単身で小樽へ引っ越し!単身の長距離引っ越しを安く済ませるポイント

小樽

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

単身で小樽への長距離に及ぶ引っ越しを検討されている方の中には、出来るだけ安く快適に引っ越しを済ませたいと望んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。

今回は、小樽市で単身者向けの賃貸物件を運営しているスマートアンドカンパニーが、小樽への長距離引っ越しを予定している単身者向けに、出来るだけ安く済ませるためのポイントをご紹介します。

この記事を読めば以下の情報を知ることが出来ます。

単身者に最適な長距離引っ越しプランおすすめの引っ越し会社

長距離引っ越しを知人や業者に依頼する際の注意点

引っ越し時の大切な荷物の扱いについて

 

是非参考にして、小樽への長距離引っ越しを成功させてください。

単身者の長距離引っ越しは「引っ越し単身パック」が安い

 単身者の長距離引っ越しは「引っ越し単身パック」が安い  

引っ越し業者に引っ越しを依頼する場合は、引っ越しプランによって料金が大きく変わります

荷物が少ない場合は「引っ越し単身パック」がおすすめ

単身者で荷物が少ないのであれば、単身者向けの「引っ越し単身パック」で長距離引っ越しをするのがベスト

単身者とファミリーの長距離の引っ越しで、圧倒的に違うのは荷物の量です。

一人暮らしの場合、所持する家電や家具はそれほど大きくはないでしょう。引っ越し単身パックを選べば、よりリーズナブルに引っ越すことが可能になります。大手の引っ越し業者のほとんどが単身パックサービスを行っていますので、荷物が少ない単身者は積極的に活用しましょう。

引っ越し単身パックで運ぶ荷物の量は、だいたい段ボール箱10箱程度を想定しておきます。引っ越しと宅配便のちょうど真ん中くらいの規模が引っ越し単身パックとイメージするといいかと思います。

利用する時期や距離で金額が変わりますが、安い場合1万円台で引っ越しができるケースもあります。引っ越し単身パックのサービスをおこなっている引っ越し業者に見積もりをだしてもらい、比較して選ぶと良いでしょう。

荷物が多い場合は量に応じて料金設定がある会社を選ぶ

もし荷物が多くなるようであれば、荷物の量に応じて単身パックの料金設定がある会社を選ぶことがおすすめです。

まずはどんな引っ越し会社があるのか引っ越し見積もりサイトで査定をとって比較してみるといいでしょう。

単身者の長距離引っ越しが安く済むおすすめの引っ越し業者とコツ

単身者の長距離引っ越しが安く済むおすすめの引っ越し業者とコツ

長距離引っ越しをしたい単身者におすすめの引っ越し業者は、荷物の量や移動距離でも変わりますが、荷物の少ない単身者が引っ越す時におすすめしたいのが日通」です。

大手の業者で安心感があるのはもちろん、単身パックの料金プランが荷物の量によって設定されているので、荷物の少ない人ほどお得に利用することができます。

日通の単身パックはS、L、Xの3プランから選べるようになっていて、Sは17850円~、Xは18900円~と、かなり安い価格で引っ越すことができます。

運べる荷物の量と値段のバランスではLが最もお得感がありますが、Sでもテレビなどの最低限の家電は積めますので、荷物の量に応じて相談するといいでしょう。

なお日通は、時間帯が18時~20時は割増料金がかかりますので引っ越し料金を安くおさえたい単身者の方は選ぶ時間帯には注意しましょう。また土日祝よりも平日のほうが安い場合が多いです。引っ越す日も可能な限り調整するといいでしょう。引っ越し日時を自分の予定で一番安い日に設定できるのは、単身者ならではのメリットとも言えますね。長距離引っ越しは近場での引っ越しより、どうしても料金が高くなりますから、単身者は少しでも安くなるよう、日時で工夫するのが賢い選択となります。

日通以外の引っ越し業者も色々検討したい、という方は以下のサイトも参考にしてみてください。

 

引っ越しを業者ではなく知人に頼むと本当に安く済む?

引っ越しを業者ではなく知人に頼むと本当に安く済む?

単身者が長距離引っ越しをする際、引っ越し業者に頼む場合は引っ越し単身パックの見積もりを複数社に依頼し、比較して決めると引っ越し料金がおさえられます

ただ中には、頼める知人がいるのであれば、知人に引っ越しの手伝いを頼もうと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし知人とどれくらい仲がいいかにもよりますが、知人に依頼するとかえって高くついたり、業者には頼めることが頼めなかったりなどのデメリットもあるので注意が必要です。

知人に引っ越しを依頼した場合、引っ越しにかかる費用は、軽トラのレンタル料金、ガソリン代、知人へのお礼です。この「知人へのお礼」はなかなかやっかいなもので、知人との関係性でも変わるので何が正解かは分かりません。

昼ご飯のランチ1000円程度なのか、夜に豪勢に焼肉をおごるのか、はたまた手間賃として現金を渡した方がいいのか……。お礼の仕方次第で今後の関係が悪くなってしまうことになりかねませんので、お礼をする方法にも気を遣う必要があります。

さらに、引っ越し業者に依頼した場合は、梱包や運搬など、プロなので少々面倒なことも頼みやすいのですが、知人の場合は引っ越し慣れしていないので、無理はさせられません。

しかも関東から小樽までなどとなると、相当な長距離になります。引っ越し自体が重労働であるのに、そこに長距離移動が加われば、さらに体力や気力が必要になります。引っ越しの素人である知人に、そんな面倒で大変なことを頼めるでしょうか? また長距離の引っ越しとなると、すぐに行って帰ってくるというわけにいきません。一泊してもらう必要も出てくるでしょうから、自宅に泊められない場合はホテル代なども支払う必要が出てきてしまいます。翌日の食事代などもかかってしまうでしょう。

このように、お礼の方法や、どこまで知人を働かせていいか、悩むことは時間の無駄ともいえますので、「引っ越し代を安くしたい」という理由だけで、安易に知人に依頼することはやめたほうがいいと言えるでしょう。

引っ越し業者に作業を依頼するときの注意点

 

引っ越し業者に作業を依頼するときの注意点

単身者の長距離引っ越しには、やはりプロの引っ越し業者を利用するのがおすすめだということがおわかりいただけたと思いますが、引っ越し業者に引っ越し作業を依頼するときには頭に入れておくべき注意点もあります。

引っ越し業者は高いものほど大切に扱い、安いものはそれなりに扱います

引っ越し業者が引っ越しの際、お客様の荷物を全て丁寧に扱うのは当たり前のことですが、全ての荷物を丁寧に慎重に扱いながら作業をしていては、いつまでたっても引っ越し作業が終わりません。そのため引っ越し業者は、見た目で分かる高額のものは大切に慎重に運びますが、汚れている物や古いもの、100円ショップで買ったようなすぐに買い替えられそうな安いものはスピード重視で作業します。

繁忙期は特に業者は人手不足ですから、社員とバイトの組み合わせで引っ越し作業をおこなうことが多いです。その場合、必ず社員が高価なものを運び、バイトは汚れているものや安いものを運びます。荷物が破損すると契約プランにもよりますが、多くの場合は引っ越し業者が保証しなくてはなりません。そのため万が一のときも想定して、高額なものほど社員が丁寧に取り扱うということです

全ての荷物を丁寧に扱いたいという想いは大前提として業者はもってくれていますが、引っ越しは時間との勝負でもありますので、どうしても高いもののほうを社員が慎重に扱う傾向にあるということはおさえておきましょう

引っ越しにおける大切な品物への対処法

引っ越しにおける大切な品物への対処法

単身者が長距離引っ越しを行う際、引っ越し業者が荷物をどのような判断基準で扱うかをお伝えしましたが、それでも金額に関わらず自分にとっての大切なものを丁寧に扱ってほしいという場合、どうしたらいいのかをご紹介します。

見積もりの段階で大切に扱ってほしい品物を申告する

引っ越す人にとっては値段の高い安いで物の大切さが変わるわけではありません。100円ショップに売っていそうな安いマグカップだって、人から贈ってもらった大切なものであることだってありますよね。一目でわかる高額なもの以外で大切に扱ってほしい品物がある場合は、見積もりの段階で申告しておくことが大切です。

大事に運んでほしいもの、傷がつくと嫌なものは、口を酸っぱくして先に言っておくべきです。もちろん業者は全ての荷物を丁寧に扱うつもりではいますが、やはり見積もり時にヒトコトあるだけでも、より一層注意して扱おうという気持ちが芽生えるものです。

もし見積もりの段階で扱いに注意してほしいものを伝えて、「そんなことまで注意できません」という対応だったら、思い切って別の業者に依頼したほうがいいかもしれません。買い替えられるものであればいいですが、思い出の品は壊れてからでは取り返しがつきませんので、こちらのリクエストに応えてくれる業者を選ぶようにしましょう。

単身者が長距離の引っ越しを快適におこなうためには、見積もりの段階から引っ越し業者に要望をきちんと伝えることが大切です。

大切なものは自分で梱包することも大切

どんなに注意していても、業者も人間ですので、万が一の時はどうしてもあります。また見積もり時は親身に相談に乗ってくれていても、実際に現場に来た人に注意事項がしっかり伝わっていない可能性だってあります。

大切な荷物が壊れてしまってからでは遅いです。自分でできる対策はしておきましょう。

大きなものは毛布やバスタオルなどを使って、多少ぶつけられても傷がつかないようにある程度梱包しておくと安心です。小さいものは緩衝材で何十にもくるむか、手荷物として自分のカバンに入れて持ち運ぶのも一つの手です。

引っ越しには、まだ経験を積んでいない不慣れなバイトさんが来る可能性も大いにあります。不慣れな人がおかしたミスにクレームをつけなければならないのは、こちらにとっても大きなストレスです。本当に傷をつけたくない大切なものは、可能な限り自衛することを心掛けましょう。

まとめ

単身者が小樽へ長距離の引っ越しをする場合、引っ越し単身パックのサービス利用がおすすめです。サービスを行っている引っ越し業者から見積もりを取り、比較して選びましょう。

引っ越しの見積もりを取る前は、断捨離して荷物はコンパクトに。自分の荷物の量を把握することで、最適なプランを利用することができるのでよりお得に引っ越すことができますよ。

それでも荷物が多くなるようであれば、荷物の量に応じて単身パックの料金設定がある会社を選ぶとよいでしょう。

小樽への引っ越し業者が無事決まった後は、引っ越し前に知っておきたい事をまとめた記事も参考にしてみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました