単身で小樽へ引っ越し!単身の長距離引っ越しを安く済ませるポイント

引越し

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

今回は、「単身で長距離の引越しをするとき、引越し費用を一番安く済ませる方法は?」

という疑問にお答えしています。

単身で短距離引越しの方にも対応しておりますのでぜひご一読ください。

この記事では、以下を知ることができます。


・単身者がもっとも引越しを安く済ませることができるプラン
・さらに引越し費用を抑えるためにやるべきこと
・安い引越し業者に荷物を大切に扱ってもらう方法

 

単身者が長距離引っ越しを一番安く済ませる方法

荷物が少ない場合は引越し単身パックを活用するのがベスト

「引っ越し単身パック」で長距離引っ越しをするのが、最も引越し費用を安くできる方法です。

単身者と家族がいる方との長距離の引っ越しを比較した場合、大きく違うのは荷物の量です。

一人暮らしの場合、所持する家電や家具はそれほど大きくないことが想定されます。「引っ越し単身パック」の場合、荷物の量で金額が変わってくるので、よりリーズナブルに引っ越すことが可能です。大手の引っ越し業者のほとんどが単身パックサービスを行っていますので、荷物が少ない単身者は積極的に活用するのが良いと思います。

引っ越し単身パックで運ぶ荷物の量は、だいたい段ボール箱10箱程度迄を想定して考えると分かり易いと思います。

単身パックは、引越し業者ごとに値段が違いますので複数の引越し業者から見積もりを出してみることで最も安い業者が見つかります。

 

査定サイト人気ランキング 特徴 利用料金

1位

引っ越し侍

・見積額が最大50%安くなる
・抽選で最大10万円キャッシュバック
 (期間限定キャンペーン)
・最大10社から見積を取れる
無料

2位


HI!MOVE

・スマホで部屋の写真を撮るだけで見積 額が瞬時にわかる
・引越し時の不用品をダンボールに詰めて無料配送すればお小遣い稼ぎができる
・格段に安いとSNSで話題

無料

3位


引越し達人セレクト

・見積額が最大55%オフになる
・引っ越しお祝い金6万円プレゼント!
・30秒で見積が可能

無料

利用する時期や距離で金額が変わりますが、安い場合1万円台で引っ越しができるケースもあります。引っ越し単身パックのサービスをおこなっている引っ越し業者に見積もりをだしてもらい、比較して選ぶと良いでしょう。

 

家電をレンタルしている場合には宅配便が一番安い

家具家電付きの物件に住んでいる場合や、大きな家電や家具はレンタルしている場合は、引っ越しの荷物をとてもコンパクトです。

引っ越し業者を利用せずとも、宅配便で荷物を送ってしまうことも可能になります。

荷物がコンパクトな単身者であれば、宅配便の自己発送は、トラックやドライバーなどの引っ越しスタッフを確保しなくていいため、かなり安く抑えることが出来ます。

受け取りの日時も細かく指定できますので、荷物を発送したあと、すぐに新居に向かって受け取り対応をする必要もありません。

ただ、さすがに段ボール数箱の荷物というのは稀だと思いますので、引っ越し単身パックを選ぶ目安は、引っ越しと宅配便のちょうど真ん中くらいの荷物の量が引っ越し単身パックの最適なパターンとイメージするのが良いと思います。

 

荷物量が単身パックに収まらない時は量に応じた料金設定がある会社を選ぶ

もし荷物が引っ越し単身パックの目安に収まらず、多くなるようであれば、荷物の量に応じて単身パックの料金設定がある会社を選ぶことがおすすめです。

特に、ベッドや家具など、大きいものを所持している人は、やはり引っ越し業者に依頼する形になります。この時、引っ越し料金については見積もりをとって複数社で比較することが大切です。

大手の引っ越し業者が打ち出している「引っ越し単身パック」は、一万円を切るプランもあり安さが魅力ですが、実際には見積もりを出してもらわないと正確な価格は分かりません。新居までの距離や荷物の量によって料金は変動しますし、人を何人つけてもらうかでも引っ越し料金は変わります。引っ越し業者が提示する単身パックなどの料金表はあくまで目安と考えて、自分のオーダー内容によっては高くつくこともあるということ想定し、余裕をもって引っ越し資金を用意しておくことが大切です。

見積もりは複数の会社で出してみることで安い会社を見つけることができます。まずは、どんな引っ越し会社があるのか引っ越し見積もりサイトで査定をとって比較してみるのがオススメです。

 

単身者の長距離引っ越しをさらに安く済ませるためにやること

引越しの見積もりは複数社に依頼して競わせる

一社だけで見積もりを取るのではなく複数の会社からまず見積もりをとり、料金を比較することをまずやるべきです。

最低でも、大手業者と中小の業者で2〜3社ずつ、合わせて5〜6社に見積もりを依頼すると良いでしょう。

どの運送業者に依頼すると安く荷物を発送できるかが気になるところですが、その時々によって変わります。距離や荷物の大きさ、重さで変わりますし、発送元や発送先の地域によっても大きく料金が変わることも多いです。

この時覚えておいて欲しいのが、自己発送のときも、一社だけでなく複数社から見積もりを出してもらい、交渉するということです。

最初から一社だけに絞ってしまうと交渉に応じてもらえないことが多いですが、複数社と比較することで安くしてもらえることがあります。佐川急便やクロネコヤマト、ゆうパックなど大手の運送業者、大手には全て連絡して見積もりを出してもらいましょう。

価格の値引きはできない業者でも、段ボールなどの梱包材をくれたりするなどの対応をしてくれることもあります。もし値段が下げてもらえない場合でも、梱包材などの資材を分けてもらうことはできないか確認してみると良いでしょう。

 

安い曜日と時間帯に引っ越すようにする

引っ越し料金を安くおさえたい単身者の方は選ぶ時間帯には注意しましょう。

また土日祝よりも平日のほうが安い場合が多いです。引っ越す日も可能な限り調整するといいでしょう。引っ越し日時を自分の予定で一番安い日に設定できるのは、単身者ならではのメリットとも言えますね。長距離引っ越しは近場での引っ越しより、どうしても料金が高くなりますから、単身者は少しでも安くなるよう、日時で工夫するのが賢い選択となります。

地元密着型の引っ越し業者もチェックする

より引っ越しを安くすませたい場合は、大手よりも地元の引っ越し業者に依頼するのがおすすめです。大手の引っ越し業者は安心感がある反面、広告にかける費用も多いため、引っ越し費用が割高になりがちです。

しかし地元の引っ越し業者は、軽トラとドライバーだけとシンプルなプランを提示する業者が多く、費用面では大手よりも安くあげることはできます。大手にあるような細やかなサービスは受けられないかもしれませんが、引っ越し費用を大幅に節約することができます。

また、大手よりも、こちらの希望に柔軟に対応してくれることもあります。値引きの交渉にも応えてくれることもありますので、利用の際はぜひ相談してみましょう。

また、交渉で引っ越し代を安くしてもらった場合は、お礼の気持ちでお菓子や飲み物を渡したり、昼食代を渡してあげるのもおすすめです。安かろう悪かろうのサービスにならないためにも引っ越しを手伝ってくれたことへの、感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切です。相手の立場になって考えることが、双方気持ちよく引っ越すコツといえます。

 

自分で梱包するとさらに安くなる

単身者の長距離引っ越しには、やはりプロの引っ越し業者を利用するのがおすすめだということがおわかりいただけたと思いますが、引っ越し業者に引っ越し作業を依頼するときには頭に入れておくべき注意点もあります。

引っ越し業者は高いものほど大切に扱い、安いものはそれなりに扱います。

引っ越し業者が引っ越しの際、お客様の荷物を全て丁寧に扱うのは当たり前のことですが、全ての荷物を丁寧に慎重に扱いながら作業をしていては、いつまでたっても引っ越し作業が終わりません。そのため引っ越し業者は、見た目で分かる高額のものは大切に慎重に運びますが、汚れている物や古いもの、100円ショップで買ったようなすぐに買い替えられそうな安いものはスピード重視で作業します。

繁忙期は特に業者は人手不足ですから、社員とバイトの組み合わせで引っ越し作業をおこなうことが多いです。その場合、必ず社員が高価なものを運び、バイトは汚れているものや安いものを運びます。荷物が破損すると契約プランにもよりますが、多くの場合は引っ越し業者が保証しなくてはなりません。そのため万が一のときも想定して、高額なものほど社員が丁寧に取り扱うということです。

全ての荷物を丁寧に扱いたいという想いは大前提として業者はもってくれていますが、引っ越しは時間との勝負でもありますので、どうしても高いもののほうを社員が慎重に扱う傾向にあるということはおさえておきましょう。

引越し費用を安く済ませるに知人にお願いするのはおすすめできない

中には、頼める知人がいるのであれば、知人に引っ越しの手伝いを頼もうと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし知人とどれくらい仲がいいかにもよりますが、知人に依頼するとかえって高くついたり、業者には頼めることが頼めなかったりなどのデメリットもあるので注意が必要です。

知人に引っ越しを依頼した場合、引っ越しにかかる費用は、軽トラのレンタル料金、ガソリン代、知人へのお礼です。この「知人へのお礼」はなかなかやっかいなもので、知人との関係性でも変わるので何が正解かは分かりません。

昼ご飯のランチ1000円程度なのか、夜に豪勢に焼肉をおごるのか、はたまた手間賃として現金を渡した方がいいのか……。お礼の仕方次第で今後の関係が悪くなってしまうことになりかねませんので、お礼をする方法にも気を遣う必要があります。

さらに、引っ越し業者に依頼した場合は、梱包や運搬など、プロなので少々面倒なことも頼みやすいのですが、知人の場合は引っ越し慣れしていないので、無理はさせられません。

しかも例えば関東から北海道までなどとなると、相当な長距離になります。引っ越し自体が重労働であるのに、そこに長距離移動が加われば、さらに体力や気力が必要になります。引っ越しの素人である知人に、そんな面倒で大変なことは頼みづらいです。

また長距離の引っ越しとなると、すぐに行って帰ってくるというわけにいきません。一泊してもらう必要も出てくるでしょうから、自宅に泊められない場合はホテル代なども支払う必要が出てきてしまいます。翌日の食事代などもかかってしまうでしょう。

このように、お礼の方法や、どこまで知人を働かせていいか、悩むことは時間の無駄ともいえますので、「引っ越し代を安くしたい」という理由だけで、安易に知人に依頼することはやめたほうがいいと言えるでしょう。

安い引越し業者に大切な荷物を丁寧に扱ってもらう方法は?

大切な品物を見積り段階で申告しておくことが大事

引っ越す人にとっては値段の高い安いで物の大切さが変わるわけではありません。100円ショップに売っていそうな安いマグカップだって、人から贈ってもらった大切なものであることだってありますよね。一目でわかる高額なもの以外で大切に扱ってほしい品物がある場合は、見積もりの段階で申告しておくことが大切です。

大事に運んでほしいもの、傷がつくと嫌なものは、口を酸っぱくして先に言っておくべきです。もちろん業者は全ての荷物を丁寧に扱うつもりではいますが、やはり見積もり時にヒトコトあるだけでも、より一層注意して扱おうという気持ちが芽生えるものです。

もし見積もりの段階で扱いに注意してほしいものを伝えて、「そんなことまで注意できません」という対応だったら、思い切って別の業者に依頼したほうがいいかもしれません。買い替えられるものであればいいですが、思い出の品は壊れてからでは取り返しがつきませんので、こちらのリクエストに応えてくれる業者を選ぶようにしましょう。

単身者が長距離の引っ越しを快適におこなうためには、見積もりの段階から引っ越し業者に要望をきちんと伝えることが大切です。

大切なものは自分で梱包することも大切

どんなに注意していても、業者も人間ですので、万が一の時はどうしてもあります。また見積もり時は親身に相談に乗ってくれていても、実際に現場に来た人に注意事項がしっかり伝わっていない可能性だってあります。

大切な荷物が壊れてしまってからでは遅いです。自分でできる対策はしておきましょう。

大きなものは毛布やバスタオルなどを使って、多少ぶつけられても傷がつかないようにある程度梱包しておくと安心です。小さいものは緩衝材で何十にもくるむか、手荷物として自分のカバンに入れて持ち運ぶのも一つの手です。

引っ越しには、まだ経験を積んでいない不慣れなバイトさんが来る可能性も大いにあります。不慣れな人がおかしたミスにクレームをつけなければならないのは、こちらにとっても大きなストレスです。本当に傷をつけたくない大切なものは、可能な限り自衛することを心掛けましょう。こうして自分で梱包もしておくことで、引っ越し業者の作業を減らすことにも繫がります。つまり、費用を安く上げることが出来るのです。

まとめ

単身で引っ越すときに安く抑える方法は以下です。


・引越し会社の単身パックを活用する
・引越し会社は、複数の会社から見積もりをとって競わせて安くする
・安い曜日と時間帯に引っ越しする
・自分で梱包する

 
 
 
 
 
 
 

 

タイトルとURLをコピーしました