中古マンション売却査定サイト17 体験談「担当さんとの信頼関係」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのけんです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

購入を検討する物件は自分の目で見てたしかめる


ライターけん:「まず、売却または購入した物件の概要を教えてください。」

体験者Aさん:1998年6月に建てて未入居だった物件を購入しました。一戸建てです。エリアは北海道谷地頭町です。今回の購入は、成功だったと思います。成約価格に関しても満足しています。値段交渉はありませんでした。不動産査定会社のサービスにも満足しています。

体験者Aさん;成約価格が満足だった理由は、再販の物件だったため、値段が安かったからです。不動産業者が仲介をしていて、売主の方に事情があったため安くなっている物件でした。

ライターけん:「売主の方に事情があり、再販という形になった物件だったのですね。なんらかの事情があった物件は提示価格が相場より安い価格のため、さらに値下げを要求する買主は少ないのかもしれませんね。何らかの事情のある中古マンションの売却を考えているときは、不動産一括査定サイトで査定をとるときに、そのことを隠さず記載することが大切なポイントです。不動産会社の中には、事情のある物件の販売を得意としている会社があるため、記載しておくことによりそのような不動産会社から査定を取ってもらうことができるからです。記載をしていないと、事情のある物件の販売が不得意な業者にあたってしまうことがあります。そうなると、なかなか売れず、結果的に実際に売却できるはずだった価格よりも低い価格で売却するはめになってしまうことがあります。そのため査定額が安くなってしまうからと隠して査定をとることは、損をしてしまうことにつながるため、やめたほうがいいでしょう。」

体験者Aさん:私が購入する前に購入した方に事情があり再販となった物件だったため、最初から相場よりかなり低い価格だったから価格交渉はしませんでした。また、先に購入をした方の事情が大変気の毒だったこともあり、交渉しようとは思えませんでした。

ライターけん:「売主の方が購入したあと住む前に事情があり手放すことになった物件だったのですね。事情をしっかり説明してくれる信頼のできる不動産仲介業者でよかったですね。売主の方の事情によっては、買主側も安い物件をこれ以上価格交渉しようとは思わないこともありますよね。売主側も説明をきちんとしてくれる信頼のおける不動産会社に仲介を依頼することがいかに大切かわかりますね。」

体験者Aさん:不動産仲介会社のサービスには結果満足しています。対応が早かったのがよかったです。面倒くさがることなく、違う物件も案内してくれて信頼できました。購入後も年賀状を送ってくださっています。

ライターけん:「購入を決める前や、その後の取引も迅速だと信頼できますよね。この仲介業者から物件を購入したいという気持ちになりますよね。早く売りたい物件だけでなく、他の物件もしっかり案内してくれるのは、利益だけを考える業者ではなく、きちんとお客さんのことを考えている不動産業者の証拠ですね。購入してからも、年賀状など送ってもらえると、何か問題があった場合もすぐに対応してくれそうで安心できますね。今後のリフォームもこの業者に頼みたいという気持ちになれますよね。」

体験者Aさん;売主の方が新築で建てた家でしたが、ご主人に不幸があったため売りにだされたという事情でした。そのような理由で、普通より安い価格で不動産業者によって売られていました。この辺りはなかなか新たに家を建てる土地がないような場所でした。そのような中、私はこの辺りで新しい物件を探していたところちょうどこちらの物件が売りに出されていました。タイミングが合ったから購入を決めたというところです。

ライターけん:「なかなか新しい土地がない中、こちらの物件に出会ったのですね。事情もあり、売主さんもなるべく早い売却を望んでおられたと思いますし、たしかにタイミングが合った形ですね。」

体験者Aさん:私は物件を購入する前に、物件の周りの環境であったり、ご近所の方々の雰囲気などを自分で実際に訪れてみることで確認していました。付近を散歩がてら歩いてみることで、確かめることができました。今後、物件の購入を検討している方は、物件の資料や不動産会社の担当さんのお話、内覧だけで判断するのではなく、それだけでは見えない部分を自分で実際に付近を観察することで確かめることも大切だと思います。

