ファイルコインにおけるマイニングの仕組みとマイナーの役割【不動産投資家のための仮想通貨投資】

未分類

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「ファイルコインのマイニング投資を始めたい」

「ファイルコインのマイニングはどのような仕組みなの?」

というような方に向けて、今回はファイルコインのマイニングを解説します。

マイニングの仕組みやルール・報酬の詳細を知ることができます。

この記事を読めば安心してマイニング投資を始めることができます。

ファイルコインのマイニングはデータ「保管」と「引き出し」

ファイルコインにおけるマイニングは、2種類あります。
また具体的な作業は以下となります。

・取引データを保管する作業
 → ストレージマイニング

・取引データを検索して引き出す作業
 → リトリーブマイニング


ファイルコインの取引データは、ネットワークのストレージ上に保管されます。
この時、ストレージを提供し保管する作業がファイルコインのマイニングです。

さらに、取引データは改ざんや不正アクセスを防ぐために、バラバラにされ断片を複数人のマイナーが保管します。
データを引き出す際に、断片同士を検索し一つのデータに戻す作業もマイニングです。

「ストレージマイニング」と「リトリーブマイニング」において、マイナーが報酬をもらえる条件や規約は以下となります。

 報酬をもらえる条件規約
ストレージマイニング
・取引データ保存のためのストレージを提供

取引がストレージに追加された場合に報酬が発生

・継続してデータを保存していることを証明できたら報酬が発生

・データを保存していることを証明できない場合は担保没収

提供前に貸し出す期間と容量を宣誓
リトリーブマイニング
・バラバラのデータを集めて、いち早く提供することができたら報酬が発生


・支払いは従量制
 →データがある一定の転送量に達した時点で都度料金を支払い

 
仮想通貨におけるマイニングとは?

仮想通貨のマイニングは、以下のことを指します。

・取引をブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録する作業を手伝う行為
・行為の対価として仮想通貨を得ること

作業を行う個人や企業は「マイナー」と呼ばれます。

仮想通貨の世界は、特定の取引を管理する管理者がいません。
そのため、
マイナーは取引データの信頼性を保証する役割を担います。
マイナーが行うマイニングによって、ネットワークが健全に稼働しています。

 

ファイルコインのマイニング投資はインカムゲインとキャピタルゲインに期待できる

インカムゲイン

運用していくことにより継続して報酬を得られる仕組みです。


具体的には、マイニングに参加すると、1日のマイニング報酬のうち25%は即日支払われます。
残りの75%は180日に分割されて支払われるルールとなっています。


そのためマイニングに参加することで、継続的にファイルコインの通貨「FIL」を受け取ることができます。
ストレージにデータが貯まれば報酬が増えていく仕組みのため、取引データが増えれば報酬額は徐々に増加していきます。

キャピタルゲイン

他の仮想通貨と同様に、所有していたFILを売却する際にキャピタルゲインを得ることができます。

「売却の際に損をすることもあるのでは?」という不安についてはご安心ください。

FILの価格動向ですが、2020年10月上場当初は30ドルだったFILの価格は、2021年4月半ばには一時180ドルまで高騰しました。
現時点では、60ドルから80ドルあたりに落ち着いていますが、今後も値上がりの可能性が高いと予測されています。


理由は、ファイルコインが実現している分散型のストレージネットワークへの期待度の高いからです。
現在主流の集権型ではデータ量の急増に耐えられないおそれがあり、分散型のシステム移行へ期待が高まっています。
実際に多くの大手企業がファイルコインの基盤システム(IPFS)の導入を始めています。
大手機関投資家による積極的な運用が検討されていることもあり、更なる高騰が期待されています。

以下の記事を読めば、ファイルコインの基盤システムが今後世の中に浸透していくものであるかがわかります。
不安が残る場合はぜひご一読ください。

ファイルコインのマイニングにおける2つのルール

マイナーは担保としてFILを預ける

マイナーがマイニングを始める際は、まずFILを担保に入れる必要があります。

担保の額は提供するストレージの量によって異なります。
膨大なストレージを準備する場合は、その分多くのFILが担保として必要になります。

担保として預けたFILは以下の場合に罰則として没収されてしまいます。

・データが破損した場合
・ハードウェアの障害でアクセスできなかった場合
各マイナーは、保有するストレージ上でデータを正しく保持していることを証明する必要があります。
少なくとも24時間に1回は証明を発行することが課せられています。
証明を提出できない場合、マイナーはネットワークから切断され、担保に入れたFILからペナルティが没収されます。
 
【補足:担保はどれくらい必要?】

具体的に、どれくらいの担保額が必要となるか計算してみます。

① 担保額を求める方法

ファイルコインの担保額は以下の式で算出できます。

【1セクターあたりの担保額】×【貸し出したいセクター数】 = 【担保額】

1セクターあたりの担保額
→ 1セクター当りの担保額は0.2072 FIL(2021年8月現在)

セクター数
→ 1セクターの容量は32GiB
→ ファイルコインはストレージをセクターという単位に分けている

② 1TiB(=1,024GiB)のストレージを貸したい場合を例に計算

まずは、1TiB(=1,024GiB)のセクター数を以下で求めます。
【1024GiB】÷【1セクターあたりの容量=32GiB】 = 【32セクター】

担保額の計算式に当てはめます。
【0.2072】×【32】= 【6.6304FIL】

1TiBストレージの場合、6.6304FILが担保として必要となります。
仮に1FIL=6,000円のとき、39,782円が必要になるというわけです。

ちなみに、1TiBあたりのマイニング報酬は現時点で24時間平均0.0473FILです。
比較すると担保額の負担の重さが分かります。

報酬にはロックアップ期間がある

ファイルコインではマイナーへの報酬支払い関して以下のルールが定められています。

・1日のマイニングで得た報酬のうち25%は即時に支払われる。
・残った75%分は180日に分割されて支払われる。

具体的には、1日目は「その日の報酬の25%分」が支払われます。
2日目は、「その日の報酬の25%」と「1日目の報酬の75%の180分の1」が支払われることになります。
1年間運用を続けたときの支払い期間は「1年+180日間」ということになります。

ルールを定めている理由は、ストレージの利用者が安心してサービスを受けるためにマイナーに適切な運用を継続してもらう必要があるからです。

マイナーが報酬をもらってすぐに撤退してしまわないために設定されています。
さらにマイナーによるFILの投げ売りを防止する役割も果たしていると言えます。

ファイルコインでマイニングの始める方法はマイニング投資

ファイルコインのマイニングに参加したい場合は、マイニング事業を行っているマイナーへ投資する方法が一般的です。
個人でマイニングを行うことは難しいです。

なぜなら、ファイルコインのマイナーには、ストレージの提供だけではなく継続した安定稼働が求められているからです。

24時間オンラインに接続する必要があります。
機器トラブルが復旧できないとペナルティでFILが没収されてしまいます。

機器を維持管理する手間やトラブルに対し厳しい運用を迫られる一方で、提供する容量を増やさないと報酬が増えない仕組みです。

上記の条件があるため、個人がマイニングで収益をあげることは難しいと言えます。

 

マイニング事業者へ投資する場合は、マイニングに必要な機器は事業者が揃えてくれるため、自分で準備する必要はありません。

マイニング業者が膨大なストレージを用意するため、初期費用や月々の運営費など支払いストレージを分けてもらう仕組みです。

自分が保有するストレージが利用されれば報酬を受け取ることができます。

インターネット上でも大家さんになる仕組みのため、不動産投資家さんには特におすすめしたい通貨です。

ファイルコインのマイニング事業者は、国内外に数多くの企業があります。

事業者によって費用負担、報酬の支払い方法などは様々異なりますので、メリット・デメリットを理解した上で参加することが必要でしょう。

また、安定運用が出来ない事業者は報酬が得られない仕組みのため、できるだけ稼働実績の高い事業者を選ぶ事も大切です。

ファイルコインと他コインのマイニングの違い

マイニングの方法は仮想通貨によって異なりますが、ファイルコインのマイニングは他の仮想通貨のマイニングと大きく異なります。

ビットコインをはじめとする他の多くの仮想通貨では「Proof of Work」という仕組みが採用されています。
最も速く正しい計算処理を行って競争に勝ったマイナーが取引に間違いがないかを検証し、ブロックチェーンに正しくつなぐことで報酬を受取る仕組みです。
早い者勝ち競争に勝つために多くのエネルギーを消費する問題点や、高度な計算ができるマシンにかける資金力がある人が有利という問題点があります。

ファイルコインのマイニングは、ストレージを安定的に提供することを目的とした「Proof of Storage」という考え方に基づいています。
ビットコインなどに代表される「Proof of Work」の計算競争による問題点を解決する新たな仕組みとして登場しました。

「Proof of Storage」は、ストレージの容量と提供した時間の貢献度によって検証作業(マイニング)が行え、より多くの報酬が受取れるという考え方です。
ストレージを貸し出すマイナーは、以下の2つの方法を組み合わせて証明を発行し、データを正しく保持していることを保証します。

【Proof of Storage2つの方法】

・Proof of Replication(複製の証明):宣言したとおりにデータのコピーを実際に保持していること

・Proof-of-Spacetime(時空の証明):一定の期間データの複製を保持し続けていること

 

まとめ

ファイルコインは今後必ず伸びるコインであること、キャピタルゲインとインカムゲインで儲けることができるため、今のうちにマイニング投資を初めておきたいコインです。

しかし、膨大なストレージの確保、トラブルの発生しない機材を用意できる信頼性の高いマイニング会社で投資を始めないと、結局マイニング報酬を得ることができません。

結論として、安全で信頼できる確実な業者は「IPFS infinite JAPAN」です。

「IPFS infinite JAPAN」は、日本最大級のマイニング会社です。
そのため、信頼できる日本の会社なら安心して投資を始めることができ、報酬も安定して獲得することが可能です。

「IPFS infinite JAPAN」のマイナー投資は、弊社からの紹介があればスタートすることが可能です。
以下のリンクから登録するだけです。
詳細を知りたい方は詳細ページをご確認の上ご登録ください。

【申込みはこちらのURLから可能です】
 https://japanipfs.com/?code=26851212

【さらに詳細を確認したい方は以下詳細ページをご覧ください】
 (申し込み自体は紹介コード26851212をご入力ください) 
 https://www.waysas.co.jp/ipfs/infinite-japan-overview/

【ウォレットへの新規登録手順マニュアル】 
 https://www.waysas.co.jp/ipfs/manual_login_customerwallet/

【ウォレットへのログイン後、日本円での商品購入手順マニュアル】https://www.waysas.co.jp/ipfs/manual_howto_buy_jpy/

タイトルとURLをコピーしました