中古マンション売却査定のポイント(84)シェアハウスの売却査定

中古マンション売却査定ポイント

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンションを「シェアハウス」として複数の人へ貸し出していたケースについて売却時の査定はどうなるか?


結論から言うと、シェアハウスとして使用していた中古マンションは、条件が良い物件であっても売却時の査定額は伸びない傾向にあります。

シェアハウスの中古マンションの査定額が伸びない理由のひとつとして、複数人にシェアハウスとして貸し出していた中古マンションについては、銀行が融資をしたがらないという点が挙げられます。
自己資金だけでマンションを購入できる人達ばかりであればいいのですが、やはりなかなかそうもいきません。
銀行の融資が付きにくい、シェアハウスとして使われていた中古マンションは、そのため購入できる人が極端に減ってしまうので、査定金額はダウンすることが予想されます。

銀行は、独自のルールに沿って融資判断をしています。
働き方や生き方が多様化してきた現代において、都心で住居をシェアすることはさほど珍しいことではなくなってきたのですが、いまだにシェアハウスをキワモノ扱いにして融資を通さない銀行も少なからずあるとのことです。

銀行がこれからマンションを購入する人に融資する場合、中古より新築物件を好む傾向にあります。
銀行がそういう傾向があるがゆえに、購入者自身も、中古マンションよりは新築マンションのほうが良いと考えてしまい、良い条件がそろっていても中古マンションの購入を避ける人もいるそうです。
このことからも、銀行の意向が購入者の意向に反映されやすいことがうかがえます。

シェアハウスは、一つの物件を複数人で使うため、1人に単独で貸し出すよりも、総額として高い賃料を見込むことができます。
しかし、普通に貸すよりも賃料が高くなるという安易な考えだけでシェアハウスとして貸してしまうと、マンションの資産価値を下げる結果となり、結果的に損をすることにもなりかねません。

駅近だったり、人気のエリアにある場合、年数が経過した中古マンションでも良い査定額で売却できる可能性が大いにあります。
まずは賃貸として貸し出したあと、将来的にマンションは売却しようお考えの場合は、シェアハウスとして貸し出してしまうと、売却時の査定にひびいてしまう可能性があるということもふまえて運用しましょう。

すでにもうマンションをシェアハウスとして貸し出してしまっている場合は、逆にシェアハウスとして通常より高い賃料を回収して、十分に元をとった上で売却にまわしたほうがいいかもしれません。
マンションの築年数や状態を見ながら、売却時期については慎重に検討することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました