中古マンション売却査定サイト45 体験談「価格のわりにおしゃれ」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのけんです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

複数の会社から見積もりをとってみるのは大切


ライターけん:「まず、売却または購入した物件の概要を教えてください。」

体験者Aさん:新築の一戸建てを購入しました。エリアは、埼玉県滑川市です。今回の購入は成功だったと思います。不動産査定会社のサービスに関しても満足しています。

体験者Aさん:一戸建てを選んだ理由は、今後子どもが生まれることを想定して、子どもと暮らしやすいようにと考えて一戸建てを希望していました。都心へアクセスがしやすくて、自然のある環境と考えると埼玉県近郊がいいなと思っていました。探していると、近隣に広い公園があって、子育てしやすい環境のこの街を見つけ、ここでの購入を希望しました。最寄りの駅からは始発が出ているので、主人も電車は、座って通勤することができます。家族みんなが暮らしやすい場所で、価格も予算内だったため購入を決めました。

ライターけん:お子さんが生まれることを想定して一戸建てを選んだのですね。都心へアクセスがしやすく、お子さんも育てやすい環境だと人気の立地ですよね。もしそのような場所の中古マンションの売却を考えているときは、買い手がつきやすいマンションは少しでも高く売却しないと勿体ないでしょう。高値で売却するためには、査定をとる段階で気をつけたいポイントがいくつかあります。1つは、不動産一括査定サイトで複数の会社から査定をとってみることです。一社だけだと比較対象がないため、その査定価格が妥当なのか、信用できる不動産会社なのか判断するのが難しくなります。2つめには、複数査定をとった会社の中から信頼できる会社を見つけることです。査定額があまりにも高すぎる会社には気をつけた方がいいでしょう。査定額が周りの物件よりも明らかに高いと、なかなか中古マンションを売却できず、結局大幅な値下げをするはめになるからです。妥当な査定額を出してくれて、対応も丁寧で早い信頼できる不動産会社を見つけましょう。

体験者Aさん:新築を選んだ理由は、今後子どもが大きくなっても利用していけるようにと考え新築にしました。中古物件は、リフォーム代、メンテナンス代がかかってきて、長い目で見てみたら結局新築物件と同じくらいの費用がかかってくるのではないかと考えて避けました。新築ならば、清潔なので新生児も安心できると思ったのもあります。

ライターけん:一戸建ての場合は、マンションとは異なり家の維持費が多くかかってきますものね。たしかに中古よりも新築の方が、家に不具合が出るまでに年月がかかりますし、子どもが大きくなってからも修理をなるべくすることなく住み続けたいと考えたら新築の方がいいのかもしれませんね。中古で購入したいが膨大な修繕費を掛けたくないという場合には、中古マンションも検討してみることがおすすめです。中古マンションならば、古い建物のときは購入時に売主側がリフォーム代を負担してくれる場合もあります。さらに、住んでからも自分で修繕をする部分は、部屋の中だけでいいので、一戸建てとの修繕費は大きく異なってくるかと思います。

体験者Aさん:不動産会社のサービスが満足だった理由は、価格が予算内であったことです。さらに価格のわりにデザインも新しくおしゃれだったのがよかったです。担当の方も親身だったため、満足しています。

ライターけん:家の購入後は家具を買いそろえたり、費用がかさんできますし、予算内に抑えることは大切ですよね。さらに、予算内で家のデザインも満足できるものが購入できたのは嬉しいですね。担当者の方がどれだけ親身に対応してくれるかで、この会社で家を購入してよかったと思えますよね。何か不具合があったときにはすぐに対応をしてもらえそうですし、今後のリフォームなどもまたこの会社に依頼をしたいという気持ちになれますね。

体験者Aさん:現状の生活には大変満足しています。購入する前は、この会社は見積もりが一番安かったため少し不安に感じていました。しかし、住んでからは快適ですし、問題など発生していないか担当の方が点検にも来てくれました。相談にも親身に乗ってくれて不安はなくなりました。また、今まで不具合は何もなく快適に生活できているので満足です。

ライターけん:複数の会社で見積もりをとってから、今回家を購入した会社に決めたのですね。複数の会社に依頼することにより、価格の比較をすることができますし、本当に信頼できる担当さんかの目を養うこともできます。さらに、「他の会社からも見積もりをとっている」というアピールをできれば、向こうの都合の良いように話しを進められにくくなるため、複数の会社から見積もりを出すことは、とても賢い方法ですね。また、見積もりが安かったからといって、信頼できない会社なわけでないということもよくわかりました。他の会社に比べて、明らかに安い価格だと、家の部材にグレードの低い物を使用している可能性がありますが、多少の安さであればそのような心配もありませんね。購入後も担当の方が点検にきてくれるのは、アフターメンテナンスのしっかりしている信頼できる会社の証拠です。売ったらそれで終わりというような会社もよくありますが、そのような会社の場合、何か不具合が発生したときにすぐには対応してくれなさそうですし、修繕も雑な仕事をされてしまう可能性があります。購入してからも不動産会社の方と良い関係を続けていけるのは、とても大切なことですね。

今回は、複数の会社から見積もりを取ってみて、一番安い会社で不安があったけれど、結果信頼のできる不動産会社で満足の行く買い物だったという一戸建てを購入した方の体験談でした。中古マンションを売却する際にも、今回のように複数の会社から査定をとってみることは大切なことです。複数の会社から査定をとることにより、価格や不動産会社を比較することができるからです。今回は、見積もりが安い会社でも結果信頼できる会社でしたが、体験者Aさんのように査定額が高い会社は、最初は疑ってみることが大切です。また、相場よりも明らかに高い査定額を出す不動産会社はやめたほうがいいでしょう。近隣に同じような中古マンションが自分の売却する中古マンションよりも安い価格で販売されていたら、買い手がつきにくく、結局大きな値下げをすることになるからです。そのため、査定を出す前にあらかじめ売却するマンションの付近の相場を調べておくことは大切でしょう。妥当な査定額を出してくれて、その中で少し高いところにまずは疑いながら依頼してみましょう。

近隣の煩わしさから一戸建てを購入


ライターけん:「まず、売却または購入した物件の概要を教えてください。」

体験者Bさん:今回は新築の一戸建てを購入しました。エリアは、兵庫県西宮市です。不動産査定会社の対応には満足しています。今回の購入は成功だったと思います。

体験者Bさん:私が一戸建てを選んだ理由は、土地の資産的な価値が欲しかったのと、マンションの近隣の関係との面倒くささから解放されたかったというのが一番の理由です。とくに、生活リズムの違いがあるため、音などには特に気をつけなければいけませんでした。子どものいる家庭は、子どもが走り回る度に、近隣の方の迷惑になっていないか気にしなくてはいけなかったですし、特に、早朝や深夜にもそのような気遣いが必要だったのでとても大変でした。

ライターけん:お子さんのいるご家庭だと、マンションの場合は近隣の方への配慮は必要になってきますものね。そのような煩わしさから解放されたいという場合は、一戸建てがいいかもしれませんね。例えば小さな子どものいるファミリー世帯の多い中古マンションを売却するときは、そのことをマンションのアピールポイントにしてみるといいでしょう。査定をだしてから、依頼した不動産会社にそのようなポイントを伝えてみるといいかもしれません。また、購入希望者の方が内覧に来たときに、小さな子ども連れだったときには、近隣に小さな子どもが多いということを伝えれば安心してもらえて購入に繋がるかもしれませんよ。

体験者Bさん:新築を購入か、中古を購入かに関しては深く考えていませんでした。一番重要視していたことは、住みたい地域に希望の広さの物件があるかでした。とは言っても、住んでみてやはり快適な家にしたいなという気持ちはありました。間取りや内装、水回りは自分の希望に近い家にしたいなと思いました。リフォームが必要になってくるのなら、新築に方がいいのかなと思い新築にしました。

ライターけん:住む場所と家の広さを重要視していたのですね。長く住むことを考えると自分の希望に近い家に住みたいという気持ちもありますよね。一戸建ての場合は、中古の物件はリフォーム代を考えると新築とさほど値段が変わらなくなってくるかもしれませんね。中古マンションの場合だと、築年数の古いマンションは、このままで住むことが難しく、必然的にリフォームをしなくてはならない場合があります。そのようなときは、リフォームが必要になるため、その分値引きをしてくれないかと売主の方に値引き交渉をしてみるといいでしょう。根拠のある値引き交渉は、値引きをしてもらいやすい傾向にあります。値引き交渉に成功すれば、自分が大きなリフォーム代を負担することなく理想の間取りや、きれいな水回りのマンションに住むことができます。

体験者Bさん:不動産会社のサービスが満足だった理由は、地域に根ざしている不動産会社だったため、担当さんがこの地域に詳しかったのがよかったです。工務店への取り次ぎなどもスムーズだったこともあり満足でした。

ライターけん:地域に根ざした不動産会社だったのですね。そのような会社だと、この地域の物件の情報にも詳しいですし、その土地で生活するときに必要な情報も不動産会社の方に聞くとすぐに入ってくるのは便利でいいですね。地域の物件に詳しい不動産会社なら、不当な価格ではなく、妥当な価格でいい家を購入できるため安心です。そのような不動産からの購入でない場合は、ある程度地域の相場などを自分で調べておくことが大切です。いくつか不動産会社を回ってみて、見積もりをだしてもらうなどして、比較して値引交渉の材料に使うといいかもしれません。また、実際に購入を決める前に、その物件の付近を自分の足で散歩してみるといいかもしれません。最寄り駅までの距離や、生活で必要となるお店、近隣の方の雰囲気などを自分で感じ取ることができるからです。地域に詳しい不動産会社でも、ご近所の方の情報までは、わからないと思うため、自分で見てみることは大切です。大きな買い物なので、失敗しないためにもおすすめしています。

体験者B さん:現状の生活について満足しています。子どもが走り回っても、近隣の方を気にする必要はありませんし、早朝や深夜に帰宅をしたときも周りへの迷惑も気にしなくて良いレベルです。そのような気遣いをせず、自分たちのペースで生活していけるので大変満足しています。

ライターけん:お子さんが思いっきり走り回ることのできる一戸建ては、お子さんにとってもいい環境ですね。仕事が忙しく生活リズムが異なる場合には、マンションの場合はご近所への配慮が必要になってきますものね。毎日となってくると負担にもなりますし、そのような配慮のいらない一戸建ては、生活リズムの異なる方には快適ですね。

今回は、周囲に気を使わず快適に暮らしていけるように一戸建てを購入した側の体験談でした。たしかに、マンションでは子どもの走る音などに配慮しなくてはいけなく、住み難さを感じる方も少なくないかもしれません。しかし、すべてのマンションが小さな子どものいる家庭にとって住みづらいというわけではありません。例えば、売却する予定のマンションが、共有部分にキッズスペースのあるマンションの場合は、小さな子どものいるファミリーが多く住んでいるため、住み辛さを感じるほど子どもの生活音に配慮をしなくてもいいでしょう。さらに、そのようなマンションには、同じくらいの年の子どもが住んでいる場合が多いため、近隣の人と仲良くなりやすい傾向にあります。子ども同士友だちになれるだけでなく、親同士も仲良くすることができ新しい環境で知り合いができるのは心強くいいことだと思います。このように小さな子どものいるファミリー世帯が多く住む中古マンションを売却予定の方は、子どもがいても住みやすいということをアピールポイントにしてみるといいでしょう。査定を出してから、購入希望者が見つかり、内覧にきてもらう段階で中古マンションのアピールポイントをまとめておくことが大切です。購入希望者がここで住んだときの生活を想像できるよう、最寄り駅までの情報や買い物の情報、またご近所さんの様子や雰囲気などもアピールできることは伝えるようにしましょう。そうすることにより、中古マンションの売却に繋げることができますよ。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

マンションを売却したい方必見!>>>>>マンション売却体験談
・・・マンションの査定から売却までのさまざまな体験談を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました