中古マンション売却査定サイト127 体験談「不景気を逆手に成功」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのオオツカです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

土地が安い時期にマイホーム購入


ライターオオツカ:今回購入あるいは売却された不動産についてお話を伺います。

体験者Aさん:大阪府泉大津市に新築の一戸建てを購入しました。

ライターオオツカ:泉大津市は市内全域がほぼ平坦な地形ですし、一年を通しての平均気温が17度前後と気候も温暖で、冬にも氷点下になることは少なく暮らしやすいところですね。市の中心、南海本線「泉大津駅」は難波駅にも、関西空港にもアクセスが良いです。南海本線以外のJR阪和線も利用しやすく、交通の便も非常に良いエリアとなっていますので、将来的に見ても資産価値が下がりにくく、査定額も高く付けられるポイントとなるでしょう。マンションではなく一戸建てを選ばれた理由が何かあれば教えて下さい。

体験者Aさん:子どもが誕生してすぐに転勤が決まりました。それがきっかけで、自分の年齢や家族の将来の事を考えてマイホームを購入する決断をしました。当時はリーマンショック後で、金融や経済が不安定な時期ではありましたが、逆に消費者側にとって有利な立場で購入が出来るのではないかと考えて、結果的にいい物件にたどり着くことが出来ました。マンションではなく戸建てを考えたのは、のびのびした環境で子育てをしたかったからです。戸建てだったら子どもが部屋を走り回ったりしても階下に迷惑が掛かるといったことも心配する必要がないですから、安心して遊ばせてあげられます。

ライターオオツカ:2008年のリーマンショックは、株価の急落ほどではないですが、不動産価格も下落しました。それをチャンスととらえた訳ですね。売主側としての売り時は景気が上向きの時なのですが、逆に経済が低迷している状況では特に販売力や競争力のある不動産業者を注意深く選ぶ必要がありますね。では中古物件ではなく新築物件を選ばれたのには何か理由がありますか。

体験者Aさん:中古はだめだとか、新築がいいとか、こだわりは特になかったんです。予算的にはかなり余裕がありましたので、良い物件があれば中古でも新築でもこだわらずに検討しました。中古物件では、大手ハウスメーカーの手がけた築浅の物件を何件か見学しました。ただ、中古物件だと他人の趣向が反映されているので、自分の趣向と外れてしまうという点が気になり、そこにどうしても妥協することが出来ませんでした。あとは、最大の理由としては近所の方との付き合い方です。中古物件の場合、もうそこにはすでにコミュニティができあがっていますから何かしらの縛りとか、決まりとかが出来ていると思います。そういった中に新しく入っていくことになるので、家族が生活していく上で何かしらのストレスになるのではと思いました。それよりは、私たちと同じような世帯が多い新しいコミュニティの方が、家族もより新しい生活を楽しめるのではと考えたのです。

ライターオオツカ:確かにお子さんが小さいうちは、ご近所の方との付き合いも深くなりますね。既存のコミュニティに後から入るよりは、親も子どもも年齢の近い世帯が多い新たなコミュニティの方がお互いにストレス無く生活出来るかもしれませんね。不動産査定会社の対応には満足していますか。

体験者Aさん:とても満足しています。設計の打合せなども、こちらの納得がいくまで何度もやってくれました。他のハウスメーカーではここまではやってくれないと思います。当時は子どもが小さかったこともあり、うまく打合せが進まない日もありましたが、時間の許す限り、しっかりとした対応をしてくれたと思います。営業の担当者は今でも夏になると子どもに花火を持ってきてくれます。それから建設の時に施工の管理をしてくれた方は、細かいキズなどの修理を無料でしてくれた事もあります。売ればそれっきり、買ってもらったら後は知らない、といった付き合いではなく、責任を持って対応してくれる会社なので、家族皆大変に満足しています。ここの区画の住宅は約50戸あるのですが、全て同じ建設会社が施工しています。どこの家でもこの建設会社に対する苦情などは聞いたことがありません。これはすごく珍しいこと、すごい事なんじゃないかと思います。

子どもが産まれた事でマイホームを購入しようと決断したタイミングが、リーマンショック後という不安定な時期と重なりました。しかしそれを逆手にとって有利な条件で理想的な新築戸建てを手に入れたという体験談でした。ご近所付き合いのしやすさを考え、まわりも一斉に新居を購入して住み始める事の出来る大型の新築分譲地を選択しました。建築した会社とは、納得のゆくまで打合せをする事が出来、また、完成後も良い信頼関係を続ける事が出来ているという事で、大変に満足のいくマイホーム購入となったようです。

格安中古物件をリフォームで新築同然に


ライターオオツカ:今回購入されたあるいは売却された不動産について教えていただけますか。

体験者Bさん:中古の戸建てを購入しました。場所は滋賀県東近江市です。

ライターオオツカ:東大阪市は滋賀県のほぼ中心部にあたるエリアですね。名神高速道路や国道8号線などの主要幹線道路が走っていますし、JR琵琶湖線の利用で、京都、大阪、名古屋といった大都市へもアクセスのしやすいところです。自然が豊かで治安も良い住みやすい地域だと思います。今回マンションではなく戸建てを選ばれた理由があれば教えて下さい。

体験者Bさん:元々は会社の都合で京都の2LDKのマンションに住んでいました。年子で下の子どもが生まれた頃から、街で子どもを育てるという事に息苦しさを感じるようになったんです。ある日マンションの狭い部屋で暴れるように遊んでいる子供たちを見て、何だかかわいそうだな、と感じるようになりました。もっと広いのびのびした環境で思い切り遊ばせてあげたいと思ったので戸建てを選びました。

ライターオオツカ:マンションですとどうしても階下やお隣の部屋への騒音が気になりますね。お子さんが小さいうちは特に言い聞かせても無理なところもありますし、それで窮屈に暮らすよりはのびのびと子育てが出来る環境を選ばれたのですね。では、新築ではなくて中古を選ばれた理由は何かありますか。

体験者Bさん:元々は上の子どもが小学校に上がるタイミングで家を買おうと決めていて、貯金をしていました。予定よりも早く購入する事になってしまったので、新築ではどうしても頭金が足りませんでした。中古だったら予算内にぎりぎり収まるのですが、やはり新築の一戸建てを買うつもりで貯金をしていたので決断には時間が掛かりました。でも、中古の戸建てを購入して自分の好みにリノベーションすれば予算内で新築同様に住めるという事が分かりました。たまたま実家の近くに格安の中古物件が見つかったので、そこをリノベーションして家族4人で暮らしています。

ライターオオツカ:中古住宅では住宅の機能性が高まればその分、査定額がアップするポイントとなります。売却前に査定額がアップするようなリフォームをするか、それともリフォームしないでその分買い手の好きなようにリフォームしてもらう事を前提として割安に売却するか悩む方も多いでしょう。Bさんが購入したのは後者の物件です。資金の不足分をうまくカバー出来る格安の中古物件を見つけて自らリフォームする事で新築同然の戸建てを手に入れる事が出来ました。当初想定していた新築物件にこだわらず、様々な物件を色々な方向性から検討した結果ですね。不動産査定会社の対応には満足していますか。

体験者Bさん:概ね満足しています。大手のハウスメーカーにリフォームをお願いしたので、安心して任せられる一方で思っていたよりも多く費用が掛かってしまいました。近所の工務店にお願いすればもっと予算を抑えられたと思うので、そこは少し後悔しています。ただ、子どもが小さいうちから広い家でのびのびと子育てが出来る今の環境はとても満足しています。

上のお子さんが小学校に入学するタイミングでと考えていたマイホームですが、下のお子さんの誕生によって「広くてのびのびとした環境で子育てしたいと」時期を早めて購入を決断。貯金が不足していたため当初考えていた新築一戸建ては諦め、格安の中古戸建てを購入して新築同然にリフォームすることに。予算内ではあったものの、大手ハウスメーカーによるリフォームは思ったよりも費用が掛かったため、近所の工務店に依頼すればより予算を抑えられたかもしれない点だけが後悔として残るようです。しかし予算内で広い家を購入し、余裕を持って子育て出来る環境を手に入れる事が出来たことで概ね満足のいく住み替えとなったようです。

将来的な住み替えを視野に格安物件を購入


ライターオオツカ:購入もしくは売却された不動産についてお話を伺いたいと思います。

体験者Cさん:埼玉県富士見市に中古の戸建てを購入しました。

ライターオオツカ:東武東上線や副都心線などが利用出来るので、都心へのアクセスも良いエリアです。市役所のある鶴瀬駅周辺では土地区画整理事業が進行中で、2015年には大型商業施設がオープンするなど賑やかになっているようですね。市役所のホームページを見ると、全国平均よりも20代~30代の若い世帯の人口が多いようです。Cさんご家族のように子育て世帯に人気のあるエリアだと言えそうです。勢いのある街で新築、中古に限らず売却物件も多そうですので、売主側は営業力と販売実績の豊富な不動産査定業者を選ぶ必要がありそうです。今回、戸建てを購入されたとのことですが、マンションを選択しなかった理由が何かありますか。

体験者Cさん:もともと賃貸のマンションに住んでいたのですが、隣の部屋や階下の部屋と壁や床だけを通して隣接しているという環境は、子育てするには適していないかなと思いました。騒音などに気を遣わなければいけませんし。それから、夫婦二人と実家が一戸建てなので、地面に接していないマンションを購入する、という発想がありませんでした。やはり小さいながらも土地があり、そこに植物などを植えたりするという事に憧れる部分もありました。

ライターオオツカ:子育ての環境を考えてマンションよりは戸建てを、という選択だったのですね。ご夫婦お二人とも実家がマンションでは無いということなので、家族がマンションで暮らしていくイメージが沸きにくい事もあるでしょう。新築ではなく中古を選ばれたのには何か理由がありますか。

体験者Cさん:理由は単純に価格を重視したためです。私自身、過去に大手のハウスメーカーで営業をしていた経験があります。新築分譲した物件がまったく売却出来ずに2年位経過したところで急に価格が下落したのを目の当たりにしました。もちろん予算に余裕があれば、自分の好みに間取りを設計出来るので注文住宅を新築するのがいいのかもしれませんが、新築分譲を購入する事には全く魅力を感じません。それよりは、築年数の少ない中古戸建てを購入した方がいいと思いました。

ライターオオツカ:築浅の中古物件は人気がありますので、売却する場合には高値査定が付きやすく、しかも短期間で売却出来る事が多いですね。新築物件を購入する場合とは違って、売却価格には消費税がかかりませんのでその辺りも魅力ですね。

体験者Cさん:不動産はどうしても金額が大きくなりますから、消費税分がかからないというのは大きいです。

ライターオオツカ:今回の不動産購入で、不動産査定会社の対応には満足していますか。

体験者Cさん:満足しています。何件か不動産会社をまわってみたのですが、どうしても軽い感じの営業マンだったり、銀行のローンに関して知識の無い営業マンだったりで、頼りなかったのですが、今回お願いした不動産査定会社には、元銀行マンの頼れそうな経理担当者がいたので、そこにお願いして正解でした。

ライターオオツカ:信頼できる担当者のいる不動産業者を探して色々な会社を比較したことで満足いく取引となったようですね。将来的に売却を考えた場合にも、査定価格や営業担当者を複数比較して検討できる一括査定サイトなどがありますので利用してみるのもいいと思います。最後に住み替えた後の今の生活についてはどのように感じていらっしゃいますか。

体験者Cさん:価格も安く購入できましたし、今の生活には満足できています。ただ、予算を優先して物件選びをしたため、都内へは多少距離がありますし、もう少し広かったらとは思います。しかし上を見たらきりがありませんので。もう少し余裕が出来たら買い換える事も考えています。

ハウスメーカーの営業時代に、売れ残った新築分譲物件の価格が2年ほどで急落したことを目の当たりにし、新築分譲には魅力を感じなかったという体験者Cさん。将来的に買い換えることを前提に格安の中古物件を購入した体験記でした。都心からの距離が多少あることや、広さなどで不満はあるものの、格安で築浅の物件を購入出来たことで概ね満足いく住み替えだったといえそうです。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

タイトルとURLをコピーしました