中古マンション売却査定のポイント(55) 良い条件で売却したい!

中古マンション売却査定ポイント

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

中古マンションを良い条件で売却したい!その方法


中古マンションの売却や査定を考えているけれど、やったことがないからどうしたらいいかわからない、という人は多いのではないでしょうか?
大切に使ってきた住まいを査定・売却をするには、しっかりとプランを立て、トラブル無くスムーズにできたらいいですよね。

このコラムでは、持ち家であるマンションを売却や査定する時に知っておきたい重要なポイントを、簡単かつ必要十分にまとめてみました。 今は中古マンションがなかなか売れにくい時代ではありますが、より高く査定価格を算出し、なるべく早く売却が決まるには以下のポイントが重要です。

まずは査定!手持ちの中古マンションの価値を知ろう!


マンションなどの不動産は、個人が持つ資産の中ではもっとも高額なものですが、その反面、時間とともに価値がどんどん下がっていく資産でもあります。
現状、2020年の東京オリンピックに向けて、好景気かつマイナス金利時代という未曽有の状況です。今こそ売るべし!といいたいところですが、人気のあるのは都心の立地がよく、交通の便が良い中古マンションでの話です。

では、都心以外の中古マンションはどうかというと、中には希望した査定金額で買い手が見つからずに、時間ばかりが経過する、売れない物件が増えています。
家が売れない理由としては、地方の人口の減少や都心部への人口の集中などです。
まずは、冷静に複数の不動産会社に査定を依頼し、“自分の家の価値”を知りましょう。

家の価値は、築年数が経てば経つほど一年経つほど下がっていくものです。今現在自分の中古マンションとしての価格はいくらなのか?をまずは落ち着いて受け止めましょう。
マンション売却は当面先延ばしのする予定であっても、査定だけは早めに取っておくのも良いですね。
中古マンションが売れるまでの期間は、早くて2~3ヶ月程度、遅いと半年から一年かかるケースもあります。早めに査定を取るなど準備をすると、仲介する不動産業者側も計画を立てやすいメリットがあります。
中古マンション査定する際には、ひとつの不動産業者だけで決定しまわずに、必ず複数の不動産業者の査定を取り、比較、検討することは必須です。
中古マンションの査定金額は、不動産業者によっては大きな差がでたりします。後々後悔しないように、少なくとも3社以上の査定をとり、平均値を確認すると手持ちの中古マンションの価値がより正確にわかります。
今はインターネットで一括で査定ができるので、手間はそれほどかかりません。

査定→売却までのプランはしっかりと


実際に中古マンションを査定してもらうと、結果、思っていたより金額が安い…と落ち込む人もいるかもしれません。しかし、これは実際に売却する価格ではなく、業者が査定した金額です。最終的な価格の決定権は売主にあります。慌てずに、不動産業者には、なぜこの金額なのか?根拠を聞いてみましょう。
中古マンションを売却に出す時は、当然ながら価格を決めなければならず、重要なポイントです。不動産業者と相談しながら適切なラインの価格を導き出しましょう。

不動産業者や仲介業者はどんな人?対応も要チェック!


中古マンションを査定依頼し、いざ不動産業者の担当者が来た!とします。査定金額も気になりますが、これからお世話になるかもしれない不動産業者(または仲介業者)の担当者の立ち居振る舞いにも注意を払ってください。

個人が中古マンションを売却するには、必ず仲介する不動産業者に依頼することになります。この不動産業者が営業努力を頑張ってくれるか否かであなたのマンションが高くうれるか早くうれるかまたはその逆かが決まります。信頼できそうかどうか、よく見ましょう!

[信頼のおける不動産業者かどうかのチェックポイント]
査定価格が他社と比べて低すぎ!(または高すぎる)
査定の結果、算出された金額の根拠をきちんと説明してくれるかどうか

中古マンションの査定価格は、同じマンションの別の部屋を売却した時などの過去の事例や、また似たようなマンション物件の売却事例、立地は良いか、人気エリアか、駅まで近いか、人気の路線は入っているかなど周辺環境から、相場が決まります。もちろん、不動産業者によって、査定価格が全く同じにはならないでしょうが、ある程度の相場は決まっているのに、極端に安すぎる高すぎるというのは不自然なので、疑ったほうがいいかもしれません。
もしも査定価格が非常に高い場合に、周りのマンションを買いたいと思っている人は相場も調べているでしょうから、なかなか売れないという状況になりかねません。契約を取りたいがために、売れないような高額な査定価格を出しているのかもしれません。
また、査定価格が、なぜこの金額になったのかをきちんと説明してくれるかどうかも見極めのポイントになります。
こちらからの質問を面倒がったり、はっきりしない返答をするような不動産業者は信用できませんので、最初から断っておいたほうが無難でしょう。

購入希望者が内覧に来たらどうしたらいいの?


