中古マンション売却査定サイト18 体験談「不動産会社選びが重要」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのけんです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

インフレは物件の価格が上昇する


ライターけん:「まず、売却または購入した物件の概要を教えてください。」

体験者Aさん:購入時期は、2010年8月購入で、中古マンションでした。エリアは、東京都大田区です。今回の購入は成功だったと思います。価格交渉はありました。不動産査定会社のサービスには、満足しています。

体験者Aさん:成約価格が満足だった理由は、第一に相場の価格だったからです。私が購入してから日本はインフレとなっていったため、購入した中古マンションの土地の値段がどんどん上がっていきました。そのため、私が購入したときの価格では買うことができないと思います。売却をすることにより、収益を得ることもできると思ったため、結果満足しています。

ライターけん:「購入するときは、周辺の似たような中古マンションの相場を見て、損をしないようにして購入しますよね。そのため、中古マンションの売却を検討している方は、複数の不動産会社から査定をとったときに、査定額がきわめて高い会社を選べばいいというわけではありません。その査定額が相場よりも高かった場合、なかなか売れずに結果大幅に値下げをして売却することになる場合があります。そのため、あらかじめ周辺の似たマンションの相場を調べておき、相場の査定額を出してくれて尚かつ信頼できる不動産会社に仲介してもらうのがいいでしょう。また、景気によって不動産の価格は変動するものです。少しでも高く売りたいという場合は景気が上昇しているときに売却するのがいいでしょう。また、4月から新学期、新年度が始まるため、1〜3月の年度末は売れやすいため売却におすすめの時期です。大田区など都内は人気のエリアですし、少しでも高い価格で売却しなくてはもったいないですよね。」

体験者Aさん:値引き交渉は、現金で一括で購入するのを検討しているが、最初の提示価格では少し難しいため少し減額してもらえれば全額現金で購入するといって値引きをしてもらいました。

ライターけん:「全額現金で購入するというのは、売主と不動産会社にとって、とてもいい条件ですね。購入者がローンで支払う場合はローン審査があり、もしも不合格になってしまった場合はまた1から購入希望者を探すことになるため時間がかかりますしね。なるべく早く売却したいと考えている売主にとって、全額現金で支払うという購入希望者は優先的に購入してもらいたいと思い、多少の減額なら応じてくれそうですね。」

体験者Aさん:提示価格が、3,780万円だったのですが、最終的に3,680万円で購入できました。100万円減額してもらえたのです。

ライターけん:「人気のエリアで100万円の減額をしてもらえるのは大きいですね。売主の方も、すぐに売却できるならと減額に応じてくれたのですね。」

体験者Aさん:誠実な対応もしていただいたため、満足しています。火災報知器がついていないと聞いていたので、新しく購入したのですが、結局ついていたのです。でも、その分の金額を賠償してくれたのでよかったです。

ライターけん:「そのようなときに誠実に対応してもらえると、この売主から買ってよかったと思えますよね。今後何か不具合があった場合にもきちんと対応してもらえそうで安心できますね。当時は、瑕疵担保責任が法律で定められていて、購入者が住んでから目に見えない部分で欠陥や不具合があったときに売主が損害賠償を支払い、修繕も行うという決まりでしたが、現在は瑕疵担保責任ではなく契約不適合責任に法律が変更されました。契約不適合責任では、見えない欠陥だけでなく契約書と異なる部分があった場合に、売主は瑕疵担保責任と同様の内容に加えて販売価格を減額する責任も追わなくてはならないため、火災報知器などの細かい物件の情報も契約時に誤っていないか気をつけた方がいいでしょう。」

体験者Aさん:購入した中古マンションは、半分地下で、環七に面した部屋だったから安かったんだと思います。しかし、それ以上に好条件が多かったです。最寄り駅までの距離が近く、庭もあり、動物も飼えて、角部屋でした。それに加えて宅配ボックスもあり、ジャグジーまでついていて、ここまで良い物件は他にないと思うためほぼ満足しています。ただ、日当りはあまりよくないため、庭はありますがガーデニングに向きません。日当りがよく庭のある中古マンションを次は探そうと思っています。

ライターけん:「そんなに好条件は揃っているのなら、半分地下の点と大通り沿いに面した部分を差し引いても満足できますね。ガーデニングを趣味としている場合は、日当りは大切ですものね。趣味をするかを踏まえてその条件にあった物件かを事前に確認しておくことも大切なのだと勉強になります。」

体験者Aさん:私が購入してからすぐにインフレとなり、不動産の価格が大幅に上昇していくことが気になっていました。今後は少子化と高齢化が進み、貧困化することも想定されるため、日本の不動産の需要は無くなっていき、空き家やいつまでも売れない物件が増えていくと考えられます。日本人が貧困化したときに、経済の状況が不動産で苦しくなることがないように今後もうまく不動産取引をしていってもらいたいと思っています。私は、住宅ローンはないものの管理費や固定資産税の存在は大きいなと思っているので。

ライターけん:「現在の日本はデフレから脱却しつつあり、今後オリンピックも近づくとインフレとなることが予想されますし、不動産の価格はまた上昇していきそうですね。ただオリンピック後、経済が萎縮してしまったときまた不動産の価値が下がってしまうのではないかと考えられますよね。経済の状況を見ながら、買い時や売り時を判断することが今後は大切ですね。将来的に貧困化が進んでも、住む場所に困らないような世の中になっていってほしいですね。」

今回は、全額現金であること、ウィークポイントがあったこと、インフレに入る前という時期も重なり、中古マンションを安く購入した側の体験談でした。今回の体験談では、全額現金で購入してくれる買主がいかに良い条件の買主なのかを知ることができましたね。ローン審査がない分取引が迅速に進みますし、審査に落ちた場合また新たに購入希望者を探さなくてはならないという手間も回避することができます。多少減額してもいいからなるべく早く中古マンションを売却したいと考えている方は、全額現金の購入希望者を選ぶといいかもしれません。準備している資金額が多い人もローンが落ちにくいためいいでしょう。また、中古マンションの売却は、経済の状況を見ながら売り時を決めることにより、査定額も高く実際に高値で売却することができます。自分の資産を損することなく、上手に売却しましょう。

一番信頼できる会社を探す


ライターけん:「まず、売却または購入した物件の概要を教えてください。」

体験者Bさん:購入した時期は、2011年の8月頃でした。中古マンションでした。エリアは、静岡県静岡市です。今回の購入は、成功だったと思います。成約価格に関しては不満があります。価格交渉はありました。不動産査定会社のサービスにも不満が残っています。

体験者Bさん:成約価格が不満だった理由として、リフォームする必要のある中古マンションだったため、もう少し粘って値下げ交渉をすればもっと下げられたのではないかと思っているからです。

ライターけん:「築年数が古くリフォームが必要な物件は、その分値引きをしてほしいという買主がほとんどですよね。そのため、中古マンションは査定を出す前に無理にリフォームをしておく必要はありません。思ったよりリフォーム代がかかってしまい、結果マイナスとなってしまう場合があります。買主が見つかりやすくなるように大きな損傷部分は治しておいた方がいいかもしれませんが、部屋が古い場合はリフォーム分値引きをする方がいいか、リフォームをしてしまった方がいいか買主と相談をすると、双方の納得のいく取引ができるかと思います。」

体験者Bさん:値引きはしてもらえましたが、提示価格1,280万円が980万円と200万円の値引きでした。

ライターけん:「200万円の値引きだったのですね。大規模なリフォームとなると400〜500万円のリフォーム代がかかると言われていますものね。200万円の値引きは売主側も頑張ってくれたように思いますが、欲を言えばリフォーム代を全額カバーしてくれるくらいの値引きが理想でしたよね。」

体験者Bさん:不動産会社のサービスが不満だったことに関しては、値引きにより成約価格が安くなってしまうと仲介手数料が安くなってしまうからか、価格交渉のときに売主の主張をこちらに伝えるだけで、売主に対してこちらの希望を交渉してくれていないようだったからです。

ライターけん:「買主の立場に立ってくれず、利益を重視するような不動産会社だったのですね。不動産会社によって値引きできるかできないかは左右されますよね。信頼できる不動産会社だったら、たとえ値引きが難しかったとしても、こちらの希望を売主に伝えることはしてくれると思います。それなのに、それもしないのはひどい対応ですよね。購入したあとに何かあったときにきちんと対応してくれるのか等、今後のことが不安になってしまいますよね。人気の高い物件だと不動産会社が上手に出てくることがありますが、『他の不動産会社の物件も見学していて購入を検討している物件は他にもある』くらいのことを言って、不動産会社に余裕を見せることも時には大事ですね。」

体験者Bさん:今回購入した中古マンションは、売りに出される数年前から狙っていました。なかなか売りに出されることがなく、今回購入しないと今度はいつ購入できるかわからなかったため、短い期間で購入を決めてしまいました。しかし、購入した部屋はこのままでは住めるような状況ではなく、リフォームが必要だったのです。もう少し粘っていればまだ安くなったのではないかなと思っています。

ライターけん:「前々から狙っていた中古マンションだったのですね。なかなか売りに出されない物件なら尚更売りに出されたとき、急いで購入したくなりますよね。しかし、そのようなときにも焦って不利になるような状況になってはいけないことがよくわかりました。内覧の時にリフォームが必要な点を突くことや、他にも似たような物件は見学しているということを話しに挟み、売主に余裕を見せることも大切かもしれないですね。ただ購入希望者の多い中古マンションなら、こちらを選んでもらえるよう、気を遣う必要がありますよね。状況を探りながら、臨機応変に対応しなくてはなりませんね。」

体験者Bさん:中古マンションを購入するとき、全てが希望通りで納得いく物件を探すのは不可能だと思っています。家族と話し合い、自分たちの希望をリストアップしてみて、そのうち70%くらいが希望に沿った中古マンションであれば住んでみて満足することができると思っています。また、今回のことで不動産会社選びも重要なことがわかりました。一つの不動産会社で決めてしまうのではなく、いろいろ回ってみて親身になってくれる不動産会社を選ぶことが大切だと思いました。

ライターけん:「中古マンションに対しての自分と家族の理想を固めておき、その70%くらいを満たす物件であれば、住んでから後悔することは少ないのですね。全てを満たす物件は難しいということを念頭におき、ある程度を満たした物件を探すことが大切ですね。また、不動産会社選びも非常に重要であることがわかりました。1つの物件に対して複数の不動産会社が仲介をしているため、紹介している不動産会社をいくつか回ってみて一番信頼できる会社を探し、不動産会社を味方につけることが大事ですね。」

今回は、数年前から狙っていた中古マンションが売り出されたことで、購入を急いだために価格交渉で多少不満の残る取引となった体験談でした。手に入れたいという気持ちが先走ったことと、不動産会社選びにも失敗してしまい、価格交渉がうまくいかなかったことが原因でした。今回の体験談は、中古マンションを売却する側にも生かすことができます。今回とは逆で急いで中古マンションを売却したいと思っているときは、購入希望者が現れたら急いで売却をしたいがために値下げ交渉をすべて応じてしまいがちです。それにより、結局査定額よりもかなり低い価格で売却することになってしまいます。また、こちら側が急いで売却したいということを突いて、不動産仲介会社も不利な条件を叩き付けてくる場合があります。そのため、不動産会社には、他のところでも査定を取っているということを伝えて、多少余裕を見せることが大切です。不動産一括査定サイトで複数の会社から査定を出して、その中で信頼できる会社を見つけるようにしましょう。信頼できる会社を見つけることができれば、値下げ交渉も上手く交わしてくれて、損をすることなく売却できることにつながりますよ。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

マンションを売却したい方必見!>>>>>マンション売却体験談
・・・マンションの査定から売却までのさまざまな体験談を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました