中古マンション売却査定サイト96 体験談「大事なのは相場観」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのオオツカです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

資産価値が下がりにくい物件


ライターオオツカ:今回購入、あるいは売却した不動産に関して教えていただけますか。

体験者Aさん:大阪市西区に新築分譲マンションを購入しました。

ライターオオツカ:西区はJRや阪神なんば線、千日前線、鶴見緑地線など複数路線が利用出来ますね。市バスもありますし、大阪駅にも歩いて行けるなど、交通アクセスのよい非常に便利なエリアですね。とはいえ、中心部のように繁華街があるわけではないので、落ち着いた住宅街で住むにも人気があるようです。今回、戸建てではなくマンションを選ばれたのには何か理由がありますか。

体験者Aさん:購入前は賃貸のマンションに住んでいました。最初から戸建ては特に考えませんでした。ずっと賃貸でも良かったんですが、購入すれば住宅ローン減税が利用出来ると聞いて買うことを決めました。家賃の支払い額と購入した後のローンの返済額を比べてみると、住宅ローン減税も考慮するとほとんど違いがありませんでした。購入すれば部屋の広さも賃貸より20㎡以上も広くなりますし、設備のグレードもアップします。それから、大阪市内の便利なところに建っているマンションだったので、立地の良さも気に入りました。

ライターオオツカ:賃貸がいいか持ち家がいいかの判断はなかなか難しいですが、税制上の優遇措置など総合的に判断して購入を決められたのですね。では中古ではなく新築マンションを購入されたのは理由がありますか。

体験者Aさん:新築マンションと中古マンションを比べると、同様の条件だったら中古物件のほうが当然価格は安くなるとは思います。でも、購入したマンションは当初から販売価格が割安でお買い得感がありました。近隣の中古マンションも検討したのですが、それほど安いという訳ではなかったんです。中古マンションを購入してリノベーションする事を考えると、それなりの値段になってしまします。それを考えて今回購入した新築マンションに決めました。

ライターオオツカ:近隣の中古マンションに割高感があったのですね。確かに中古を割高で購入してリノベーション費用を掛ける事を考えると、場合によっては新築で購入する以上の金額が掛かってしまう可能性もありますね。中古物件が下がりにくいということは、購入したいと考える人の多い人気のあるエリアだという事も言えますので、将来売却を考えた場合も資産価値が下がりにくいとも考えられますね。

体験者Aさん:この新築マンションを選んだのは、将来売却を考えた場合にも価値が下がりにくいと考えたというのも理由の1つです。

ライターオオツカ:将来的に価値が下がらない、いざという時に売却に困らない資産を手に入れるという考え方ですね。では今回の不動産査定業者の対応はいかがでしたか。

体験者Aさん:概ね満足しています。何かある毎にその都度相談に乗ってくれました。マンションを購入する事を決めてから実際の引き渡しまで、色々な局面で適切なアドバイスが受けられたと思います。初めての購入でしたので、税金や手続きなど色々分からない事が多かったのですが、おかげで安心して取引することが出来ました。

ライターオオツカ:信頼して何でも相談出来る関係の不動産査定会社の仲介で取引できたというのは心強かったですね。それでは現在の生活には満足していますか。

体験者Aさん:買い物にも通勤にも便利ですし、設備やサービスは申し分ないのでそこは満足しています。ただ、将来的に資産価値の落ちないという点で考えた場合、同じ間取りでももっと上層階を購入しておけば良かったかなと思っています。そこだけが後悔している点です。

ライターオオツカ:一般的には上層階の方が眺望や日当たりが良いなどの点から、より高値で売却査定が見込める可能性がありますね。中古マンションを売却する場合には、同じような間取りでも階層や部屋の向きによって、査定価格が変わります。ただし、物件のエリアや部屋の状況によっても大きく異なってきますので、単純に「階数が高ければその分資産価値が高い」と言い切れるものではありません。ですから、売却時にどのくらいの価値があるのか正確な相場を知りたい場合には、不動産査定会社に査定を依頼してみる事をおすすめします。

