中古マンション売却査定サイト137 体験談「余裕をもって」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのもぐです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウールなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「イエイ」をおすすめしています。

こだわり過ぎて予算オーバー


ライターもぐ:まずは、購入した物件の概略について教えてください。

体験者Aさん: 土地を購入して、ハウスメーカーで住宅を建築しました。エリアは、大阪府和泉市です。成約価格には不満がある・・・というより、反省点があるといった方が近いでしょうか。価格交渉は、ありました。不動産査定社のサービスには満足しています。

あれもこれもと、こだわり過ぎてしまって、結果価格が上がってしまったのが反省点です。

ライターもぐ:家の購入は、「一世一代の」「念願の」という方が、ほとんどなのではないかと思います。やはり「念願の」となりますと、色々とこだわりたい部分が出てきますよね。

体験者Aさん:そうなんです。夫が、外壁や耐震性にもこだわって、あれもこれもとオプションをつけたので、当初考えていた予算より、実際の価格はかなり上がってしまいました。土地の価格は、一斉売り出しだったこともあり、比較的安かったんです。オプションって、1つ数十万円とか、当たり前ですけど、土地や建物本体の価格に比べれば、1つあたりの価格単価が低いですよね。夫が、「あれもつけたい」「これもつけよう」と言うたびに、「土地の価格が安かったし、これつけても、30万円上がるだけだから、まぁ予算内でいけるでしょう」と深く考えませんでした。でも、結果、オプションだらけで、遙かに予算オーバーしていたわけです。ちょっと土地が安く手に入ったことにより、浮かれていたのかもしれません。もう少し冷静に判断できていれば・・・と反省しています。

ライターもぐ:「こだわり」と「価格」の折り合いをつけるのは、本当に難しいですよね。特に、戸建て住宅の場合、こだわろうと思えばいくらでもこだわれますけれど、その分、どんどん価格も上昇していってしまいます。価格交渉はあったとおっしゃっていましたが、価格交渉の部分を入れても、予算より高くなってしまったということでしょうか。

体験者Aさん:そうですね。消費税増税後の契約だったのですが、消費税増税前の価格で契約ができたり、紹介者割引があったりして、400万円ほど安くしてもらえたのですが、予算オーバーです。これもあとから思ったことなのですが、やはり大手ハウスメーカーは坪単価が高いような気もします。今更ながら、工務店などでもよかったかなぁと思っています。あまり下調べもせずに、行き当たりばったりのノリで購入してしまったところがあるので、やはり下調べは大事だったなと・・・これも今更ですが・・・。

ライターもぐ:金額の大きな買い物ですので、たしかに、下調べをしておくとよいかもしれませんね。ただ一方で、不動産の購入は、「瞬発力」「決断力」が大事だと聞くこともあります。「いいなぁ」と思っても「どうしよう・・・」と悩んでるうちに、他の方が購入してしまったなんてこともあるようですよ。総合的に見ると、購入には満足されているとお答えになっていましたし、「決断力」という面では成功だったのではないでしょうか。

体験者Aさん:たしかにそうですね。不動産査定社の担当の方も、とても信頼できる方で値引きも頑張ってくれましたし、今の生活にも満足しています。こだわり抜いて建築したおかげで、かなり快適ですし、安心して生活することができています。これは、何かを妥協して購入した他の家では、味わうことはできなかったかもしれません。ローンの返済は大変ですが、この家に決断してよかったと思います。

大手ハウスメーカーで、こだわり抜いて戸建てを建築し、とても満足な生活を送ってはいるものの、唯一価格面では反省点が残ってしまったという方の体験談でした。住宅ローンを組めるだけ組んでしまうと、ライフスタイルの変化により、ローン返済が苦しくなってしまい、結果、せっかく手に入れた我が家を手放さなくてはならない・・・なんてこともあるようです。将来、予期せぬことが起こったとしても対応できるくらいの資金を残した上で、不動産購入の費用を考えた方がよさそうです。
現在住んでいる家を売却して、新たに不動産の購入を検討している方は、売却価格を考慮した上で購入費用を検討していくと思います。売却価格を多く見積もり過ぎてしまって、結果、思ったように売却ができずに困ったことになってしまった・・・なんてことにならないように、早めに不動産査定会社から見積もりをとっておきましょう。

控除が受けられず予算オーバー


ライターもぐ:まずは、購入した物件の概略について教えてください。

体験者Bさん:新築のマンションを購入しました。エリアは、東京都台東区です。価格交渉はしました。成約価格には満足しています。しかし、不動産査定社のサービスには不満があり、購入は失敗だったと思っています。

不動産所得税の控除を受けられることを考えた上での予算設定だったのですが、結果的に敷地面積の関係で控除が受けられませんでした。よく調べていなかった自分たちの落ち度ではありますが、不動産査定社の方がもう少しアドバイスしてくれていたら・・・と思ってしまします。

ライターもぐ:受けられると思っていた控除が受けられなかったというのは、資金の面で後から大変ではなかったですか。私もマンションを購入した経験があるのですが、その時は、所得税の控除を含めての金額の説明を受けたような気がします。

体験者Bさん:私たちの担当だった不動産査定社は、受けられるとも受けられないとも説明がなく、私たちもマンションの購入をするのが初めてだったので、説明がないこと=受けられないということだとは思っていなかったのです。当然受けられると思っていたので、受けられないとわかったときは、「なんで言ってくれなかったのだろう」という不信感でいっぱいになりました。その他にも、フローリングの加工代が、他の業者と比べるとかなり割高だったり・・・。次に新しい家に移り住むとしても、この不動産査定社には頼みたくないですね。

