川崎に引っ越しをする時に覚えておくと役立つこと

引越し

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

現在引っ越しを検討されている方の中には、川崎への引っ越しを考えられている方もいらっしゃるかと思います。川崎は東京や横浜にもアクセスが良く、住む場所としても近年人気の街です。この記事では川崎に引っ越しをする時に覚えておくと役立つことについてご紹介します。

引っ越しは見積もりの仕方で安くなる

引っ越しをする時はほとんどの方が業者に依頼して来てもらうかと思います。その時少しでも引っ越し代を安くしたいのであれば、一社だけで見積もりを取るのではなく複数の会社から見積もりをとり、料金を比較することが大切です。

以下から一括で見積もりを取って料金を比較してみましょう。

そして値下げの交渉をしましょう。他社の見積もりやサービス内容を提示することで、料金の値下げに応じてくれることや同じ料金でもサービスを手厚くしてくれることがあります。料金設定は業者や地域によって異なりますが、提示しているプランの料金は少し値引きに応じても利益は出るように設定されていることが多いです。業者にとっては値引きについて聞かれることはよくある話ですので、恥ずかしがらずに「もう少し安くなりませんか?」と聞いてみましょう。

遠距離への引っ越しは船便も視野に入れよう

隣の県などの近距離への引っ越しであれば陸路を使うのが普通ですが、引っ越し先が海外などの遠距離の場合、船便を利用した方がお得に引っ越しできるケースがあります。

船便は日本通運などで利用することができます。船便を利用するメリットは空輸や陸路で運搬するよりも安価に運搬できること。デメリットは、船便は運搬に時間がかかることが多いので急いで引っ越し先ですぐに荷物が必要な場合は、まだ荷物が届いていない可能性もあるということです。また、空輸や陸路による運搬よりも船便は荷物が紛失する可能性が高いとのこと。メリットだけでなく、デメリットや荷物紛失のリスクも踏まえた上で引っ越しスケジュールに間に合うようであれば上手に船便を利用するといいでしょう。

引っ越し料金の請求が高すぎると感じたらどうする?

見積もり額を算出してもらってから業者に引っ越しを依頼したのに、実際に請求された金額が見積もり額よりも高いことがあります。その時は、過大請求や詐欺を疑う前に、申告していなかった荷物を当日になって一緒に運んでもらわなかったか等、冷静に、自分に非はなかったか、引っ越しの作業内容を振り返りましょう。基本的に見積もりというものは概算ですので、その金額を絶対に約束するものではありません。別途発生した業務に関しては別料金が発生するなど、注意書きにも書かれていることがほとんどです。引っ越しには想定外のこともありますので、荷物が大幅に増えた時など、見積もりどおりに引っ越せないケースもあるということは覚えておきましょう。

自分に非はないのに引っ越し代が高すぎると感じたら?

それでは、予定通りに想定の範囲内で引っ越しを終えたはずなのに見積もり額よりも明らかに引っ越し代が高いと感じた場合はどうすればよいのでしょうか?業者が不当に請求している可能性がある場合は、警察に相談することをオススメします。しかし、引っ越し業者も悪い評判が立つと商売になりませんから、不当請求することはほとんどあり得ません。見積もりをとってもらう時点でエレベーターの有無や大型家具の申告など、業者に正確に伝えていなかったことはありませんか? 引っ越しする側が正確に情報を伝えきれていないせいで、見積もりが安くなってしまい、当日不足分を請求するというのはよくある話です。心配なようであれば、見積もりに漏れがないか、自分の荷物や間取り、導線などを確認し、あらためて事前に引っ越し業者と意思疎通をはかっておくと良いでしょう。