賃貸と持ち家。どちらがいいのかは、なかなか答えの出せない難しい議論ではありますが、体験者の方は購入にメリットを感じて今回新築マンションを手に入れました。将来的に売却する場合にも資産価値は下がりにくいと考え、通勤にも買い物にも便利な都心エリアの物件を選択しています。近隣の中古マンションと比べても割安感があった今回の物件、設備も広さも賃貸物件よりグレードが上がりほぼ満足いく結果となったようです。

価格交渉に成功した理由とは


ライターオオツカ:今回購入あるいは売却した不動産について教えて下さい。

体験者Bさん:東京の板橋区に中古の戸建てを購入しました。

ライターオオツカ:板橋区は都心部へのアクセスが良い上に、落ち着いた住宅街が多く人気がありますね。特に大きな繁華街やオフィス街などはありませんが、便利な立地で住みやすさが魅力ですね。今回マンションではなく戸建てを選択されたのには理由がありますか。

体験者Bさん:特に理由があるわけではないです。たまたま気に入った物件が戸建てだったという事です。結婚して子供が産まれたので、今まで住んでいた賃貸の部屋が手狭になってきました。子供が幼稚園に上がる前には、家を買いたいとは思っていましたが、初めから特に一戸建てにこだわっていたわけではないです。購入する事は決めたのですが、実際にどれくらいの価格なら購入する事が出来るのかも全く分かりませんでした。それでとりあえずネットで見つけた物件について不動産業者に話を聞きに行きました。そこで自分たちの年収で購入できそうな物件を色々と紹介してもらいました。

ライターオオツカ:収入などから実際に購入できそうな物件を絞っていったのですね。不動産査定業者の対応には満足していますか。

体験者Bさん:色々と親身になって相談に乗ってもらえましたし、満足しています。紹介してくれた物件も多く、たくさんの物件を見比べていく中で、エリアの価格相場などもだいたい掴むことが出来ました。近所の不動産査定業者なので、何かあったらすぐに対応してもらえますし、安心して任せる事が出来ました。

ライターオオツカ:信頼できる不動産査定会社だったのですね。不動産の取引は大きな金額が動きますので購入に関しても売却に関しても信頼のおける不動産査定会社に仲介を任せる事が大切ですね。それでは今回の成約価格に関してはどうですか。

体験者Bさん:5千万円から500万値引きで成約することが出来ましたのですごく満足しています。

ライターオオツカ:売却価格の10%値引きは大きいですね。売却する側としてもそれほどの大きな値引きは当初は想定していなかったでしょう。何か理由があって売り急いでいたのかもしれません。値引き交渉が成功した理由は何だったのでしょうか。

体験者Bさん:一度買い手が決まっていた物件だったのですが、急な転勤でキャンセルになってしまったようです。元々の買い手の好みの壁紙に既に貼り替えられてしまっていた後で、自分たちで壁紙を選ぶ事が出来ませんでした。不動産査定会社を通してそこを粘り強く交渉してもらいました。エリアの価格相場があらかじめ分かっていましたし、この価格にしてくれないと買わない、という姿勢を最後まで貫いたのが良かったのかなと思います。安くしてもらえなかったら買わなかったと思います。

ライターオオツカ:検討しているエリアの価格相場を掴めたことで余裕を持って取引が出来たようですね。現在の生活には満足していますか。

体験者Bさん:満足しています。何より予算内で購入する事が出来たので、その後の生活設計にも影響がなかったのが良かったです。あとは、賃貸の時よりも間取りが広いので、のびのびと子育てする事が出来ています。今回の引っ越しで、パートナーの実家にアクセスが良くなったので実家も喜んでいますし、こちらもより安心する事が出来ました。

中古の不動産の場合、価格は常に変動しています。購入したい、売却したい、それぞれの場合に共通して言えることですが、物件のあるエリアでの価格相場を事前に把握しておくことが大切です。自分の中での相場観を持つことで、物件が高いか、安いかの判断を付けることが出来ます。より正確な価格相場を知るためには、複数の査定業者に査定を依頼することをおすすめします。

