中古マンション売却査定のポイント(244) 一括査定サイトを使おう!

中古マンション売却査定ポイント

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

何か調べものをするのにもインターネットの普及でずいぶんとベンリな時代になりました。
不動産に関しても例外ではなく、自宅中古マンションの価値を知りたいと思えば、今ではカンタンにネットで調べることが可能です。ここで使われるのが一括査定サイトと言われるものです。利用するにあたって、一度も使ったことがない人にとってはちょっとした心理的なハードルがあることは確かです。

・無料で使えるって言われてるけど本当に無料なの?どこかでお金を取られるんじゃないの?
・出て来た査定結果って信頼できるものなの?
・中古マンション売却の一括査定サイトはどこが一番ベストか?
・一括査定サイト経由なら、通常よりも高く売れる話って本当?
などなど・・・、

利用しようか迷っている段階で、気になることはいくつもありますよね。
さて、そもそもの話ですが、「中古マンション売却の一括査定」って、いつ頃から始まったのでしょうか?あまり知られていないかもしれませんが、実は、この5、6年くらいで急速に一般的なサービスに成長したことで、誰しもが一度は耳にするようになりました。テレビCMもよく見かけますよね。最初は、その馴染みのなさから普及のスピードは緩やかでしたが、一度活用した経験者にとっての利便性の高さから、今では急速に利用者を増やしています。

中古マンション売却の一括査定サイトはいくつも存在していますが、このサービスで分かることは大きく2つ。
1)相場を把握することが出来るので、自宅中古マンションの大体の売却価格が分かる
2)登録されている不動産会社により、得意、不得意があり、価格にバラつきが出る
不動産は株価と同様に相場が変動するので、査定依頼を出して出てきたそのときの価格が相場になります。大抵は複数の不動産会社に同時に査定依頼を出す形になるので、各社から出てきた査定結果を推しはかってみると、大体の相場が分かるというわけです。今回の記事では、この中古マンション売却に便利な一括査定サイトに関して、様々な点から解説していきますので、知見を高めるためにもご活用頂ければ…と思います。

中古マンション売却一括査定サイトは、一度に複数の不動産会社に査定依頼を出せる!

カンタンに概要からご説明しますと、利用者は1回の利用で、同時に複数の不動産会社に査定依頼をすることが出来ます。その際にサイト上で登録する内容は、「売却する予定の自宅中古マンション情報」「氏名」「メールアドレス等の連絡用の個人情報」、大きくはこの3点で、無料で利用することが出来ます。では、何故タダなのでしょうか?その謎を紐解いて行きましょう。

中古マンション売却の一括査定サイトがタダで利用できるワケ

ざっくり利益構造を言うと、以下の内容です。
・不動産会社=売主と買主を仲介して、手数料をもらう、広告費は中古マンション一括査定サイトに払う。
・中古マンション売却の一括査定サイト=売却する可能性がある、または、購入するかもしれない人を多く集めて、紹介してあげることで手数料をもらう。
・売主≒中古マンションを売却する可能性がある、または、購入するかもしれない

上記の構図なので、売主からは利用料をもらう必要がない、だから、タダで利用することが出来るのです。仮に、知り合いとかで仲の良い不動産会社を知っているなら!?中古マンション売却の一括査定サイトを無理に使う必要がありません。ただし、まだ見つけられていないなら、中古マンション一括査定サイトの利用はかなり便利なツールとなると思います。

中古マンション売却の一括査定サイト利用に適しているのは2つのケース

1つ目:どの不動産会社に相談すればいいのか分からない場合
2つ目:既に相談したことはあるが、売却査定額に満足がいかない場合

このどちらかのケースがあてはまる場合は、中古マンション売却の一括査定サイトを利用してみるもの手です。よく耳にするよくないパターンですが、自宅近くの不動産会社に査定依頼してみたら、その査定結果額が低い、あるいは、判断しづらいと感じるものが出てしまった。そこで、納得が行くまで別の不動産会社をあたって、いくつも調べ続けてしまうパターンです。通常、不動産の売却活動期間の平均は3ヶ月程度と言われています。最初に中古マンション一括査定サイトを利用していたなら、最低5、6社くらいの不動産会社から、ほぼ同時に査定結果を集めることが可能ですので、場合によっては、既に売却を完了しているかもしれません。時間や労力を無駄にしないためにも一括査定サイトを上手に活用していきましょう。

一括査定サイトの活用で気をつけること

中古マンション売却の一括査定サイトにも利用にあたって、メリットとデメリットが当然ながら存在します。はじめにデメリットに関してご紹介しましょう。

中古マンション売却一括査定サイトのデメリットは3つある!?

<1つ目>査定額が的確な会社はどこか?の判断が難しい
大抵の場合、中古マンション売却の一括査定サイトは、概ね5、6社くらいの査定結果を同時に出してくれています。この査定結果は、不動産各社からランダムに報告が届きます。初めて経験する方は、この時点で、どこの不動産会社を信じたら良いのか?大抵は迷ってしまうと思います。例えば、飛びぬけて査定額を高めに出してきた不動産会社があった場合、どう考えたら良いでしょうか?高いからここが良い、と捉えるのではなく、何かしら裏がありそうだと考えたほうがよさそうです。この判断の仕方が難しいところだと思います。考え方にもよりますが、なるべくどこかに拘りを持たないように心がけ、複数社から出てきた査定結果を俯瞰してみるようにしましょう。全体的にとらえ、大体の相場感を持てればよいと思います。

<2つ目>担当営業から何度も売り込みを掛けられる可能性がある
一括査定サイト経由で依頼をすると、依頼された不動産会社の立場だと、ライバル会社と並列で案件が来ているわけです。契約が成立してはじめて自社の売り上げになるので、魅力的な不動産だと判断した場合、しつこくセールスしようと思うはずです。ここでは落ち着いて売却することがゴールと考えることが重要です。多少の売り込みはあまり気にせず、一番高く売ってもらえそうな不動産会社かどうかをじっくり判断していくことをオススメいたします。

<3つ目>あなたの地域に特化した不動産会社が見つからない可能性もある
実は、中古マンション売却の一括査定サイトに登録されている会社は全国全ての不動産会社という訳ではありません。数字に換算すると一番多く登録されている一括査定サイトであっても全国の1%程度しか登録されていません。中古マンションを所有している地域にもよりますが、都市部でなく地方の中古マンション所有の場合は、一括査定サイトではなくて、信頼できる地元の不動産会社に相談してみた方が、良いケースもあります。都市部の方が登録している不動産会社が集中しているからです。このあたりはバランスを考えて判断したいところです。

中古マンション売却で、一括査定サイトを使う利点とまとめ

まず、自宅中古マンションは不動産であることをよく理解しておくことが大事です。不動産は株等と同じで相場というもので値が変動します。景気や土地の価値によっても影響が出ますが、基本的には住んでいる場所(都市部なのか?地方なのか?)によって変わりますし、当然、築年数や周辺の住環境によっても変わってきます。この点を考慮に入れると、一度の売却査定だけでは、「点(一時的な」の価格把握にしかなりません。筆者としては、定期的に一括査定サイトを活用して、自宅の資産価値を知っておくことは大事だと思っています。一昔前でしたら、一度に複数の不動産会社に同時依頼をすることなど出来ませんでした。しかもタダで何度も利用することが可能です。営業からの連絡を上手く処理するコツが分かってくれば、意外に楽しいと思えるかもしれません。もしも?地元で、信頼できる不動産会社を知らない場合は、一度試してみてはいかがでしょう。

◎中古マンション売却で一括査定サイトを活用する利点
①一度に5、6社の不動産会社に対して売却査定依頼が可能
②大体のその時点での相場感が分かり、また、自分にあった不動産会社の要素も分かる
③複数社に依頼する形から、不動産会社の対応は親身

中古マンション売却レビュー(一括査定サイト活用版)

