キャスト

イヴァル・ヴィクランデル

ユリウス・ヨンソン

イヴァル・ヴィクランデル

ユリウス・ヨンソン

1939年5月30日生まれ。1959年のデビュー以降これまでスウェーデンの舞台・TV・映画の第一線で活躍してきた同国を代表する俳優。特に舞台では50年間の舞台歴の中で100を越える役柄をこなし、1993年以降はシアター・アンド・オペラ・アカデミーにて芸術言語の教授を勤めると共に、長年の功績が認められ2008年にはスウェーデン王室より文化功労賞を授与されている。

ダヴィド・ヴィバーグ

ベニー

ダヴィド・ヴィバーグ

ベニー

1973年8月19日生まれ。ロンドンのチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン、ルンド・テクニカル・カレッジ、マドリッドの高等テクニカル専門学校にて建築、イラストなどを学び、1992年にはスウェーデンのコメディ集団に所属、これまで数多くのエンターテイメント番組、長編映画に出演している。2013年には自身のパフォーマンスをもとに処女小説も出版された。

ミア・シュリンゲル

グニラ

ミア・シュリンゲル

グニラ

1976年10月4日生まれ。4歳の頃から演劇に興味をもち、1990年代からTV業界でスタンドアップ・コメディアンとして活躍後、2007年、クララ・ツィマーグレンとのコンビMia & Klaraでブレイクを果たす。本作のフェリックス・ハーングレン監督による国民的テレビシリーズ「Solsidan」(10)にも出演。この番組はノルウェー、フィンランド、デンマーク、ベルギーでも放送された。また新聞の人気コラムニストとしの顔を持ち、コラムをベースにした著書も発売されている。

イエンス・フルテン

イェッダン

イエンス・フルテン

イェッダン

1963年12月6日生まれ。空手、キックボクシング、テコンドー、カンフーなど主に格闘技の世界で活躍後、30歳までパブのドアマンなどで生計を立てていたが、俳優になると決心しオーディションを受け始める。演劇の教育を受けていないにも関わらずその個性的な風貌で1990年代半ばから頭角を表し、主にギャング役で数多くのTV番組・映画に出演。2012年にはジェームズ・ボンドシリーズ『007 スカイフォール』(12)でハビエル・バルデム扮する悪役シルヴァの忠実な部下演じ世界デビューも果たした。

アラン・フォード

ピム

アラン・フォード

ピム

1935年3月14日生まれ。イギリス出身。『長く熱い週末』(80)、『恐るべき訪問者』(80)、『狼男アメリカン』(81)などへの出演後ナレーションも担当したガイ・リッチー監督『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(98)、続く『スナッチ』(00)での演技で世界中の映画ファンから注目を浴びる。その他代表作には『チャーリー』(92)、『エクソシスト ビギニング』(04)、『ロンドンゾンビ紀行』(12)などがある。