引っ越し業者の方には感謝の気持ちを伝えよう

もし見積もり額よりも高い請求をされた場合、損をしたと思うかもしれませんがそれは間違いであることが多いです。必ず、割増になった理由を確認しましょう。正確に見積もりがとれていなかっただけで、業者サイドからすると正当な請求金額であることがほとんどです。高くなった理由を確認せずに「この引っ越し業者は見積もりよりも高い金額を請求する悪質な業者だ」などの悪い評判を流すのは絶対にやめましょう。小さな引っ越し業者は悪い噂が立つだけですぐに商売が立ち行かなくなってしまうこともあります。もしも過大請求に感じたら、人に話す前に警察に相談して判断をあおぎましょう。引っ越し業者の方に気持ちよく仕事をしてもらったほうが、こちらもストレスなく引っ越しができます。挨拶をきちんとし、チップや飲み物など、自分のできる範囲で感謝の気持ちを伝えれば、業者の方も感じよく対応をしてくれますよ。もしも良い引っ越し業者だなと感じたら、知人に教えたり、良い評判を広めたりして、良い引っ越し業者が長く商売を続けていけるよう応援してあげましょう。

賢く計画的に引っ越しをしよう

思い立ったら即行動しないと落ち着かない方もいらっしゃるかもしれませんが、引っ越しに関しては即行動はおすすめできません。なぜなら計画的に引っ越しをすすめないと大きく損をしてしまう可能性があるからです。もちろん、「いつか引っ越したいなぁ」と心の中でずっと考えているだけではいつまでたっても引っ越せませんから、そんな人よりは損してでも行動する人のほうがずっと素敵ですし人生が面白くなりますが、引っ越しを急ぐあまり”引っ越し貧乏”になってしまっては本末転倒ですから、じっくり計画を練ってから行動をおこすことをおすすめします。引っ越して新しい土地で新生活をスタートさせるのはとてもワクワクすることですが、古い部屋を引き払うにも新居でもお金がたくさんかかります。少しでも節約してスムーズに引っ越しましょう。

引っ越しはどのくらい前から準備をはじめればいい?

スムーズに引っ越すためには、最低でも1か月前から準備をはじめると良いと言われています。仕事や家事に追われているとなかなか引っ越し準備にかける時間を捻出できませんから、人によってはもっと早く準備をはじめてもいいくらいです。とにかくやるべきことは「荷物を少なくすること」です。引っ越しはライフスタイルを見直すいい機会でもあります。本当に必要な物だけを梱包するようにしましょう。前もって準備をはじめていれば、捨てずにフリマアプリやオークションなどで売ることもできて一石二鳥です。荷物が少ないと引っ越しのプランも安いものが選べるようになりますし、新居でもスッキリした気持ちで過ごすことができるので、ぜひこれを機に荷物を断捨離しましょう。1日10分でもかまいません。時間を決めてコツコツ断捨離をすすめることが荷物を確実に少なくするコツです。忙しい人ほど前もって荷物を減らす準備期間を長めにとりましょう。

引っ越しの見積もりを比較するのもある程度時間がかかる

荷造りだけではありません。引っ越し業者に見積もりを依頼して比較するのにもある程度時間がかかるということを心得ておきましょう。業者によっては見積額を出すのに2週間くらいかかることもあるそうです。見積もりは一社にお願いするのではなく、複数社に依頼し、見積額やサービス内容を比較することで自分に合った業者を選べますし、もしも金額が高い場合、他社の見積額を提示すれば引っ越し代を交渉することもできます。引っ越しの業者選定も、比較するために余裕をもってはじめましょう。業者を適当に選んでしまうと数万円単位で損してしまう可能性もあります。また、急いでいると他の業者を選ぶ時間がないため値段交渉がしづらくなる可能性が出てきます。新生活にお金を残しておくためにも引っ越し業者は余裕を持って選びましょう。

引っ越しは新しい生活をスタートさせるためには欠かせないものです。自分も業者さんも気持ちよく引っ越せるのが良い引っ越しです。適正価格で引っ越すためにも、不要な荷物は減らし、時間に余裕を持って見積もりを依頼しましょう。

以下のリンクから時間がなくても簡単に見積もりを取ることができます。

タイトルとURLをコピーしました