室蘭工業大学の学生向け、楽しく一人暮らしをするためのお部屋探し(5)

室蘭工業大学は楽しい?

室蘭工業大学に入学して大学生活が始まったらどのような生活になるのでしょうか。
せっかく受験勉強をして合格した大学ですから、楽しい大学生活を送りたいですよね。
青春映画やドラマを観てキャンパスライフという言葉に憧れていた人も多いのではないでしょうか。
広い敷地にある白い校舎、芝生に座って本を読んだり、学食やカフェテリアでお友達と談笑したり、部活に入って仲間と青春したり、劇場のような段差のあるフルセットワゴンのデスクがある大教室で授業を受けたりなどなど、そんなドラマのような妄想は膨らむばかりです。
室蘭ってどんなところなのか、そして室蘭工業大学に通い始めたらどんな感じの生活になるのか見ていきましょう。

まず室蘭はどこにあるのでしょうか?室蘭市は北海道の南側、太平洋に面した内浦湾の入り口に位置しています。「鉄のまち」と呼ばれていて工業が盛んな所です。
そんな「鉄のまち」にある室蘭工業大学の生協には大学がプロデュースしたオリジナルジンギスカン鍋が販売されていて人気商品となっています。
ジンギスカン鍋までは・・・という人にはジンギスカン鍋の形をした黒いクッキーもあるそうですよ。お土産に是非!
最近では室蘭の工場地帯の夜景がマニアの人達に人気スポットになっています。ライトアップされた迫力のある工場夜景を船でクルーズしながら観るツアーが有名だそうです。
そして室蘭市の隣は温泉で有名な登別市。登別温泉は入浴剤にもなっている全国的にも有名な温泉街です。日帰り温泉もあるので週末などに気軽に疲れを癒しに行けそうですね。
更に冬には室蘭市内で大学から車で20-30分に在る室蘭岳の標高911mに位置する「だんパラスキー場」でウインタースポーツも楽しめます。駐車場も無料、スキーやスノーボードが好きな人にはパラダイスではないでしょうか。
室蘭工業大学は全国的にも珍しい研究や実験をする環境設備は整っており、最新機器で学ぶことができます。教室は冷暖房完備で、暑い夏も寒い冬も快適に授業が受けられるそうです。
大学に入学するきっかけで一人暮らしをする人も多いでしょう。室蘭工業大学の学生は90%が親元から離れて寮や学校の周りのアパートやマンションに住んでいるそうです。

しかしながら最寄りの鷲別駅から大学までは坂になっていて徒歩や自転車では結構大変です。しかもバスの本数が少ないのでちょっと離れたところに住んでいる人はバスの時間に合わせるのがとても面倒だそうです。
大学から歩いて通える距離に住めばバスの時間に合わせる煩わしさから解放されますね。
学生寮はありますが募集人数も限られているので入寮できなかった場合、近くのアパートやマンション、下宿などを探すことになります。
住むなら大学から徒歩15分くらいまでの距離がオススメです。
その距離であれば授業の合間に一度帰ったりする事が出来て便利だとの口コミが有りました。
親元から離れるのが初めてで不安になる人も多いと思いますが、周りには同じ学生が多く住んでいてすぐに顔見知りにもなりますし、友達と遊ぶときは近所なのですぐに会えるそうです。サークルに入れば更に気が合う仲間が増えそうですね。
卒業後は大学院に進む人もいるそうですが、就職する場合、先生方のサポートが手厚く、就職率は高いそうです。国家公務員や上場企業などに就職した実績もあります。

生活面では近くにコンビニや生協のスーパー「パレット」もあるので普段の買い物は特に困る事はありません。アルバイトがしたければ生協で情報が得られるそうです。
大都市ではないので都会的な生活に憧れる人には少し物足りなさを感じるかもしれませんが、自然豊かで生活や学習する環境は充分に整っていますのでゆったりとした毎日が送れるのではないでしょうか。後は自分次第で生活が変わります。積極的に楽しんで大学生活を充実させましょう。

>>>室蘭工業大学の学生さん必見! お部屋探しガイド!

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る