中古マンション売却査定サイト101 体験談「費用の節約を考える」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのもぐです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

新築ではなく、築浅を選択!


ライターもぐ:まずは、購入された物件について概略を教えてください。

体験者Aさん:中古の戸建てを購入しました。エリアは、大阪府枚方市です。不動産査定社の対応は良かったと思っています。今回の購入は、成功であったと思います。

体験者Aさん:築10年を過ぎましたが、まだまだリフォームがいらないと言われるほどきれいです。買って良かった!の一言に尽きます。

ライターもぐ:中古の物件とおっしゃっていましたが、築年数があまり経ってないものを購入されたのですね。築年数2~3年くらいだったら、思い切って新築!という考えもありそうですが、新築の物件と築浅の物件で迷ったりはされませんでしたか。

体験者Aさん:最初は、新築か中古か、とくに絞らずに、住みたいエリア内に出ている物件は、とにかく片っ端から見に行ったんです。もちろん、新築は魅力的でした。エリア、家の広さ、希望の内装・・・予算内ですべてが叶うなら、新築を購入していたと思いますよ。でも、予算的に、新築はちょっと厳しかったです。当時は夫も私もまだ若く、そんなに貯蓄もなかったので・・・。いろいろな物件を見ていくうちに、築浅の中古物件に絞って探そうということになりました。

ライターもぐ:中古の中でも、築浅の物件に絞った理由があれば教えてください。

体験者Aさん:買えるなら新築がよかったので、単純に、なるべく新築に近いものを・・・と思ったからです。購入した物件は、築浅であるだけあって、かなりきれいでしたし、設計がかなり細かいところまで工夫されている物件でした。もし、同じレベルの家を新築で購入するといったら、絶対に難しかったと思います。

ライターもぐ:戸建てを選ばれたのには、なにか理由はありますか。

体験者Aさん:この物件を購入する前は、アパートに暮らしていたのですが、子どもを授かったことがわかって、子どものいる生活を考えたときに戸建ての方がいいかなぁと思ったからです。私の実家も戸建てで、周りも戸建てだらけの地域で育ったので、「マンション」と聞くと、おしゃれで鮮麗されたイメージがあり、憧れがあったのですが、やはり子どもの足音とか生活音で下の階の人に迷惑をかけるかも・・・という心配があったのと、それを気にして、子どもの行動に制限をかけなくてはいけないこともあるかもしれないなぁと考えると、マンションではなく戸建てかなぁという感じでした。夫は、マンションで育ったので、庭付き一戸建てに憧れがあったみたいで、夫婦で、「戸建てにしよう!」と意見が一致しました。

ライターもぐ:お話を伺っていると、とても満足されているというのが伝わります。まずは、不動産査定社のサービスに満足されている理由をお聞かせください。

体験者Aさん:さきほども少し話題にしましたが、購入当時は私も夫も、まだ若く、不動産の購入についても無知でした。なにをどう進めたらいいのかよくわからず、不安に思うこともあったのですが、担当の方がとても親切な方で、親身になって色々と相談に乗ってくれたり、説明も丁寧でとてもわかりやすく、安心感がありました。頼れるお兄さんといった感じでしょうか。

ライターもぐ:不動産査定社の担当者と、馬が合うか合わないかは、不動産購入が成功するかしないかに、とても影響があるといわれています。よい担当者さんと巡り会えてよかったですね。最後になりますが、今回の購入が成功したと思われる一番の理由をお聞かせください。

体験者Aさん:不動産査定社の担当の方が、とても細かく調べてくださったので、何の不安もなく、予算と希望と、すべてが叶った物件を手に入れることができたことですかね。

ライターもぐ:とても充実した生活をされているというのが目に浮かびます。

お子さんを授かったことがわかり、不動産の購入を検討。夫婦で「戸建てを購入しよう」と意見が一致し、予算、住みたい地域、家の大きさなどを優先した結果、新築ではなく築浅の一戸建てを購入。とても満足されている方の体験談でした。満足のいく購入ができたのは、不動産査定社の親切なサポートによるところが大きいようです。不動産査定社との関係が大事なのは、不動産の購入だけでなく売却においても同じです。わからないことや不安なこと、どんな些細なことでも相談のできる不動産査定社を味方につければ、その売却はうまくいったも同然です。売却査定を依頼する際は、いくつかの会社に依頼をし、ご自身に合った不動産査定社を見つけましょう。

広さを抑えて、費用の節約!


