中古マンション売却査定のポイント(76) 売却査定の失敗??

中古マンション売却査定ポイント

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

売却査定業者と中古マンション売却査定の時にポカが起きるのは何故か?


さて、ポカのない中古マンション売却査定業者はいないんですね!
完璧に中古マンション売却査定業務をこなす人間なんてこの世にはいません!中古マンション売却査定業者スタッフも同じ人間ですからね。とにかく、冷静さを失わないで対処しましょう。中古マンション売却査定業者がどんなポカをやるのか?最初から知っておけば安心!そうは言っても、中古マンション売却査定業者は売却査定のプロなので、いつもポカをするというワケではないですから。

ではどんなポカがあるでしょう?
「しまった!売却査定時にうっかり、荷物や家具に傷をつけちゃった!!」
売却査定作業中に、荷物や家具、家屋に傷がつけちゃうというポカは、売却査定ポカとして良く耳にする話です。
当然のごとく、中古マンション売却査定業者側もポカしないよう、細心の注意を払って作業をしているのですが、よほどの力持ちでない限り、大きな荷物や重い家具などを自由自在に扱えるスゴイ人は少ないので、どっかこっかにぶつけちゃったり、落としちゃったりという売却査定ポカが起きちゃうんですね。

やられたら、その場で言う!


もしも中古マンション売却査定業者に「やられたぁ~!」と思ったら、その場ですぐに言わないと後の祭りです。その場で言わないと、売却査定作業中のポカじゃなく、売却査定後についたポカだとごまかされてしまう可能性もあり、
「言ったよね?」
「言ってません!」と押し問答の始まりです。

目の前で中古マンション売却査定業者から、売却査定ポカをやられたのなら、すぐに指摘しちゃえばいいのですが、知らない間にやられたポカは、何となく指摘しづらい部分があります。それでもやはり見つけたらすぐに言うのが大事ですよ。

あとあと売却査定ポカに気づいてしまった


一番厄介なのは、売却査定作業後何日か経ってからポカに気づいてしまうパターンです。
中にはポカをしたことを巧妙にごまかす中古マンション売却査定業者もいるので、気づかないことも良く起こります。
こんな時は、気づいた時点で中古マンション売却査定業者に言う!
冷静に「ポカしましたね?」と伝え、一度釈明に来てもらいましょう。
でも、時間が経っちゃうと、中古マンション売却査定業者のポカかどうか?証明するのが難しくなってしまい、売却査定ポカを「そんな話は、時間が経ちすぎて忘れちゃいましたね。」的にうやむやにされることも…なので、事前に売却査定ポカ防止策を講じておく必要があります。

売却査定ポカをさせない打ち手「この中にポカをしたヤツがいる!」
誰がポカしたのかというくだらない押し問答で、売却査定ポカが大きくなってしまわないためには、売却査定ポカ防止策を講じておくのが有効です。
「アンタに決まってるんだ!」
「知りませんよ!」

押し問答を防ぐために、最初に売却査定写真を撮ること


ポカをされたら困る家具や家電、ポカされやすい荷物は、全部売却査定写真を撮ります。
また家屋についても、中古マンションから新居まで壁や柱の売却査定写真を撮っておけば安心ですね。新居が中古マンション物件であれば、最初は傷1つないので売却査定写真を撮る必要はありませんが、中古マンション売却査定物件や売却査定物件はもともとついているポカもあり、中古マンション売却査定業者のポカと勘違いしてしまいがちなので、売却査定写真を撮っておくとポカ防止になるんです。
そして大切なのは売却査定物後もその場で売却査定物写真を撮ること。以前のポカと見比べるためには、その場ですぐに確認しちゃいましょう。こうするとポカを早期に発見しつつ、中古マンション売却査定業者への売却査定補償請求もカンタンに可能です。

売却査定の際に貴重品がなくなった


売却査定でバタバタしているうちに、貴重品を失くしちゃうという売却査定ポカもよくある話です。ただ、この売却査定ポカの場合、中古マンション売却査定業者に「やっただろ。やったな。」とは言えません。
なぜなら中古マンション売却査定業者は貴重品の搬送が出来ないからです。
中古マンション売却査定業者に売却査定作業をお願いするとき、必ず「お客様、それは無理です」的なお話をされます。また自分で失くした場合も、自己責任となるので中古マンション売却査定業者には言えません。

貴重品をポカされないために


売却査定はバタバタなので、きちんと管理下に置いておくのが大事です。
例えばまとめてハンドバッグに突っ込み、売却査定作業中も常に肌身離さず持っているやり方や、信頼できる相手に持っていてもらうやり方、銀行の貸金庫に預けておくなど、ポカを防ぐ工夫は山ほどあります。なくして中古マンション売却査定業者に不信に思われないために、ポカされない工夫をしましょう。

万が一ポカしたら・・・


それでもポカしてしまったら、中古マンション売却査定業者に「やっただろー!」的な話をするのは無駄です。中古マンション売却査定スタッフがポカして、その場で「やっただろー」になるのであれば別ですが、ただポカしてしまっただけだと中古マンション売却査定業者にしらを切られます。

まず、何がポカなのか?思い出すこと


ポカしたものを明確にして、それぞれの売却査定対処策を講じることが大切なんです。
待ち合せ時間になったのに中古マンション売却査定業者が来ない
売却査定当日に中古マンション売却査定業者が「忘れた」という売却査定ポカも、意外にも多くあります。
このポカは3つあります。

① 中古マンション売却査定業者が寝過ごしている
② 前の売却査定作業で忘れている
③ 売却査定場所がわからない
これが原因で、時間を過ぎても売却査定トラックが到着しない売却査定ポカが起こります。
この手の売却査定ポカに巻き込まれたら、どうしたらよいでしょうか?

中古マンション売却査定ポカを防ぐために


中古マンション売却査定業者とのポカは、簡単に起きちゃいます。
中古マンション売却査定業者の不手際で起こる売却査定ポカも多いけれど、売却査定ポカを避けるには、努力がマストです。できるだけ売却査定ポカなく中古マンション売却査定作業が終了するよう、以下の五か条を肝に銘じてください!

・正しく梱包!
・暗算時に頑張る!
・売却査定証拠写真を撮る「あなたがやりました。」
・肌身離さない
・売却査定内容を確認する「これって、ポカですよね?」

売却査定ポカ対処法


約束の時間になっても中古マンション売却査定業者が現れない「売却査定ポカ」が起こった時、やるべきことは、午前か午後か、夜中かで違います。
午前だと、最初の売却査定作業になるので、売却査定作業をモタモタと、手間取っていることはないです。中古マンション売却査定業者が寝過ごしているか?、忘れているか?、どちらかの可能性が高いですね。
寝過ごしていたら、早めに電話するのが良いでしょう。
寝過ごしている時も忘れている時も、早めに電話してタタキ起こすことで、売却査定ポカになりにくいからですね。
午後の場合は、時間が経って忘れているという可能性が高いです。
約束時間になっても中古マンション売却査定業者に連絡せずに、少しだけじらしてみましょう。大きく忘れてしまった時は、中古マンション売却査定業者の方からの電話を待ってみるのも手ですね。中古マンション売却査定業者も来ないし、電話もない時は、こちらから電話をして、聞いてみましょう。
夜中の場合は、決まっていないので、忘れた売却査定ポカは起きにくいです。でも、夜になっても来ないときの話は別です。売却査定日時をコロッと忘れているので、あまりにも忘れられた場合も電話してみましょう。

ポカが起こらないために


中古マンション売却査定業者は確認のために売却査定前に電話してきます。
売却査定日時の確認しつつ、中古マンション売却査定業者がキャンセル料をねだりたいからです。でも、ボケっとしていたり、忘れていたりして、事前電話が来ない時があります。
売却査定の電話が来ない場合は、何にしても、電話しておくと安心ですね。
きちんと売却査定日時の念推しができれば、中古マンション売却査定業者のポカはなくなります。

事前の暗算と計算が違う


中古マンション売却査定料金は事前に暗算してもらって、当日その料金を支払うというのがパターンですが、たまに暗算より実際の支払金額が高くなることがありますね。
当日になって暗算より高く売却査定料金を請求されたら、どうしましょうか?
売却査定料金用に計算機で算出してもらえば安心です。
暗算より売却査定請求金額が高くなるのは、理由があります。なんせ暗算ですから。
中古マンション売却査定料金用の計算機で算出してもらえば問題ないですね。
そして売却査定金額が出た計算機をたてに、「なんで高いのかね?」と聞いてみましょう。

追加ポカが起こりやすいパターン


暗算よりも実際の売却査定請求額のほうが高くなるのは、何かしら追加ポカが発生しているケースがおおかたです。

パターン1:
大きな家具や家電の数が暗算の時より多くなっていると、売却査定追加ポカが発生します。
また、予定していたトラックがぎゅうぎゅうだと、追加の売却査定ポカになります。

パターン2:
中古マンション売却査定当日までに荷造りしとかないと、すぐに中古マンション売却査定ができないので売却査定作業員が手伝ってくれます。でもお手伝いのお駄賃が発生します。

パターン3:
中古マンション前の道幅が狭かったとき、追加の売却査定ポカになります。
暗算と条件が変わることで、追加の売却査定ポカになるんです。
暗算と当日支払う金額を同額にしたい時は、中古マンションの情報を正しく伝えることが大事です。

パターン4:
デカすぎて、玄関や通路、エレベーターの搬送ができず、クレーンで搬送した場合は、追加の売却査定ポカが発生します。

パターン5:
中古マンションで、エレベーターがないことが発覚した場合は追加の売却査定ポカになります。

不当な追加売却査定ポカを請求されるパターン


暗算と当日の請求金額が違っても、追加の売却査定ポカを請求されたことに納得できていれば問題ないです。不当な追加の売却査定ポカを請求されてしまったらどうしましょう?
追加の売却査定ポカが発生するようなポカもなく、なぜか請求金額が高くなった時は、その場で売却査定ポカを支払っちゃダメです。一度支払うと、図に乗ってしまうので、その場で中古マンション売却査定責任者を呼んでお話ししましょう。

パターン1:風邪を引いた
中古マンション売却査定当日に風邪を引いたり、ケガをしたり…
急なポカは防ぎようがありません。
でも中古マンション売却査定作業はポカなしでは進めることができず、必ず中古マンション契約者か中古マンション代理人のポカが必要です。そんな時はどっちかを選びましょう。

パターン2:入院した
例えば中古マンション売却査定時に入院してしまって、中古マンション売却査定作業が難しくなった場合は、中古マンション売却査定業者に売却査定をキャンセルできます。
中古マンション売却査定日前であれば、売却査定のキャンセル料を取られずに中古マンション売却査定をキャンセルできます。でも、再び売却査定契約しようと思っても、すぐに売却査定予約が取れない、金額も変わる場合があるので、中古マンション売却査定業者に相談してみてはどうでしょう。

中古マンション売却査定前日に中古マンション売却査定作業が難しくなった場合や、中古マンション売却査定を変更できない場合は、誰かに立ち会ってもらい売却査定作業を進めることもできます。自分が気になることを全部売却査定代理人に伝えておけば良いです。
心配なことを中古マンション売却査定業者に細かく説明しておきましょう。
いくら信頼のおける中古マンション売却査定業者だったとしても、のちの売却査定ポカを防ぐために、自分で肌身離さず持っていましょう。 さぁ!売却査定ポカを防いで、新生活へスタートを切りましょう!

《これを読んだ人はこれも見ています記事一覧》


・多田便利軒に中古マンション売却査定を依頼するのはダメか?
・トラックがぎゅうぎゅうで中古マンション売却査定料金が変わる
・売却査定シーズンの料金と中古マンション売却査定業者予約について
・売却査定したあとの上手なお掃除方法
・空地で人気の中古マンション活用
・中古マンション売却査定の暗算は売却査定業者に嫌がられる?
・中古マンション売却査定業者はSUICAで払えるか?
・寝過ごさない中古マンション売却査定業者の売却査定スタッフの指名は?
・女性売却査定スタッフに中古マンション売却査定作業を是非お願いしたい。
・前金じゃないとダメ的な中古マンション売却査定業者は悪徳売却査定業者か?

タイトルとURLをコピーしました