小樽へ引っ越す時に事前に知っておきたいこと

小樽

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

小樽への引っ越しをお考えの方の中にはどのように引っ越したらスムーズかつ安く引っ越せるか不安に思う方も多いかと思います。今回は小樽に引っ越す時に事前に知っておきたい引っ越しのことについてご紹介します。

常に「いつでも引っ越せる状態」を意識して暮らそう

普段の生活で「引っ越し」を意識しながら過ごしている方は少ないかと思います。以前の私もそうでした。一人暮らしに必要な全ての家具や家電を買い込み、たくさんの服や雑貨に囲まれて生活をしていました。しかしある引っ越しを境に、「家具や家電を持っていなければ引っ越しってラクだな」ということに気が付きました。ファミリーで一戸建てに永住するならそれなりの家具や家電を購入するべきかもしれませんが、賃貸で一人暮らしの場合、一人暮らし用の家具や家電はレンタルですませてしまうのも一つの手なのでは?ということに気が付いたのです。レンタルできるものはすることで「私はいつでも好きな場所へ引っ越せる」と思う事ができるようになりました。

モノを持たない生活は部屋も心もスッキリする

モノを所有しないということは、とっても身軽だということを体感しています。また、欲しくて購入しても、飽きたらすぐ手放すことでモノを所有せずにお金を得ることが出来るようにもなりました。友人はゲームが好きなのですが、最新のゲームを購入してとことん楽しんだ後、飽きたらすぐにブックサプライで売ったところ購入価格の8割で売却できたそうです。

家具や家電など、レンタルできるものはレンタルすることと、不要なものはすぐに手放すことを心掛けることは、いつでも引っ越せる部屋づくりにはとても有効でオススメです。部屋も心も整っていると毎日がスッキリとした気持ちで過ごせますよ。ぜひ体感してみてください。

年齢を重ねると引っ越しに対する姿勢が変わる

私は一戸建ての持ち家にあまり興味がありませんでした。住宅ローンや固定資産税など、賃貸以上にお金がかかるのはもちろんですが、同じ家にずっと住み続けることがイヤだなぁと感じるからです。しかし今は年齢を重ねて同じ場所で穏やかに過ごしたいと思うことが増えてきました。新居での新生活に対するワクワク以上に、この場所から引っ越すことへの面倒くささが勝つようになってしまったのです。ですので、私のおすすめは、若い頃はレンタル家具や家電を活用して、自分の興味やワクワクした気持ちに従って好きな町で身軽に暮らし、年齢を重ねてきたら、居心地のいい街で気に入った家具や家電を購入して暮らすことがおすすめです。

引っ越しをしたくない時期もモノを減らしてシンプルに暮らそう

私も昔は身軽に引っ越していましたが、今は厳選したお気に入りの家具を少しずつ増やし始めています。しかし一箇所で落ち着いて暮らしたいと思うようになった今も、モノを増やし過ぎないことは今でも心掛けています。モノを買う時はよくよく吟味をして大切にしたいものだけを選ぶようにしています。これは、若い頃に「いつでも引っ越せる状態」を意識して暮らしていた時の名残で、自分でもいい習慣が身についたなと思っています。今、もしモノに囲まれて生活が窮屈になってしまっているのであれば、一つずつでかまいません。「一日に10個モノを捨てる」と決めて暮らしてみてください。日々コツコツとモノを減らすことを積み重ねていくことで、どんどん部屋がすっきりします。そういう環境で暮らすことを心掛けることで、新居へ引っ越したいなと思ったときにすぐに引っ越せますよ。

今の自分に「引っ越し」は必要かを考えることが大切

新居へ引っ越すワクワク感も、引っ越さずに同じ場所にどっしり根を張って暮らす生き方もどちらも楽しくてステキなものです。大切なのは、今の自分はどう生きたいかを常に考え、その考えに従って行動できるように環境を常に整えておくことです。「本当は引っ越したいのにモノが多すぎて引っ越すのが億劫」になってしまっては、せっかくの自分の人生がもったいないです。単身であれば大きな家具や家電を必ずしも購入して所有する必要はありません。思い切って手放してみるのもおすすめです。