ライターもぐ:まずは、購入された物件について概略を教えてください。

体験者Bさん:新築の一戸建てです。購入した地域は、神奈川県横浜市です。不動産査定社のサービスにはおおむね満足しています。今回の購入は、成功だったと思っています。

体験者Bさん:費用や広さ、地域など様々な面から熟考して、この家を選んだので、とても満足していますよ。

ライターもぐ:ではまず、戸建てを選ばれた理由をお聞かせください。

体験者Bさん:そろそろマイホームの購入をしようかなと考えたときに、真っ先に浮かんだのが、「マイホームといえば戸建て」という概念でした。実家も戸建てであったり、先にマイホームを購入した友人たちも戸建てであったりしたので、そう思ったのかもしれません。マンションでも、広い造りだったり、窓が大きく明るかったり、今は素敵なものもたくさんありますが、やはり戸建ての方が、隣家と密接していない開放感があるような気がして、そこが魅力的でした。

ライターもぐ:新築を選ばれた理由は何でしょうか。横浜市で新築の戸建て・・・と考えると、購入価格も上がるような気がしますが・・・。

体験者Bさん:もちろん、費用の面も考えて、中古の物件も検討しました。子どもも連れて、新築、中古と色々な物件を見に行ったのですが、純粋に、「新しいおうちがいい!」と言われました。

ライターもぐ:お子さんのご希望で、新築を選択されたのですか。

体験者Bさん:家族みんなが納得した家を購入したかったので、子どもの意見も、新築にした1つの要因です。でももちろん、それだけではありませんよ。この先、何十年も住み続けることを考えると、新築で購入した方がトータルコスト的にお得ではないかなと考えました。経年劣化による修繕費なども、しばらくはかかりませんし、中古物件だと、やはり建てられた時期によっては耐震性など構造の面でも心配があると思うのですが、その点、新築であれば最新技術で建てられていますから、安心かなぁと考えました。安心を買うというイメージですかね。

ライターもぐ:なるほど。ご家族の意見と長く住み続けることを考えて新築を選択されたということですね。不動産査定社のサービスには、おおむね満足されているとおっしゃっていました。不動産査定社について教えてください。

体験者Bさん:担当の営業さんは、責任感があり、とても信頼のおける方で、印象はよかったです。物件の情報もたくさん持っていて、色々な物件を紹介してくれました。新しく売りに出された物件の情報の連絡も、とても早くて、本当に頼りになる方でしたね。ただ、何に対してもスピード感がある方だったからか、こちらが物件を決めるのにも、ちょっと急かす感じといいますか、「今すぐ決めないと他の方に取られちゃいますよ」というようなことをおっしゃることが多かったので、それが残念でした。こちらとしては、一生に一回の大きな買い物ですからね。その辺をもう少し理解して欲しかったなとは思います。

ライターもぐ:金額の大きな買い物ですから、失敗したくないと考えるのは当然です。不動産の購入における決断のタイミングというのは、本当に難しいですよね。

体験者Bさん:本当に難しかったです。結果的によかったから、まぁよかったのかなという感じですが。最初は、「せっかく新築を購入するのだから」と、もっと購入金額を上げて、広くて設備もよいものを・・・なんて考えていたんです。でも、不動産査定社の担当さんと話していて、月々のローンの支払いと家族の未来を考えたときに、家の広さはもう少し狭くしても、ローンの返済金額を減らした方がいいかなと考え直しました。今は、無理のない返済額で、家族みんなが納得できた家に住むことができているので、とてもよかったと思っています。

ライターもぐ:ご家族みなさんが、笑顔で生活されている姿が想像できます。

「新築」「戸建て」ということにこだわり、そこに費用をかけることを決めた一方で、将来的にもそこまで必要ではなさそうだと考えた「広さ」については、少し妥協することによって、トータル的なコストを下げることに成功した方の体験談でした。「せっかく買うんだから」と、あれもこれも「良い」と言われるものを選択しがちです。でも、費用の面で無理をしてしまうと、あとになって、最悪、そのこだわりの物件を手放さなくてはならない事態に陥ることもあります。理想と現実と、うまくバランスを取って、妥協できるところは妥協してみるというのも、1つの手かもしれませんね。希望に優先順位をつけて、妥協できるところは妥協することによって、結果的に成功するというのは、不動産の購入に限ったことではありません。不動産の売却においても、同じようなことがいえるでしょう。あまりこだわり過ぎても、売却のタイミングを失ってしまい、いつまで経っても売却できないなんてこともあるかもしれません。複数の不動産査定社に連絡を取り、ざっくばらんに希望価格や売却時期のリミットなどあなたの思っていることを相談してみてはいかがでしょうか。

戸建てと家電にこだわり、中古を選択!


ライターもぐ:まずは、購入された物件について概略を教えてください。

体験者Cさん:中古の戸建てを購入しました。長野県上田市に住んでいます。不動産査定社のサービスには、とても満足していますよ。もちろん、大成功の買い物でした。

体験者Cさん:妻と結婚をするにあたり、マイホームの購入を検討しました。最初は、賃貸でもいいのではないか・・・とも考えたりもしたのですが、思い切って買ってしまえば、あとは頑張るだけだと思いきって、マイホームの購入に踏み切りました。

ライターもぐ:お若いうちに、マイホームの購入を検討されたとは、頭が下がります。資金面など大変ではなかったですか。たとえば、中古のマンションですと、費用の面でもっと抑えることができそうですが・・・。戸建てを選択された理由をお伺いしたいです。

体験者Cさん:おっしゃるとおり、妻も私も若かったですから、資金面での心配は多少ありました。でも、消費税の値上がりが決まっていた時期だったので、数年後に、マイホームを購入するくらいなら、増税前の今、買ってしまおう!と思ったのです。マンションを選ばなかった理由は、将来的に、子どもが生まれたときのことを考えたからです。私も妻も子どもが好きで、「たくさんいたらいいね」なんて話していたこともあって、マンションでは手狭になってしまうのではないかなと考えました。

ライターもぐ:増税のこと、家族設計のこと、将来を見越した上での戸建ての購入だったということですね。では、中古を選択されたのはなぜですか。さきほど、少し資金面のお話をされていましたが・・・。

体験者Cさん:その通りです。一番は、やはり資金の面から考えたときに、新築を購入するというのは難しかったです。あとは、私も妻も、あまり「新しい」ということに関してはこだわりがなかったということが大きいかもしれません。中古ですが、きれいめの物件を探しました。物件に費用をかけなかった分、お互いにこだわりのある家電にはお金をかけましたよ。

ライターもぐ:特にこだわりのないところの費用を抑えて、その分こだわるところには、しっかりお金をかけたということですね。賢い選択だと思います。不動産査定社のサービスや今回の購入に関しては、満足されているとおっしゃっていました。

体験者Cさん:不動産査定社の担当さんは、対応が非常に丁寧な方でした。私たちのこだわり、意見をよく聞いて、それが叶う物件を紹介してくれましたよ。物件に関しても費用の面に関しても、とても満足しています。

将来を見越して、増税前に、資金面で無理せず中古の戸建てを購入された方の体験談でした。資金面の心配を考えて、「増税の前に」「中古」を選択し、費用を節約。その分、こだわりの「戸建て」「家電」には、費用をかけることによって、満足のいく生活を手に入れられたようです。なににこだわるか、しっかりと優先順位をつけることが重要なのは、不動産の売却に関しても同じです。希望すべてが叶う買主さんが現れるとも限りません。どこなら妥協できるか、どこは妥協したくないか、考えておくとよいでしょう。迷ったら、不動産査定社にプロの意見を聞いてみるのもよいかもしれません。その際は、複数の不動産査定社に意見を求めるとよいと思いますよ。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

タイトルとURLをコピーしました