中古マンション売却査定サイト114 体験談「不動産値引き交渉成功」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターの滝沢です。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

不動産は条件を整理して購入


ライター滝沢「Aさんの購入した不動産の概要について教えて下さい。」

体験者Aさん:「2009年に中古で一戸建てを購入しました。東京の町田市です。成約価格も想定内でしたし、不動産査定会社のサービスもまずまず。購入して良かったです。」

ライター滝沢:「不動産査定会社の対応はどのようなものでしたか?」

体験者Aさん:「こちらの希望は、とにかく予算内で物件を購入することでした。気に入った中古の戸建ての家が見つかった時に、値引き交渉は全て不動産査定会社がしてくれて、結果希望の金額で話を付けてくれて非常に頼もしかったです。なかなか売れずにいた物件だったらしく、売主さんも早く売却したい意向を察して、値引き交渉も割と強めに言えたとのことでした。物件の内覧もスムーズにさせてくれましたし、相談も気軽にのってくれました。契約に関する煩わしいことも分かりやすく説明してくれました。購入後は家の相談をしに時々連絡していますが、アフターフォローも万全です。」

ライター滝沢:「交渉がうまくいってよかったですね。かゆいところに手が届く、すばらしい不動産査定会社の営業マンですね。購入する側として、予算内に気に入った物件を購入したいと思うことは当然です。しばらく売れずにいた物件だったとのことで、売主としても、確かに早く売却したかったことだろうと思います。中古マンションを売却する際にも、特筆すべき点はないのになぜか売れ残ってしまったということはあり得ます。売れ残っている=何かあるのではないか、と買主側に思われてしまいますから、なかなか売れないという事自体がデメリットにつながってしまいます。早く売却成立できたほうが売主としては良いわけです。売却を成立させる際にも、Aさんの売主さんは値引きを快諾されましたが、売主としては、相手の言いなりになってずるずると値引きしすぎないように、値引きは具体的にいくらまで行うか金額ははっきりさせておくことをお勧めします。売却を焦って、相場より著しく低い価格で売却する必要はないのです。相手は購入意志があるために値下げ交渉を行ってきていますから、値下げを断ったからといって購入してもらえないわけではありません。下限をしっかりと定めておくことが売却成功の秘訣です。ちなみに、Aさんは成約価格については満足されていますか?」

体験者Aさん:「そうですね。大変満足しています。値引き交渉が成功したので、お得な金額で購入できたと思っています。もっと安ければもっと良かったのでしょうが、初めに考えていた金額とほぼ同じだったので、不満はないです。」

ライター滝沢:「予算に対して、コストパフォーマンスの良い物件に巡り合えたのですね。なぜ中古戸建に決められましたか?理由を教えて下さい。」

体験者Aさん:「数件の不動産査定会社をまわって色々な不動産を検討しました。新築・中古、戸建かマンションにするか、色々見て悩みました。結果的には中古の戸建てを購入することに決めました。中古戸建は、新築に比べて価格が安いうえに、家が広く、庭もついている物件もある事が決め手になりました。」

ライター滝沢:「中古の物件は、戸建てでもマンションは、新築にくらべ、良い立地、広い間取りの不動産を購入することができるのも大きなメリットです。最後に、不動産を実際に購入してみての感想をお聞かせください。」

体験者Aさん:「今となっては、中古戸建を購入しましたが、ここを購入するまえに、新築戸建てで気に入った物件があったのです。そちらは契約寸前まで話をすすめていたのですが、タッチの差で他のお客さんに買われてしまい、苦い思いをしました。結果的に中古戸建で良い物件に巡り合えたので未練はないのですが、不動産購入は、タイミングが大切だと実感しました。あと、不動産会社もよく選ばないと危険だなと思いました。内覧してみて、ちょっと気になると言っただけで、契約を強引に迫ってくる不動産会社もいました。ろくろく話もする前に、無理に契約を迫る不動産会社は良い気はしませんね。不動産を購入してからは、以前住んでいた賃貸マンションよりも家賃は安くなりました。庭があるので、子供が外で遊ぶこともできるし、バーベキューもできますし、自分の家で楽しく過ごせるので購入して良かったと思います。私は10件くらいの不動産会社をまわって多くの物件を見ましたが、完全に理想と一致する物件に出会うことは無理ですね。世の中素敵な不動産物件はたくさんあるのです。たくさんありすぎて、自分の理想は何なのか、一時迷走してしまったくらいです。不動産購入の際には、自分の中で、これは譲れないと言うポイントをいくつか挙げて、優先順位をつけて探すと迷わず物件選びできると思います。」

ライター滝沢:「実体験に基づいたお話をありがとうございました。多くがAさんのように、予備知識もあまりなく、一生に一度の不動産購入される方が多いと思います。そのため、購入成功のカギはほぼ、どの不動産会社を仲介業者にするか決まってきます。これは売却する際にも同じように言えることです。マンションを売却して、広い新しい通勤に便利なマンションに住み替えたいと思う方は多いです。マンションを売却する際に、売り急ぐ不動産査定会社と巡り合ってしまったらどうでしょう?安易に値下げを迫られ、本来しなくてよい損をしてしまうかもしれません。そうならないためにも、一括査定サイトなどを利用して、複数社査定後、信頼できる不動産査定会社と契約しましょう。」

まとめ


Aさんは、多くの不動産会社を訪ね、新築、中古、戸建て、マンションと広い選択肢の中から中古戸建を選択されて購入されました。Aさんの購入された物件は、希望の立地に庭付きの戸建てとのことですから、ご家族で快適に暮らすことができそうです。Aさんの不動産購入成功への道のりは平坦ではなかったようですね。物件をたくさん見すぎて、何が自分たちにとって良い物件なのかわからなくなってしまったりしたようです。これらのことは、Aさんだけではなく、これから不動産購入を行う多くの人に当てはまる壁のように思います。ぜひAさんの体験談を参考に優先順位をあらかじめしっかりと見定めて、物件探しをしてみてください。また、Aさんは強引な不動産会社に契約を迫られて辟易したようですね。不動産を購入する場合にも、売却する場合にも、かならず不動産会社を通します。そのため、不動産会社選びはとても大切なことなのです。購入する側としては、理想とは少し違うものの営業マンのセールストークで妥協した物件を購入してしまうことにもなりますし、売却する側は、営業努力が足りずなかなか売却できない、値下げを迫られるなと不利益を招く不動産会社とは契約しないようにしましょう。中古マンション売却において、優良な不動産に出会い売却成功させるためには、まずはなるべく多くの不動産会社から査定をとることです。インターネットの無料一括査定サイトを利用すると、自身の物件に合った不動産会社を複数ピックアップされ、各社の見解をしることができ、物件の価値を簡単に知ることができ大変便利です。ぜひ活用してみてください。

売主の事情を踏まえて安く不動産購入


ライター滝沢:「続いてBさんにお聞きします。Bさんの購入した物件について教えて下さい。」

体験者Bさん:「はい。私は2012年に、横浜市旭区に中古物件を購入しました。価格交渉をして安く購入できたので、良かったです。また、不動産査定会社の対応ですが、複数の不動産を比較検討していたのですが、それぞれのメリットデメリットを解説してくれて助かりました。不動産価格の考えなども教えてくださり、値引き交渉に役に立ちました。対応はさすがプロという感じで満足しきりです。」

ライター滝沢;「Bさんの不動産査定会社の担当者は、かなりのベテランという印象でしょうか。物件を見て、購入を考えている方にわかりやすくメリットデメリットを伝えられる営業マンに出会えたことは大変良かったですね。メリットデメリットを的確に判断できる営業マンがいると非常に力になります。もしも売却目線として考えたときにも、自分の売却したい物件の良い点悪い点を見極め、物件にあった売却努力をしてくれそうですね。成約価格には満足されていますか?」

体験者Bさん:「3280万円を3080万へ値引きすることができました。横浜市で安く土地を購入できて満足しています。ローンも軽くなりました。」

ライター滝沢:「値引きに成功されたのですね。値引きの交渉はどのように行いましたか?」

体験者Bさん:「古い家の建った土地としての物件だったのですが、本来は土地の値段だけで済むはずだ、ということを値引き交渉の材料に使いました。建物の値段も上乗せされていたので、無くしてもらい値引きに成功しました。」

ライター滝沢:「随分思い切った値引き交渉のようにも思いましたが、相手が早く売却したいと思っているなど事情があったり、200万円の値引きが許容範囲であったりなど、値引きできる可能性は聞いてみないとわかりません。交渉してみる価値はありましたね。不動産を購入してみて、全体的な感想をお聞かせください。」

体験者Bさん:「私が購入を決めた物件においては、売却を急いでそうだな、と感じました。不動産会社のアドバイスもあり、値引きを慎重に交渉していきました。結果、かなり安くしてくれましたが、事情がある場合など値引きに応じてくれることがあるようですね。中古の不動産を購入する際には、必ず相手が存在するということを意識しました。お相手がどのように売却したいか、事情如何によって不動産の価値は変わる可能性はあると思います。」

ライター滝沢:「Bさんが契約した不動産会社の営業マンは値引き交渉に長けていたのかもしれませんね。値引きの際には、物件を気に入って本気で購入意志があるということを伝えるのもポイントです。売主も人ですから、丁寧な交渉を心がける印象はいいですね。では最後に、今後不動産取引をされる方にアドバイスをお願いします。」

体験者Bさん:「まずは自分の信頼できる不動産会社を見つけることですね。その後に、粘り強く交渉をしてみることをお勧めします。不動産会社の話では、値引きには時期も大切だそうです。4月や9月などの引越しシーズンだと値引きは難しいとのこと。1年を通して、物件情報を定期的に見ていくと良いと思います。購入には、不動産会社任せにし過ぎず、最低限、自分でも予備知識はつけておくと不安が減ります。物件情報にアンテナを張っておくこと、予備知識の装備、そして、優秀な不動産会社と契約を結ぶことで、購入成功に知被けると思いますよ。」

ライター滝沢:「Bさん、値引き成功の体験談をありがとうございました。Bさんの体験談は、購入を考える方はもとより、売却を考える方にも共通して行える金言だと思います。不動産の売買である以前に、人と人同士であることを忘れずに、温かい不動産売買が行えるといいですね。」

まとめ


Bさんの体験談は、200万円もの値引き交渉に成功したというお話でした。すでに建っていた家の価格はまるまる値引きさせてしまったということですから、Bさんは強気でしたね。しかし、売主にも事情があったようですね。早く売却したい事情がある売主の場合には、ガツンとした値引き交渉でも応じてくれる場合もある、という体験談でした。Bさんの上手だった点は、値引きを慎重に行った点です。決して無理に値引きを迫ったわけではなさそうです。もしも、Bさんが一方的に要求を迫ってきたということでは、売主も良い気はしないでしょうから、負けてくれなかったかもしれません。おそらくは、Bさんがすごく物件を気に入って、購入意志はしっかりとあることを前もって伝えたのだと思います。値引きをしてくれるかどうかは、交渉をしてみないとわかりませんから、購入意志が固まっている方は、慎重に値引き交渉を進めてみると良いですね。また、中古マンション売却を考えているかたにも、この体験談は大変参考になります。買主は、値引き交渉を言い出す際には、売主が売却を急いでいるか?を見ていることを覚えておきましょう。ここで注意すべき点は、売主としては、「売り急いではいけない」ということです。値引き交渉を持ちかけられることは想定の範囲内です。最初に、物件の売却価格を決める際に、査定で出された金額に値引きされたときに痛くない程度上乗せして価格を決めておくことです。+α上乗せする金額は、物件のポテンシャル次第ではありますが、相場より高過ぎない方が良いとされています。相場より著しく高い物件は売れにくくなります。買主は値引きチャンスを虎視眈々と狙っていますから、売却価格は慎重に決めましょう。適格な売却価格を付ける際にも、不動産会社の営業マンは力になってくれますよ。ぜひ、インターネットの複数社一括査定サイトを利用して、自身にぴったりの不動産会社を選びましょう。

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

タイトルとURLをコピーしました