ライターけん:「不動産会社の話しやチラシからは気づくことのできないことは、物件の近所を自分で実際に歩いてみることで知ることができるのですね。不動産は大きな買い物ですし、今後自分が長年住む場所であるため、購入する前に周辺の環境を自分の目で確かめるのは大切ですね。歩いてみることで近くのスーパーや、最寄り駅などの距離もわかり、この場所に住んだときの生活がイメージしやすくなりますね。」

中古の一戸建てや中古マンションには、驚くほど築年数が浅い物件や購入してから入居せず売り出されている物件が、まれに売り出されることがあります。そのような物件は、売主側に事情はある場合が大半です。今回は、事情のある未入居物件をタイミングが合い購入した体験談でしたが、もし事情があり中古マンションを売却することになった場合に参考することができる体験談でしたね。先ほどご説明した通り、事情のある中古マンションの売却を検討しているときには、不動産査定一括サイトで査定をとる段階で事情があることを記載することが大切です。事情のある物件の取引を得意とする不動産業者に依頼をすることで、高い価格でそして早く売却をすることができるからです。 また、事情のある物件の取り扱いを得意としながら、なおかつ信頼のできる不動産業者を探すことも大切です。今回のように、不動産業者が買主に事情をきちんと説明してくれて、早く売却したい物件だけでなく他の物件も紹介する対応をしていたことにより、買主もこの業者を信頼し、最終的に事情のある物件を売却することができました。事情を説明してくれたことにより、買主が値下げ交渉をすることなく売却することができたため、売主側は非常に助かったことでしょう。このように不動産業者がどれだけしてくれるかによって、少しでも高い価格で早く売却できるかが異なってきます。査定をとる段階で信頼できる業者を見つけるようにしましょう。

売主の方と信頼関係を築くことが大事


ライターけん:「まず、売却または購入した物件の概要を教えてください。」

体験者Bさん:購入時期は、2014年7月にビルを購入しました。エリアは、東京都渋谷区です。今回の購入は成功でした。成約価格も大変満足しています。価格交渉はありました。不動産査定会社のサービスに関しても満足しています。

体験者Bさん:成約価格が満足だった理由は、最寄り駅も近く、買い物に関しては非常に便利な場所だった上に付近の物件と比較してみると値段が安かったからです。建物自体は古いですが、各階のオーナーの方々にお話を伺ったところ、建物も安心できるものだとわかった上で購入することができたため、満足しています。

ライターけん:「たしかに物件を購入するときは、周りの似たような物件と比較してなるべく価格の安いものを買主は選びますよね。そのため売却したい中古マンションなどを査定に出したとき、査定額が高いからといってその不動産会社を選ぶのは危険です。まず売却を検討している物件の近隣にある同じような物件がどのくらいで売られているのか相場を調べることが大切です。相場よりも明らかに高い査定額では、なかなか売れずに結局値下げをして売却しなくてはならない場合があります。そのため、複数の会社から査定額を出したあとは、だいたいの相場の査定額を出してくれて、尚かつ信頼のできる不動産会社を選ぶことが大事です。渋谷区は非常に人気が高いエリアですし、不動産会社選びが重要になってきますね。」

体験者Bさん:値引きをしていただけた理由ですが、売主の方は長い間住んでいらっしゃって、かなり愛着があったように伺えました。そのため、購入希望者であった私は何度も売主の方のところに伺わせていただき、この物件の思い出などを聞いたりしました。また、リフォームを検討していたため、参考にするために生活する中で不便なところなども伺いました。売主の方によく思っていただけたのか、他にも購入希望者はいたようですが、私を選んでもらえました。また、リフォームをするので、その分減額してほしいという希望も聞いてくれて値引きをしてくれました。

ライターけん:「他にも購入したいという方がいたのに、リフォーム分値引きを希望しているBさんを選んでくれたのですね。何度か売主さんの元に伺ったことで、売主さんもBさんのことを信頼してくれたのですね。また、実際に生活していた人に不便だった場所などを伺うのは、リフォームのイメージがわきやすくていいですね。売主にとってもそのような話しは、この人は買う意思があるのだということが伝わりますしね。」

体験者Bさん:具体的に○○円安くしてくれという交渉はしませんでしたが、不動産会社の担当の方に「リフォームしたいため、その分少し安くなりませんか」という言い方で値引きの交渉をしたと思います。

ライターけん:「築年数の古い物件は、リフォームが必要になってきますよね。むやみにいくら減額してほしいという交渉よりも、リフォームする必要があるため、そのリフォーム代分少し安くしてほしいという伝え方の方が売主に納得してもらいやすくて賢い交渉方法ですよね。売主の方と信頼関係を作れたことも値引きに大きく反映しているかと思います。また、不動産会社の担当の方もきちんと値引きの交渉を伝えてくれる方でよかったですね。不動産会社の担当さんの力によっても値引きしてもらえるかもらえないかが変わってきますしね。」

体験者Bさん:今回はかなり満足しています。売主の方と、不動産会社の担当さんと信頼関係を築くことができて、購入が決まるまでの間にも、売主の方と何度もお話をする機会をもらえたので非常によかったです。

ライターけん:「不動産会社だけでなく、売主の方とも信頼関係を築くことがいかに大事なのかがよくわかりました。お互い気持ちのいい満足いく取引を行うには信頼関係が大事ですね。」

体験者Bさん:ビルの場合でも売主の方が住居として使用していたとき、こちらも投資目的ではなく住むことを目的としているときは、元々住んでいた売主の方の思い出のあるところに引き継いで住むということを意識することが大切だと思います。売主の方にこの人に引き継いでもらいたいと思っていただけるような信頼関係を作っていくのは、一時的な関係ではありますが人間同士なので必要だと感じました。また、自分が住むときに、リフォームをしなくてはならないということを売主に説明したため、値引きの際も売主の方に理解してもらいやすかったです。交渉もスムーズに行うことができました。

ライターけん:「購入希望者が多い人気の物件の場合は、この人に売りたいと思ってもらえるような対応が大事ですね。人対人であることを忘れず、相手の立場に立って値引きの交渉を行う必要がありますね。」

体験者Bさん:不動産の購入は大変大きな買い物だと思っています。私が購入を決める理由は、自分の今までの住居に関しての経験が大きく関わっています。私自身なんども移り住むことを経験していて、その時に経験した失敗や不満が今回に生かされていると思います。今までの失敗は書き起こしておき、今回物件を決めるときに見返して物件の善し悪しを冷静に吟味する材料にしました。物件の購入を検討している方は、失敗しないためにも自分の持つ物件に対しての理想と今までの物件に関する失敗を一度書き起こして認識することをおすすめします。購入を検討している物件は、自分の書き起こした内容を満たしているのか、確認してから購入することで失敗を防ぐことができるのではないかと思います。

ライターけん:「人生のイベントとなる大きな買い物であるからこそ、失敗はしたくないものですよね。たしかに、今まで住んでこういった物件は住みにくかったという失敗をまとめて、どのような物件を探しているのか自分の理想を具体的にしておくことにより、検討している物件は購入するのが正解なのか答え合わせをすることができますね。」

今回の購入者は、売主と何度も対面し信頼関係を築いていきました。一方的な要求を押し付けず、不動産会社もうまく味方につけて、値引きをしてもらい購入に成功した方の体験談でした。中古マンションを売却するときにも、購入希望者と直接会って、話しをして、自分自信やマンションのことを知ってもらうのは非常に大切なことです。内覧のときに購入希望者に物件の長所であったり、近所の情報を話して、物件での生活のしやすさを伝えると売却につながりやすくなります。古い物件のときは事前にリフォームしておくべきか、それとも今回のBさんのようにリフォーム分値引きがいいのかを、話して確認をすることで、双方がより納得のいく取引となります。もちろん、不動産会社との信頼関係も大切です。査定価格からの値引きをうまく交わしてくれる信頼できる不動産会社を見つけましょう。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

マンションを売却したい方必見!>>>>>マンション売却体験談
・・・マンションの査定から売却までのさまざまな体験談を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました