室蘭工業大学のキャンパスと周辺環境について

室蘭工業大学

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

これから室蘭工業大学を受験する学生さんや春から室蘭工業大学に通う方向けに今回はキャンパスの内部や周辺環境についてご紹介したいと思います。

室蘭工業大学の学生さんが多く入居する学生向けアパートのベルン水元を運営する弊社が、
室蘭工業大学について詳しくご紹介していきます。
ちなみに春から一人暮らしをする方は、室蘭工業大学生協のお部屋探しをぜひ活用してみてくださいね。

室蘭工業大学のキャンパスについて

室蘭工業大学は、北海道の室蘭市に所在する工科系の国立単科大学です。
2019年4月から室蘭工業大学は幅広い理工系人材の育成を掲げて工学部から理工学部へと学部再編が行われ大きく変革を遂げました。新しくなった理工学部は、創造工学科6コース、システム理化学科3コースの計9コースから成り、令和元年5月現在約2800人の学生が在籍しています。

室蘭工業大学のキャンパス概要

およそ21万㎡という広大なキャンパスは、南北に走る鷲別駅前通りを挟んで西側と東側に分かれています。
教育研究などの主要施設は西側エリアにあり、緑豊かな正門を抜けると本部党をはじめ12号棟まである教育・研究館、図書館、試験室などがあります。
通りを挟んだ東側は、体育館、グラウンド、保健管理センター、サークル会館などがあり、室蘭工業大学でのキャンパスライフを支える充実した施設が完備されています。生協や学食、学生寮があるのもこちらの東側になります。

キャンパス内のロボットアリーナとは?珍しい施設について

広大なキャンパス内をもう少し紹介していくと、興味深く珍しい施設が沢山あります。例えば、3次元不規則造波水槽実験棟、衝撃試験機室、ロボットアリーナ、この3つはなかなか他では見られません。マニアックな工業大学や専門の企業でしか使用しないような研究用機械で大掛かりな実験ができる施設です。

中でもロボットアリーナは、一般にも開放された地域公開施設となっています。地域と連携した技術の開発や未来の技術者を育成する目的で作られた施設ですので、定期的に子供向けサイエンススクールやロボットを組み立てるワークショップなどのイベントが開催されています。

キャンパス内の運動施設と図書館

キャンパス内にはテニスコートなどの運動施設も充実しています。弓道場とアーチェリー場が一緒になっておらず両方あるので、両部が別の場所で練習することができます。広大な敷地を有する大学ならではですね。

他にも室蘭工業大学の図書館は大学にある図書館の中でも大きい部類の施設となっていて、学生ではない一般の人も会員登録すれば利用可能です。室蘭工業大学の学生には更なる特典があり、書籍、DVDは勿論の事、文具やうちわや傘、ひざに掛けるブランケットも貸してくれます。

生活に困らない!便利な施設もあり

更にキャンパス内には広い生協スーパーのパレットやレストランもあり、時間帯によってはとても混みますが普段の生活には不便を感じないくらいの環境です。生協スーパーや、学生会館の書店、学食は、室蘭工業大学生以外の一般の利用も可能となっています。

実際に自分の目で見たい場合は、オープンキャンパスに

室蘭工業大学のキャンパスライフや大学での研究内容についてもっと詳しく知りたいという方は、大学で行われるオープンキャンパスに参加してみるのがおすすめです。室蘭工業大学のオープンキャンパスは毎年8月上旬頃に開かれています。2019年8月にも体育館をメイン会場として開催され、札幌圏や室蘭近郊の高校生や保護者を中心として1,000人を超える参加者で賑わったようです。室蘭工業大学のオープンキャンパスでは、模擬講義、体験学習・実験などが体験できたり、キャンパス周辺バスツアーなどに参加したりする事が出来ます。2019年8月に開催されたオープンキャンパスでは、当日参加が可能な企画の他に事前予約が必要な企画もあったようです。参加を検討している方は事前に大学HPをチェックして行くのがいいと思います。

室蘭工業大学キャンパス周辺の環境は?

広大な敷地に充実の設備が完備されている室蘭工業大学ですが、キャンパス周辺の環境はどうなっているのでしょうか。
放課後や休日がどのような生活になるのかは周辺環境に左右されますし、知っておきたい項目ですね。

室蘭工業大学の最寄り駅は室蘭本線の鷲別駅なのですが、バスは東室蘭駅から出ています。道南バスのバス停「東町ターミナル」(JR東室蘭駅東口から徒歩7分)とバス停「東室蘭西口」から大学までは15~20分くらいです。経由する鷲別駅からバスに乗る場合、鷲別駅から徒歩3分のところにあるバス停「高砂小学校前」より乗車します。

大学の周りは他にも看護学校やいくつかの高等学校があって若い学生が多い街ですが、バスの本数はあまり多くないので、周辺の学校に通っている学生は大学の寮や周りに住んでおり、徒歩で通っている人が多いそうです。

性格にもよりますが、プライバシー重視な人は学校から近すぎると溜まり場にされる懸念があるかも知れません。しかしあまりに遠いと通学が面倒になってくるので、だいたい徒歩で10分~15分くらい離れた場所が丁度良い具合ではないでしょうか。

最近では家電付きのアパートも大学近くで賃貸されているそうです。ベッドや必要な家電はだいたい付いているので服や生活用品だけ持って行けば良いのは引っ越しの時、楽チンですね。しかも大学生活4年位のためにわざわざ家具や電化製品を買わなくて済むのでとても便利です。

室蘭工業大学キャンパス内の生協パレットでは、おにぎり・弁当・サンドイッチの他、野菜や鮮魚、日配品、日用品も揃います。大学を出てすぐの鷲別駅前通り沿いにもコンビニがありますし、通常の生活には困ることはなさそうです。大学周辺では男子学生が多いためかボリュームのある食事を提供するお店が特に充実しているようです。もし、必要があれば大型スーパーもJRの駅を挟んで反対側、バスで20分くらいの所にあります。小さな商店街も近くにありますので生活する上では特に問題は無さそうです。

隣町には有名な登別温泉もあります。休みの日は勉強疲れを癒しに友人と日帰り温泉や観光に行くのも良いかも知れません。何とも羨ましい環境です。

改めて北海道って良いですね!

 

自然の恵み豊かな北海道の研究設備が整った室蘭工業大学で、充実した大学生活を送ることができるよう祈っております!

 

>>>室蘭工業大学の学生さん必見! お部屋探しガイド!

タイトルとURLをコピーしました