条件を満たした理想の住まい


ライターオオツカ:今回購入、あるいは売却した不動産について教えて下さい。

体験者Cさん:購入したのは鹿児島市の新築分譲マンションです。

ライターオオツカ:戸建てではなくマンションを選ばれたのはなぜでしょうか。

体験者Cさん:検討段階で考えていた購入の条件は、マンション戸建て関係なく、市街地に近くて閑静なエリアにあるという点でした。この物件は、市街地まで歩いて行ける便利なエリアなんですが、大通りからは1本入っているので、車通りが少ないんです。実際に見学に行ったのですが、条件にぴったりだったのでまず気に入りました。それから、実際の間取りを考えた場合に、ベランダの奥行きが深いかどうかを重視しました。ベランダの奥行きが浅いマンションですと、お部屋の中が外から見えてしまうのがすごく気になります。ここは、お部屋の間取りもゆったりしていますが、何よりベランダの奥行きが深くて空間にゆとりがあるので、そこも購入の条件にぴったり合っていました。

ライターオオツカ:最近は間取りも多様化したマンションが増えていますね。奥行きがあって広いベランダは、ウッドデッキを置いたりテーブルや椅子を置いたりと、洗濯物を干す以外にも自由に使えます。使い方によってはより空間を広く見せたり、趣味のガーデニングを楽しめたりと色々な機能を持たせる事が出来ます。ベランダライフを楽しむ方も最近増えてきているので、将来的に売却する場合にはアピールポイントとなるかもしれませんね。では、今回中古ではなく新築を選ばれたのはどうしてでしょう。

体験者Cさん:今回購入したのは新築マンションなんですが、特に新築とか中古とかにこだわりがあって物件を探していたわけではないんです。中古、新築に限らず、両方の物件を広く見て回りました。私たちが見に行った中古のマンションでは、管理費と共益費が高い物件が多かったように思います。それから、見学した中古物件の中には、市街地に近くて閑静なエリアにあることと、バルコニーの奥行きが深い、という条件をぴったり満たしている物件がなかなかありませんでした。それで、結果的に条件に合っていたこちらの新築マンションを購入する事になりました。私たちが求めているような条件を満たす物件の中では、新築でも中古でもあまり価格が変わらなかったように感じました。

ライターオオツカ:市街地までアクセスが良く利便性が高い。けれども静かなエリア。相反するような条件を完璧に満たした理想的な新築マンションを手に入れたのですね。今回不動産査定会社の対応には満足していますか。

体験者Cさん:満足しています。キッチン部分にちょっとした変更をしてもらったのですが、素早く適切に対応してもらえました。それからローンの手配や引越しの準備に関しても事前に適切なアドバイスを受けられました。不動産の購入は今回初めてだったので色々と分からない事が多かったのですが、すべて分かりやすく細かい点まで教えてもらえたので良かったと思います。

ライターオオツカ:不動産の取引では税金や手続きなど、慣れない状況が多くありますので、今回のように安心して任せられる業者と取引できたのは良かったですね。現在の生活は満足でしょうか。

体験者Cさん:とても満足しています。部屋の機密性が高く、台風や豪雨があっても室内にいれば静かに過ごすことが出来ます。また、購入したのは8階の部屋なのですが、蚊が飛んでこないので入浴後にベランダで涼んだりが出来ます。購入して良かったと思っています。

ライターオオツカ:奥行きの深いベランダにこだわられたという事で、プライベート空間を確保しつつ開放感が味わえるといった理想的な暮らしが満喫出来ているようですね。

立地と間取りにこだわって理想の物件を手に入れた体験談でした。今回の体験者Cさんのように中古物件を検討する方の中には、管理費、修繕費の高さを気にされる方も多いかもしれません。月々のローンの支払いの他に掛かるランニングコストですから購入する側にとっては気になる所です。管理費や修繕費を比べてみると、新築マンションよりも中古マンションの方がどうしても高額になってきます。売却する際には管理費や修繕積立金が高くなってしまうと売りにくいのではと心配になるかもしれません。しかし、未納者がなく修繕積立金がしっかり貯まっているマンション、適切な修繕がされており管理状態が良くサービスの質の良い中古マンションであればそれほど問題はないでしょう。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

マンションを売却したい方必見!>>>>>マンション売却体験談
・・・マンションの査定から売却までのさまざまな体験談を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました