適した、より販売力のある業者を選択する事が大切になってきます。例えば不動産業者1社のみに査定を依頼して任せてしまった場合と、複数の業者に査定を依頼して相性や対応などを比較しながら選択した場合、どちらかがよりスムーズに売却を進める事が出来るでしょうか。もちろん複数の業者を比較検討した方がより高値にスムーズに売却を進める事が出来る確率は高いでしょう。
「スマイスター〔リビンマッチ〕」で査定が依頼出来る不動産業者は1400社以上。大手から地元密着の企業まで幅広くバランス良く提携しています。また、都心部だけでなく、地方の業者とも提携を行っていますので、全国で利用する事が可能となっています。

「スマイスター〔リビンマッチ〕」についてもっと知りたい、という方はこちらの関連記事をご覧下さい。不動産業者を選ぶポイントについても解説しています。

>>【結論】「スマイスター〔リビンマッチ〕」を選択して売却することがベストな選択

マンションを高値でしっかり売却したい人がスマイスター〔リビンマッチ〕にベストマッチ


成約件数が増加傾向の今、マンションを高値で売却するには


現在、中古の不動産市場は成約件数が前年よりも増加しており、活発な取引が行われています。実際のデータを見てみましょう。
公益財団法人東日本不動産流通機構によると、2018年11月の不動産流通では、中古マンションの成約件数は前年同月比で11.1%増加しました。成約価格は2.9%上昇し、2013 年1 月から71 ヶ月連続で前年同月を上回っています。中古戸建てに関しては、成約価格は前年同月比で1.5%下落しましたが、成約件数は前年比で9.9%増加しています。
中古マンションの新規登録件数では、17,716 件と前年比で8.4%増加となり、17 年9 月から15 ヶ月連続で前年同月を上回っています。在庫件数に関しても、47,258 件と前年比で5.0%増加し、15 年6 月から42 ヶ月連続で前年同月を上回る結果となりました。
中古戸建ての新規登録件数では、6,034 件で前年比プラスの16.6%増となり、17 年8 月から16 ヶ月連続で前年同月を上回っています。在庫件数では、21,049 件で前年比プラス11.4%増となり、17 年6 月から18 ヶ月連続で前年同月を上回っており、前月比でも2.0%増加している結果となりました。首都圏の中古マンション、中古戸建ての流通市場を見てみると、2018年11月時点では前年同月の件数より成約件数が増加しており、取引は活発に行われているようです。
このような成約件数の増加は、首都圏だけに見られるわけではなく、西日本、中部圏、近畿圏においても、前年と比べて増加傾向となっています。

しかし成約件数増加の一方で、在庫数も増加しています。ですからこれからマンションや戸建てなど不動産を売却しようと考えている方は、供給過剰になっている状態ですので売りたい価格よりも値引きをしないと売れない、といった状況になる事も充分考えられます。ですから、売却する際には「スマイスター〔リビンマッチ〕」を利用して一括査定を行い、不動産の資産価値を事前に把握しておく必要があるでしょう。さらにその後の売却を成功させるためには、大手から地元密着企業まで全国1400社以上の業者と提携している「スマイスター〔リビンマッチ〕」で比較検討してから売却に適した相性のよい業者を選ぶ事が大切です。

築年数から考えるマンション売却のポイント


現在所有しているマンションを先々売却するつもりだが、まだ時期は決まっていないという方もいらっしゃるでしょう。
「景気が上向きの今売却しようと思っているが、決心がつかない」
そう考えているうちにどんどん経過していくのはマンションの築年数です。
中古マンション市場の価格は常に変動しています。その時の需要と供給のバランスによっても変動しますし、同じ駅周辺でも北側と南側で大きく人気が違ったり、同じマンション内でも階数や部屋の向き、間取りなどにより細かく影響を受けたりします。資産価値を正確に把握するのは先に述べたとおり大切なのですが非常に難しい事でもあります。景気が好調な時が売り時ではあると思いますが、他にも判断材料はあるのでしょうか。築年数は年々経っていきますが、築年数によっても売却しやすい、しにくいがあります。ここではマンションの築年数毎の売却ポイントを見ていきたいと思います。

一般的に新築で購入した状態が、マンションの資産価値が最も高い時点だと言われています。都心の一等地などの人気エリアでは購入した当初よりも資産価値が上がる場合もありますが、ほとんどの場合は新築時をピークに後は価値が落ちていきます。
とはいえ、築5年未満のマンションは、まだきれいで設備も新しいので人気があります。5年未満で手放すケースは実際にはあまりないので、多少強気の価格帯で売り出しても成約する可能性は高いでしょう。想定通りの高値で売却するには近隣エリアの競合物件と売却時期が被らないかが重要ですので、地域の販売状況に詳しい不動産業者に依頼するのがベストでしょう。
次に築年数が5年以上10年未満の中古マンションの場合です。まだまだ新しく部屋の状態もきれいなままという場合がほとんどだと思います。10年未満であれば、人気もそれなりに高いので売却価格の設定があまりに高すぎたりしない限りは、売却出来なくて困るという事はないでしょう。10年未満の物件で売却を検討している場合、10年を超す前に売却を決断した方が得策かもしれません。というのは、10年を超した物件では途端に人気が落ちてしまうからです。人気があるといっても、供給もそれなりに多くあります。販売計画に納得がいくような販売力、営業力のある業者に依頼するのがいいでしょう。
次に区切りになるのが築12年です。築12年以上になると、住宅ローンが組める最長期間が35年から短くなっていきます。ですから、購入できる層が限られてくる事になりますので、資産価値もその分落ちていきます。また築12年前後で初めての大規模修繕が行われるマンションも多いでしょう。築年数が経つほど管理が行き届いたマンションかどうかが資産価値に大きく影響を与えます。価格査定書などで査定価格の根拠をしっかりと確認し、根拠に納得が出来るか、納得出来る説明が出来るかどうかで、業者を選択しましょう。
さて、築年数が30年以上にもなると、ひょっとして売却は難しいのではと不安になるかもしれません。壁紙の貼り替えなど室内のメンテナンスをまめに行っている場合や、丁寧に住んでいる場合、修繕が計画通りに行われている管理の行き届いたマンションの場合などでは、築30年以上でもそれほど状態は悪くはないでしょう。実は意外に思われるかもしれませんが、中古マンションの成約件数で最も高い割合を占めているのが築30年以上の物件となっています。2017年の東日本レインズの調査では、首都圏の中古マンションの築年数別成約件数で、築30年以上の物件がおよそ25%を占めています。
築30年以上の物件を売却する際のポイントは、1981年(昭和56年)の新耐震基準以降に建てられたマンションかどうかがです。耐震基準をクリアしたマンションであればそこは重要なアピールポイントになります。また万が一クリアしてないとしても、耐震工事を施してあるマンションであれば、安心を売りに出来ます。築年数が経ったマンションの売却実績がある仲介業者に販売戦略を立ててもらいましょう。

複雑な事情でマンションを売却するポイントとは


「離婚をきっかけにマンションを売却する事になった」
「マンションのローン返済が苦しくなり売却する事になった」
離婚や、ローンの返済が苦しい場合には、高値で売却というよりも、早く売却する方を優先的に考えてしまい、売り急いでしまう事もあるでしょう。「スマイスター〔リビンマッチ〕」で査定を依頼すると驚くほど早く提携不動産業者と連絡がつくと評判となっています。まずは、複数社に査定をしてもらって、不動産の資産価値をしっかりと確認してから売却に臨みましょう。
家族が増えて手狭になった住み替えや、転勤のために売却するなどといった理由ではなく、やむを得ず売却する事になったという場合、業者に相談したり理由を伝えたりすることがためらわれるかもしれません。しかし、複雑な事情がある場合は尚のこと、何でも話して相談出来る、信頼できる業者や担当者ではないと売却はスムーズには進みません。出来れば仲介を依頼する前の早い段階から伝えておくと良いでしょう。その際には過去に同様のケースの売却に実績があるのかどうかをしっかりと確認しておきましょう。もし、同様のケースについて既に経験している実績のある業者であれば様々な状況でも適切に対応してくれるはずです。

中古マンションの売却査定についてより詳しく知りたい方、複雑な事情がある場合の売却について知りたい方は以下のリンクを参照下さい。

【関連記事】
>>中古マンション売却査定のポイント-総集編(2)/
>>マンション不動産の売却査定を高値で成功させる/
>>任意売却の方式でマンションを売却するケースを/

【関連リンク】
/イエウール/
/スマイスター不動産/
/イエイ/

実は大手の SUUMOや HOMESやソニー不動産より信頼できるスマイスター〔リビンマッチ〕


スマイスター〔リビンマッチ〕の運営会社は怪しい?


スマイスター〔リビンマッチ〕の利用を検討している方の中には、
「無料で利用出来るなんて、運営企業は怪しくないのか」
「大手の運営するサイトの方が安心ではないの」
と思われて利用をためらわれている方もいらっしゃるかもしれません。確かに聞いたことのない中小企業と比べると、SUUMOやHOME’Sなど大手の運営する聞き馴染みのある名前により安心感を覚えてしまうのは仕方がないかもしれません。しかし、スマイスター〔リビンマッチ〕の運営企業について詳しく知った後は、安心して利用していただけると思います。では、スマイスター〔リビンマッチ〕の運営会社についてどんな企業なのか詳しく見ていきましょう。
運営しているのは2004年創業のリビン・テクノロジーズ株式会社です。資本金は、3,100万円。本社は東京都中央区、福岡と大阪に支店があります。
インターネット広告事業からスタートし、2006年に他と違う独自のサービスを提供するため「スマイスター〔リビンマッチ〕」を立ち上げます。他に先駆けた新しいサービス一括査定の分野で業績を上げ、会社の柱となる事業として成長させました。現在では売却査定のみならず不動産関連の比較を賃貸や土地活用などにも広げて、幅広い不動産ニーズに対応出来るポータルサイトを作り上げています。
個人情報を取り扱うサイトという事なので、情報の管理について気になる方も多いかもしれません。リビン・テクノロジーズ株式会社では、プライバシーマーク使用が認定されています。プライバシーマーク認定企業となるには、日本情報経済社会推進協会の厳しい審査基準に合格する必要があります。そのためにはコストを掛けて社内体制を整える必要がありますし、労力もかかるでしょう。スマイスター〔リビンマッチ〕の運営起業者、情報管理意識の高い企業であり、中小といえども大手と比べて怪しいとか信頼できないという事はないと言えるでしょう。

一括査定サイトスマイスター〔リビンマッチ〕が無料で利用出来る理由とは


一括査定サイトスマイスター〔リビンマッチ〕の利用は無料です。無料で利用出来るのに、運営企業はどのようにして収益をあげているのでしょうか。
「タダより高いものはない」という慣用句もありますが、無料で利用出来るなんてかえって怪しく感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
基本的に不動産業者に直接査定依頼をした場合も、査定は無料です。さらに仲介を依頼しても、売却が成約しなければ、不動産業者への支払いは基本的には発生しません。不動産業者にとって査定は仲介の契約をしてもらうための営業の一環です。ですから、査定依頼の窓口として複数の業者を取りまとめている一括査定サイトを利用しても、もちろん料金はかからないのです。一括査定サイトは、仲介の契約を取る事ができた業者から料金を受取るという形で運営されています。
不動産業者は仲介契約を取るだけでは収入を得る事が出来ません。仲介を依頼された不動産の売却を成約させて初めて売主から成功報酬として手数料を受取る事が出来ます。マンションや戸建ての売り主を募集したりする経費や、仲介後に不動産を売却するための通常の営業活動は売却を成立した後でないと受け取れないのです。一括査定サイトと提携する事で、業者は自身が売却を得意としている物件種別や地域で実際に「売却を考えている顧客」に向けてアピールする事が出来ます。多くの人が利用する人気のある一括査定サイトと提携すれば、より効果的に集客が望めるでしょう。結果として、人気のあるサイトには提携する業者数も多く集まるはずです。スマイスター〔リビンマッチ〕は、利用者の9割がまた利用したいと答えているほど口コミでも満足度が高く、2017年の利用者が440万人を超える人気サイトとなっています。現在提携社数が1,400以上と、着実に提携する業者数も年々増加しています。提携する業者とは、東京、福岡、大阪にあるリビン・テクノロジーズの社員が直接会ってから契約をしているそうなので、そういった点でも安心して利用が出来るでしょう。

スマイスター〔リビンマッチ〕についてもっと詳しく知りたい方は、大手と比較をしたこちらの関連記事をご覧下さい。

【関連記事リンク】
実は大手の SUUMOや HOMESやソニー不動産より信頼できるスマイスター〔リビンマッチ〕

スマイスター〔リビンマッチ〕の査定を利用してマンション売却を成功させるポイント


オリンピック・パラリンピックに向けて景気が上向きの今、不動産の売り時だと言われています。しかし、オリンピック・パラリンピックの開催を待たずして景気が失速し、土地など不動産の価格も暴落するのでは、という見立てもあります。
また中古市場は現在活発に取引が行われているようですが、在庫件数が増加していることから供給が過剰気味になっていると思われます。このような状況で、マンションや戸建てを売却する際に出来るだけ高値で成功させるためにはどうしたらいいのでしょうか。
そのためには、まずご自身の不動産の正しい資産価値を把握すること。次に、所有している不動産に適した信頼の置ける業者に仲介を依頼すること。この2つが大きなポイントとなります。

供給過多の状況では、正確な資産価値を捉えることはなかなか難しいかもしれません。「売り出し当初設定していた価格では売れないために値下げをしなければならなかった」といった状況も考えられます。しかし、だいたいの相場を複数の業者からの査定額から掴んでおくことは重要です。なぜなら、あまりに相場とかけ離れた価格で売り出してしまった場合、結局は売れずに「売れ残り物件」としてレッテルを貼られてしまいかねません。そうなると何ヶ月も経った挙げ句に、何百万も値引きをしなければ売れないといった事態になってしまうでしょう。
そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか。複数の業者の査定額を取ってみると、各社の査定額には開きがある事が多くあります。その理由は、業者毎に「売れる」と見立てた根拠が違うからです。同様の物件の取引を過去に多く経験している業者でしたら、「これくらいで売れる」という根拠には説得力があるはずです。査定価格書には、近隣エリアで過去に取引されたデータが参考値として載っているので、納得がいく説明となっているかを確認しましょう。
また、信頼出来る不動産業者はどのようにして判断するのがいいのでしょうか。複数社から査定をもらった後、やり取りする中で気になった業者があれば、2~3社と直接担当者に会ってご自身の目で判断するのがいいでしょう。不動産の売却では、仲介を依頼してから成約するまでの期間はおよそ3ヶ月が平均となっています。その間、内覧や必要書類のやり取りなど、契約までには業者と多く関わることになります。連絡方法ややり取りがスムーズか、担当者の対応は適切か、説明が分かりやすいか、分からない事は聞きやすいか、など、担当者との相性が良いか悪いかをしっかり見極めましょう。
「信頼性が高い」「手軽」「高値で売却出来る」この3点の理由からスマイスター〔リビンマッチ〕をおすすめしています。スマイスター〔リビンマッチ〕の利用は無料で、最大で6社の不動産業者に査定を依頼する事ができます。提携業者は1,400社以上あり、大手から地元密着の業者まで幅広いので、大手中小関係なく色々な会社との比較をする事が可能です。ですから、色々と比較をしてベストな選択をしたいと考える方は是非スマイスター〔リビンマッチ〕を利用して実感していただきたいと思います。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る