それでは実際に中古マンション売却にあたって、どういった形で一括査定サイトが活用出来たのか?に関してレビューをご紹介しつつ、解説していきましょう。ネット上の有名なレビューサイトや口コミサイトに掲載されていたものが中心ですが、怪しいものは省いて比較的信頼が出来そうなものを抜粋してご紹介したいと思います。
◎価格編:
「当初、自分の中で予想していた価格よりも高めの査定結果を不動産会社が出して来た。このままその価格帯で売れるとは思っていなかったが、そう値下がりすることもなく意外にも高い金額で売却することが出来ました。」
「提出してもらった査定額に、不動産各社でそこまで大きな差がなくどこを選んでいいか迷ってしまった。」
この2点に関しては、よくあることだと思います。通常、不動産会社は査定額に関してチャレンジ的な価格帯で提出してくることもよく耳にする話です。また、大体は価格体レンジで算出している場合が多いので、最初の査定額からはあまり大きく変動することはないと思います。また、その次のレビューに関しては、あまりご経験のない方のレビューだと思われます。出してもらった価格帯を押しなべて鑑みることが出来れば、それが相場価格だと思えるハズですが、心理的な期待値が入ってしまい、現実的な価格帯を直視できていない可能性があります。査定結果に関しては、出来るだけ冷静に判断することが大事になります。

◎利用編:
「査定依頼をした不動産各社と上手に付き合う中で、特に信頼することが出来る不動産会社に出会うことが出来ました。今では利用してみて良かったと思っています。」
「利用してみると、訪問して査定結果を出されると思っていたので、正直面倒だと考えていたが、机上査定サービスがあることを知り、とりあえず初めてなので机上査定をお願いすることにしました。机上査定だからと言って簡易な結果を提出してくるというのではなく、想像以上にきちんとした査定結果だったので満足しています。」
「初めて利用してみたのですが、私が所有する中古マンションの地域を主体に動いている不動産会社が1社しかみつかりませんでした。これでは利用する意味がない、と思い、その時点で利用を止めてしまいました。」
この3点のうち、最初の2点に関しては利用してみないと分からない経験だと思いますので、特に参考になるレビューだと思います。一括査定サイトは利用した時から、その後にコミュニケーションを取る不動産会社と上手く付き合っていくことがとても大事です。上手にやり取りが出来れば、売却手続きを行うにあたってこれほど心強いプレーヤーはいないと思います。また、机上査定も上手く使っていきたい方法です。最初は、家に何度も不動産会社が訪ねてくるんじゃないだろうか?と思ってしまったりして、心理的に遠巻きにしたくなる方も多いと思います。このときに使えるのが机上査定サービスです。これだけでも結構参考になる情報を集めることが出来ますので、やってみる価値は高いと思います。最後の方は地方の中古マンションにお住まいの方だと思いますが、このパターンの場合、何度もご紹介してきていますが、逆に地元の不動産会社をあたってみる方が良いケースです。地方の不動産会社は、その地方ならではの特有の情報網を持っていることも多々ありますので、どちらの方法が良いのか?は利用する前段階で判断するのが最適なやり方だと思います。

◎応対編:
「自宅中古マンションの資産価値を知りたくなり、ひとまず近所の不動産会社にいくつか査定を依頼してみていましたが、なかなかしっくり来る査定結果を出してもらえる不動産会社がありませんでした。なかには、訪問査定をしても、実際に売却する段にならないと明確な査定額は提出出来ない、と言ってくる不動産会社もあり、とても困惑しました。それなら!?と、思い切って一括査定サイトを活用してみたところ、満足のいく査定結果を出してくれる不動産会社に一発で会うことが出来ました。最初から一括査定サイトを利用してみればよかったのに、と今では少しだけ後悔しています。」
「自宅中古マンションの価格に興味があって、一括査定サイトを試しに利用してみたところ、申込みをした瞬間から、ほぼ一斉に不動産会社から営業電話が鳴り続け、それに対応するのがとても大変でした。土日も対応する羽目になり、この期間は心底疲れてしまったと思っています。自分に余裕があるときに試してみた方が良いかもしれません。」
最初の方はあまり考えずに動いてしまった方のパターンですね。一括査定サイトを利用するか?地元の不動産会社を利用した方が良いのか?は一番最初に決めておきたい点です。これによって時間の無駄や徒労に終わるといった嫌な経験をすることはなくなります。また、地方の不動産会社によくあるパターンですが、実売の段階じゃないと査定額が出てこないパターンです。このパターンは査定額を出さないのではなくて、情報や売却経験がないため出せない場合が多いので、この手の話しが出てくるようなら、その不動産会社に売却手続きを依頼するのは止めた方が良いですね。あとあとトラブルにもなりかねません。また、その次の方は不動産会社からの連絡先の指定方法にも問題があったのでは?と思います。何も電話連絡だけがコミュニケーション方法ではありません。連絡先には、メールアドレスの指定もありますし、曜日の指定も出来るようになっている場合が殆どです。営業マンとしては熱心にサービス提供したいと思ってコミュニケーションを取って来ていますので、そのあたりは上手く対応できるように考えたいものですね。

不動産一括査定サイトは、上手く活用すれば、自宅中古マンションの資産価値が分かるとても良いサービスですので、最初は不慣れな部分が多いと思うかもしれませんが、慣れて使っていくことをオススメいたします。何せ3分程度で済むサービスですし、相場の把握にはもってこいのサービスですので。

不動産一括査定サイトは数多くあります。どこを利用したら良いのか?はいくつかポイントがあります。なんとなく初見や印象で選びがちではありますが、実際に利用する段になると俯瞰した要素が必要になります。規模感からいって有名な不動産一括査定サイトは大体8社か9社くらいになります。その他にも存在していますが、扱っている不動産や取引のある不動産会社の数、実績等に少し開きがありますので、上位の一括査定サイトを利用することがオススメになります。ポイントは上げればキリがないのですが、おおまかに言うと「規模感の大きさ」「大手を中心に相談できること」「独自性、専門性を持っていること」の3点が大事だと思います。

◎規模感:扱っている件数や取引のある不動産会社の数
2回目の記事にも書きましたが、不動産会社によっては実売の段階にならないと査定額を明確に出来ない、と言ってくるところも存在します。このパターンが一番困るワケですが、この手の不動産会社に出くわさないようにするにも、まずは、中古マンション売却の取引実績が必ずある不動産会社を多く扱っている一括査定サイトであることが重要になります。また、この手の不動産会社と多く取引がある一括査定サイトだということは、逆に言えば、それだけ顧客の信用を得られているとも言えます。この点を押さえた上で、出来るだけ取引の幅が多いことも大事になります。地域密着の不動産会社は、独自の情報を持っていたりもするので、大手を押さえつつ、地域密着も網羅している一括査定サイトがオススメです。また利用者数が3桁、4桁以上の一括査定サイトになると、取引をする不動産会社にも厳密な審査を行った上で取引契約を結んでいますので、悪質な不動産会社と出会うリスクはまずありません。その点は信用が出来ることは間違いないですね。

◎大手なら安心:大手中古マンション売却の不動産会社を中心とした取引ネットワーク
大手の不動産会社の扱いが多い一括査定サイトかどうか?もとても重要になる点です。大手なので、取引実績が多いのは間違いがなく、また都市部では大手ならではの強みを発揮するからです。自宅中古マンションの場所が都市部なのか?地方なのか?によって違いますが、都市部に位置しているならば、間違いなくこの要素を踏まえておく必要があります。(地方所有の中古マンションの売却査定の場合は、逆にビハインドになる可能性もありますので気をつけて選択しましょう。)なぜなら、大手の不動産会社の上位4社だけで、日本全国の不動産売買の仲介件数で言えば、全体の4割近い数値を占めるからです。具体的に挙げると、「東急リバブル」「三井不動産リアリティネットワーク」「センチュリー21グループ」「「住友不動産販売」(順不動)の4社になります。中古マンションの売却査定では、大手の力がだいぶ強いことがこのデータからも分かって頂けるのではないかと思います。また、大手の不動産会社の査定結果報告書はデータや資料が緻密なものが多く、査定結果報告書をみるだけでも一見の価値はあると思います。

◎独自性、専門性も武器になる:その不動産会社固有の強み
一括査定サイトによっても、特に限定した地域に特化した一括査定サイトもありますし、また独自のサービスを持っているところもあります。全てをご紹介出来るワケではないのですが、例えば、という形で個性的なやり方を得意としている一括査定サイトをご紹介します。売却したい方向けにエージェント制というサービスを持っているところもあります。買主ではなくて売主に特化したサービスになりますので、安心して活用することが可能になります。この点の一括査定サイトの特徴は、不動産取引の成立を一番に考えていないというところになります。とにかく取引を成立させたい、と考えるのが普通ですが、大抵の場合は査定額や実売価格を下げて成立を早めようとするところも存在します。なので、その点でこの手の一括査定サイトは安心して利用することが出来るという点でもオススメです。一括査定サイトを利用するのは初めての方で、売却査定のコツを知りたい方にも良いかもしれません。専門の資料DVDが無料でもらえるサービスも行っていることもありますので、チェックしてみると良いと思います。ただ、1点だけデメリットがあるとすれば、専門性、独自性を際立たせるために扱っている地域が限定されていることもある点です。サイト内に特化している地域は明記されていると思いますので、自宅中古マンションを所有している地域と照らし合わせて、検討してみて頂ければと思います。

◎おまけ:歴史と審査基準を謳っていること
最後に一括査定サイトを選ぶ要素にオマケの要素をご紹介します。一つは長く運営して来ているかどうか?(業務年数の長さ、歴史です。)と審査基準を謳っているところです。歴史が長いということはそれだけ支持されてきたという証ですし、また、審査基準をセールストークに活用しているところは、そこがストロングポイントになるので、それだけ安心して利用できることを指しています。初めて利用する方にとっては不安な要素も多いと思いますので、上記2点をオマケとして付け加えておきたいと思います。

実際に売る段階では一般媒介契約を不動産会社と結ぶ

この先は一括査定サイトで自宅中古マンションの売却査定を行ったあとの流れになります。いくつかある不動産会社とやり取りをする中で、不動産会社特有の契約を結ぶことになります。
具体的には、実売していくにあたって3種類の契約の中からどれか?を選ぶことになるのですが、ここは慎重に選んでいただきたい点です。契約名は以下の3種類です。「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」。最初に耳にすると、あとの2つの方が、専門性が高くなり、より信頼して売却がスムースになるような印象を持ちますが、実はその逆です。専任の契約の類を選択してしまうと、他の不動産会社には売却依頼をすることが出来なくなり、1社だけになってしまうので、その分出来るだけ高く売却出来る可能性が低くなってしまい、最初に不動産一括査定サイトで複数の不動産会社に依頼した意味がなくなってしまいます。大抵の場合は、物件売却を独占したいため、不動産会社は専任系の契約をすすめて来ますが、ここでは絶対に「一般媒介契約」を結ぶことをオススメいたします。「一般媒介契約」を結ぶことが出来れば、自分自身で不動産会社を探して売却活動をする等の自由度も全く違います。不動産会社の言いなりにならないようにここは気をつけたい点です。

振返り

最後に今までの記事でご紹介したポイントをざっと振返ってみたいと思います。
・自宅中古マンションを売却したい、資産価値を知りたいと思ったら一括査定サイトを使う
・都市部か地域で利用するかどうかは判断
・相場感を把握を大事に、査定額に一喜一憂しないで営業マンとも上手く付き合う
・一括査定サイトは「規模感」「大手取扱い」「独自性」で選ぶ
・契約は必ず「一般媒介契約」

以上になります。ここまで読んでいただきありがとうございます。賢く一括査定サイトを使って自宅中古マンションの資産価値を把握してみてください。意外に楽しめると思いますよ。

ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/

>>>イエイ/ 

タイトルとURLをコピーしました