引っ越さずに同じ場所で暮らしたいなら「働き方」も吟味しよう

そろそろ引っ越さずに落ち着いて暮らしたいなと考えはじめたのであれば、引っ越さなくてもいい環境を整えてあげることも大切です。給料の良し悪しだけで働き先を決めるのではなく、転勤せずにすむ会社を選ぶ条件として意識しましょう。そうやって働く環境を整えてあげることで、同じ場所で暮らしやすくすることが大切です。年齢を重ねて、なんだか毎日落ち着かないなと感じてきたら、部屋の持ち物を見直し、働き方を見直すいいチャンスです。もちろん考え方は日々変わるものです。この場所に落ち着きたいと思っていても、またいつ引っ越したくなるかは分かりません。常に不用品は手放し、購入するものは一生大切にしたいものだけを所有することは常に心掛けましょう。

単身者の引っ越しの費用を安くあげるには?

新しい部屋に引っ越すことを決めたら、特に気になるのが引っ越しにかかる費用についてです。新居に合わせて新しく購入しなければならないものも色々とありますから、できるだけ引っ越し代は安くおさえたいですよね。もし単身で引っ越すのであれば、「単身パック」の利用が割安でおすすめです。どの引っ越し業者にもたいていプランが提示されていますので、その中から一人暮らし向けの単身パックを選ぶようにすると良いでしょう。さらに学生が引っ越す場合には学割がきく引っ越し業者もあります。学生さんは積極的に活用しましょう。

安い引越業者を探すためには、一括で査定を取って比較してみることが大切です。

以下で簡単に比較ができます。

引越し侍予約サービス

 

引っ越し代をおさえたいなら荷物の量を軽くしよう

単身パックも学生プランもどちらも基本的には荷物の重さで値段が変わります。少しでも安くしたいなら物の重さを少しでも軽くすることが大切です。少しでも軽くするためには、やはりモノを「捨てる」ことが重要です。あれもこれも全部大事だから持っていきたいという気持ちはわかりますが、全部持っていってしまうと引っ越し代は高額になってしまうので注意が必要です。ですので、本当に必要かどうかをモノによって見極めることが大切です。本当に必要か必要でないかの目安として、「一年以内に使ったことがあるか」を目安にするといいでしょう。どんなに高価なものであったとしても、ただ所有しているだけでは宝の持ち腐れです。捨てるのに抵抗があるのであればフリマアプリなどで売るか、人にあげるなどをして手放しましょう。

自分も手伝えるなら引っ越し代が安くすむ「赤帽」がおすすめ

引っ越しといえば、すぐに思いつくのが日通やヤマトなどの引っ越し業者ではないでしょうか。大手なので安心感もあるのもプラスポイントですが、基本的には単身パックでは運転手と作業員で引っ越しに2人来てくれますのでその分値段は高くなります。もしも自分が家具や家電の持ち運びをドライバーさんと一緒にできるのであれば、ドライバー1人とトラックだけで来てくれる「赤帽」の利用がおすすめです。作業員を一人分少なくできますので、その分引っ越し代を安くすませることができます。

引っ越しの荷物の運搬に不安があるなら無理せずプロや家族に頼もう

大きな荷物や重たい家具などが多い場合は、荷物の運搬に不慣れな素人が運ぶと壁などにぶつけて破損する可能性もありますので、大切に運びたいものがある場合はプロに運搬してもらえるほうが安心です。また、女性の場合も力が足りない可能性がありますので、体力に自身のないかたは無理せず作業員も派遣してくれるプランがある引っ越し業者を利用するのがおすすめです。人件費は1人分でも意外にお金がかかりますので、家族や友人などで手伝ってくれる人がいる場合は好意に甘えて引っ越しをお願いすると良いでしょう。引っ越し代が浮いた分、手伝ってくれた家族や友人と新居で打ち上げをしても楽しいかもしれません。

引っ越しには不安がつきものですが、普段のライフスタイルを見直すいい機会です。自分の暮らしたい場所や働き方などを改めて見つめなおすといいでしょう。また、引っ越し業者やプランの選ぶポイントを知っておくと、引っ越し代を安くすることもできます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

以下で100社以上の引越し業者を比較することもできます。

 

本当に安い業者を見つけて、引越の費用を抑えましょう。

タイトルとURLをコピーしました