「大手の SUUMOや HOMESやソニー不動産より信頼できるイエウール」

中古マンション売却マニュアル

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンションなどの不動産を売却したいと考えた時に、不動産一括査定サイトは手軽に利用が出来る非常に便利なツールです。
「所有している不動産がどのくらいの価格で売却出来るのか相場を知りたい」
「マンションを売却したいので、仲介してもらう不動産業者を探したい」
などといった場合に役立つサービスとなっています。
売却したいと思っているマンションや戸建てなどの不動産情報と個人情報を入力すれば、売却に最適な不動産会社が自動的に選び出されます。一回の入力で複数の不動産会社へ査定を依頼する事ができる仕組みとなっています。
しかし、一括査定サイトの数は現在非常に多いので、どのサイトを利用したらいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。
「どのサイトを利用して査定依頼すればいいのだろうか」
という方に筆者がおすすめしているのが「イエウール」という一括査定サイトです。
色々と検討されている中で既にご存じの方も多いでしょう。今回は、どの一括査定サイトを利用するべきかを検討されている方に、筆者がお薦めしている一括査定サイト「イエウール」について他社のサイトとの比較も交えてご紹介していきたいと思います。

大手の一括査定サイトとイエウールどちらを利用するべきか


一括査定サイトを色々検討する中で、大手の運営する一括査定の方がいいのか、それとも「イエウール」を利用してみようか迷われる方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、それぞれに良い点、そうでない点があり、一概に大手だからという理由だけで一括査定サイトを選ぶのはちょっともったいない気がします。

大手の運営する一括査定サイトの主なものをあげてみましょう。
・SUUMO
・HOME’S
・ソニー不動産

テレビのコマーシャルなどでよく知っている、という方も多いと思います。SUUMOやHOME’Sなどのサイトは賃貸を検索するサービスの方がお馴染みかもしれませんが、査定の依頼も可能です。この3つのサイトの運営会社は上場企業か、親会社が大手の企業となっています。

大手企業に対してイメージする一般的なプラスのイメージは、「安心感」や「信頼感」が多いと思います。また、圧倒的な資金力を活かして、情報を顧客により多く提供してくれそうだ、という点もあげられるでしょう。一方、中小に対しては、大手とは逆のイメージを持たれる場合があるかもしれません。「中小企業のサービスは信頼感に欠けるのでは」という点は、実際のところどうなのか、それぞれを比較しながら詳しく見ていきたいと思います。

大手サイトのSUUMO、HOME’S、ソニー不動産の運営会社について


まず、「SUUMO」について見ていきましょう。
運営会社は、株式会社リクルート住まいカンパニー。親会社である株式会社リクルートの主要事業分社化に伴って2012年に新たに設立された子会社です。本社の所在地は、東京都港区芝浦3丁目。資本金は、1億5千万円。住宅領域に関わる商品、サービスの提供を主な事業としています。代表取締役社長は淺野 健氏。
リクルートホールディングスの2017年3月期の決算資料によると、リクルート住まいカンパニーの行っている住宅関連の事業の売上げは、995億円です。グループ全体の売上げが1兆8,399億円ですので、グループの売上げの5.4%を担っていることになります。
「SUUMO」というと、中古マンションを検討したり、賃貸物件を検索したり、といったケースで多く利用されているイメージですが、「不動産売却一括査定」サービスも提供しています。

次は、「HOME’S」についてです。
運営会社は、株式会社LIFULL(2017年3月より株式会社ネクストより社名変更)。東証一部上場企業です。代表取締役社長は井上 高志氏。本社は東京都千代田区麹町1丁目です。1997年3月に設立し、住宅および不動産情報のポータルサイトを中心として事業を展開しています。資本金は3,999百万円。
こちらも、テレビコマーシャルなどでよく知っている方も多いでしょう。賃貸物件の検索サイトというイメージがあるかもしれませんが、売却一括査定も行っています。