ここまでで、査定をし適切な不動産会社を選び、適正価格で家を売却にかけることができたとします。すると購入を検討している人からの内覧申請が入るでしょう。
あなたの部屋を実際に見に来るので、家の中は掃除し、笑顔で出迎えましょう。すると、相手も良い気分で見られ、物件の印象も良くなります。
他人に家の中を隅々まで見られることはあまりないことだし、良い気はしませんよね、しかし、購入する立場から考えれば、新しい住まい探しをしていたら、家の中をしっかりと確認したいと思う気持ちもわかります。
ここで対応をおろそかにしてしまうと、せっかくの購入希望者に悪く思われてしまいチャンスを逃すことにもなります。なので、なるべく笑顔で親切に応対するように心がけて下さい。

内覧に来てくれた購入希望者に良く思われる方法


数ある中古マンション物件の中から、あなたのマンションを選んで内覧に来てくれた人です。ぜひとも好印象を持ってもらいたいところ。 中古マンションを明るく見せる方法がいくつかあるのでご紹介します。
特に重要なポイントは、家を明るく見せる、ということです。明るい家=広く見える、=キレイに見えるからです。

[中古マンションを明るく見せる方法]
窓際はものを無くしてスッキリと
電球は明るいものに変えておく
照明は昼間でも全部つける
カーテンはすべてオープンに

これ以外の内覧時の対応については不動産の仲介業者が事前にアドバイスしてくれるはずです。彼らも契約した中古マンションが売却できないと利益は入ってこないので、きっと頑張ってくれますから、心配は無用です。不動産業者とか事前にしっかりと話し合うことが大切です。あなたの中古マンションを売るための相棒だと思って気になることは綿密に相談しましょう。そして購入希望者に良い印象を持ってもらいましょう。

まとめ


このように、中古マンションを売却するためには様々な段取りが必要になってきます。誰しも家庭や仕事があり、日々忙しく過ごしている中で、慌てて売却してしまって損をするケースが後を絶ちません。
ぜひ、早めに行動を起こし、準備万端、中古マンション物件売却に挑んでください。

ちなみに準備や手続きの多くは仲介業者が代わりに行います。売り主が一番気を付けなければならないのは、信頼できる仲介業者探しです。これだけはしっかりと見極めましょう!
あとは業者と相談しながら、中古マンション売却に勤しみましょう。
では逆にもし、営業努力をしない悪い業者をうっかり選んでしまった場合にどうなるかというと、中古マンションを売却に出したまま半年経っても一年経っても売れない、といったことになるでしょう。気を付けて下さいね!

業者選びのポイントは、必ず複数の不動産業者に査定を依頼して比較する。これだけです。
絶対に避けたほうがいいのは、知り合いの不動産業者に頼むことです。
知り合いというだけで、その不動産業者は本当に中古マンション売却や査定に強い会社でしょうか?
候補に入れるのはもちろんOK。ですが、必ず、他の不動産業者も含めて三社以上は比較検討しましょう。
複数社査定だけで結果が大きく変わるかもしれないのです。最終的に売却してみたら、数十万円から数百万円も損してしまう結果になることもあります。業者選びはぜひ慎重に行いましょう。
特に、東京や大阪などの大都市以外で中古マンションを売却したいという人は、売却に強い不動産業者を見つけるのがなかなか難しいかもしれません。ぜひ、一括査定サイトを使って、大手と中小の業者、両方から探してみましょう。
中古マンションなどの不動産の売却は、時間が経てば経つほど価値が下がり、売れにくくなります。なるべく早く査定を行い動き出すことが肝要です。

タイトルとURLをコピーしました