【室蘭工業大学の学生寮】明徳寮の評判は?

室蘭工業大学

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

室蘭工業大学の学生寮 明徳寮の評判は?

明徳寮について

今回は室蘭工業大学の男子寮「明徳寮」について詳しく見ていきます。

まずは室蘭工業大学の学生寮についての基本情報をチェックしておきましょう。

 

室蘭工業大学には遠方から入学する学生用にキャンパスの近くに男女別の学生寮があります。室蘭工業大学の学生寮は、学生が自治の精神に基づいて規律のある共同生活を営みながらお互いに教養を高めることを目的として設置されています。

 

室蘭工業大学学生寮「明徳寮」

住所: 〒050-0071北海道室蘭市水元町57-8

男子寮の「明徳寮」は、各居室1室3名利用で、定員は363名となっています。平成22年からは外国人留学生も入寮しており、建物は鉄筋コンクリート4階建てA棟B棟、管理棟からなっています。

明徳寮の寮費は月額 寄宿料:6,500円 光熱水費:6,600円

雑費(月額):2,600円※平成29年4月時点(光熱水費は実費の為変動する) となっています。

 

室蘭工業大学学生寮「明凛館」

住所:〒050-0071北海道室蘭市水元町38-7

女子寮は「明凛館」です。平成23年に新設された鉄筋コンクリート4階建のA棟と平成27年度に増築した鉄筋コンクリート3階建のB棟からなる定員51名の寮です。約7畳の個室で、各部屋にトイレ、ベッド、机、椅子、冷蔵庫、ストーブ、パイプハンガーなどが備え付けてあります。平成28年からは大学院生も入寮しています。部屋の設備なども老朽化しておらず綺麗で、キッチン、リビング、シャワー室は各階にあるそうです。

明凛館の寮費は月額、寄宿料:13,200円、光熱水費等:12,100円となっています。

入寮資格は男女共、室蘭工業大学に通う学生(夜間コース、大学院生、留学生を含む)室蘭市・登別市・伊達市以外から入学する新入生が対象です。

入寮の選考基準は家庭の経済状況等をもとにして主に世帯年収などによって決定されます。詳細については学務課学生支援係まで問い合わせてみてください。

 

女子寮は個室ですが、男子寮「明徳寮」では3人が相部屋となり共同生活を送るようです。学生寮の良いところは、いつでも館内に人が居て寂しくならない、通学しやすいロケーション、家賃や光熱費をかなり安く抑えられるところではないでしょうか。

寮内には共同の利用施設として、ホール・談話室・浴室・洗濯室・乾燥室・売店等があり、また各階には洗面所・補食室があります。キッチンもあるので自炊可能です。

15畳程の部屋が3ユニットに分割されていて一人5畳程度のスペースが確保できるそうです。

明徳寮では年間を通して様々なイベントが行われており、特に「明徳寮祭」の別名赤フン行列は有名で卒業生に代々語り継がれています。

明徳寮の評判は?

自宅からは通えないが是非とも室蘭工業大学で学びたいと考えている方の中には、家賃や光熱費を抑えられる明徳寮への入寮を検討している方もいらっしゃるでしょう。

寮生活を通して共同生活によって協調性を培い、多感な大学生活を共に過ごした寮生と一生のお付き合いが出来るかもしれません。寂しがりで人付き合いが苦にならないオープンな性格であればいつも人がそばにいてくれる学生寮が向いているのではないでしょうか。

しかしながら寮生活をしていく上で、先輩後輩の上下関係や、寮独特のルールについていけるかどうか、評判は悪くないのかなどは色々と気になる所だと思います。様々な不安点を払拭して安心して受験に臨むためにも、明徳寮の口コミや評判について事前にチェックしていきましょう。

明徳寮での食事について

・各フロアにキッチンがあるそうだが、キッチンのフロア毎の人数は?
→1フロア35人前後(多少の誤差あり)。

・寮での食事は自炊か?
→男子寮では食事が出ない為、自炊、学食、付近の飲食店やバイトでの賄いになる。自炊の場合、朝は約半数が部屋に「トースターと食パン」や「炊飯器と無洗米」や「電気ケトルとカップ麺」など各自簡単に食事を作れるものを用意していて、朝は簡単に済ませているようだ。昼食を寮で取る人はあまりいない。コンロは二口×2、簡単なシンクも2つあるので、平日の夜に使えないほど混む、という事は少ない。ただし、金曜や休日の夜は使う人が多くなる。

・1年生が食事を作ったりする当番があるか?
→食事は個人で作って食べる方が多く食事当番などはない。

インターネット環境について

・明徳寮では、Wi-Fiの利用やネット契約が可能?
→Wi-Fi利用もネット契約も可能。ただし、入寮前から有線のインターネットは既に使える状態になっている。明徳寮では3~4部屋で1つの回線を共同利用しており、上級生が既に契約している場合がほとんど。回線自体は既に使える状態にあり、使用料は3~4部屋の人数で割った金額を契約している先輩が月一回集金する形をとっている。

寮の設備について

・室蘭では除湿器が必要との事だが、寮でも除湿器、布団乾燥機は必要か?
→衣服の乾燥は乾燥機や乾燥室が寮内にあるため不要。湿気で部屋がカビたという話も聞かない。

・3人が共同で使用する各部屋の内部について
→漫画喫茶やインターネットカフェのような四方向仕切られた個室のようなものにロフトベッドが付いているものが三つある。そして共同で使えるスペースがあり、衣類等の収納スペースは扉のないロッカーのようなものが4つとハンガーをかけられる竿がある。

お風呂について

・毎日入らせてもらえるのか?
→浴室設備は学年問わず毎日使える。ただし大浴場は湯を張る日時が限られているのでいつでも湯船に入れるわけではない。シャワー室や大浴場のシャワーは毎日使える。

寮での当番などについて

→風呂掃除は当番制となっている。ただし1年生だけでやらなければいけないなどのルールはなく、先輩方と遊びながら風呂掃除をするところもある。

寮での飲酒・受動喫煙など

・未成年へのお酒や喫煙の強要や理不尽な要求はある?
→以前はあったらしいが最近ではない。飲酒喫煙や行事の参加などを強要した者は、発覚した時点で退寮処分になる。万が一の場合は、各フロアにいる寮の自治委員会である明徳寮実行委員会担当者に申し出る事になっている。一年生は同じ部屋になるようにしているため、部屋の中で上下関係が発生することもない。

・部屋の中での受動喫煙が心配
→入寮希望の調査書でタバコの煙が平気か否かなどを事前に聴取し、個々の内容等を考慮した上で部屋割りを先輩達が決める。例えばタバコを吸う人と苦手な人を同じ部屋にしない、夜遅くまでゲームをする人と夜は早く寝る人を同じ部屋にしないなど配慮がされる。部屋以外の場所での受動喫煙については、寮内ではロビー以外屋内の喫煙場所は無いのでシステム上の分煙はされている。

貴重品など私物について

・貴重品(財布、通帳、印鑑など)の管理はどうしている?
→個人個人のブースの中に金庫があり貴重品を入れられるようになっている。金庫を使用せず、在室中は枕元に置き外出の際は持ち歩くという人もいる。

 

・新生活用品で必要なものとそうでないものを知りたい
→学科やカリキュラムにもよるが、PC、辞書、プリンターは必要。学内にもPCとプリンターはあるが、いつも使えるわけではないため。収納スペースと値段を考えると辞書は紙より電子辞書の方がよい。

身の回りの必需品は、布団、スリッパ、洗濯カゴ、トイレットペーパー。寮内は土足厳禁なのでスリッパ、洗濯機やトイレは共同の設備なのでカゴやトイレットペーパーが必須。

必要ないのは、家具家電。先輩が残している場合もあり、冷蔵庫やレンジ、テレビなどは大半が同じ部屋の三人で使うため必要ならば三人で割り勘して買う場合がほとんど。暖房器具も冬場の寮内はとても暖かいため必要がない。

 

・自転車は持って行けるか
→駐輪場があるので持ち込める。

退寮について

・途中で退寮するのは難しいムードがあるか?
→特にない。1年で退寮する人もいる。

 

以上の明徳寮の評判に関しては、室蘭工業大学先輩学生との交流コーナー「先輩と話そう」掲示板から2018年~2019年の間に入寮を希望している方と大学の先輩方とで投稿されたやり取りの内容をまとめたものです。

やはり、入寮してからの先輩後輩間の上下関係が厳しいかどうかなどの評判を事前に知っておきたい方が多いようです。

飲酒や喫煙の強要などは社会問題化している事もあり、未然に防ぐための具体的な対策や、もしもの場合の相談窓口を設置するなどといったしっかりとした対応がされているようです。

室蘭工業大学の学生寮 明徳寮に入居しない場合は?

寮での生活は、家賃や光熱費をお得に抑えられる点以外にも、先輩や同期と共同生活をしていく中で協調性を身に付ける事ができるなどメリットもあります。大学生活での不安点や学業に関して相談出来るなど、深く密接な人間関係を構築できる場合もあるでしょう。

しかしながら、最近ではプライバシーを守りたい個人主義で人付き合いが苦手な人や、プライベートは干渉されたくない人が増えてきました。

1人の空間を確保したいという方は、安さだけで学生寮を選んでしまうと共同生活がストレスとなってしまうためおすすめ出来ません。共同生活でのストレスが心配な方は快適な空間や時間代として家賃を多少上乗せしてでも払い、プライバシーが守られる一人暮らしが良いでしょう。

明徳寮へ入居しない場合にはどのような選択肢があるのでしょうか。

実は大学の周りには室蘭工業大学の他にも学校がいくつかあり、学生向けのアパートやマンションが多くあります。大学までは歩いて通える範囲が良いと思いますが、 近すぎると溜まり場になる可能性もあるので徒歩10~15分位をお勧めします。

大学の生協スーパーもコンビニも徒歩圏内にあるので食材調達に特に困ることはないでしょう。

 

新生活で生活必需品を用意するのは大変だと思いますが、最近では冷蔵庫や電子レンジ、ベッドなどが備え付けてある家電付きアパートもあるそうです。家電が付いていれば身の回りの物だけ運べば良いので引っ越しが楽ですし、家具などをわざわざ買う必要もありません。大学生活の4年間のためだけに家具家電を一から揃えるのもお金が勿体ないので、有難いですね。家具家電付きのアパートの他、自炊が面倒な人向けに食事の世話をしてくれる個人経営のアパートタイプの下宿もあります。こちらは学生だけでなく単身赴任や独身で一人暮らしの社会人の方も希望すれば入居可能だそうです。

貴重な大学生活、どのような学生生活を送りたいかを考えて自分に合うマンションやアパートなどの生活拠点を探してみましょう。

>>>室蘭工業大学の学生さん必見! お部屋探しガイド!

タイトルとURLをコピーしました