「マンションを売却してください」チラシの内容は嘘?注意して欲しいこと

売却の流れと基礎知識

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

ポストに投函されていた「マンションを売却してください」というチラシの条件が良く、「不動産会社に連絡してみようかな」と思った方も多いのではないでしょうか?

しかし、チラシに記載の売却価格や、購入希望者がいるという内容は嘘の場合も多くあります。

今回は、ポストに投函される「マンションを売却してください!」というチラシのカラクリと、本当に高く売却したいときはどうしたらいいのかを不動産会社のスマートアンドカンパニーが解説します。

 

今回の記事では、以下を知ることができます。


・マンションを売却して欲しいというチラシの内容はどこまでが本当なのか
・チラシの不動産会社に連絡したらどうなるのか
・マンションを高く売却したいときにやること
・チラシを拒否する方法

 

マンションを売却してくださいというチラシの内容に嘘はある?

不動産物件の広告には厳しいルールがあるため、基本的に書いてあることは正確であると思っていいのですが、ときには気をつけた方がいいチラシもあるのです。

購入希望者がいるというチラシは嘘の可能性がある

エリアやマンションを限定した「○○地域内限定!売却物件募集中」「あなたのマンション売ってください!」などのチラシを受け取っている場合、あなたが住んでいるエリア、マンションは人気があると考えて良いでしょう。

なぜなら、人気のあるエリア、マンションであれば、買主もすぐに見つかりますから、不動産査定社にとっても、喉から手が出るほど仲介したい物件だからです。
短期間で買主が見つかれば、それだけコストを抑えることができます。
人気のマンションであれば、販売価格も上がり、その分高い手数料を手に入れることができるかもしれません。低コストで高い利益が得られるオイシイ物件です。
他の不動産会社にとられる前に押さえておきたい!そう考えるのは当然のことです。

人気があり、買主が見つかりやすいマンションであると言えますが、チラシに書いてあるように本当に「あなたのマンションを、今購入したい方がいる」ということについては媒介契約を結びたいがために言い過ぎている部分があり、嘘の可能性が高いといわざるを得ません。

売却価格例もときには嘘の場合がある

すぐにわかるような嘘を載せるようなことはありませんが、嘘か本当か判断しにくいこともあるというのが現状です。

例えば、「こんなに高い価格で売れるの?それならうちもここで売却をお願いしようかな」と思ってもらえるように売却価格例を実際より少し高く記載していることもあります。

また、「こんなにたくさんの買主さんと成約させている会社なら、安心かな」と思ってもらえるように、本当は数件しか成約させたことがないのに、「多数成約した実績がございます」と記載していることもあります。

たとえ、詳しく問い合わせたとしても、「すべてではありませんが、そのようなお客様も何組かいらっしゃいました」とか「総数はお答えいたしかねますが、かなり多くのお客様にご利用いただいております」などと返されてしまいます。アバウトな表現で返されてしまえば、それ以上は確かめようがないことばかりです。

嘘をついて売主を募集するのは両手仲介のため

チラシで嘘にもかかわらず、「あなたのマンションを今すぐに購入したいという方がいますよ」とアピールするのは、不動産会社が両手仲介をしたいためです。

両手仲介とは、マンションの売却を行いたい売主とマンションを購入したい買主、両方を見つけて、両者から仲介手数料を受け取ることです。

マンションの売却を依頼された不動産会社は「元付け業者」と呼ばれますが、元付け業者になると、この両手仲介ができる可能性が高くなります。
元付け業者になれば、たとえ別の不動産会社でマンションを購入したいという買主が見つかったとしても、売却の仲介手数料は手に入ります。さらに自社で買主まで見つけることができれば、買主からも仲介手数料がもらえる=両手仲介ができるというわけです。
元付け業者になることにはメリットしかありません。

元付け業者になるためには、チラシをまいてマンションの売主と契約を結び、マンションの売却を任される必要があります。だからこそ、買主がいるかのような嘘をチラシに記載し、魅力的な売却価格で売主をおびき寄せ、売却の契約(媒介契約)を結ぼうとしているのです。

マンション売却のチラシに連絡したらどうなる?体験談

チラシに記載の不動産会社の連絡先に電話をしたAさんの実際の例をご紹介します。

購入希望者ありというチラシを見て、購入希望者がいるのだから、すぐに売買契約に進めるだろう、一体どのくらいの金額で売却できるのだろうかなど期待しながら、電話をかけました。

すると、思いもよらなかった言葉が返ってきました。

「数日前に、お近くのマンションにお住まいのお客様から、売却希望のご連絡いただきました。チラシに記載の購入希望されていたお客様に、ご指定のマンションではありませんがという形でお近くのマンションをご紹介したところ成約となってしまいました。」

「今すぐご購入されたいお客様はいらっしゃいませんが、人気のマンションですので、すぐに買いたいとおっしゃる方は見つかると思いますよ。一度査定だけでも受けられたらいかがでしょうか。」

あぁ、一足遅かったか・・・。という体験をしました。

 

チラシが作成されてから、ポストに投函されるまでには、もちろんタイムラグがありますから、本当に「あなたのマンションを購入したいお客様」がいたけれど、すでに他の物件で成約してしまったということもあるでしょう。
しかし、実は今購入したい人はいないのに、このような文言でチラシが作成され、ポスティングされることも、あり得なくはないのです。

 

さきほどお話したとおり、売主募集の広告に関しては、ルールがこれといってありませんので、たとえ嘘であったとしても何か罰則があるわけでもありません。そもそも、購入希望者がいたのかいなかったのかなんて、確かめる方法もありませんから、真実がどうであったかもわかりません。

チラシのような高い価格でマンション売却する方法

マンションが高く売れる売り時を把握する

引っ越しシーズンは狙い目

近ごろ、「マンション売ってください」チラシが増えているなぁと感じている方ならすでにお察しのことと思いますが、年間で考えると、やはり1月~3月9月~11月の引っ越しシーズンにマンション売買の需要は高まるようです。

中でも1月~3月は、進学など子どもの成長に合わせて引っ越しを考える方が増えるため、1年間の中で最も引っ越しが多いシーズンであるといわれています。

マンションの購入希望者が増えているからといって、必ずしも高く売れるということではありませんが、1月~3月の引っ越しシーズンにあわせて売却をすれば、高い値段でも買ってくれる購入希望者に出会える可能性がより高まるとはいえるでしょう。

オリンピックが延期となった今がピークの価格

東京の中古マンションの価格は、アベノミクス効果の恩恵を受けたこともあり、2012年から右肩上がりで上昇し続けて、2020年に開催される予定だった東京オリンピックで価格のピークを迎え、オリンピック開催後には価格が下降していくことが予想されていました。

しかし、コロナウイルスの影響でオリンピックが延期となった今、不動産の価格は徐々に下がっていくことが考えられます。東京の中古マンションの価格は、今後緩やかに下降していき、3年後には底値をつくことが予想できます。

もしも売却を考えている場合には、価格変動の少ない今のうちに行動を起こした方がいいと思います。

査定サイトを活用して不動産会社の実力と査定価格を比較する

マンションを売却するときは、まず不動産会社で査定価格を出してもらう必要があります。

このとき、不動産会社1社だけで査定を取るのではなく、必ず複数の会社から査定を取り、査定額不動産会社の対応を比較することでより高い価格でマンションを売却することができます。

これをやるかやらないかで数百万円も売却価格に差が生まれますので、必ず査定額を複数社で出してもらうようにしてください。

複数の不動産会社を探す作業は大変なことですので、マンションの条件に合った不動産会社から一括で査定を取ることができる査定サイトを活用してみてください。

サイトごとに査定を取ることができる不動産会社が異なりますので、とことん比べたい方は気になるサイト全てから査定を取ることをおすすめしています。

情報量が多くなってしまうのが嫌という場合には、以下が厳選した人気のサイトですのでこのあたりから選んでみましょう。

 

売却価格査定サイト サイトの特徴 利用料金
1位

イエウール

47都道府県対応可能
・最大6社の不動産会社から査定を取れる
・60秒の入力で査定を取れる

無料
2位 HowMaスマート

東京23区限定
・Howmaが代表して査定を出すから不動産会社から個別で連絡がこない
・最大6社の不動産会社が売却活動をする
・入力簡単!必要な時間は30秒

無料
3位 イエイ

47都道府県対応可能
・断りづらいときにお断り代行サービスを使える
・最大6社から査定を取れる
・60秒で入力完了

無料

 

査定サイトベスト20位までのランキングはこちら

 

マンションを売る予定なし チラシを拒否する方法は?

マンション売却を考えていない方にとっては、「マンションを売却しませんか?」と言ったチラシはゴミでしかありません。チラシを拒否する方法を紹介します。

1つ目の方法は、「不動産関係のチラシお断り」のステッカーをポストの投入口に貼ることです。
マンションによっては集合ポストの出入り口に「ポスティング禁止」「無断でポスティングした場合は、警察に通報いたします」などと書いてあることもありますので実践してみると良いでしょう。

 

2つ目は少々手間がかかってしまう方法ですがチラシが入っていた不動産査定会社に受け取り拒否の連絡を入れることです。
チラシによっては、下の方にものすごく小さい字で、「このような広告がいらない方は、ご連絡ください」と連絡先と共に書いてある場合もあります。

連絡は、電話だけではなくメールでできる事もあります。実践した方の話では「メールを受け取った」という返信はありませんでしたが、その後、チラシは入らなくなったとのことです。
営業所ごとに連絡しなければなりませんが、効果がある方法です。

広告受け取り拒否の連絡先が特にない場合は、チラシに書いてある事業所に電話してみるのが良いでしょう。

 

ご紹介した二つの方法を実践してもまだチラシがポスティングされる場合には、配布元の不動産査定社の営業所にチラシを着払いで返送してみるという方法もあります。

 

マンション売却のチラシの表記にルールはないの?

不動産の広告には、大きく分けて2種類あります。
購入希望者募集の広告売却希望者募集の広告です。

購入希望者募集の広告は、「宅地建物取引業法」「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」によって様々なルールが定められています。
違反した場合は、罰則を受けなければならないこともあります。チラシに限らず、新聞広告やインターネット上の広告など、不動産に関するあらゆる広告が対象です。

「不動産の場所や規模などを、事実と著しく相違する表示をしてはいけない」「見た人に誤認を与えるような表示をしてはいけない」などの禁止事項があります。
建築基準法など法令により土地の利用が制限されている場合や、傾斜地など地形が著しく悪い場合などの表示義務が、細かく定められています。

これらを踏まえると購入希望者募集のチラシに書いてあるマンションの情報などは、基本的には正確であると思って良いでしょう。

 

一方、売却希望者募集の広告については厳しいルールがありません。そのため内容が嘘である可能性は否めないというのが本当のところです。
中にはおとり広告もあります。そういった嘘のおとり広告に、「こんなに高値でうちのマンションを買いたいと言っている人がいるんだ!なら売っちゃおうかな」と踊らされないようにしましょう。

おまけの知識:マンション売却のチラシにはどのような種類がある?

「売却物件募集のチラシ」は、大きくわけて3タイプにわかれているといえるようです。 それでは、1つずつみていきましょう。

FAX査定申し込み書付きのチラシ

裏表両面に印刷があり、どちらか一面が、売却査定を依頼するためのFAX申込書になっている場合が多いようです。売却したい不動産の情報や連絡先などの個人情報を記入して不動産査定社にFAXすると、後日、担当者から連絡がくるという流れになっていきます。

このような形式のチラシは、大手不動産査定会社の広告に多く見られます。

広い範囲で多くの人に配られるため、ターゲットは、広く「マンションの売却を検討している人」。それは、今すぐ売却したい人だけでなく、いずれ売却するかもしれない人も含んでいます。

その目的は、「あなたの住まいのそばに、○○不動産の営業所がありますよ。」と覚えてもらうことです。

 

マンションなど不動産を売却する場合、大きなお金が動きますし、やはり「大手が安心」と考える方は少なくありません。特によくわからない分野のことですと、どこぞの会社かわからないところよりも名の知れた大手や老舗の会社に頼めば、騙されることもないだろうし、安心かなぁなんて思うこともあるでしょう。大手の不動産査定社の社名なら、数回見れば、特に注意をしていなくても、なんとなく記憶もされやすいと思います。定期的にチラシをポスティングすることによって、そういった方たちに、自社の営業所が近くにあるということを覚えてもらうことが有効なのです。そしていつか不動産物件の売却を考えた時に、「そういえば、○○不動産△△営業所からよくチラシが入ってたなぁ。すぐ近くにあるし、一度相談に行ってみようかな。」と思ってもらいたい。そんな意味も込められたチラシなのです。

 

売却個別相談会のチラシ

「相談料無料!マンション売却個別相談会開催のお知らせ。毎週土日に開催しております。」

「あなたのお悩み解決いたします!マンション売却個別相談会へお気軽にお越しください。」このようなタイトルで配られているチラシです。

 

今すぐ売却したい方だけでなく、まだ売却は決めてないけれど、とりあえず相談してみたいと考えている方でも、何かのついでにふらりと立ち寄ってみようかなと思えるような内容になっていることが多いようです。

より具体的に、読んでいる方の悩みとマッチしそうなセリフが、いくつも書かれていることもあります。例えば、「売却はまだ先の話だけど、どうしたらよいか話が聞きたい」、「マンションの売却について何もわからず不安だ」、「住み替えってどうやるの?」「今ってマンションの売り時なの?」など。どれか1つでも当てはまる方は、どうぞお気軽に無料の相談会へお越しください!といった具合です。

 

無料査定を受けることによって、なにかしら特典を用意している場合もあります。

特に、初めてマンションの売却を考えている方は、わからないことや不安に思うことがたくさんあって当たり前です。自分が感じているような疑問や不安と同じようなことが、親しみやすいイラストと共に並んでいるチラシを見たら、なんとなく親近感がわきませんか。「この不動産査定社なら、なんかわかってくれるかも!相談してみようかな。」自分の不安をわかってくれそうな相手に相談したいと思う・・・そんな人間の心理を、うまくついているといえるでしょう。

 

また、成約しなくても、無料査定を受けるだけで特典をもらえるとなると、近くに用事があれば、そのついでにふらっと行って、とりあえず査定を受けてみる方もいるかもしれません。私などは、成約しない=不動産査定会社にとってメリットがなかったとしても、特典を用意してくれるなんて、なんだかよい会社かも・・・なんて漠然と思ってしまいそうです。

とりあえず、「たくさんの人の情報を集める」ということが達成しやすそうな方法だなと思います。

売却マンション限定のチラシ

売却募集エリア、もしくは、売却募集マンションを限定して配布されるチラシです。紙ペラ一枚ではなく、ハガキや封書の形式でポスティングされていることもあります。

「至急!○○小学校学区内限定で、マンションを探されている方がいます。」

「あなたのマンションを購入したいお客様がいらっしゃいます。」

「あなたのマンションは、住環境がよく、引っ越したいと考えている方が多いマンションです。」

このような内容のチラシを受け取ったことはありませんか。

もちろん、このチラシのターゲットは、「この地域、このマンションに住んでいる人」「あなた」です。

「あなたのマンションだけ」「あなただけ」という特別感、優遇されている感じが、その不動産査定社への信頼感や安心感にもつながっていくような気がします。

 

また、「あなたのマンションを購入したいお客様が、現在1組いらっしゃいます。お子様の新学期に備え、2月中にご成約されることをご希望です。至急、ご連絡ください。」と、より具体的に限定的に記載されているのが特徴です。そうすることによって、今すぐ連絡しなくちゃ!と思わせるような作りになっている場合もあります。

私も、このようなチラシを受け取ったことがありますが、そのとき真っ先に思ったのが、「マンション名指定で欲しいという人がいるなんて、うちのマンション、人気あるんだ!結構いい値段で売れるんだなぁ。」ということです。しかも、封書できていたので、自分宛に書かれているような気がしてしまって、紙ペラ一枚のチラシのときは読まずに捨ててしまうのに、しっかりと最後まで読んでしまいました。

「あなたのマンションに特化」「多くの方を成約させています」などの文字も躍り、マンションの売却を全く考えていない私にも、もし売ることがあればそこに頼めばいいのかな・・・と会社名と所在地までがしっかり記憶されました。

 

まとめ

今回は、「マンション売ってください」チラシについて総合的に解説をしました。「マンション売ってください」チラシを受け取っているのであれば、あなたのマンションは購入希望者が継続的に出てくる人気のマンションであることには、間違いありません。そして世の中の動きから考えても、売却するタイミングとして悪くないと思われます。

 

ただ、「マンション売ってください」チラシに記載のある価格や購入希望者の情報はすべてが正しいかどうかはわかりません。

「実は今ちょうど売却したいと考えていたんだよね。」「価格次第では、売ってみてもいいかな?」「売却の予定はないけど、査定額ってどのくらいの額が出るのかな?」など少しでも売却査定に興味を持たれたのであれば、マンション売却一括査定サイトを利用して、複数の不動産査定社から査定を受けてみましょう。当サイトがおすすめしているマンション売却一括査定サイトは、お客様満足度がとても高い、個人情報の保護を徹底している、10年以上の歴史があるといったサイトで、安全・安心なサイトです。

 

「マンション売ってください」チラシを受け取って、「売る予定ないから・・・」とすぐにそのチラシをゴミ箱に捨てていた方のように、今すぐに売却をしない方であっても、もちろん利用できます。この機会にぜひ、あなたのマンションの価値を確かめてみましょう。

当サイトでは、「イエウール」、「リビンマッチ(旧スマイスター)」、「イエイ」、この3つのマンション売却一括査定サイトをおすすめしています。

 

タイトルとURLをコピーしました