ライターもぐ:不動産査定社との関わりは、あまりよくなかったようですね。不動産の売買が成功するには、不動産査定社との相性も重要だと言われています。やはり、今回の購入に不満が残ってしまったのには、不動産査定社のサービスがよくなかったことが理由でしょうか。

体験者Bさん:その通りです。あとから友人に、不動産査定社には税金の還付などについては説明責任がないということは聞いたので、不動産査定社が悪いわけではないのもわかってはいます。でも、その道のプロなのですから、プロの目から、もう少し的確なアドバイスをしてくれたらよかったのに・・・という思いが拭えません。一見、しっかり対応してくれているような雰囲気なのですが、あとから説明不足だったのでは?と感じることがいくつも出てきたというところですかね。今思えば、契約を早く進めてしまうために、面倒になりそうなことは極力省いて、良い面だけを見せられていたのかもしれません。

ライターもぐ:価格の面では、交渉もあり、満足をされているとお答えになっていましたが、価格面では不動産査定社ががんばってくれたのでしょうか。

体験者Bさん:250万円くらい値引きがありましたが、その後の対応を見てしまうと、本当に250万円も割安になったのかには疑問が残ります。元々少し割安になっていたところに金額を上乗せして、250万円も値引きがあったように見せられていただけなのかもしれません。

ライターもぐ:では、価格面で満足されている理由はなんでしょうか。

体験者Bさん:満足しているというと少し語弊があるかもしれませんね。新築で、この立地条件から考えると、妥当な価格だったかなと思うので、不満はないということです。所得税の控除が受けられなかったこともあり、ローンの返済は少々苦しいですが、現在の生活のことを考えると、まぁ妥協できる範囲・・・という感じですかね。

ライターもぐ:現在の生活には満足されているけれども、総合的に見ると、この購入は失敗だったと思われる理由はなんでしょうか。

体験者Bさん:自分たちの反省点ですが、とにかく無知過ぎたということです。不動産査定社がなんでもやってくれるだろう、うまく取り計らってくれるだろうと考えていたので、自分たちで調べるということを全くしていなかったのです。私たちに素人ながらも多少の知識があれば、不動産査定社の話を聞いたり対応を見ていく中で、疑問を感じたり、質問をしてみたり、なにかできることがあったのではないかなと思うのです。そして、信頼関係が築けなかった不動産査定社から購入するという決断も、失敗だったかなと思う理由です。すがすがしい気持ちで新生活をスタートしたいと思っていましたが、少々後味の悪さが残ってしまいました。

予算を考える際に当然組み込んでいた所得税の控除が受けられず、月々のローンの返済が苦しくなってしまった方の体験談でした。不動産購入についての知識を、自分で調べていなかったことが失敗の原因だとおっしゃっていましたが、不動産査定社との信頼関係がうまく築けなかったことも、要因の1つのようです。不動産査定社との相性は、不動産売買における要とも言われています。今回は購入でしたが、売却の際も同じです。不動産の売却を考えたときには、まずは、複数の業者に査定をしてもらい、信頼できる不動産査定社を見つけましょう。

営業さんの言葉に乗せられ予算オーバー


ライターもぐ:まずは、購入した物件の概略について教えてください。

体験者Cさん:新築の戸建てを購入しました。エリアは、広島県三原市です。今回の購入は成功だったと思っていますが、不動産査定社との関係や成約価格については、不満が残りました。

「価格は後から下がりますから、中古と大差ありませんよ」という不動産査定社の営業さんの言葉に乗せられて話を進めていたのですが、結局価格が下がらず、不動産査定社と少し揉めてしまいました。
ライターもぐ:中古を選択される1つの理由として、新築と比べて価格面で難しかったとおっしゃる方が多くいらっしゃるように感じるので、価格が中古と大差ない新築でしたら、やはり新築がよいと思う方が多いような気がします。

体験者Cさん:そうなんですよ。私たちも最初は、戸建て、マンション、新築、中古と色々な物件を検討したのですが、家族構成や自分たちの夢を考えると、マンションより戸建て、中古より新築がよいなと思っていたところに、中古と価格差があまりない新築物件ですからね。物件としても申し分なかったし、飛びつきたくなりますよね。実際には価格が下がらないとわかったときの焦りといったら、言葉では言い表せないほどでしたよ。

ライターもぐ:結局価格はどのようになったのでしょうか。

体験者Cさん:さすがに1円も下がらない状態では購入が難しかったので、がんばって掛け合いました。言った言わないの議論になってしまい、最終的には不動産査定社の結構上の方まで話がいきました。当初の予定からはかなりオーバーしていますが、多少値引きをしてもらって、どうにかローンの支払いをしているような状態です。

ライターもぐ:それは大変でしたね。価格の面ではご苦労もあり、不満も残ったとおっしゃっている一方で、購入に関しては成功したとおっしゃっています。

体験者Cさん:それは、今の生活が充実しているからですね。以前住んでいたところよりも車通りが少なくて子どもたちを家の前で自由に遊ばせることができていますし、希望通りの設計にしてもらったおかげで快適な生活です。言うまでもないですが、購入するまでの過程に満足しているというわけではありませんよ。

中古物件と大差ないところまで価格が下がるからという話だったのが、実際は言われたほどの値下げはなく想定していた予算をオーバーしてしまった方の体験談でした。最終的には少し値引きがあったものの様々な人を巻き込んでの騒動となってしまったそうです。ローンは予定よりも厳しいものになってしまったようですが、現在の生活には満足しているとおっしゃっていました。不動産を購入する場合も売却する場合も、大きな金額が動く買い物ですから、価格設定は重要です。特に売却においては、その道のプロである不動産査定社のアドバイスはとても重要になってきます。複数の不動産査定社に査定依頼をし、信頼できる業者を見つけましょう。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>イエイ/ 

タイトルとURLをコピーしました