最後にご紹介する大手は、「ソニー不動産」です。
ソニーといえば、ビデオや半導体などが思い浮かぶと思います。そのソニーが不動産業界に参入して設立された子会社になります。ソニー不動産株式会社は、ソニーの新規事業創出の取り組みとして2014年4月に設立されました。本社は東京都中央区銀座7丁目。不動産に関する売買仲介やコンサルティング事業、賃貸管理事業、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業を展開しています。2015年7月には、ヤフーと中古住宅流通での業務提携を行うと同時に資本提携も行っています。

どの会社も大手が運営しているか、親会社が大手の信頼度の高い大手企業ばかりです。一方の「イエウール」の運営会社について見ていきましょう。

イエウールの運営会社について


一括査定の申し込みをするには、物件の情報や、査定依頼者の個人情報を入力することになります。情報管理も含めて、しっかりした会社が運営しているかどうかは気になります。

まず会社の概要を見てみましょう。
会社名は、株式会社Speee (Speee, Inc.)。2007年11月設立の日本のIT企業です。設立当初はモバイルSEOからスタートし、現在はWeb マーケティング事業、インターネットメディア事業を主に手がけています。本社の所在地は東京都港区六本木です。代表取締役は大塚 英樹氏。資本金は13,015,000円となっています。

革新的なアイデアや技術をもとにして、新サービスやビジネスを次々に展開している、いわゆるベンチャー企業です。現在創立10年以上となり、非正規社員も含めて400人規模の従業員になるまで成長しています。特にユニークなのは、ここまで外部資本に頼らずに自己資本で経営を続けている点でしょう。ベンチャー企業のみならず会社がスタートしてからある程度の規模に成長していくまでは投資機関から援助を受ける場合が多いと思います。そんな中、自己資本のみで経営が出来ているという事は財政も収益も安定している結果だといえるでしょう。

株式会社Speeeは、Webマーケティング事業を中心として成長してきましたが、インターネットメディア事業として2014年にスタートさせたのが不動産一括査定サイトの「イエウール」です。

「イエウール」をスタートさせた目的は、中古住宅の流通を拡大することです。そのためには、土地や建物など不動産を売却したい個人と、売却したい顧客を探している不動産会社の需要と供給をうまくマッチングさせる事が必要です。
10年以上運営している一括査定サイトも存在する中、「イエウール」は後発ではありますが、提携する不動産業者の数は業界トップクラスの1,600社以上、年間の利用者数が20万件を超えるなど急成長をとげています。

プライバシーポリシーに関しても基本方針を明確に表示しています。プライバシーポリシーというのは、個人情報やプライバシー情報をどのように取り扱うかの方針を定めている文書になります。個人情報の取り扱いについては厳しく規制が徹底されてきているため、大手、中小関係なく各企業はそれぞれきちんとした対応を行っていると思いますが、問い合わせ窓口に関しても個人情報担当としてきちんと電話番号が明記されています。また、個人情報を入力する場合には、データを暗号化してインターネット上で安全に個人情報を送受信する仕組み(SSL)が用いられています。ですから、安心して情報をやりとりする事が可能となっています。

信頼がおけるかおけないかは、運営会社が大手だから、中小だからという事には特に関係がないと、お分かりいただけたかと思います。
では、何を基準に一括査定サイトを選べばいいのでしょうか。
一括査定サイトは、不動産を売却しようとした際に利用出来る最初のサービスです。最終的なゴールは、売却の仲介依頼をする不動産会社を見つけて売却を成功させる事です。ですから、一括査定サイトを選ぶ際には、自分の不動産に適した不動産業者を紹介してもらえるかがどうか重要となります。
提携している不動産業者はそれぞれのサイトで異なります。もちろん複数の一括査定サイトと提携していて重複する業者もありますが、サイト毎の大きな違いは提携する不動産業者によると言えるでしょう。例えば、大手の不動産業者のみ提携しているサイトもありますし、大手から地域密着の中小の業者まで幅広く提携しているサイト、都心の物件に限定して対応しているサイトもあります。ですから、ご自身の所有している物件によって、合う、合わないがあると思いますので、そこを基準に判断していくと良いでしょう。

それでは、各社のサイトと「イエウール」の一括査定サイトの特徴について比較をしていきましょう。

一括査定サイトの特徴を比較


【提携する不動産業者の数】
「イエウール」 1,600社以上
「SUUMO」 非公開
「HOME’S」 1,714社
「ソニー不動産」 ソニー不動産1社のみ

自らが仲介を行う不動産業者である「ソニー不動産」のサイトを除いては、多くの不動産業者が提携している事が分かります。では、それぞれの違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

【各サイトの特徴】
「イエウール」
物件種別、所在地、間取りなどの情報から、独自のマッチングシステムで物件に合った不動産業者を紹介してくれます。最大6社まで査定依頼が可能。大手から地域密着型まで幅広く提携しています。2014年からサービス開始という事で運用実績が浅いという点がデメリットかもしれませんが、都心のみならず地方の物件でも不動産業者を紹介することが可能であるのが最大のメリットと言えるでしょう。また、利用者数が業界トップクラスで1,000万人を超えるなど、サービス開始からわずか4年の間に多くの人が利用している急成長した人気サイトとなっています。

「SUUMO」
物件所在地の郵便番号、もしくは地域名を入力すると査定が可能な不動産業者が表示されます。最大10社まで査定依頼が可能となっています。業者によっては、物件種別などで得意不得意がありますので、マンションが得意なのかそれとも戸建てが得意な業者なのかといった判断は、各社の売却実績が細かく表示されますので確認した方がいいでしょう。マッチングシステムを採用していない分、自分で業者を選べるという利点はありますが、最適な業者を紹介して欲しいといったニーズには向いていないでしょう。

「HOME’S」
イエウールと同様にマッチングシステムで、その物件に適した不動産業者を紹介してくれます。最大6社まで査定依頼が可能となっています。提携している大手の不動産業者の参加がやや少ないというデメリットがありますが、匿名での査定依頼も可能となっているのは、他のサイトと大きく異なる点ですしメリットと言えるでしょう。

「ソニー不動産」
「ソニー不動産」が査定を行う査定サイトとなります。ソニー不動産は2015年にスタートし、米国で主流の売却エージェント制度を国内で唯一導入しています。不動産業者の囲い込みなどの被害に売主が合うケースを回避できる制度ですが、現在のところサービスエリアは首都圏に限られています。1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)のみとなっていますので、地方の物件の場合には対応出来ないというのがデメリットでしょう。

まとめ・結局どの査定サイトを利用すればいいのか


ここまで、大手の運営する一括査定サイトと「イエウール」を比較してみてきました。大手だから良いとも、中小だから信頼が出来ないとも一概には言い切れません。それぞれにメリット、デメリットがあります。大手だからといって圧倒的に中小と比べて優れているという訳ではないですし、それぞれのサイト毎に様々な特徴がある事がお分かりいただけたかと思います。

それぞれが持つ強みや特徴を理解して、一括査定サイトを利用する必要があるでしょう。
それでも、その中のどれか1つをと言われたらどのサイトを選ぶかというと、筆者の選択は「イエウール」です。その理由は、「イエウール」のサイトが色々な面でバランスがとれているからです。提携不動産業者が、大手から中小まで幅広く、都心だけでなく地方もカバーされていますし、物件に最適な業者をサイト側でマッチングしてくれます。
中でも、次のようなケースに当てはまる方には特にお薦めです。

・所有している不動産に最適な不動産業者を紹介して欲しいケース
・大手も中小も業者は幅広く探したいというケース
・売却を考えている物件が、地方にあるというケース

不動産の売却のツールとして一括査定サイトが利用出来るようになって、不動産業者探しはより手軽に行えるようになりました。どのサイトを利用しても、利用料は無料で一切料金は発生しません。マンションなどの不動産売却を成功させるために、ご自分の不動産に合った最適な一括査定サイトを利用して信頼できる不動産業者を見つけましょう。

HOME
イエウール/

タイトルとURLをコピーしました