中古マンション売却査定のポイント(13)両手仲介は売主に不利

中古マンション売却査定ポイント

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンションの売却にあたり、不動産業者の選び方はとても重要です。売却希望の売主としては、早く希望の金額で売却したいものです。しかし、売却を依頼した不動産業者が仲介契約を結んでからあまりにも短い期間に購入希望者を見つけてきた場合は要注意です。もちろん、運よく売却条件のあう購入希望者とめぐりあうこともありますが、残念ながらめったにありません。
中古マンションを購入希望者が早くに出てくると、売主としてはついつい売買契約を決めてしまいたい気持ちになりますが、たいてい売主が損をしている場合が多いのが現実です。
売却査定をしてもらい、購入希望者が早く見つかった場合の注意すべき点は、仲介不動産業者の囲い込みによる両手仲介のケースに当てはまらないか。
売主が査定時に提示した売却希望価格が安すぎないか。
広告活動や営業活動の実績などのポイントを確認することです。

売却査定をし、売り出し開始後から早く購入者が見つかる時間の長さと、適正価格は必ずしも比例しません。査定の際に、しっかりポイントを理解し、中古マンション売却において損をしないように気を付けましょう。

では、仲介不動産業者による両手仲介はなぜ売主に不利なのでしょうか。それは、すでに自社で囲い込んでいる顧客を紹介されている可能性があるからです。例えば、中古マンションの売主が売却希望価格を3,500万円で売り出しているにもかかわらず、業者側から紹介された顧客の購入希望価格が3,200万円だったというケースです。きちんと広告を出せば3,500万円で売れる可能性があるにも関わらず、両手仲介をする目的で、広告活動を一切せず、自社の顧客で決めるしまうことで、売主と買主双方から仲介手数料をもらえるため、買主の希望価格で顧客を紹介してくる可能性あります。
決断する前に、売却を依頼している業者に「折込チラシや不動産雑誌、インターネットで広告活動を行ったのか?」「他の不動産業者にも売り出し物件情報を流してくれのか?」を合わせて質問してみましょう。

つぎに、早く購入者が見つかるもうひとつの原因として、売却希望価格が安すぎるというケースです。
4,000万円で売れるマンションなのに、3,500万円を提示してしまった場合、両手仲介を狙う業者にとって、ただ買い手を見つけやすくするだけです。
実際査定をしてもらう前に、売却する同じマンションの最近の売却価格、近隣の同条件程度の中古マンションの売却価格の相場を、自分の目でしっかりと把握しておきましょう。
売却希望価格で購入したいという購入者であれば問題ないのですが、それよりも低い価格で購入したいという人を早急に紹介された場合は、絶対あせってはいけません。
不動産業者は、「中古マンションなので、この物件の買い手は、なかなか現れない」「今決めないと、もう、買主はでてこない」などと、巧な言葉で早く決断するように、迫ってきます。
中古マンションの売買を扱う不動産業者の収入源は、仲介手数料です。
自社の顧客に売却してもらった方が仲介手数料が両方から入ります。しかし、購入者が早くでてきたから絶対怪しいとか、売却までに時間をかけたから必ずしも高く売れるとも限りません。しっかりと不動産業者を選定することも大切ですが売主側が適性価格を判断、設定することで、中古であってもマンションが早く売れるケースもあります。不動産の売買は、とても金額が高いので、不動産業者にまかせっぱなしにすることなく、自分の目でも、しっかり査定前に情報収集などの準備をし、適正価格で売却できるようおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました